アニメ動画情報 エンタメ動画情報

ダンス・ダンス・ダンスールの見逃し配信無料動画と再放送情報!

ダンス・ダンス・ダンスールの見逃し配信無料動画と再放送情報!

TBSで放送されているアニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」の1話から最終回結末まで全話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や再放送、あらすじ、ネタバレ、漫画を無料で読む方法などを紹介していきたいと思います!

ペンペン
この「ダンス・ダンス・ダンスール」は、バレエに密かな憧れを持って生きてきた主人公が、転校生との出会いをきっかけに、本気で男子バレエに取り組む姿を描いた青春譚で、話題です!

だからこそ、「ダンス・ダンス・ダンスール」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるように「ダンス・ダンス・ダンスール」のテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「ダンス・ダンス・ダンスール」を楽しむために動画配信サービスディズニープラスについて紹介したいと思います。

・ダンス・ダンス・ダンスールを何回も観たい
・ディズニーの映画やアニメ動画をたくさん観たい!

そんな人にディズニープラスはおすすめです。

更にディズニープラスでならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

「ダンス・ダンス・ダンスール」の見逃し配信ももちろんディズニープラスなら見放題!

テレビ放送されるアニメやドラマは、TVerなどでも見逃し配信を見ることは出来ますが、期間がかなり短く限られています。

それにTVerなどのサービスだと、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、ディズニープラスなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

しかも、ディズニーのアニメや映画などは他の動画配信サービスではなかなか配信されないので、ディズニーなどのドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるディズニープラスが圧倒的におすすめです!

ディズニープラスなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

ディズニープラスならプリンセス映画などの話題の動画がたくさん!

・アナ雪シリーズ
・ベイマックスの映画・アニメシリーズ
・マーベル作品
・ウォーキング・デッド

などなど、ディズニープラスなら楽しめる動画が満載です!これは見逃せないですね!

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」全話のあらすじ・ネタバレ

中学2年生の村尾潤平は、幼い頃にバレエに魅了されるも父の死をきっかけにその道を諦め、「男らしく」あろうとジークンドーに通っていた。

ある日、クラスメイトの五代都にバレエへの興味を見抜かれ、一緒にやろうと誘われる。都の母親が開くバレエスタジオに出入りするようになった潤平は、かつての情熱を再燃させ、バレエを習うことになるのだが―。

潤平の前に現れたのは、バレエの英才教育を受けた孤高の天才・森 流鶯。
潤平は圧倒的な実力差に打ちのめされるが、その熱量はますます高まるばかり。流鶯もまた知らず知らずのうちに潤平に触発されていく。そして、2人の前にさらなる高みを目指す者たちが現れ―。

華麗なダンスの裏で、もがき続ける少年少女たち。

アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」1話のあらすじ・ネタバレ

「やるわけねーだろ、バレエなんて!」

幼少期にバレエを諦めた中学2年生の村尾潤平は、「男らしく」あろうとジークンドーに精を出していた。そんなある日、潤平の“跳び蹴り”を見たクラスメイト・五代都から、一緒にバレエをやろうと誘われる。わけもわからず連れてこられた場所は、彼女の母親が開いたバレエスタジオ。そこで、「あのとき」の感覚が蘇り……。

アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」2話のあらすじ・ネタバレ

「これはっ……友達になれないタイプだっ!」

都と一緒に『白鳥の湖』を鑑賞する潤平。最初は入り込めずにいたが、一流ダンサーの踊りを目の当たりにし、心を奪われる。ますますバレエに惹かれていく潤平は、都から「一緒に踊ろう」と誘われ、彼女と踊りたい気持ちを募らせていく。しかし、思いがけず目にした都と親しい流鶯の美しいバーレッスンに、衝撃を隠せず……。

アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」3話のあらすじ・ネタバレ

「男らしいって、なんだ?」

流鶯が登校するようになり、潤平はバレエを習っていることがバレないか不安で仕方がない。しかし、流鶯は他の生徒と交わらず、孤立を深めていく。その上、兵太に目を付けられ、いじめの標的に。潤平はその様子を見ていることしかできず、都ともバレエとも疎遠になっていく。「かっこよくありたい」潤平の選択は……?

アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」4話のあらすじ・ネタバレ

「俺、もうバレエ踊っていいんだッ、ぜっ」

バレエに本気で取り組み始めた潤平は、バレエ大国・ロシア最高峰のカンパニーでダンスール・ノーブル(王子を踊る資格のある男性ダンサー)になると宣言。千鶴も期待しているようだが、相変わらずバーレッスンだけの毎日。しびれを切らし、『白鳥の湖』の振りを披露するも、千鶴に「バレエになっていない」と言われてしまう。

アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」5話のあらすじ・ネタバレ

「死ね、ねーだろっ」

洋舞祭り当日。潤平たちが踊るのは『白鳥の湖』のラスト。都との距離が縮まり、やる気をみなぎらせる潤平。そして、ある目的のためにMVPを狙う流鶯。それぞれの想いが交錯する中、ついに舞台の幕が上がる。恋する喜びを全身で表現する王子・潤平は舞台上で高揚感に包まれるあまり、ありえない行動に出てしまう!

アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」6話のあらすじ・ネタバレ

「俺、なんでバレエやってんだ?」

洋舞祭りで観客を沸かせた潤平と流鶯。しかし潤平は、生川はるかバレエ団を主宰する審査員・生川綾子にバレエに向いていないと酷評されてしまう。さらにこの一件で保護者たちの不満が爆発。五代バレエスタジオから退会者が続出する。責任を感じた潤平は綾子に認めてもらうため「生川」のバレエ学校のサマースクールに参加する。

アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」7話のあらすじ・ネタバレ

「ひぃ〜、もうっ、恥っ」

サマースクールで仲良くなった寿から生川はるかバレエ団の公演に誘われた潤平。ゲストダンサーだけでなく、生川の団員のレベルの高さに驚き、SSクラスに入ることができれば団の公演に出演できると知り、心が揺れる。そんな中、潤平と流鶯のスクール参加の理由を聞いて激怒する大和と海咲に、ピルエット勝負を挑まれる。

アニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」8話のあらすじ・ネタバレ

「あ―もっかいやりてぇーっ!!」

SSクラスの女子と「パ・ド・ドゥ」を踊ることになったサマースクールの面々。都から声を掛けられ舞い上がる潤平だが、割り込んできた流鶯から2人が幼い頃に交わした約束を聞かされショックを受ける。そんな潤平の相手役となったのは綾子の娘・夏姫。才能溢れる少女だが、潤平との踊りはどこかぎこちなくて……。

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

「ダンス・ダンス・ダンスール」について

「ダンス・ダンス・ダンスール」は、ジョージ朝倉による日本の漫画。『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2015年42・43合併号から連載中。

バレエに密かな憧れを持って生きてきた主人公が、転校生との出会いをきっかけに、本気で男子バレエに取り組む姿を描いた青春譚。文化庁メディア芸術祭 第23回マンガ部門 審査委員会推薦作品。2021年4月時点で単行本の累計発行部数は145万部を突破している。

メディアミックスとして、2022年4月よりテレビアニメが放送予定。

「ダンス・ダンス・ダンスール」の主な登場人物

村尾 潤平(むらお じゅんぺい)
声:山下大輝 / 演:井福俊太郎
本作の主人公。岩倉中学校二年生。何でも器用にこなせることや高いコミュニケーション能力から周囲に一目置かれており、昔はその立場から幼馴染の兵太にいじりや悪ふざけをしていたが、本人はいじめとは認識していなかった。

幼少期に両親に連れられ姉のバレエ発表会に行き、そこでプロダンサーのブランコの踊りを見て以来、バレエに惹かれるようになる。父親からバレエ教室の入会を反対されたが、潤平の熱心さに負け入会を許可された矢先に父が亡くなる。父の死後、髪を短く切り「男らしく」あるために、バレエを諦めて截拳道を習い始める。

中学二年の時に転校してきた都に誘われたことがきっかけでバレエの道に進むようになり、次第にバレエに関して自分よりも優れた能力と長いキャリアを流鶯をライバル視するようになり、洋舞祭りで自分と流鶯のアドリブを「バレエは芸術」という理由で否定した生川綾子を見返すために生川はるかバレエ団のボーイズサマークラスに参加する。そこで周囲のバレエへの熱意との温度差から自分がバレエのことを何もわかっていなかったことを痛感し、バリエーション演技でスカラシップに合格したこともあって生川綾子に頭を下げてバレエダンサーとして教えを請うことになる。

かつては都に対して運命的なものを感じており、バレエを始めたのも彼女への好意がきっかけの一つとなっていた。一度は都の心を動かして両想いになるも、彼女と流鶯の関係を察したことで間もなく身を引いた。それからは自分の誕生日にわざわざケーキを差し入れてくれるなどの好意を示されて黒川と付き合うようになるが、バレエを優先してばかりの生活から最終的に黒川とも破局している。

夏姫とは初めて一緒に踊った時から相性が良く、その踊りにひた向きな内面も含めて次第に惹かれていくも、ずっと一緒に踊っていたいからと自分の中の恋愛感情を否定してきた。しかし、アルブレヒトを踊る際には彼女をジゼルに見立ててアドバイスを求めるなど、次第にダンサーとしても女性としても夏姫を特別視するようになっていく。
YAGP出場後は単身ニューヨークに滞在し、ニコラス・ブランコに師事しつつ海外暮らしを続けるために彼の元パトロンを紹介される。

五代 都(ごだい みやこ)
声:本渡楓 / 演:秋山瑛
二年時に岩倉中学校へ転校し、潤平をバレエに誘う。流鶯のいとこであり幼馴染。母親の千鶴は日本トップクラスのプリンシパルで、「五代バレエスタジオ」の経営者。幼少期よりバレエを習っており、時間を取られないという理由から部活は科学部に入学している。
運動神経は抜群だか優しすぎる性格と自己主張が苦手なことからプリマには向かないと言われており、本人もそれを気にしている。幼い流鶯にとっては唯一外から会いに来てくれる存在であり、それゆえ都自身も「自分がお姫様になって流鶯を守る」と約束を交わし、それを果たすために努力してきた。一時はそういった気負いなく好きでいられる潤平に心動かされながら結局は流鶯の傍に帰るが、お互いに依存しているだけであることに気付いてロシアに留学する彼に自分から別れを告げた。
母の指示で「生川はるかバレエ団」でもバレエを学んでおり、中学二年時はSSクラス。

森 流鶯(もり るおう)
声:内山昂輝 / 演:秋元康臣
ロシア人と日本人のクォーター。都のいとこであり幼馴染。母親の真鶴は伝説のアイドル。
幼少期は祖母に引き取られ、ほぼ幽閉状態でバレエの英才教育を施されてきた。それゆえに高いバレエの技術の一方で常識に欠ける部分があり、繊細で神経質、少しでも気に入らなければレッスンを投げ出す打たれ弱さから綾子には「プロにはなれない」と酷評されている。

生川 夏姫(おいかわ なつき)
声:福圓美里 / 演:足立真里亜
母親の綾子が代表を務める「生川はるかバレエ団」でバレエを学んでおり、小学6年生の頃からSSクラス。現在はイギリスに留学し、ロイヤルバレエスクールに通っている。
その負けん気と向上心の強さからSSクラスでも常に1位で、都曰く他の子は2位争いをしている状態だったという。ダンスの相性の良さをきっかけに潤平を親交を深めるようになり、次第に彼に異性として好意を持ち始める。

相良 兵太(さがら ひょうた)
岩倉中学校二年生。幼馴染の潤平から受けていたいじりや悪ふざけをいじめと認識している。
小学生時代は泣き虫だったが、中学二年時には立場が一変し、他者にいじりや悪ふざけをしかけるようになった。流鶯をいじめていた。

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

「山下大輝」について

「山下大輝」は、日本の男性声優、ナレーター、歌手。静岡県浜松市出身。アーツビジョン所属。

代表作に『僕のヒーローアカデミア』(緑谷出久)、『弱虫ペダル』(小野田坂道)などがある。

ディズニー映画『アラジン』にてジーニー役の日本語版吹き替えを担当した山寺宏一は憧れであり、それがきっかけで声の仕事があることを知る。最初はミュージカルが好きで歌の勉強がしたかったため、高校卒業後は東京の音楽専門学校ミューズ音楽院のボーカル専攻科に2年間通った。音楽の勉強をやる内に「やっぱりお芝居がやりたい」と思うようになり、進路指導の先生が日本ナレーション演技研究所の卒業生だったことから声優学校に興味を持ち、ミューズ音楽院卒業と同時に日本ナレーション演技研究所に入所。

2011年から2012年まで当時バンダイナムコゲームスが運営していたコミュニケーションサイト『バナフェス!タウン』において洲崎綾などと共に声優の卵として配信コンテンツに出演していた。アシスタントを務めていたたかはし智秋の番組内においてダイキングというニックネームを命名され以降Twitterのアカウント名にも使用している。

2012年にアーツビジョン預かりとなり、同年12月テレビアニメ『リトルバスターズ!』の生徒B役で声優デビューする。山下は「ちゃんとデビューしたのは2013年というほうが正しい」としている。同期に梅原裕一郎がいる。

初めてオーディションで勝ち取った役は、山下の初主演作でもある『ガイストクラッシャー』の白銀レッカ役で、200人以上の大規模オーディションから役を射止めた。初めて名前のある役は『ガイストクラッシャー』よりオンエアや収録が先だった『アラタカンガタリ〜革神語〜』の西島優役となる。『弱虫ペダル』の小野田坂道役でも主演を務め、知名度を上げる。2014年には第8回声優アワード新人男優賞を受賞する。

2020年12月10日、浜松市やらまいか大使に委嘱された。

2021年、A-Sketch/Astro Voiceレーベルよりアーティストデビュー。

尊敬する声優は山口勝平。理由は「いつまでも少年心を忘れない、そしてすごく優しくて温かい人だから」とのことまた将来は「勝平さんみたいないつまでも少年心を忘れない声優になりたい」と語っている。

父がテニスコーチであったことから、物心つく前からテニスをやっていた。ジュニア選手になったときには、東京遠征で松岡修造から指導を受けたこともある。プロを目指さなかった理由としては、趣味としては楽しいが、もともとプロになるつもりはなく歌や芝居が好きだったためである。ミューズ音楽院に通うことは母には賛成されたが、父にはあまり伝えず逃げるように上京した。声優養成所に入った時も母親には事後報告で伝えたが、父には何も言わなかった。父とは連絡をとっていなかったが、現在は父から「サインを送れよ」と連絡があり認めてもらっている。

その他の趣味・特技として写真、歌唱を挙げている。方言は遠州弁。

大の猫好きであり、子供の頃に路上で瀕死になった猫を拾い、18年間共に過ごしていた。現在は新たに「おこめ」という名のオスの猫を飼っている。

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

 

ディズニープラスで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ダンス・ダンス・ダンスール」以外にもディズニープラスでは

・アナ雪シリーズ
・ベイマックスの映画・アニメシリーズ
・マーベル作品
・ウォーキング・デッド

などなど、他にも魅力的なアニメや映画がたくさんあります!

ディズニー作品やマーベル作品などなら、是非ディズニープラスで楽しみましょう!

最新アニメや懐かしのあの映画も、ディズニープラスでチェック!

Disney+

ディズニープラス公式ページへ

-アニメ動画情報, エンタメ動画情報
-