エンタメ動画情報 ニューススポーツ情報動画

第46回全英女子オープンゴルフ最終日の見逃し配信!配信期間は?

第46回全英女子オープンゴルフの見逃し配信!配信期間は?

TBSで放送もされている「第46回全英女子オープンゴルフ」最終日のライブ配信や見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や、過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「全英女子オープンゴルフ」は、イギリスで開催される女子ゴルフのメジャー選手権の一つの大会で、注目度が非常に高いです!

だからこそ、「全英女子オープンゴルフ」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「全英女子オープンゴルフ」を楽しむために、今後動画配信される可能性がある動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

・全英女子オープンゴルフを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・一億円のさようなら
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「第46回全英女子オープンゴルフ」最終日

世界の実力者が集結!2019年大会優勝・渋野日向子、2021年の全米女王・笹生優花、現役の日本人で最多の優勝を誇る畑岡奈紗など日本の精鋭も参戦!

女子ゴルフ5大メジャーの最終戦『全英女子オープン』。2019年に渋野日向子が日本勢として42年ぶりにメジャーを制し、2021年には笹生優花が全米女子オープンで畑岡奈紗とのプレーオフの末、史上最年少優勝を果たした。今年は過去最多12人の日本人が参戦。国内11戦で5勝を挙げる西郷真央は、7月のメジャー第4戦・エビアン選手権で3位タイに入りメジャーの頂きに迫った。46回目の全英女子オープンを制するのは果たして⁉

◇出場予定選手
【日本人選手】渋野日向子、畑岡奈紗、笹生優花、古江彩佳、西郷真央、山下美夢有、藤田さいき、西村優菜、高橋彩華、堀琴音、橋本美月、勝みなみ
【外国人選手】コ・ジンヨン、ネリー・コルダ、リディア・コ、ブルック・ヘンダーソン

「第46回全英女子オープンゴルフ」の出演者

【解説】樋口久子、戸張捷
【ラウンド解説】村口史子
【実況】野上慎平(テレビ朝日アナウンサー)

◇会場
〜ミュアフィールド(スコットランド)

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「第46回全英女子オープンゴルフ」第3日

世界の実力者が集結!2019年大会優勝・渋野日向子、2021年の全米女王・笹生優花、現役の日本人で最多の優勝を誇る畑岡奈紗など日本の精鋭も参戦!

女子ゴルフ5大メジャーの最終戦『全英女子オープン』。2019年に渋野日向子が日本勢として42年ぶりにメジャーを制し、2021年には笹生優花が全米女子オープンで畑岡奈紗とのプレーオフの末、史上最年少優勝を果たした。今年は過去最多12人の日本人が参戦。国内11戦で5勝を挙げる西郷真央は、7月のメジャー第4戦・エビアン選手権で3位タイに入りメジャーの頂きに迫った。46回目の全英女子オープンを制するのは果たして⁉

◇出場予定選手
【日本人選手】渋野日向子、畑岡奈紗、笹生優花、古江彩佳、西郷真央、山下美夢有、藤田さいき、西村優菜、高橋彩華、堀琴音、橋本美月、勝みなみ
【外国人選手】コ・ジンヨン、ネリー・コルダ、リディア・コ、ブルック・ヘンダーソン

「第46回全英女子オープンゴルフ」の出演者

【解説】樋口久子、戸張捷
【ラウンド解説】村口史子
【実況】野上慎平(テレビ朝日アナウンサー)

◇会場
〜ミュアフィールド(スコットランド)

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「マスターズゴルフ2022」最終日、松山英樹猛チャージなるか!?

前回アジア初の栄冠を掴んだ松山英樹が上位進出へ猛チャージなるか!?
タイガー・ウッズが巻き返しへ夜11:50スタート!
優勝争いの行方は!?

マスターズとは
全てのゴルファーが憧れる“世界最高の夢舞台”マスターズ。
「世界一美しい」と言われる、オーガスタナショナルGCが舞台。
生みの親は歴史上で唯一年間グランドスラムを達成した伝説のゴルファー、ボビー・ジョーンズ。
「この大会が最も素晴らしい(タイガー・ウッズ)」「一番獲りたい大会がマスターズ(松山英樹)」
全選手にとって栄光のグリーンジャケットに袖を通すことこそが、ゴルフ界最大の栄誉と言われている。

「マスターズゴルフ2022」日本人選手

松山英樹…去年アジア人初のマスターズ制覇!今シーズンPGAツアーで2勝を挙げ絶好調。
松山がタイガー・ウッズ以来となる史上4人目の大会連覇を狙う。

金谷拓実…昨シーズン、ツアールーキーで日本ツアー4冠を獲得!3年ぶり2度目のマスターズで上位進出へ

中島啓太…世界アマチュアランキング1位、松山英樹も認める逸材が初のマスターズへ!
日本人として、松山英樹以来のローアマチュア獲得なるか!?

「マスターズゴルフ2022」注目選手

前回王者・松山英樹連覇へのライバル。
◆東京五輪 金メダル、ザンダー・シャウフェレ
松山が「飛距離も出る、アイアンの精度も高い、争いたくない選手」と絶賛。

◆日系4世、コリン・モリカワ
2019年プロ転向。4大メジャー大会の全英オープン、全米プロを初出場で優勝。
最も勢いのある選手。

◆世界一の飛ばし屋、ブライソン・デシャンボー
圧倒的な飛距離が武器。規格外の飛距離で大会初制覇は!?

「マスターズゴルフ2022」コメンタリー

解説 芹澤信雄プロ
ラウンド解説 今田竜二プロ
実況 佐藤文康アナ
現地リポーター 伊藤隆佑アナ

「マスターズゴルフ2022」出場資格

マスターズ歴代優勝者、
メジャーの過去5年の優勝者、
ザ・プレーヤーズ選手権の過去3年の優勝者、
東京五輪メダリスト、
前年の全米アマ・全英アマ・アジアアマ・ラテンアマ・全米ミッドアマ優勝者、
マスターズ2021で12位タイまでの選手、
前年のメジャー4位タイまでの選手、
前年のマスターズ以降からマスターズ前週までのPGAツアー優勝者

前年のツアー選手権出場者
前年の世界ランク50位以内
マスターズ前週の世界ランク50位以内
特別招待選手。

「マスターズゴルフ2022」主な出場選手

松山英樹、中島啓太、金谷拓実、スコッティ・シェフラー、ダスティン・ジョンソン、ブライソン・デシャンボー、ジャスティン・トーマス、フィル・ミケルソン、ブルックス・ケプカ、ジョン・ラーム、ジョーダン・スピース、
コリン・モリカワ、ロリー・マキロイ、ザンダー・シャウフェレ、ビクター・ホブランド、パトリック・キャントレー、キャメロン・スミス、サム・バーンズほか世界のトッププレイヤーが集結

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「マスターズゴルフ2022」第3日松山英樹連覇へ

前回アジア初の栄冠を掴んだ松山英樹が史上4人目の連覇へ
2位タイからスタート!
2年ぶりの参戦タイガー・ウッズが巻き返しなるか!?

マスターズとは
全てのゴルファーが憧れる“世界最高の夢舞台”マスターズ。
「世界一美しい」と言われる、オーガスタナショナルGCが舞台。
生みの親は歴史上で唯一年間グランドスラムを達成した伝説のゴルファー、ボビー・ジョーンズ。
「この大会が最も素晴らしい(タイガー・ウッズ)」「一番獲りたい大会がマスターズ(松山英樹)」
全選手にとって栄光のグリーンジャケットに袖を通すことこそが、ゴルフ界最大の栄誉と言われている。

「マスターズゴルフ2022」日本人選手

松山英樹…去年アジア人初のマスターズ制覇!今シーズンPGAツアーで2勝を挙げ絶好調。
松山がタイガー・ウッズ以来となる史上4人目の大会連覇を狙う。

金谷拓実…昨シーズン、ツアールーキーで日本ツアー4冠を獲得!3年ぶり2度目のマスターズで上位進出へ

中島啓太…世界アマチュアランキング1位、松山英樹も認める逸材が初のマスターズへ!
日本人として、松山英樹以来のローアマチュア獲得なるか!?

「マスターズゴルフ2022」注目選手

前回王者・松山英樹連覇へのライバル。
◆東京五輪 金メダル、ザンダー・シャウフェレ
松山が「飛距離も出る、アイアンの精度も高い、争いたくない選手」と絶賛。

◆日系4世、コリン・モリカワ
2019年プロ転向。4大メジャー大会の全英オープン、全米プロを初出場で優勝。
最も勢いのある選手。

◆世界一の飛ばし屋、ブライソン・デシャンボー
圧倒的な飛距離が武器。規格外の飛距離で大会初制覇は!?

「マスターズゴルフ2022」コメンタリー

解説 芹澤信雄プロ
ラウンド解説 今田竜二プロ
実況 佐藤文康アナ
現地リポーター 伊藤隆佑アナ

「マスターズゴルフ2022」出場資格

マスターズ歴代優勝者、
メジャーの過去5年の優勝者、
ザ・プレーヤーズ選手権の過去3年の優勝者、
東京五輪メダリスト、
前年の全米アマ・全英アマ・アジアアマ・ラテンアマ・全米ミッドアマ優勝者、
マスターズ2021で12位タイまでの選手、
前年のメジャー4位タイまでの選手、
前年のマスターズ以降からマスターズ前週までのPGAツアー優勝者

前年のツアー選手権出場者
前年の世界ランク50位以内
マスターズ前週の世界ランク50位以内
特別招待選手。

「マスターズゴルフ2022」主な出場選手

松山英樹、中島啓太、金谷拓実、スコッティ・シェフラー、ダスティン・ジョンソン、ブライソン・デシャンボー、ジャスティン・トーマス、フィル・ミケルソン、ブルックス・ケプカ、ジョン・ラーム、ジョーダン・スピース、
コリン・モリカワ、ロリー・マキロイ、ザンダー・シャウフェレ、ビクター・ホブランド、パトリック・キャントレー、キャメロン・スミス、サム・バーンズほか世界のトッププレイヤーが集結

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「マスターズゴルフ2022」第2日松山英樹史上4人目の連覇へ

松山英樹連覇へ!タイガー復帰戦、1アンダー、10位の好発進!
日本の金谷拓実、プロ転向後メジャー初予選突破へ夜9:44スタート、中島啓太は夜10:17スタート

マスターズとは
全てのゴルファーが憧れる“世界最高の夢舞台”マスターズ。
「世界一美しい」と言われる、オーガスタナショナルGCが舞台。
生みの親は歴史上で唯一年間グランドスラムを達成した伝説のゴルファー、ボビー・ジョーンズ。
「この大会が最も素晴らしい(タイガー・ウッズ)」「一番獲りたい大会がマスターズ(松山英樹)」
全選手にとって栄光のグリーンジャケットに袖を通すことこそが、ゴルフ界最大の栄誉と言われている。

「マスターズゴルフ2022」日本人選手

松山英樹…去年アジア人初のマスターズ制覇!今シーズンPGAツアーで2勝を挙げ絶好調。
松山がタイガー・ウッズ以来となる史上4人目の大会連覇を狙う。

金谷拓実…昨シーズン、ツアールーキーで日本ツアー4冠を獲得!3年ぶり2度目のマスターズで上位進出へ

中島啓太…世界アマチュアランキング1位、松山英樹も認める逸材が初のマスターズへ!
日本人として、松山英樹以来のローアマチュア獲得なるか!?

「マスターズゴルフ2022」注目選手

前回王者・松山英樹連覇へのライバル。
◆東京五輪 金メダル、ザンダー・シャウフェレ
松山が「飛距離も出る、アイアンの精度も高い、争いたくない選手」と絶賛。

◆日系4世、コリン・モリカワ
2019年プロ転向。4大メジャー大会の全英オープン、全米プロを初出場で優勝。
最も勢いのある選手。

◆世界一の飛ばし屋、ブライソン・デシャンボー
圧倒的な飛距離が武器。規格外の飛距離で大会初制覇は!?

「マスターズゴルフ2022」コメンタリー

解説 芹澤信雄プロ
ラウンド解説 今田竜二プロ
実況 佐藤文康アナ
現地リポーター 伊藤隆佑アナ

「マスターズゴルフ2022」出場資格

マスターズ歴代優勝者、
メジャーの過去5年の優勝者、
ザ・プレーヤーズ選手権の過去3年の優勝者、
東京五輪メダリスト、
前年の全米アマ・全英アマ・アジアアマ・ラテンアマ・全米ミッドアマ優勝者、
マスターズ2021で12位タイまでの選手、
前年のメジャー4位タイまでの選手、
前年のマスターズ以降からマスターズ前週までのPGAツアー優勝者

前年のツアー選手権出場者
前年の世界ランク50位以内
マスターズ前週の世界ランク50位以内
特別招待選手。

「マスターズゴルフ2022」主な出場選手

松山英樹、中島啓太、金谷拓実、スコッティ・シェフラー、ダスティン・ジョンソン、ブライソン・デシャンボー、ジャスティン・トーマス、フィル・ミケルソン、ブルックス・ケプカ、ジョン・ラーム、ジョーダン・スピース、
コリン・モリカワ、ロリー・マキロイ、ザンダー・シャウフェレ、ビクター・ホブランド、パトリック・キャントレー、キャメロン・スミス、サム・バーンズほか世界のトッププレイヤーが集結

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「マスターズゴルフ2022」第1日松山英樹が連覇へ注目の初日LIVE

全てのゴルファーの憧れ“世界最高の夢舞台”開幕!
前回アジア初の栄冠をつかんだ松山英樹が史上4人目の連覇へ!
タイガー・ウッズ復帰、2年ぶりの参戦!

マスターズとは
全てのゴルファーが憧れる“世界最高の夢舞台”マスターズ。
「世界一美しい」と言われる、オーガスタナショナルGCが舞台。
生みの親は歴史上で唯一年間グランドスラムを達成した伝説のゴルファー、ボビー・ジョーンズ。
「この大会が最も素晴らしい(タイガー・ウッズ)」「一番獲りたい大会がマスターズ(松山英樹)」
全選手にとって栄光のグリーンジャケットに袖を通すことこそが、ゴルフ界最大の栄誉と言われている。

「マスターズゴルフ2022」日本人選手

松山英樹…去年アジア人初のマスターズ制覇!今シーズンPGAツアーで2勝を挙げ絶好調。
松山がタイガー・ウッズ以来となる史上4人目の大会連覇を狙う。

金谷拓実…昨シーズン、ツアールーキーで日本ツアー4冠を獲得!3年ぶり2度目のマスターズで上位進出へ

中島啓太…世界アマチュアランキング1位、松山英樹も認める逸材が初のマスターズへ!
日本人として、松山英樹以来のローアマチュア獲得なるか!?

「マスターズゴルフ2022」注目選手

前回王者・松山英樹連覇へのライバル。
◆東京五輪 金メダル、ザンダー・シャウフェレ
松山が「飛距離も出る、アイアンの精度も高い、争いたくない選手」と絶賛。

◆日系4世、コリン・モリカワ
2019年プロ転向。4大メジャー大会の全英オープン、全米プロを初出場で優勝。
最も勢いのある選手。

◆世界一の飛ばし屋、ブライソン・デシャンボー
圧倒的な飛距離が武器。規格外の飛距離で大会初制覇は!?

「マスターズゴルフ2022」コメンタリー

解説 芹澤信雄プロ
ラウンド解説 今田竜二プロ
実況 佐藤文康アナ
現地リポーター 伊藤隆佑アナ

「マスターズゴルフ2022」出場資格

マスターズ歴代優勝者、
メジャーの過去5年の優勝者、
ザ・プレーヤーズ選手権の過去3年の優勝者、
東京五輪メダリスト、
前年の全米アマ・全英アマ・アジアアマ・ラテンアマ・全米ミッドアマ優勝者、
マスターズ2021で12位タイまでの選手、
前年のメジャー4位タイまでの選手、
前年のマスターズ以降からマスターズ前週までのPGAツアー優勝者

前年のツアー選手権出場者
前年の世界ランク50位以内
マスターズ前週の世界ランク50位以内
特別招待選手。

「マスターズゴルフ2022」主な出場選手

松山英樹、中島啓太、金谷拓実、スコッティ・シェフラー、ダスティン・ジョンソン、ブライソン・デシャンボー、ジャスティン・トーマス、フィル・ミケルソン、ブルックス・ケプカ、ジョン・ラーム、ジョーダン・スピース、
コリン・モリカワ、ロリー・マキロイ、ザンダー・シャウフェレ、ビクター・ホブランド、パトリック・キャントレー、キャメロン・スミス、サム・バーンズほか世界のトッププレイヤーが集結

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「マスターズゴルフ2022」U-NEXT見放題独占配信

松山英樹、連覇なるか!?
世界最高峰のゴルフ大会『マスターズ』を、マルチチャンネルで独占生配信!
ゴルフの世界4大メジャー大会のひとつであり、選ばれしトップ選手のみが出場できる『マスターズ2022』が、4月7日(木)に開幕!
今年はTBSでのテレビ放送に加えて、U-NEXTでも前日のパー3コンテストを含む全日程を見放題で独占生配信!昨年、アジア人史上初のマスターズ王者になった松山英樹が大会史上4人目の連覇なるか!?新たな歴史が生まれる瞬間をお見逃しなく!

また今回、U-NEXTではマスターズを5つのマルチチャンネルで生配信!テレビ放送と同内容のメインチャンネルだけでなく、練習場、大会注目グループへの密着、難関ホール等、好きなチャンネルに切り替えながら視聴可能です。各日終了後は、全チャンネルの見逃し配信も実施。スーパープレーを見返したり、難関ホールを研究したり、配信ならではの新しい楽しみ方も!

さらに、当ライブ配信を記念して『マスターズ2021 最終日ダイジェスト』も5月9日(月)まで期間限定配信中です!あわせて、1960年から2021年にわたる各大会をダイジェスト形式でおさめた『マスターズ・オフィシャル・フィルム』計62本を3月23日(水)より順次配信開始!
世界最高峰のゴルフ大会、“マスターズ”をU-NEXTで、余すところなくお楽しみください。

配信期間(日本時間)
<ライブ配信>
前日(パー3コンテスト):4月7日(木)午前4:00~5:59
第1日:4月7日(木) 21:30~8日(金) 8:30
第2日:4月8日(金) 21:30~9日(土) 8:30
第3日:4月9日(土) 23:15~10日(日) 8:00
最終日: 4月10日(日) 23:15~11日(月) 8:00

<見逃し配信>
各日ライブ配信終了後、準備が整い次第
~5月9日(月)23:59
※天候の都合等により配信開始時間は変更となる場合があります。
※「見逃し配信」の形式としては4月17日(日)頃に終了し、以降は全日程を見放題作品として5月9日(月)までお楽しみいただけます。
※第1日~最終日は全5チャンネルのマルチチャンネルにて配信。詳細は下記をご確認ください。

配信種別
見放題配信のため、ライブ配信、見逃し配信時点で無料トライアル期間中の方は追加料金無しでお楽しみいただけます。

マルチチャンネル配信内容
<各チャンネルについて>

【CH1】日本語実況付きメイン中継
メイン中継の開始時間までは、日本語実況付きのアーメンコーナーの映像を配信。その後開始時間になりましたら、テレビ放送と同内容のメイン中継(CMあり)を配信します。

【CH2】ドライビングレンジ(練習場)
マスターズの練習場を楽しめるチャンネル。

【CH3】フィーチャードグループ(注目組)
大会注目のグループに密着するチャンネル。

【CH4】アーメンコーナー(11番〜13番)
風が読みにくく、
「アーメン」と神に祈るしかないと言われるほど難しい
11~13番ホールのチャンネル。

【CH5】15番・16番
大会の命運を分けるドラマが起こる15、16番ホールのチャンネル。

「マスターズゴルフ2022」第1日各チャンネルの配信時間(日本時間)

【CH1】日本語実況付き中継
アーメンコーナー:4月7日(木) 23:45~8日(金)午前4:00
メイン中継:4月8日(金) 午前4:00~8:30
【CH2】ドライビングレンジ(練習場)
4月7日(木) 21:30~23:30
【CH3】フィーチャードグループ(注目組)
4月7日(木) 22:15~8日(金) 8:30
【CH4】アーメンコーナー(11番〜13番)
4月7日(木)23:45~ 8日(金)7:00
【CH5】15番・16番
4月8日(金)午前0:45~8:00

「マスターズゴルフ2022」第2日各チャンネルの配信時間(日本時間)

【CH1】日本語実況付き中継
アーメンコーナー:4月8日(金) 23:45~9日(土)午前4:00
メイン中継:4月9日(土) 午前4:00~8:30
【CH2】ドライビングレンジ(練習場)
4月8日(金) 21:30~23:30
【CH3】フィーチャードグループ(注目組)
4月8日(金) 22:15~9日(土) 8:30
【CH4】アーメンコーナー(11番〜13番)
4月8日(金)23:45~ 9日(土)7:00
【CH5】15番・16番
4月9日(土)午前0:45~8:00

「マスターズゴルフ2022」第3日各チャンネルの配信時間(日本時間)

【CH1】日本語実況付き中継
アーメンコーナー:4月10日(日)午前0:45~4:00
メイン中継:4月10日(日) 午前4:00~8:00
【CH2】ドライビングレンジ(練習場)
4月10日(日) 午前0:00~2:00
【CH3】フィーチャードグループ(注目組)
4月9日(土) 23:15~10日(日) 8:00
【CH4】アーメンコーナー(11番〜13番)
4月10日(日)午前0:45~7:00
【CH5】15番・16番
4月10日(日)午前1:30~7:30

「マスターズゴルフ2022」第4日最終日各チャンネルの配信時間(日本時間)

【CH1】日本語実況付き中継
アーメンコーナー:4月11日(月)午前0:45~3:00
メイン中継:4月11日(月) 午前3:00~8:00
【CH2】ドライビングレンジ(練習場)
4月11日(月) 午前0:00~2:00
【CH3】フィーチャードグループ(注目組)
4月10日(日) 23:15~11日(月) 8:00
【CH4】アーメンコーナー(11番〜13番)
4月11日(月)午前0:45~7:00
【CH5】15番・16番
4月11日(月)午前1:30~7:30

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「マスターズゴルフ」について

「マスターズ・トーナメント」は、アメリカ合衆国ジョージア州のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブを会場に開かれている、ゴルフのメジャー選手権のひとつ。

1934年にボビー・ジョーンズと友人で実業家のクリフォード・ロバーツの企画により"Augusta National Invitation Tournament"と題して開幕したが、1939年に当初ロバーツが考えていたものの、ジョーンズが嫌っていたマスターズというタイトルに変更された。

毎年4月2週目の日曜日に最終日を基準に開催される。出場選手は前年度の世界各地のツアーでの賞金ランキング上位者、メジャー優勝者など。招待資格を満たす名手(マスター)たちしか出場できないことから「ゴルフの祭典」として敬愛されている。

1960年から本戦の前日の水曜日に「パー3コンテスト」が開催されている。オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブに隣接する9ホール(パー27)の特設コースで行われ、歴代最少スコアは19。過去の優勝者にはサム・スニード(1960年・1974年)、アーノルド・パーマー(1967年)、青木功(1975年・1981年)、トム・ワトソン(1982年・2018年)、中嶋常幸(1988年)、ビジェイ・シン(1994年)などがいる。出場選手の子供がキャディーを務めるなど和やかな雰囲気で行われる伝統のイベントであるが、優勝するとその年の本選では優勝できないというジンクスがあることでも知られる(ただし、後述の記録にあるように連覇を果たした選手はいる)。2017年は雨のため初めて中止された。

優勝賞金は開幕当初は特に定めないで、3日間の入場収入などを基に決定する。優勝者には優勝賞金に加えて緑色のブレザー、通称「グリーンジャケット」が贈られる。グリーンジャケットは通常ゴルフクラブのロッカーに保管され、優勝者は基本として本トーナメント期間中のみロッカーから出して着用することが許される。また優勝者はもれなくオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの名誉会員となり、当大会への生涯出場権が与えられる。「ゴルフの祭典」という大会の性格上、この生涯出場権により、2000年代までは年齢が70代や80代に達した往年の名プレーヤーが出場を続けていた。しかし、2002年に大会を主催するマスターズ委員会が、一定水準のスコアでラウンドできなくなった選手に対して出場辞退を要請する手紙を送るようになったことや、コース改造(全長を約300ヤード延長)を契機として、ダグ・フォード(英語版)やビリー・キャスパー、ゲイ・ブリュワー(英語版)などが出場を取りやめるようになった。その後、BIG3と呼ばれたアーノルド・パーマーは2004年(当時74歳)、ジャック・ニクラスは2005年(当時65歳)、ゲーリー・プレーヤーは2009年(当時73歳)に引退を表明し、競技者としての出場を終えている(この3人は2012年から名誉スターターとして大会初日に始球式を行っているが、2016年はパーマーが辞退を表明した)。

他のメジャーは毎回開催コースが異なるが、マスターズは毎年同じオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで開催される。このコースはとりわけグリーンの難度が高く、別名「ガラスのグリーン」とも呼ばれるほどアプローチショットやパットでのボールコントロールが難しく、それゆえに「オーガスタのグリーンには“魔女”が棲(す)む」とよく言われる。更にINのコース南側の角にある11番・12番・13番の3つのホールはスポーツライターのハーバート・ウォーレン・ウィンドがジャズの曲「Shoutin' in that Amen Corner」から命名した《アーメンコーナー》の別名で恐れられている。フェアウェイもアンジュレーションが大きく、バーディを狙うにはティショットを正確に理想的なセカンドショットのポジションに運ぶ必要がある。また、谷と森が作り出す気まぐれな風も起こる。こうした環境が、トーナメント名の通り、名手に相応しい技術の持ち手を選ぶことになる。一方、ラフはセカンドカットまでとなっており、長いラフのセットとなる全米オープンとの違いが顕著に表れる部分である。

1961年に南アフリカのゲーリー・プレーヤーが優勝し、初のアメリカ人以外の優勝者となった。1975年にはリー・エルダー(英語版)が黒人選手として初めて出場した。2000年にフィジーのビジェイ・シンがオセアニア勢初、2009年にアルゼンチンのアンヘル・カブレラが南米勢初、2021年に日本の松山英樹がアジア勢初の優勝を果たした。

グレッグ・ノーマンら世界的強豪選手の多いオーストラリア勢は、マスターズでは1996年の大会でノーマンがニック・ファルドに最終日に大逆転負けを喫するなどなかなか勝てなかったが、2013年の大会でアダム・スコットがオーストラリア勢として初の優勝を果たした。

2014年には、1982年大会優勝者のクレイグ・スタドラーと息子のケビン・スタドラー(英語版)が史上初の親子同時出場を果たした。

意外な伏兵が優勝することが多い他のメジャーと違い、ビッグネームが順当に優勝することの多いトーナメントとして有名だった。これは毎年同じゴルフコースで開催されるという特性から、ベテランほどこのコースの経験を多く持っていることが原因と考えられる。だが、1979年大会はファジー・ゼラーが優勝し、史上唯一の初出場選手による優勝となった。また、2007年大会は世界ランキング56位(当時)でツアー1勝しかしていないザック・ジョンソンが優勝し、伏兵の優勝となった。近年はコースの長距離化などの影響で若手プロの初優勝が相次いでおり、ベテランに有利とは限らなくなっている。

予選通過ラインは、予選カットができた1957年以降「上位40位タイまで」だったが、1962年に「44位タイまで」と「首位から10打差以内」に変更、2013年には約半世紀ぶりに「50位タイまで」と「首位から10打差以内」に変更された。しかし2020年は「50位タイまで」のみとした。

4日間終了時点で1位が2人以上いた場合、プレーオフはサドンデスによって争われる。以前は、翌日に18ホールのストローク・プレーや、4ホールのストロークで争っていた。プレーオフは18番と10番ホールで行われる。

例年4月に開催しているが、世界規模で新型コロナウイルスへの感染が拡大している2020年には、11月9日から15日にかけて無観客で開催された。本大会の4月開催が見送られたのは、第二次世界大戦中以来であった。

再び4月に開催された2021年には、松山英樹が10回目の出場の末に、アジア出身選手として初めて優勝した。この優勝は、PGAレギュラーツアーにおける日本男子史上初の海外メジャー大会制覇にも当たる。

招待条件
招待条件は下記の通りであるが、カテゴリー7から11までについてはアマチュア選手は大会初日時点でアマチュアでなければならない。

・歴代優勝者(生涯)
・全米オープン優勝者(過去5年間)
・全英オープン優勝者(過去5年間)
・全米プロゴルフ選手権(PGA選手権)優勝者(過去5年間)
・ザ・プレーヤーズ選手権優勝者(過去3年間)
・オリンピックにおけるゴルフ競技優勝者(オリンピックの翌年のみ・直近の場合は2017年が該当)
・前年全米アマ優勝者および2位
・前年全英アマ優勝者
・前年アジアパシフィックアマチュア選手権優勝者
・当年ラテンアメリカアマチュア選手権優勝者
・前年全米ミッド・アマ優勝者
・前年マスターズ大会12位以内(タイを含む)入賞者
・前年全米オープン4位以内(タイを含む)入賞者
・前年全英オープン4位以内(タイを含む)入賞者
・前年PGA選手権4位以内(タイを含む)入賞者
・前年マスターズ大会翌週から、本大会前週までのPGAツアー(フェデックスカップポイントに加算される試合、ただしチューリッヒクラシック除く)優勝者
・前年ザ・ツアーチャンピオンシップ出場者
・前年最終週の公式世界ランキング50位以内
・同年公式世界ランキング50位以内(マスターズ大会開催前週に発表のもの)
・その他、特別招待枠がある。

「マスターズゴルフ」の放送

アメリカ
アメリカでは、テレビが本戦がCBS系列の局で放送されている。予選ラウンドについては、それまでUSAネットワークで放送されていたが、2008年からはESPNで中継されている。そのためCBSはザ・レイト・ショー放映前に15分のハイライトを放送されている。さらに、本戦前日に行われる恒例のパー3コンテストもESPNで2008年から放送されている。

また表彰式はバトラーキャビンにおいてCBSスポーツアナウンサーのジム・ナンツとの優勝者インタビューの後グリーンジャケット贈呈式を行い、バトラーキャビン前で正式な表彰式が実施される。

CBSとオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブはアメリカにおける放送パートナーとして毎年放映権を更新している。CBSは番組のテーマ曲としてデイヴ・ロギンス(Dave Loggins)の『オーガスタ』を使用している。TBSの中継も同様である。

テレビ中継のスポンサーはIBM、エクソンモービル、AT&Tであるが、2014年はエクソンモービルに代わってメルセデス・ベンツが勤めた。またオフィシャルタイムキーパーのロレックス、UPSもスポンサーとして名乗っている。

ラジオではウェストウッド・ワンが4日間中継されている。

アメリカ以外の国・地域
BBCは1986年以来マスターズの放映権を持っている。BBCはCMなしで放送されている。ラジオではBBC Radio Five Liveで放送される。アイルランドはSetanta Irelandで4日間放送。2017年以降は前半をEir Sport、RTÉが後半の2日間放送。カナダ国内ではグラハム・サンボーン・メディアがマーケティングセールスを行い、英語は前半の2日間はTSN、後半の2日間はグローバルで放送されている。フランス語はTVAで放送。

日本では、TBSテレビが東京放送時代の1967年から、CBSとの業務提携を背景に地上波テレビでの放送を開始。1975年までは生中継ではなく、CBSが制作した中継の映像をアメリカ国内で録画したうえで、大会翌週のゴールデンタイムに日本国内で放送していた。アメリカ国内からの衛星中継は1964年大会から可能な状況にあったが、当時は中継回線の使用料が非常に高額であったため、TBSでは大会が開催されるたびにスタッフをアメリカに派遣。中継映像を録画した2インチVTR2本を、スタッフが日本へ帰国する際に、手荷物扱いで飛行機へ持ち込みながら輸送していたという。

TBSでは1976年から、自社制作によるJNN系列全国ネットの生中継に移行。メイン実況の担当アナウンサーは石井智(1995年まで)→ 松下賢次(1996年 - 2008年)→ 林正浩(2009年 - 2015年)→ 小笠原亘(2016年以降、いずれも担当期間中はTBSに在籍)で、1981年大会からラウンドリポーターとして中継に参加していた松下は、人事異動でアナウンス職から退いていた2010年に『語りつくせぬ“夢” マスターズ放送物語』という著書(ISBN 978-4904345092)をTBSサービスから出している。また、解説にゴルフジャーナリストの岩田禎夫が長年携わっていたことでも知られる。

TBSが制作する中継のオープニングでは、過去の名場面と前年度王者によるグリーンジャケットの着用シーンを編集した映像を、デイブ・ロギンズが歌う『Augasta』とともに流している。1982年までは、決勝ラウンド(2日間)の生中継と当日のハイライトのみ放送していた。1983年から予選ラウンド(2日間)の生中継、1988年から大会終了後のゴールデンウィークに(一部の系列局を除いて)総集編、後に予選ラウンドの当日ダイジェストの放送も始めている。2014年は4日間合計で24時間の放送を実施。特に最終日は中断無しで約8時間生放送した。現在は地上波に加えて、BSデジタル放送のBS-TBSでも放送。また、CS放送(2時間のダイジェスト版のみ)では当初はJNNニュースバード(現・TBS NEWS)で放送されていたが後にTBSチャンネルでの放送に移行した(TBSチャンネルでの放送素材は地上波のものでなくBS-TBSでの放送素材が使われている)。そのため、地上波放送分とBS・CS放送分で実況・解説の担当者が異っている。

TBSでは2007年大会のダイジェストからリアルタイム字幕放送、BS-TBSは2013年まで2ヶ国語放送(英語副音声 ステレオ2音声)を実施。セールスはテレ・プランニング・インターナショナルとビデオプロモーションが担当しており、全米オープンテニスと同様、アナウンサーによる提供コメントなしで放送している。一方、BS-TBSでは提供クレジットは前クレのみで提供コメントはしている。TBSチャンネルでは有料放送であるためスポンサーそのものは一切なく、提供クレジットの表示も提供コメントもまったくない。その影響のため、朝の報道番組が休止になったり、繰り下げ放送になることがある。

なお、パー3コンテストについては、日本でもBS-TBSで録画放送された。2014年は初めてインターネットによる生中継を行い、アーメンコーナー、15・16番ホール、注目組のプレーを配信した(日本以外は視聴不可、CBS・マスターズ公式サイトでも米国のみでライブ配信されている)。2022年はU-NEXT独占。2017年はアニメサタデー630開始前の4月1日6:30 - 7:30に大会直前スペシャルを編成し、過去の名場面などが放送される。

2018年大会では、大会の放映権を保有していない国・地域に向けて、大会の公式YouTubeチャンネルで全ラウンドのライブ配信を実施した。

チケット
マスターズの入場券はライダーカップと並び、世界で一番取れにくいゴルフトーナメントとしても知られており、通称「パトロン」と呼ばれている、スポンサーや関係者、オーガスタの地元住民だけしか入場できない。2012年以降の一般入場券はインターネットで抽選販売されている。また2008年以降、パトロン保持者の8~16歳のジュニアにつき1名無料入場している。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「全英女子オープンゴルフ」以外にもU-NEXTでは

・一億円のさようなら
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

-エンタメ動画情報, ニューススポーツ情報動画
-