エンタメ動画情報 映画動画情報

浅草キッド映画の動画・無料視聴方法!ネトフリ以外の配信は?

浅草キッド映画の動画・無料視聴方法!ネトフリ以外の配信は?

注目の映画作品である「浅草キッド」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報やあらすじ、ネタバレ情報、過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この映画「浅草キッド」は、監督・脚本は劇団ひとり、主演は大泉洋と柳楽優弥。大泉と柳楽は初共演となり、話題です!

だからこそ、「浅草キッド」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「浅草キッド」を楽しむために動画配信サービスNetflixについて紹介したいと思います。

・浅草キッドを何回も観たい
・話題のドラマの動画をたくさん観たい!
・読売テレビのドラマを動画でたくさん観たい!
・Netflixオリジナルコンテンツも観たい!

そんな人にNetflixはおすすめです。

更にNetflixでならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「浅草キッド」の見逃し配信ももちろんNetflixなら見放題!

「浅草キッド」はNetflixのオリジナルコンテンツなので、Netflixのみでしか配信されておりません。

例えば、地上波テレビのドラマやバラエティ番組は、TVerやGYAO!などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Netflixなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

Netflixなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

Netflixなら「愛の不時着」など話題の動画がたくさん!

・愛の不時着
・ウシジマくん
・ドクターX
・全裸監督
・死役所
・シグナル
・弱虫ペダル

などなど、Netflixなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

映画「浅草キッド」のあらすじ・ネタバレ

ビートたけしが自身の師匠である芸人・深見千三郎と過ごした青春をつづった自伝「浅草キッド」を映画化。劇団ひとりが監督・脚本を手がけ、多くの人気芸人を育てながらも自身はテレビにほとんど出演しなかったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見や仲間たちとの日々と、芸人・ビートたけしが誕生するまでを描き出す。

昭和40年代の浅草。大学を中退し、「お笑いの殿堂」と呼ばれるフランス座のエレベーターボーイをしていたタケシは、深見のコントにほれ込んで弟子入りを志願。ぶっきらぼうだが独自の世界を持つ深見から、“芸ごと”の真髄を叩き込まれていく。

歌手を目指す踊り子・千春や深見の妻・麻里に見守られながら成長していくタケシだったが、テレビの普及とともにフランス座の客足は減り、経営は悪化していく。やがてタケシはフランス座の元先輩キヨシに誘われ、漫才コンビ「ツービート」を結成。深見の猛反対を押し切ってフランス座を飛び出し、人気を獲得していく。

深見を大泉洋、タケシを柳楽優弥が演じる。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

映画「浅草キッド」のネタバレ・感想

この原作を一体何度読んだかわからない。

今でも浅草にはよく出かけるが、六区には既に一軒の映画館も無く、ストリップ小屋はロック座だけ、本作の主要な舞台であり、重要な意味を持つフランス座は既に東洋館という"色物"専門の演芸場となっている。

本作を観て、まず「なんて懐かしいんだろう」と思った。

実際の(かつての)六区は、現ROXの位置には巨大なテントの「蚤の市」があって、場外馬券場は開放的だったように、もっと薄汚れていて、怖かった雰囲気の場所だったが、セットで再現された演芸場とフランス座の建物だけでなく、周りの正に軒を連ねる映画館の数々や街灯は、とても懐かしく、愛おしさまで感じられた。

大泉洋は名演、柳楽優弥も大健闘していて、ナイツ土屋は助演賞モノだと思う。
他の役者さんたちも皆良く、東八郎役の尾上寛之も特筆しておくべき。

映画について、時々MV風になるのは監督のサービス精神と思うが、いくらでも泣かせ芝居にできるのに、筆致を抑えた演出は好感できたし、なによりも劇団ひとり のビートたけしへの愛情が溢れている。というより、この映画は、たけし一人に向けて作ったのではないか、とまで感じる。

筋書に一部触れるが、原作で書かれなかった、たけし が浅草を出てからの姿、亡くなるまでの師匠の姿も描いている。
一方で主題歌は、ビートきよし ではない時期の たけしの相方(映画には登場しない)を歌ったものだ。

本作は原作と歌の両方(と恐らくは過去量産された、たけし の自伝本「たけし!」や「みんなゴミだった」など)を底本として構成されていて、その結果、映画化にはフィットする内容となり、今の目にも共感を招く作品となった。

師匠や踊り子、小屋で働く人たち、浅草六区という場所、そして多分、昔の たけし自身も、全て今はもういない者たち。

この映画に通底するのは、今は無き、現代では生きにくい者たちへの稚気に富む愛情と憧憬、そして謙虚な感謝だ。

なお、原作に登場する居酒屋は(歌や映画に出てくる)店ではない、別の店だが、そちらは今も繁盛していて、私も多分、今週末に伺うつもりだ。店主は以前「たけし はこのところは、ゼーンゼン来ないわよ〜」と言っていたが(笑)、これは御愛嬌。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

映画「浅草キッド」のキャスト

大泉洋(TEAM NACS) 役:深見千三郎

柳楽優弥 役:ビートたけし

門脇麦 役:千春

土屋伸之(ナイツ) 役:ビートキヨシ

尾上寛之 役:東八郎

風間杜夫 役:田山淳

鈴木保奈美 役:麻里

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

映画「浅草キッド」劇団ひとり×大泉洋×柳楽優弥が撮影回想

Netflix映画「浅草キッド」のメイキングやインタビューを収めた特別映像がYouTubeで公開された。

Netflixで全世界独占配信中の「浅草キッド」は、ビートたけしの自叙伝をもとにした青春映画。若かりし頃のたけしが師匠・深見千三郎と過ごした日々が描かれる。大泉洋が深見、柳楽優弥がタケシを演じ、劇団ひとりが監督と脚本を担当した。

特別映像には、浅草の町を再現したオープンセット、大泉と柳楽のタップダンスシーン、ツービートの漫才シーンなどの撮影風景や、3人のインタビューを収録。顔が映っていないタップシーンに対して、大泉が「俺である意味あります?」とぼやく姿も。また劇団ひとりは「お笑い界の神様の映画を撮っちゃったわけです。僕がすごく好きな浅草の人たちの生き方、美学がどれぐらい響くのか、やっぱり怖さはあります。でも、もう作ったもん勝ちですから」と、不安と自信の入り混じった気持ちを明かしている。

ハマり役!「浅草キッド」ナイツ土屋のキヨシ役に反響

Netflix映画『浅草キッド』(配信中)にキヨシ役で出演している土屋伸之(ナイツ)が、「ハマり役」と反響を呼んでいる。

本作は、昭和40年代の東京・浅草を舞台に、大学を中退して浅草フランス座に飛び込み、深見千三郎(大泉洋)に弟子入りしたタケシ(柳楽優弥)が、師匠や個性と才能あふれる仲間たちとの日々を通じて、芸人・ビートたけしとなっていくさまを描く。劇団ひとりが監督・脚本を務めた。

土屋が演じたのは、タケシと「ツービート」を結成するキヨシ。深見に師事するも、成功を夢見てフランス座を出て、後にタケシにコンビにならないかと声を掛ける。方言交じりの独特な口調のキヨシを好演した土屋について、「土屋さんハマり役」「土屋さんがすごくよかった」「めちゃくちゃ演技うまい」とSNS上には絶賛の声が上がっている。

また、普段メガネをかけている土屋だが、劇中では、普段とはまた違った飄々(ひょうひょう)とした雰囲気を醸し出し、メガネをかけていないビジュアルだったため「最後まで誰か気づかなかった」「全然気付かなかった」「ナイツの土屋さんだったんだ!」といった驚きの声も見受けられた。

土屋は、相方の塙宣之が出演するドラマ「警視庁・捜査一課長」に谷保健作役で何度かゲスト出演しており、昨年放送された「うつ病九段」では羽生善治役を担った。『浅草キッド』での熱演ぶりから、俳優としての今後の活躍にも期待が高まる。

『浅草キッド』は、9日にNetflixで配信がスタート。Netflixの日本のランキングで1位となっている(12月13日時点)。

ナイツ塙、映画「浅草キッド」たけしに鑑賞確認

お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(43)と土屋伸之(43)が16日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木曜後1・00)に出演。ビートたけし(74)誕生にまつわる物語を描いたNetflix映画「浅草キッド」について、たけし本人に鑑賞確認をすることを明かした。

今月9日から配信が始まったNetflix映画「浅草キッド」は劇団ひとり(44)が監督・脚本を務め、主人公のたけしを柳楽優弥(31)、たけしの師匠・深見千三郎を大泉洋(48)、たけしの相方きよしを土屋が演じている。「この後、たけしさんに会うんですよ。たけしさんの年末特番になぜかアシスタントで呼ばれていまして。ちょっと聞いてみましょうか。『浅草キッド、ご覧になりましたか?』ってね、たけしさんに」と切り出した塙。同映画に出演している土屋は「ちょっと怖いけど…良いですかね?僕はこの後ないんで、塙さん1人の仕事でたけしさんと一緒だから。怖いけどちょっとじゃあ」と託しつつも、「聞ける空気、タイミングが難しいよね。難しいと思う。たけしさん監督の映画だったら『観ました』って言いやすいけど、たけしさんは題材にされたほうだから、恥ずかしいと思っているかもしれないしね」と推察した。

塙は、変なタイミングで聞いてキレられる最悪のパターンは避けたいとしたうえで、「収録中止とかになる可能性もあるからさ。怖いからさ。聞くなら後半にしたいよね。やっぱり緊張するよなあ。緊張するというか…。でも(浅草キッドの)話をするんじゃないですか。今、これだけ話題になっているからね」と言及。たけしに映画の話題を切り出すことに緊張気味の相方に対し、土屋は「じゃあ、聞けたら聞いておいてくださいよ」とコメントしていた。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「大泉洋」について

「大泉洋」は、日本の俳優、タレント、声優、コメディアン、作家、歌手、元・北海道のローカルタレント。愛称は「洋ちゃん」。所属事務所はCREATIVE OFFICE CUE、業務提携先はアミューズ。演劇ユニット・TEAM NACSに所属している。以前は、音楽ユニット・FAN TANにも所属していた。身長178cm。

北海道江別市大麻出身。北海学園大学経済学部卒業。妻はフジテレビドラマプロデューサーの中島久美子。

北海道時代
江別市立病院で産まれる。1980年、江別市立大麻東小学校に入学。小学5年生の時、札幌市南区に引っ越し、札幌市立真駒内南小学校に転校。その後、札幌市立真駒内中学校、市立札幌藻岩高等学校を卒業後、浪人し、予備校の代々木ゼミナール・サテライト講座で学ぶ。浪人時代は、遊んでばかりだったという。

1994年に2浪して北海学園大学経済学部経済学科に入学。本来志望していた大学ではなく、母親から「もう死ぬんじゃないか」と心配されるほど滅入っており、当初は本人もかなり落ち込んでいたという。しかし、「このまま腐った気持ちでいるのはまずい」と奮起し、演劇研究会に入る。そこで森崎博之、安田顕、佐藤重幸(現:戸次重幸)、音尾琢真の4人と仲良くなった。初舞台は同年夏、演劇研究会の道内地方公演での大林先生 役。公演当時より独特のキャラクターが際立っていた5人だったので、演劇部内で浮いていた。1996年、大学を卒業する森崎・安田の卒業制作として公演を行なうための1回限りのユニットとして、上記の4人と「TEAM NACS」を結成。森崎・安田の大学卒業とともに解散したが、森崎・安田が会社を辞め、1997年8月に再結成する。

また、1995年には、演劇研究会の先輩である森崎と戸次の薦めで音尾と共に稲田博が主宰する劇団イナダ組に入団した(2004年まで所属)。代表の稲田博は「初めて舞台に立つときの立ち方を教えてくれた方」として今でも師とあおいでいる。

また、大学在学中の1995年10月には、HTB北海道テレビの深夜番組『モザイクな夜V3』に、2代目「元気くん」として出演し、芸能活動を開始。これは、初代「元気くん」・田中護の後任を探していた時に、演劇研究会の舞台を見た劇団OOPARTS(鈴井貴之主宰)の劇団員に認められ、鈴井の妻であった伊藤亜由美がディレクターの杉山順一に大泉を紹介したことがきっかけであった。「元気くん」は、すすきののニュークラブを取材するというレポーターで、初出演の時には、レポート先で「緊張する人」を演じた。その後、トーク力が買われ、スタジオにも呼ばれるようになった。また、番組の出演がきっかけで、鈴井貴之が代表を務めるCREATIVE OFFICE CUEに所属することになった。

翌1996年7月公開の『ガメラ2 レギオン襲来』にレギオンから逃げる地下鉄乗客役で映画初出演を果たすが、鈴井のミスによってエンディングにクレジットされていない。

同年10月には、HTBでスタートした深夜番組『水曜どうでしょう』に出演することとなり、北海道内でのタレント活動が活発化した。大泉と鈴井、ディレクターの藤村忠寿と嬉野雅道の4人を中心に過酷な旅を行う内容が人気となり、深夜枠での放送にもかかわらず、1999年には最高視聴率18.6%を得て、全国に番販され、それに伴い大泉の知名度も全国的に広がっていった。

1999年からは、『鈴井の巣』(HTB)でPUFFYにインタビューしたことがきっかけとなり、『パパパパパフィー』(テレビ朝日)に不定期で出演するようになり、全国ネットのバラエティ番組に登場することとなった。初出演時は、ゲストに郷ひろみや安室奈美恵がいる中、当時北海道外ではほぼ無名だった大泉がジャージ姿で司会として出演したが、観客から「キモい」などと言われ、落ち込んだ。この時はまだ東京に進出する気はなかった。

また、歌手としては、2000年に『鈴井の巣』(HTB)で大泉がボーカルの「大泉バンド」を結成し、番組内で奥田民生の作曲による「負け戦」を披露した。また、『ドラバラ鈴井の巣』(HTB)では、ドラマ企画毎に歌唱と共に、作詞・作曲を手掛けた。2004年には、作詞・大泉、作曲・根本要で、スターダストレビューとのコラボレーションシングル「本日のスープ」を「北海道限定版」と「全国版」で発売。全国版はオリコン最高10位を記録し、『ミュージックステーション』(テレビ朝日、2004年2月放送)や『うたばん』(TBS、2004年5月放送)に出演した。同年には、『おにぎりあたためますか』(HTB)の企画内で戸次重幸とのユニット『FAN TAN』でザ・ミュージックカウンシルより「起きないあいつ」を発売し、オリコン最高7位を記録。台湾デビューも果たす。

俳優としては、2003年には鈴井貴之監督の映画『river』で映画初主演となった。声優としても『千と千尋の神隠し』など、複数のスタジオジブリ作品に参加。2003年には、高坂希太郎監督の『茄子 アンダルシアの夏』にて主人公のペペ・ベネンヘリを務めた。

東京進出後
2004年に、31歳で本格的に東京進出。2002年に『水曜どうでしょう』のレギュラー放送終了したことで、仕事を続けていけるのかと不安になり、また、北海道での仕事に閉塞感を覚えていたことに加え、北海道ロケの映画で東京から来た俳優よりも格下の扱いを受けたことにショックを感じたのが東京進出の一因だった。一方で、「東京の芸能界は怖い。すぐ消えちゃうことになる」と不安もあったが、鈴井貴之の「大きな船でいきなり広い海の真ん中に出ていくわけじゃない、ゆっくり手漕ぎボートで出ていって、何かあればまた岸に戻って来られるんだから」という言葉に安心し、上京を決心。同年12月には、アミューズと業務提携を行い、その後は、道内の仕事はCREATIVE OFFICE CUE、道外の仕事はアミューズが手掛けている。

2005年に『救命病棟24時』(フジテレビ)にて、全国ネットの連続ドラマ初出演。以後、『小早川伸木の恋』(フジテレビ)、『ハケンの品格』(日本テレビ)など、数多くのドラマに出演。特に『ハケンの品格』では準主役ということで注目度が高まり、北海道(札幌テレビ)での視聴率が関東地区や関西地区よりも高く、平均で25%を超える視聴率を獲得した(関東地区での平均視聴率は20.1%だった)。

2009年5月2日、フジテレビドラマプロデューサーの中島久美子との結婚を発表。2人は2005年の『救命病棟24時』がきっかけで知り合い、2006年には初主演ドラマ『おかしなふたり』を手掛け、2008年の『ロス:タイム:ライフ』出演時の再会以降交際していた。大泉は中島について「未熟な私を精神的に強く支えてくれ、温かく見守ってくれる方」とコメントした。同年、『赤鼻のセンセイ』(日本テレビ)で連ドラ初主演を果たした。

2010年8月29日、挙式。参加者は親族および友人、事務所関係者や番組関係者などで、司会は『1×8いこうよ!』で共演する札幌テレビアナウンサー・木村洋二が行った。

2011年5月、第一子となる長女が誕生。

同年9月には、札幌・すすきのを舞台とした映画『探偵はBARにいる』が公開され、大泉は探偵役で主演を務めた。翌2012年には、同作で第35回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞を受賞。同作は、第2作『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』(2013年)、第3作『探偵はBARにいる3』(2017年)とシリーズ化された。『探偵はBARにいる3』では、第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞を受賞した。

2014年、北海道特別"福"知事に任命される。同年、主演映画『青天の霹靂』が公開され、第6回TAMA映画賞 最優秀男優賞を受賞。

2015年、主演映画『駆込み女と駆出し男』が公開され、翌2016年には、第39回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞と第58回ブルーリボン賞 主演男優賞を受賞。

2018年からは、NHK総合テレビの音楽番組『SONGS』に番組責任者として出演。全国放送のテレビ番組としては、初のレギュラー番組である。

2019年、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS)で、ラグビー部のゼネラルマネージャー・君嶋隼人役で主演を務めた。

2020年、『第71回NHK紅白歌合戦』で白組司会を担当。

2021年、『第72回NHK紅白歌合戦』で2年連続で司会を担当。また、同じく北海道出身の細川たかしとのデュエットにより、カラオケの十八番と話す「北酒場」を熱唱した。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

Netflixで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「浅草キッド」以外にもNetflixでは

・愛の不時着
・ウシジマくん
・ドクターX
・全裸監督
・死役所
・シグナル
・弱虫ペダル

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Netflixでチェック!

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪

-エンタメ動画情報, 映画動画情報
-