エンタメ動画情報 旅・紀行番組

注文の多い初キャンプの無料動画の見逃し配信は?過去動画一覧

注文の多い初キャンプの無料動画の見逃し配信は?過去動画一覧

テレビ朝日で放送されている番組「注文の多い初キャンプ」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「注文の多い初キャンプ」は、芸能人の「初キャンプ」を、芸能界屈指のキャンプの達人がお手伝いする番組で、人気です!

だからこそ、「注文の多い初キャンプ」を楽しむための方法をご紹介したいのですが、「注文の多い初キャンプ」は現在動画配信されておりません。

今後、「注文の多い初キャンプ」が動画配信されるとすれば、それは動画配信サービスTELASAテラサです。

TELASAテラサはテレビ朝日が関わっている動画配信サービスなので、「注文の多い初キャンプ」が今後配信されるとしたら、TELASAテラサになると思います。

・注文の多い初キャンプを何回も観たい
・テレビ朝日のドラマの動画をたくさん観たい!
・特撮ヒーローものなども動画でたくさん観たい!
・ディレクターズカット版なども観たい!

そんな人にTELASAテラサはおすすめです。

更にTELASAテラサでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

テレビ朝日のドラマやバラエティ番組の見逃し配信ももちろんTELASAなら見放題!

テレビ朝日のドラマやバラエティ番組は、TVerやテレ朝動画などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、TELASAテラサなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にテレビ朝日の最新ドラマはTELASAテラサ以外では配信されないことが多いので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

TELASAテラサなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※「注文の多い初キャンプ」は現在TELASAテラサで配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

TELASAならドクターXなどのテレビ朝日の話題の動画がたくさん!

・ドクターX
・七人の秘書
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、TELASAテラサなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※「注文の多い初キャンプ」は現在TELASAテラサで配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「注文の多い初キャンプ」山中湖を舞台に冬のキャンプ

芸能人の理想のキャンプを叶えるこの番組!今回は、3時のヒロイン、おたけ(ジャングルポケット)&母の2組が山中湖を舞台に冬のキャンプを満喫します!

▽真冬の絶景!富士山を楽しむスカイウォーク&ジップライン!
▽道の駅で食材調達&キャンプ飯対決!
▽キャンプ芸人のテクニック公開!

「注文の多い初キャンプ」の出演者

●3時のヒロイン
●おたけ(ジャングルポケット)&母
●西村瑞樹(バイきんぐ)
●阿諏訪泰義
●大和一孝(スパローズ)

※「注文の多い初キャンプ」は現在TELASAテラサで配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「注文の多い初キャンプ」第4弾は横山由依さんと貴島明日香さん

芸能人の理想のキャンプを叶えるこの番組!今回は横山由依さんと貴島明日香さんの二人が、千葉のキャンプ場を舞台に春の贅沢キャンプを満喫します!

横山由依さんと貴島明日香さんのリクエストに応えるのは、キャンプ芸人として人気のバイキング・西村瑞樹。採れたて新鮮野菜をかじりつくことができる収穫体験から、絶品韓国風キャンプ飯まで堪能します!大自然の中、焚き火を前に思わず口にする本音とは…⁉上質で幸せなひと時を、あなたにもお届けします♪

「注文の多い初キャンプ」の出演者

横山由依
貴島明日香
西村瑞樹(バイきんぐ)
阿諏訪泰義

「注文の多い初キャンプ」貴島明日香、横山由依と卒業後の心境明かす

タレントの横山由依と貴島明日香が、今回が第4弾となるテレビ朝日系『注文の多い初キャンプ』に登場する。2人の「初キャンプ」を、芸能界屈指のキャンプの達人がお手伝いする。

キャンプ初心者の横山と貴島の、理想のキャンプ実現のため立ち上がったのは、約100万円で山まで購入するほど大のキャンプ好きバイきんぐ・西村瑞樹と、芸能界屈指のキャンプ料理の達人・阿諏訪泰義の2人。

舞台となるのは、千葉県香取市にある農園と一体型のグランピング施設。手ブラで自然体験が楽しめる人気の施設で、女子2人が大自然と触れ合う。

インドア派という貴島のリクエストで挑戦したのは名物アクティビティのジップライン。2人は全長180メートルの森の斜面を一気に駆け下りるスリリングなアトラクションに挑む。

さらに2人は農園で収穫体験を楽しむと、阿諏訪が採れたての新鮮な食材を調理。辛い物が大好きという2人のため韓国風キャンプ飯でもてなし、採れたて野菜を贅沢に使った料理を披露する。

また、スパローズ大和が紹介する韓国で大人気のキャンプ用グッズと、阿諏訪考案の「絶品ソース」でサムギョプサルパーティーも開催。キャンプブームの火付け役でもあるキャンプ芸人たちが、キャンプが楽しくなる最新グッズを紹介、キャンプ初心者からベテランまで役立つ情報満載で届ける。

「火の前でうそはつけない」と語る西村が最後に用意したのは、焚き火。実はこの収録が初対面だったという2人だが、キャンプとお酒の力で距離が縮み、焚き火を眺めながらの本音トークの時間に。

長年AKB48を引っ張り続けた横山とお天気キャスターとしてお茶の間の人気者になった貴島。横山は、「ここで聞くことじゃないんですけど…」と前置きしつつ、貴島に疑問をぶつけ、仕事に対する熱意や、新たなステージに進むにあたっての目標などを語り合う。

「注文の多い初キャンプ」第4弾について

今回が第4弾となる『注文の多い初キャンプ』は、芸能人の「初キャンプ」を、芸能界屈指のキャンプの達人がお手伝いする番組です!
今回は女子2人の初キャンプをお手伝い!昨年12月にAKB48を卒業した横山由依と、先日お天気キャスターを卒業したばかりの貴島明日香。
キャンプ初心者の理想のキャンプ実現のため立ち上がったのは、約100万円で山まで購入するほど大のキャンプ好きバイきんぐ西村、芸能界屈指のキャンプ料理の達人・阿諏訪泰義の2人。
今回舞台となるのは千葉県香取市にある農園と一体型のグランピング施設!手ブラで自然体験が楽しめる人気の施設で、女子2人が大自然と触れ合います!

農園で収穫した採れたての新鮮な食材を調理するのはキャンプ料理の達人・阿諏訪。辛い物が大好きという2人のため韓国風キャンプ飯でおもてなし!採れたて野菜を贅沢に使った料理を披露。
キャンプブームの火付け役でもあるキャンプ芸人たちが、キャンプが楽しくなる最新グッズを紹介、キャンプ初心者からベテランまで役立つ情報満載でお届けします!

「火の前で嘘はつけない」と語る西村が最後に用意したのは、焚き火。
実は初対面だったという2人。キャンプとお酒の力で距離が縮み、焚き火を眺めながらの本音トークの時間に。
長年AKB48を引っ張り続けた横山とお天気キャスターとしてお茶の間の人気者になった貴島。仕事に対する熱意や、新たなステージに進むにあたっての目標などを語り合います。

※「注文の多い初キャンプ」は現在TELASAテラサで配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「横山由依」について

「横山由依」は、日本の女優、タレント、YouTuberであり、女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。2015年12月8日から2019年3月31日まで2代目AKB48グループ総監督を務めた。2012年11月から2013年4月にかけて、AKB48とNMB48を兼任していた。AKB48の派生ユニット・Not yetのメンバーである。京都府木津川市出身。太田プロダクション所属。

2008年
京都府立西宇治高等学校に入学した。同校と京都府立城南高等学校の統合により開校した京都府立城南菱創高等学校出身である。

2009年
3月、『SKE48第二期メンバーオーディション』に応募するも不合格であった。
4月、『AKB48 第五回研究生(8期生)オーディション』に応募するも不合格であった。
9月20日、『AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション』に合格した。

2010年
10月10日、『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』においてチームKに昇格(9期生初の昇格)することが発表された。

2011年
1月21日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』において、大島優子・北原里英・指原莉乃とともに新ユニット『Not yet』を結成することが発表された。
3月7日、「NHK春の新番組」の魅力を伝える「チームぴちぴちNHK」を他の8人のAKB48メンバーとともに結成。3月中旬から4月中旬までの限定活動。ミニ番組や、ポスターなどに登場する。
3月16日、『Not yet』として、1stシングル「週末Not yet」でデビュー。
5月25日発売の21stシングル「Everyday、カチューシャ」で初めて選抜メンバー入りを果たす。
6月9日に日本武道館で最終結果が公表された『AKB48 22ndシングル 選抜総選挙「今年もガチです」』では、1万6455票を獲得して19位となり、AKB48の22ndシングルの選抜メンバーとなった。

2012年
3月4日、Google+の秋元康の投稿において「ぐぐたす選抜」が発表され、選抜入りを果たした。
3月25日、AKB48コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』の3日目公演において、AKSから太田プロダクションに移籍打診があったことが発表され、5月に正式に移籍した。
5月30日発売のNot yetの4thシングル「西瓜BABY」Type-Cに自身初のソロ曲「May」が収録される。
5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では15位となり、選抜メンバー入りを果たした。
7月19日(7月18日深夜)、自身初の単独冠番組『横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都・美の音色』を関西テレビで放送開始。
8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームAへの異動および同時にNMB48を兼任することが発表された。
9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』では3位となり、選抜メンバー入りを果たした。
11月1日、チームAに異動。
11月2日、チームAウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する。
11月7日に発売されたNMB48の6thシングル「北川謙二」に選抜メンバー入りし、NMB48での初仕事となる。
12月19日、NMB48チームN公演に出演し、同公演でチームN入りが発表された。

2013年
4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日の夜公演にて、NMB48チームN兼任解除が発表され、同日付で兼任が解除された。ただし、兼任解除後も兼任解除前から決まっていたCD発売記念イベントなどには参加。
5月20日、NMB48劇場で開催された「横山由依を送る会」をもってNMB48での活動を終了。
5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では13位となり、選抜メンバーに選出される。
6月16日、「AKBチャレンジ ユーキャン!」の企画で挑んだ調剤事務管理士技能検定試験に合格した。
7月21日、福岡 ヤフオク!ドームで開催された『AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜』2日目公演において、AKB48を卒業する篠田麻里子からチームAの後継キャプテンに指名される。
7月23日、本拠地の東京・AKB48劇場での公演にて正式にチームAキャプテンに就任。「横山チームA」スタートに当たり、開演前のスピーチにて「みんなと同じ目線で喜怒哀楽を共にしたい」と所信を述べた。

2014年
2月24日、Zepp DiverCityで開催された『AKB48グループ大組閣祭り』において、チームKへの異動と同チームのキャプテンに就任することが発表された。
4月21日、チームA「ウェイティング」公演の千秋楽が「横山チームA」最終の劇場公演となる。
5月7日、この日初日を迎えたチームK 7th Stage「RESET」公演より「横山チームK」の劇場公演を開始する。
5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では13位となり、選抜メンバーに選出される。
12月8日、この日行われた『AKB48劇場9周年特別記念公演』において、1年後をめどにグループからの卒業を発表したAKB48グループ総監督高橋みなみより次期(2代目)総監督に指名される。

2015年
2月5日、初のソロ写真集『ゆいはん』発売。2月16日付オリコン週間「本」ランキングの写真集部門で1位を獲得。
2月24日、地元である京都府南部15市町村の観光をPRする「京都やましろ観光大使」に就任。これを受けて京都府八幡市に本社がある民間バス事業者の京都京阪バスでは、2016年3月25日より約1年間八幡営業所のバス1台に横山のラッピングを施し、前面にヘッドマークを取り付けた上で「ゆいはん号」を運行していた(八幡営業所では「ゆいはん号」とは別に横山のヘッドマークのみを取り付けた車両も3台有していた)。「ゆいはん号」は平日・土曜日・休日ダイヤでそれぞれ路線と時刻を限定して運行していた他、季節により運用を変更して可能な限り京都京阪バスの大半の路線を運行していた。また奈良県に本社があるものの、奈良県に隣接する木津川市でも路線バスを運行している奈良交通にも、2015年11月より「AKBゆいはん号」1台が生駒市の北大和営業所に配置されたが、こちらは配置営業所の管轄路線の関係で地元での運行をせず、主に生駒市内や奈良市内を運行していた。

3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』においてチームAへの異動および同チームのキャプテンに再び就任することが発表された。
5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では10位となり、選抜メンバーに選出された。
9月1日、新チーム体制移行完了に伴いチームAキャプテンに復帰。
12月8日、AKB48劇場オープン10周年の記念特別公演において、AKB48グループ総監督の職を高橋みなみから正式に継承した。

2016年
5月から6月にかけて実施された『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』では11位となり、選抜メンバーに選出された。
12月2日、JR高速バス「ドリーム号」アンバサダーに就任。
12月31日、『第67回NHK紅白歌合戦』に出演。番組企画として実施された「夢の紅白選抜」で8位に選出。

2017年
5月から6月にかけて実施された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では7位となり、選抜メンバーに選出された。

2018年
1月17日、TOKYO DOME CITY HALLで自身初のソロコンサート『横山由依ソロコンサート〜実物大の希望〜』を開催した。
春、AKB48の新チーム体制開始に伴う岡部麟のチームAキャプテン就任により、チームAキャプテンを退任。
12月8日、AKB48劇場13周年特別記念公演において、AKB48グループ総監督を退任することを発表。次期総監督にチームAの向井地美音を指名した。

2019年
3月31日、AKB48グループ総監督を正式に向井地美音に譲り、退任した。

2020年
3月19日にYouTube上に個人チャンネル「Yuihan Life」を開設。

2021年
9月12日、日比谷野外音楽堂で行われたライブ「MX夏まつり AKB48 2021年最後のサマーパーティー」において、グループからの卒業を発表した。
11月27日、パシフィコ横浜・国立大ホールにおいて卒業コンサートが行われた。
12月9日、AKB48劇場で卒業公演を開催。

声が高いのは遺伝で、両親も姉も揃って高い。その為に声がよく通り、とりわけ笑い声はよく響いている模様。大島優子から「(由依は)聞き上手だけど笑い声がとにかくうるさい」、指原莉乃から「笑い声がモスキート音」と言われ、向井地美音からは「笑い声がつられる」と言われている。また、大家志津香の父によると横山の父はロンドンブーツ1号2号の田村淳に声が似ているらしい。

性格は真面目でサバサバしているが頑固な部分もあり、柔らかな雰囲気とは違ってせっかちで短気である(ただし、短気は自分に怒る場合がほとんど)。真面目故にミスを長めに引きずるタイプ。ちなみに横山本人は自分は真面目で頑固、短気、ポジティブで楽観的な他にめちゃくちゃせっかちであると話していた。真面目過ぎる余り、悔しくてキレ泣き(怒った顔のまま泣く)する事もあり、卒コンでもドラムが上手く行かずに裏でキレ泣きしていた。

川栄李奈曰く「(横山は)しっかりと芯があるのに流されやすい」らしい。
柏木由紀や岩立沙穂曰く「LINEの返信が凄く早い」。横山によるとスタンプ送っても文章を返してしまうらしい。ちなみに横山はLINEでの話の終わり方が良くわかってないと発言した事もある。

周りからは天然ボケだと言われており、たまに天然を発揮する事があるが、本人は「天然と言われたことがない」と発言している。
代謝がいい為に非常に汗かきで、その発汗っぷりはAKB48グループでもトップレベルと言われている。その為、劇場公演で4曲目には既に汗びっしょりになっていたり、ラーメンを食べるだけで汗をかいたりするほど。余りの汗かきぶりに現役時代の高橋みなみや宮崎美穂から「風呂上がり?」や「シャワー浴びた?」といじられたり、Not yetではもんじゃ焼きを焼きながら汗をかいて大島達からいじられながらも汗を拭かれていたりしていた。横山によると、小さな頃から汗かきは変わらないらしい。

涙脆く、同期と10期の昇格や佐々木優佳里や大森美優らの昇格時などは本人達より号泣していたり、めちゃイケのプロレスでは大久保佳代子の光浦靖子への手紙で込山榛香や小田えりなより早く貰い泣きし矢部浩之ら解説側からツッコミが入った。また、ネ申テレビでの涙脆いメンバーランキングでOB含む全メンバー中で2位に入っていた。ちなみに涙脆いのは母親譲り。

非常にツボが浅いゲラであり、AKBのびみょ〜のコントでは笑ってNGを出しまくり、柏木由紀とのインスタライブでは「(あるコントでは)盛りなしで50ぐらいNGをだし、泣きながら帰った」と話している。また、向井地美音や山根涼羽からは「(横山さんが)笑ってるとつられて笑っちゃう」、入山杏奈からは「面白い話をする時、話してる横山本人が笑い過ぎて肝心の話が聞き取れない」と言われ、先輩や後輩から「笑いのツボが変」と言われていた事も。

自他ともに認める「せっかち」であり、本人によると「かなりのせっかち」との事。それ故か食べるのも早いらしい。また、向井地美音によると「振り入れの時のリズムを取る為のカウントが早い」らしく、山根涼羽によると「1時間半の振り入れの練習時間が30分で終わった」レベルの速さで、山根は振り付けが全く覚えられなかったらしい。それを聞いた横山は「申し訳ない」と謝罪していた。

幼少時は、やんちゃで野生児だった他、毎日外で遊んでいたり小学生中学生時代はテニスやバスケをしていた為、外でやるスポーツを辞めるまでは日焼けで真っ黒だったとの事。ちなみに、母親から聞いた話では生まれた時は真っ白だったらしい。

幼稚園の時に初恋を経験。皆が憧れる男児を好きだったが、片想いに終わった。幼稚園年少組から音楽教室でエレクトーンを学び、小学校2年生からドラムを学ぶ。

小学校の頃は学業成績は良く、体育と音楽が得意だった。小学校4年生まで自分のことを「ゆいちゃん」と呼んでいた。小学校4年生の時に大阪城ホールにおいてCHEMISTRYのコンサートを観賞してから芸能界に興味を持つ。

体育では走るのが好きで、陸上大会のリレーに出場し、町内駅伝大会では常に優勝か2位だった(横山曰くは周りが速かったかららしい)。
書道を習っていた時期があり、硬筆もしていたが、本人曰く字が書く度に違っていて自分の字が嫌いだったらしい。また、今現在の字は学生時代に良い字を書く人が居て、その人と手紙をやり取りする中で字を真似て練習し身につけたらしい。その為、本人によれば書道で身についたのは綺麗な字とかではなく、字を真似る力との事。
中学校では3年間バスケットボールに熱中し、3年生の時に体育大会で優勝。この間に体力と精神力を養え、自分には団体競技が向いていると感じた。また、2年生からボイストレーニングにも励み、大阪のハートボイススタジオミュージックスクールに通っていた。

将来は素敵な歌手になり、夢を与えられるような魅力ある人になりたいと思っている。
好きな食べ物は牛丼と餃子。嫌いな食べ物はグリーンピースと干し葡萄、お酒はシャンパンと白ワインが苦手。

趣味は、散歩と音楽鑑賞。
特技は、立ったままブリッジから一回転すること(オーディションでは逆立ちと側転を特技としていた)。後に早替え(早着替え)も特技だと発言している(その早替えの速度たるや先輩や後輩達を驚かせている)。

憧れるアーティストとしてCHEMISTRY、いきものがかりを挙げている。また、SEKAI NO OWARIが好きでもあり、好きな楽曲は「スターライトパレード」。SPEEDが好きで、特に今井絵理子が好きだった。

調剤事務管理士の資格を保有している。
寝相がホラー寝相と言われたりするぐらい悪い。本人も認めるほどの悪さで、宮澤佐江や大家志津香などから寝相の悪い写真をSNSにあげられた事もある。本人によれば、腕を上にあげて寝るらしい。ちなみに寝ている時にものを掴む事もあるらしく、秋元チームKの野中美郷や藤江れいなは(電車等で寝ている横山に)腕を掴まれた事があると発言していた。

AKB48
「夢を叶えるための一つの通過点」というAKB48のコンセプトを気に入ったことが、AKB48の研究生(9期)オーディションに応募したきっかけとなっている。
キャッチフレーズは「金閣寺よりも輝きたい! 京都出身の横山由依です」だが、本人は金閣のある鹿苑寺に行ったことがない。

公式ニックネームは「ゆいはん」だが、「ゆい」「ゆいちゃん」とも呼ばれる。当初は「ゆいはん」という呼びに慣れておらず、『AKB48のオールナイトニッポン』では「ゆいはん」と書かれていたリスナーからのメールを「ゆいちゃん」と自分で読み替えて紹介していた。ファンに対しても「ゆいちゃんって呼んでください」と言っていたが、次第にゆいはんと呼ばれ続けた事で定着し、本人も認めている。元AKB48の梅田彩佳・宮澤佐江とのラジオでは、梅田がずっと「ゆいはん」を「ゆいはむ」としばらく勘違いしていたと明かした。ちなみに宮澤は一時期「ゆいくん」と呼んでいた。呼び名は様々で、AKB48の先輩・同期メンバーは「ゆい」「ゆいちゃん」「横山」、元AKB48の倉持明日香は「はむちゃん」。一時期は「キャップ(キャプテン)」や「ニロはん」と呼ばれたこともあり、次期総監督になってからは「ジキソー」と呼ばれていた。後輩メンバーは「横山さん」「よこさん」「ゆいさん」「ゆいはんさん」と呼ぶが、一部の親しい後輩からはBBAと言われる事も。ちなみに入山杏奈はファンであった為に横山が好き過ぎる余り「ゆいちゃんさん」と呼んでいた時期がある。一時期兼任していたNMB48でも同様の呼び方をされているが、元NMB48の小谷里歩(現・三秋里歩)は「横ちゃん」、白間美瑠は「よこはん」と称し、山口夕輝からは一時期「ビス」「ビスはん」と呼ばれ、元SKE48の松井玲奈はGoogle+の中で「はんさん」と称していた。『しくじり先生』で共演するオードリーの若林正恭は「横山ちゃん」と呼ぶ。

前述の入山杏奈の他に、谷口めぐ、行天優莉奈、石綿星南、橋本陽菜やHKT48の渡部愛加里は横山由依のファン(ヲタク)である。OBでは8の沖縄代表の宮里莉羅も横山のファンであった。芸能人ではニッチェの江上敬子がファンだと公言している。

後輩では上記のメンバー、先輩では高橋みなみや野呂佳代が横山由依が推しメンだと公言していた。
地方組(大家志津香、北原里英、指原莉乃)は親ぐるみで仲が良い。また、卒コン直前SPで13期の岩立沙穂によると岩立母と横山母が仲良しで、横山が卒業発表した際は岩立母が横山母にLINEをしていた程らしい。

地方組は上記の通り仲良しなのだが、何故か指原莉乃との不仲説が浮上した事がある。また、同期の山内鈴蘭とは多少不仲であったが、横山は不仲説が出た事に驚いていた。だが、9期10周年公演での両者によるとある時にお互いに大人になったね、等と話す中で邂逅したとの事。

よこやまこ、ゆいゆいはん、よこやまゆいりーなど、後輩とのコンビ名の場合に比率が多めになりがちである。
倉持明日香程ではないが、メンバーに対して個性的なあだ名を付けて呼ぶことがある。入山杏奈を「あんちゃん」や「あんこ」、兒玉遥を「ぴっぴ」、大家志津香を「しーご」など。ちなみに小谷里歩には涙脆さから「徳光さん」や「涙の安売り」と一時的だが付けたことも。ちなみに、相笠萌の公式ニックネームを「もえもえ」から「もえちゃん」に変えたのは横山である(秋元チームK公演時に、ニックネームが呼びにくいので変えたらどうかと横山が提案し、相笠が変えた)。

メンバーに対しても気遣いがマメであり、LINEを素早く返したり、卒業コンサートの前日に長文のLINEを送ったり、当日には出演メンバー一人一人に手書きの手紙を書いて渡していた。また、行天優莉奈によれば卒業フォトブックが出た後、卒業するまでに全員にサインとメッセージを書いて渡せないメンバーの為に公演の楽屋に残していたという。

高橋みなみに次ぐ「大丈夫センサー」の持ち主と言われており、様々なメンバーを助けたり、また気づかれたことに驚かせたりしていた。それ故に公演や雑誌インタビュー等でメンバーを助けたりした逸話が度々メンバーから語られている。逸話の例は現役時代に高橋朱里が泣いて電話して来た時には家まで駆けつける、焼肉屋で号泣した荻野由佳の話を優しく聞いてあげるなど。また、別枠で活動している状態だったチーム8を気にかけて優しく接しており「チーム8はAKBだよ」と発言したりしてチーム8メンバーを泣かせたりしていた。それ故か、岡部麟がフォトブック等で横山さんは私たち(チーム8メンバーたち)のヒーローと書いている。

先輩後輩問わずから尊敬するメンバーにあげられている他、特に後輩からは「人として尊敬している」や「横山さんみたいな人になりたい」というメンバーも多い。
AKBの中でもかなりの愛されキャラであり、先輩同期後輩はおろか本店支店すら問わず関わったメンバーから好かれており、また、横山自身も関わったメンバーに沢山の愛情を注いでいた。

ゆいはんの「はん」を取って語尾につけることで弄られる事がある。例えばゆいはんが怒ったら「おこはん」など。
候補生時代は地元の高校に通いながら、放課後はファーストフード店やファミリーレストラン、食品工場などでアルバイト、帰宅後に自主練習をしていた。金曜日の夜行バスで東京に向かい、土日はレッスンに参加し、再び夜行バスで京都に帰宅する日々を送っていた。夜行バスの交通費と宿泊ホテルの利用料は、自身のアルバイト代で賄っていた。

関東地方以外出身の研究生から正式メンバーへの昇格は横山で6人目、近畿地方出身者の昇格は初めて。2010年6月、新チームAが新公演の準備を進める中、ダンスコーチから振り付けなどを学び、多忙でレッスンに参加できない篠田麻里子に内容を伝える中継役を、他の新チームAメンバーの協力を得つつ務めている。後に友撮本の対談において篠田によると、本来は篠田のアンダーは横山では無い研究生だったが、篠田がたまたま研究生のレッスンを見る機会があり、そこで真剣に一生懸命踊っていた横山を見て「絶対あの子(横山)が良い!」とお願いしていた事を話した(篠田曰くは私のわがまま、との事)。また、横山の他叙伝において高橋みなみは篠田はプロ意識が高い為、研究生にはハードルが高かったが横山はしっかりとこなし、「あの子(横山)凄い」と後輩を誉める事が滅多にない篠田が褒めた事を話した。大家志津香は「(当時の)横山は毎日懸命に練習していた為、寝ながら(チームAの曲の)カウントを数えていた」と話し、同期の永尾まりやは「選抜は挨拶するのも恐れ多かったので、私じゃなくて良かったと思ったほどです」と発言している。

2010年10月10日に開催された『AKB48東京秋祭り』2日目「ぐだぐだカラオケ大会」の一発芸コーナーに内田眞由美・鈴木まりや・永尾まりやと横山の4名で「チーム体育会系アイドル」として登場し、永尾と2人で息の合ったツインロンダートを披露している。

2011年3月、『第3回沖縄国際映画祭』に参加し、他の11人のAKB48メンバーらと共に、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)後、初のイベント出演やライブを行う。
2011年5月9日からテレビ東京で放送された『世界卓球2011ロッテルダム』において、他の9人のAKB48メンバーとともに日本代表を応援するサポーターとして参加した。横山は「同世代の人たちの健闘ぶりを見て私もプラスにできたら」と語り、番組に出演するなど様々な形で中継を盛り上げる。

高橋みなみ曰く「超努力家」。篠田麻里子からも「本当に努力家」と評されている。総監督の説教部屋において、高橋みなみと大島優子から自分達先輩の背中を見て勝手に育ってくれるレアケースと言われていた。

高橋みなみは横山を自分に似ていると発言した事があったり、横山を一貫して推しメンと言っていたりと気にかけており、次第に1期と9期とは思えないほど仲良くなっていた。後輩や支店メンバーに横山に甘える高橋を目撃されていたりもする。ちなみに、横山への第一印象はジャージの子だったらしい。

大島優子はNot yetを得て横山と親しくなり、2期と9期の間柄とは思えない程で卒業しても年1位で会っている。大島はへこたれない横山だからこそ厳しく接した事を話したり、自身の卒業時には横山をビシバシ鍛えたと発言し、横山の卒コンでは「何も心配していない」と発言した。

戸賀崎智信は、「横山はレッスンの量は人一倍、リハーサルの30分前には来ている努力の人で、朝から晩までAKB48のことを考えており、ちゃんとやれば評価されることを周囲に示せる、正式メンバーになる資格を持った人でもある、彼女が昇格したことに文句を言える人はいない」という趣旨の発言をしている。

漫画好きで、峯岸みなみ・田名部生来・石田晴香・北原里英と「マンガ大好きシュミニティ」メンバーとして登場。
元々「揚げ足取るのが好き」だったこともあり、2012年8月、文化放送『リッスン? 〜Live 4 Life〜』出演時にリスナーからの質問にズバズバ答えて以来、「マジレス」キャラが浸透、2013年12月から『月刊AKB48新聞』に連載「メンバーのお悩み ズバッと解決いたします マジレスゆいはん」が連載されることとなった。

チーム8には同音異字のメンバー・横山結衣(青森県代表)が在籍し、「根も葉もRumor」では二人の「よこやまゆい」が選抜メンバーとなった。
卒業曲となる「君がいなくなる12月」のMVについて、自ら監督を務めた。

Not yet
Not yetのメンバーとなったことについて、当初実感が湧かなかったが、聞く人に元気を与えられるようなユニットにしたいと述べた。1stシングル「週末Not yet」のタイトル曲については、聞いた人が元気になる曲で、キーが歌い易く、録っていて気持ち良かった、と語っている。Not yetのレコーディングの際、横山は当初それとは知らず、ドキュメンタリー映画のエンディングの録音だと思っていた。同作品の通常盤Bに付属されているDVDに収められるショートフィルムの演技について、「演技らしい演技をするのが初めてで、気持ちの作り方とか判らず難しかったが、演技することに興味が湧いてきたので勉強したい」とのこと(後に泣くシーンでは余りにも泣けずに監督さんに怒られたことで短気ゆえにカッとなり、なんで怒られなきゃならないのか、となって泣いたことをalreadyコンサートの4人トークで明かした)。ダンスは2コーラス目のサビの振り付けが凄く好きだが、得意じゃないので、MV撮影は、がむしゃらにやったと述べる。また、同作品関連の写真撮影も難しかったとし、写真撮影の際に自分がどういう顔をしているのか、今後研究したいとしている。同DVDのメイキング映像で大島や北原が、「やる度にうまくなる、成長する」と横山を評している。2ndシングル「波乗りかき氷」ではMVで余りにも動かなかった為、大島達から「横山伝説のPV」といじられており、生写真も動いていないポーズのものだった。また、ヨンパラにおいては「ニローニ」や「違和感ないままフリーズ」など笑いの神様に取り憑かれたような物事を起こしている。フリーズ時に大島は「ニローニから由依がツボ」と笑いながら話し、指原・北原も頷いていた。後に「違和感ないままフリーズ」はヨンパラの伝説と言われ、横山以外のAKBメンバーのフリーズで知っているファンにより度々ネタになっている。

※「注文の多い初キャンプ」は現在TELASAテラサで配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

TELASAで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「注文の多い初キャンプ」以外にもTELASAテラサでは

・ドクターX
・七人の秘書
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

テレビ朝日ドラマや特撮ヒーローものなら、是非TELASAテラサで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、TELASAテラサでチェック!

※「注文の多い初キャンプ」は現在TELASAテラサで配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪

-エンタメ動画情報, 旅・紀行番組
-