アニメ動画情報 エンタメ動画情報

忍たま乱太郎の無料動画の見逃し配信は?過去動画一覧

忍たま乱太郎の見逃し配信!動画配信期間は?

NHKのEテレで放送中のアニメ「忍たま乱太郎」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報、過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
このアニメ「忍たま乱太郎」は、乱太郎・きり丸・しんべヱは、忍術学園で学ぶ忍者のたまご「忍たま」。ユニークな先生や仲間たちと、明るく・たのしく・ゆかいな毎日がくり広げられる物語で、長く愛され続けているアニメです!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、アニメ「忍たま乱太郎」を全話見返せる方法があります!

アニメやドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、アニメ「忍たま乱太郎」を見る時は、U-NEXTを利用するのがおすすめです!

・忍たま乱太郎を何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「忍たま乱太郎」30期最新話の見逃し配信はこちらから

「忍たま乱太郎」30期見逃し配信専用ページへ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「忍たま乱太郎」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「忍たま乱太郎」30期最新話の見逃し配信はこちらから

「忍たま乱太郎」30期見逃し配信専用ページへ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「忍たま乱太郎」30期最新話の見逃し配信はこちらから

「忍たま乱太郎」30期見逃し配信専用ページへ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

アニメ「忍たま乱太郎」山ぶ鬼の五車の術の段

乱太郎・きり丸・しんべヱは、忍術学園で学ぶ忍者のたまご「忍たま」。ユニークな先生や仲間たちと、明るく・たのしく・ゆかいな毎日がくり広げられる。

ドクたまのしぶ鬼(しぶき)、いぶ鬼(いぶき)、ふぶ鬼(ふぶき)は、自習の時間に遊んでばかり。ぜんぜん真面目に勉強しようとしない。あきれた山ぶ鬼(やまぶき)は、五車の術(ごしゃのじゅつ)を使い、みんなに真面目になってもらおうとするが……。

アニメ「忍たま乱太郎」の出演者

【声】高山みなみ,田中真弓,一龍斎貞友,大塚明夫,関俊彦,浦山迅,巴菁子

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「忍たま乱太郎」30期最新話の見逃し配信はこちらから

「忍たま乱太郎」30期見逃し配信専用ページへ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

アニメ「忍たま乱太郎」30年記念スペシャルのあらすじ・ネタバレ

「忍たま乱太郎」放送30年記念スペシャルアニメ!ドクタケにのっとられた忍術学園を取り戻そうと乱太郎たちが100%の勇気で奮闘する。

ある日のこと、乱太郎、きり丸、しんべヱは、森の中で美しい野原を見つける。学園長(がくえんちょう)先生の突然(とつぜん)の思いつきで、忍術学園のみんなはその野原へ遠足に行くことに。だが、その野原はなんと、ドクタケの作った罠(わな)だったのだ!みんなが出かけたすきに、ドクタケ忍者たちは忍術学園をのっとり、ドクタケの出城(でじろ)にしてしまう。乱太郎たちは、忍術学園を取りもどすことができるのか――!?

【声】高山みなみ,田中真弓,一龍斎貞友,大塚明夫,関俊彦,浦山迅,巴菁子,飯塚昭三

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「忍たま乱太郎」30期最新話の見逃し配信はこちらから

「忍たま乱太郎」30期見逃し配信専用ページへ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

アニメ「忍たま乱太郎」のあらすじ・ネタバレ

「立派な鐘つきヘムヘムの段」

乱太郎・きり丸・しんべヱは、忍術学園で学ぶ忍者のたまご「忍たま」。ユニークな先生や仲間たちと、明るく・たのしく・ゆかいな毎日がくり広げられる。

金楽寺(きんらくじ)の和尚(おしょう)様は、忍術学園で、ヘムヘムが鳴らす鐘(かね)の音を聞いた。その音に、すっかりウットリしてしまった和尚様。学園長(がくえんちょう)先生に、ヘムヘムを金楽寺へ引きとりたいと言う。

【声】高山みなみ,田中真弓,一龍斎貞友,大塚明夫,関俊彦,浦山迅,巴菁子,飯塚昭三

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「忍たま乱太郎」30期最新話の見逃し配信はこちらから

「忍たま乱太郎」30期見逃し配信専用ページへ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「忍たま乱太郎」について

「忍たま乱太郎」は、1993年(平成5年)4月10日から1994年(平成6年)3月19日まではNHK総合テレビで、同年10月3日以降はNHK Eテレで、放送されているテレビアニメ作品。略称は「忍たま」。

尼子騒兵衛の忍者ギャグ漫画『落第忍者乱太郎』が原作。アニメ化に際し「原作題名の『落第』という言葉が、放送局であるNHKでは放送コードに触れるため、『忍者のたまご』、略して『忍たま』に変更された」という噂が広がっているがソースはなく、サブタイトルに「落第」という単語が入った回があることから放送コードに触れているというのはデマではないかという見解もある(オープニング映像における原作名は「落第忍者乱太郎」名義で表記されている)。新聞のテレビ欄では「忍たま」または「忍玉」と表記されることがある。

字幕放送を実施。乱太郎の台詞は黄色、きり丸の台詞は水色、しんべヱの台詞は緑色、その他の人物の台詞は白で表示される。字幕は基本的に小学3年生以下で習う漢字は漢字表記(振り仮名付きの場合あり)で、小学4年生以上で習う漢字はひらがなで表記される。2008年(平成20年)3月31日から本格的にハイビジョン制作へ移行した。

2017年(平成29年)に放送25年目を迎えた。2021年(令和3年)現在、NHKのアニメ作品の中では最長寿作品であり、20周年を迎えた2012年(平成24年)に放送された第20期第88話、第89話では「おじゃる丸15th 忍たま乱太郎20th 記念企画」として、二番目の長寿作品である『おじゃる丸』とコラボ企画を行った(ただし、おじゃる丸の登場人物が出演したというわけではなく、乱太郎達がパロディネタを披露した程度)。同じ放送日の『おじゃる丸』でも同じ企画が行われた。

子供向けアニメとしては異例と言えるほど女性からの人気が高く、劇場版第一弾の公開時は、観客の8割が女性客だった。特に大人の女性のファンが多く、朝日小学生新聞の編集部によれば「以前は子供がピョンピョン跳び回るイメージでしたが、作画が変化し、内容もシビアなシーンが盛り込まれた。特に、登場する先生達がキラキラとイケメンになっているのが大きい」とのこと。原作漫画は2019年(令和元年)12月に連載を終了したが、NHKによると、放送は今後も継続するとしている。

1993年(平成5年)4月10日 - NHK総合テレビ 土曜18:10枠のアニメ(現:NHK Eテレ 土曜17:35枠のアニメ)として放送開始。

1994年(平成6年)10月3日 - 放送時間を10分に短縮し(1週間単位では50分に延長)、NHK Eテレ(当時はNHK教育テレビ名義)において、母と子のテレビタイム(現:Eテレキッズ)枠で放送開始。主題歌『勇気100%』担当歌手が光GENJIから光GENJI SUPER5に変更。

1994年(平成6年)11月17日(第2期) - 斜堂影麿が初登場。
1996年(平成8年)2月26日(第3期) - 五年生が初登場(当初は不破雷蔵、鉢屋三郎のみ)。
1996年(平成8年)6月29日 - 劇場版アニメ第一弾『映画 忍たま乱太郎』が公開。
1996年(平成8年)7月23日(第4期) - 小松田秀作が初登場。
1997年(平成9年)11月5日(第5期) - 一年い組が初登場(当初は伝七のみ)。
1998年(平成10年)2月4日(第5期) - ドクたまが初登場。
1998年(平成10年)4月21日(第6期) - 六年生が初登場(は組の善法寺伊作、食満留三郎を除く)。
1999年(平成11年)(第7期) - 一年ろ組が初登場(当初は孫次郎のみ)。
2001年(平成13年)4月2日(第9期) - 本編の作画方式をセル画からデジタル制作に移行(ED(エンディング)はそれ以前から)。
2001年(平成13年)6月22日(第9期) - 福富しんベヱ、喜三太、立花仙蔵による「厳禁シリーズ」が開始。

2002年(平成14年)4月1日(第10期) - 主題歌『勇気100%』担当歌手が、第2期放送開始から約7年半続いた光GENJI SUPER5からYa-Ya-yahへ変更され、OP(オープニング)アニメーションもCGを組み合わせたものに変更された。

2002年(平成14年)4月18日(第10期) - 善法寺伊作が初登場。
2002年(平成14年)5月12日 - 放送開始10周年を記念したイベントがZepp TOKYOで開かれ、乱太郎・きり丸・しんべヱ・山田伝蔵の着ぐるみのほか、主題歌を歌っているYa-Ya-yahのメンバー(薮宏太・赤間直哉・鮎川太陽・山下翔央・星野正樹)が出演し、ショーや歌を披露した。

2003年(平成15年)4月7日(第11期) - サブタイトルアニメーションを一新。馬飼野康二による新BGMが使用されるようになる。また、この改編期より初めてNHK以外の放送局での再放送が始まった(第1号はJ:COM東京)。

2004年(平成16年)5月19日(第12期) - レギュラー放送1000回を達成した。
2006年(平成18年)4月17日(第14期) - タソガレドキ忍軍が初登場(当初は雑渡昆奈門のみ)。
2006年(平成18年)7-8月(第14期) - NHK衛星第2にて最初期(第1期)の回を「BS夏休みアニメ特選」枠内にて放送した。

2007年(平成19年)4月2日(第15期) - 斉藤タカ丸が初登場。
2007年(平成19年)5月4日(第15期) - 放送開始15周年を記念したスペシャルアニメ『忍たま乱太郎 15年スペシャル“ドクタケ温泉の段”』を放送。ハイビジョン方式で制作されたが、第15期の通常回は全て4:3の従来の形式で制作された。

2008年(平成20年)3月31日(第16期) - ハイビジョン制作に移行。OP、サブタイトルアニメーションも一新された。ただし、再放送(第15期までの作品)はオープニング以外4:3となっている。

2008年(平成20年)4月15日(第16期) - 食満留三郎が初登場。
2008年(平成20年)5月23日(第16期) - 摂津のきり丸、潮江文次郎、七松小平太、中在家長次による「アルバイトシリーズ」が開始。

2009年(平成21年)3月30日(第17期) - 主題歌担当歌手がHey! Say! JUMPに変更される(OPアニメーションは変更されず)。また、再放送の本編において両サイドに付けられていた灰色の帯を廃止し、黒無地のみとなった。

2009年(平成21年)10月12日-23日・同30日-2010年5月28日までの毎週金曜日(第17期-第18期) - 人形劇「連続人形活劇 新・三銃士」放送のため、放送が休止。

2010年(平成22年)1月13日 - 東京ドームシティ シアターGロッソで初の本格ミュージカル『忍たま乱太郎』が上演された。

2010年(平成22年)3月29日(第18期) - 主題歌担当歌手がNYCへ変更。OPアニメーションもマイナーチェンジした。

2011年(平成23年)3月12日 - 劇場版アニメ第二弾『劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段』が公開。2012年(平成24年)1月2日に地上波初放送された。

2011年(平成23年)3月28日(第19期) - サブタイトルアニメーションを変更。
2011年(平成23年)9月9日(第19期) - 猪名寺乱太郎、善法寺伊作、食満留三郎による「同室シリーズ」が開始。

2012年(平成24年)4月2日(第20期) - 主題歌担当歌手がSexy Zoneへ変更。OPアニメーションも20周年を記念したものに一新された。劇場映画版「忍術学園 全員出動!の段」のBGMが使用されるようになる。

2013年(平成25年)3月20日(第20期) - 放送開始20周年を記念したスペシャルアニメ『忍たま乱太郎 20th スペシャルアニメ 忍術学園と謎の女これは事件だよ〜!の段』がNHK総合にて放送(NHK総合での新作アニメ初回放送は第1期放送以来19年振りとなる)。同年12月31日にNHK Eテレにて再放送された。

2013年(平成25年)3月29日 - 忍たま乱太郎20年スペシャルラジオとして、忍たま乱太郎がラジオ番組として初めて放送された。

2014年(平成26年)3月10日-21日(第22期) - アニメ「ナンダカベロニカ」放送のため、放送が休止。

2015年(平成27年)3月30日(第23期) - サブタイトルアニメーションとBGMを一新。OPアニメーションもマイナーチェンジした。

2015年(平成27年)4月28日(第23期) - 浜守一郎が初登場。
2016年(平成28年)2月11日、3月5日 - NHK BSプレミアムの科学番組「コズミックフロント☆NEXT」とのコラボレーション番組『忍たま乱太郎の宇宙大冒険 with コズミックフロント☆NEXT』がNHK総合にて放送された。

2016年(平成28年)4月4日(第24期) - 主題歌担当歌手がジュニアBoysへ変更。
2017年(平成29年)4月3日(第25期) - OPアニメーションが25周年を記念したものに一新。一年生の制服の井桁模様、くのいち教室の制服の渦巻模様が本編においても白字に、また、荷物の風呂敷包みのデザインも無地に変更された。サブタイトルアニメーションも変更された。このシリーズの初回は第1期第1話をオマージュした内容であった。

2017年(平成29年)6月13日(第25期) - レギュラー放送2000回を達成した。
2018年(平成30年)12月19日(第26期) - NHK総合のバラエティ番組『LIFE!』とのコラボエピソード『忍者右左ヱ門の段』を放送。内村光良、田中直樹、塚地武雅がゲスト声優として出演する。

2020年(令和2年)3月2日 - NHKプラスでの同時ネット配信と見逃し配信を開始。
2020年(令和2年)10月24日 - 特別番組「忍たま乱太郎と行こう!にっぽん宇宙旅『鹿児島でロケットにムチュウ!の段」を放送。着ぐるみの乱太郎達が鹿児島県を訪れ天体について学ぶ。番組内では「こうしちゃいられない」「0点チャンピオン」など歴代の主題歌で乱太郎達がダンスをするシーンが挿入される。また、オリジナル曲「Dance! ウチュウチュ」のダンスを披露した。

2021年(令和3年)1月5日(第28期) - 羽丹羽石人が初登場。

特徴・その他
原作に引き続き厳密な時代考証が貫かれており、明白に冗談とわかるような現代の事物や外来語(五百円硬貨、テレビ等)の登場は許されるが、安土桃山期以降の物品を出すのは厳禁となっている。誤って江戸期の物品(寛永通宝等)を描いたために原作者の要請で修正を行った回があるほど。

最初期の放映分では、戦国時代の設定から戦死者の描写などがあったが、その後かかる描写はなくなった(第1期の再放送についてもその描写がある話のみ飛ばして放送し、放送されなかった)。封印作品も幾つか存在し、初期には人身売買やどもり等を取り扱った話が放送されていたが、何れも再放送・DVD収録はなされていない。

第11期(2003年) - 第12期(2004年)にかけて、オープニング後30秒程度、ヘムヘムによるショートコントが放送されていた(本編とのストーリー上の関連性はない)。

30分番組時代(第一期)は、一回の放送につき、一話をそれぞれサブタイトルの異なるAパート・Bパートに分けて放送した。A・Bパートはいずれも一話完結式の場合もあれば、前後編に分かれた続き物の場合もある。A・Bパートの間にはアイキャッチ映像が流れていた(後述)。また、本放送後に特典コーナーや『忍たま補習授業』や絵描き歌等のおまけ映像が放送されていた。次回予告も存在し、予告は乱太郎が担当、BGMには『勇気100%』のインストゥルメンタルが使われていた。

1994年からは一回一話10分の放送となっている。アニメオリジナルの話の場合、基本的には1話完結だが、原作に沿った話だと続き物になる場合が多い。また、続き物となった場合でも、前回のあらすじを振り返るシーン等は導入されない(ただし、登場人物がこれまでの展開や主要人物の名前等を簡潔におさらいするかのような発言をする事はある)。

現在のエンディングでは、全国の視聴者による忍たまのイラストを(第8期は4枚、第9期 - 第13期は3枚、第14期以降は2枚)紹介しているが、第25期を除く金曜日のみ(第8期・第9期の金曜日はイラスト1枚紹介後、第10期・第11期は木曜日)、イラストを送る際の宛先を紹介している。

エンドクレジットは、左上にタイトルロゴと表記。背景は第25期までグリーンバックだったが、第26期からは眠っているヘムヘムが描かれるようになり、背景も手裏剣をあしらったポップなデザインへ一新された。第28期ではNHKがたまごロゴの使用を停止した事に伴い、エンドカードのNHKロゴ表記が文字のみのロゴに変更された。なお、第29期からは右下に表示される「終/NHK」が使用されなくなった(第11期までは「つづく 制作・著作/NHK」、第12期 - 第27期は「おわり/NHK」、第28期のみ「終/NHK」と表記されていた)。

放送時間
開始当初は総合テレビで土曜18時10分開始の30分番組だった。半年の休止期間を挟んで1994年10月から2003年3月まで教育テレビで毎週平日の17時50分開始の10分番組として復活した。2003年4月から18時開始に変更となり、さらに2004年4月から2022年3月まで18時10分に放送。2005年度からは再放送枠として土曜日の放送が復活し、2年間のブランクを挟み再び2008年度から2010年度まで放送されていた。そして2022年4月より放送時間が18時50分からに大幅変更。高校野球期間中(特に夏)は放送時間を繰り下げまたは休止されることが多い。 1993年・1996年・1998年 - 2007年・2012年 - 2014年・2016年 - 2019年・2022年は4月、1994年・1995年・1997年は10月、2008年 - 2011年・2015年・2020年・2021年は3月下旬より数ヶ月間新作が制作・放送され、この新作の放送された年度が一期として区分される。新作放送終了後は他期の再放送となる(オープニングは放送当時のものではなく現在のオープニングに、エンディングも現在のエンディングに差し替えとなっていたが、第16期以降の再放送は当時のものが使用されている)。

「忍たま乱太郎」の主な登場人物

猪名寺 乱太郎(いなでら らんたろう)
声:高山みなみ
演:加藤清史郎
本作の主人公。射手座、O型、摂津国出身。保健委員会所属(第24巻第4章のみ用具委員)。苗字は第12巻の質問コーナーで判明。身長136cm、体重30kg(アニメ設定)。
先祖代々三流忍者の家系に生まれ、一流忍者になるために忍術学園に入学した。父・平之介は現役のヒラ忍者、母は元くの一。髪が薄いため髷が結えずぼさぼさ頭。髪色は赤茶色。酷い乱視のため眼鏡をかけているが、この乱視で敵の分身を見破ったり、重なった似顔絵を判別したりする事ができる。100メートルの距離を10秒で走る学年一の俊足で、急ぎの伝令を任されることが多い。また2メートルの壁を飛び越えるジャンプ力も見せるなど高い身体能力を持っている。「風雲小僧」の異名を持つが、不運な生徒が集まると言われる保健委員会に所属しているため、「不運小僧」とも呼ばれている。絵が得意で似顔絵をよく描く。素直で明るく、人を気遣う優しい心の持ち主だが、それ故によくトラブルに巻き込まれる。

彼と同室のきり丸・しんべヱとは自他共に認める「忍たま3人組」で、しばしば彼らの名前を取って「乱・きり・しん」と呼ばれている。3人組のリーダー兼まとめ役として他の2人の暴走のストッパーとなることが多いが2人に加担することも多い。他二人と比べて強烈な個性や弱点は少ないものの、いざという時の閃きは冴えており、主人公らしい機転を見せる。劇場版第2作では怪我をした保健委員長の善法寺伊作の代理を務めたり、戦を止めたエピソードがあり、劇場版の終盤から最後まで巻いていた頭巾は伊作のものである。保健委員長代理の時の姿は頭巾を忍者の頭巾とは大きく異なるバンダナ風の結び方にしており、忍び装束の袖を腕まくりしている。

アニメ版初期は牛乳、ラジオ体操、巻物が好きというオリジナル設定が存在し、語尾に「〜らん」と付ける口癖があった。また、性格や口調も若干異なり、ドライでフランクかつやや粗野な雰囲気だった。きり丸・しんべヱと共に全裸で路上を走るなど、下品な面もみられた。
好きな言葉は「努力」。人気投票では下級生グループ第2位。
苗字は尼崎市の猪名寺、名前は原作者が乱視であることに由来。一人称は原作では「ぼく」、まれに「わたし」。アニメ版では「わたし」だが、当初は「おれ」とも言っていた。

摂津のきり丸(せっつの きりまる)
声:田中真弓
演:林遼威
牡羊座、B型、摂津国出身。図書委員会所属(第24巻第4章のみ用具委員)。苗字は無い事が第12巻の質問コーナーで判明。身長140cm、体重34kg(アニメ設定)。
戦で村を焼かれて家と家族を失い天涯孤独になった後、忍術学園に入学。学費と生活費を稼ぐため日夜アルバイトに勤しみ、逞しく生きている。入学金も全て自分の稼いだ小銭で支払った。学園長の突然の思い付きで開かれた競技には、賞があれば積極的に参加。優勝したこともある。自称天才アルバイターで、授業や実習中であっても、何かにつけて金儲けをしようと企む、商業に関する知識もかなり豊富である。

異常なドケチで一度掴んだ物は放さず、捨てられても取りに行く。小銭の落ちる音を聞くと凄まじいスピードとパワーで小銭を拾いに行く。また、数キロ先にある小銭を発見したり音や臭いでその真贋を判別できる、銭の単位がつけば8桁の掛け算も暗算でこなすなどの特技を持ち、原作では自称そろばん三級。「タダ」「安い」「お金」等の言葉に弱く、逆に「損」「くれ」「払う」等の言葉には拒絶反応を示す。
常に一言多いのが欠点で、たびたび余計な事を口走っては鉄拳制裁を喰らう。自分がドケチであることを誇りに思っており、土井から「自分の命と銭、どっちが大事なんだ!?」と聞かれ「銭」と即答して激しく怒らせた。

過去に同じ境遇を体験している土井半助が保護者代わりになっており、長期休暇中は土井宅に居候して引き受けたアルバイトを強引に手伝わせている。また、アニメ版では日銭屋おりんをドケチの師匠として尊敬しているとされている。
名前の由来は気性が錐のように尖っている事から。しかし巻数を重ねるにつれて次第に角が取れ、連載初期に比べると性格は丸くなってきている。一人称は「おれ」、目上の人に対しては「ぼく」。愛称は「きりちゃん」。人気投票では下級生グループ第1位。原作では黒髪だがアニメ版では藍色で、首にはスカーフを巻いている。

福富 しんべヱ(ふくとみ しんべえ)
声:一龍斎貞友
演:木村風太 → 神月朱理(実写映画版第2作目)
牡牛座、A型、堺出身。用具委員会所属(第24巻第4章のみ図書委員)。苗字は第12巻の質問コーナーで判明。身長125cm、体重67.5kg(アニメ設定)。
おっとりのんびりとしており、人を疑うことを知らない天真爛漫な性格。実家は堺の大貿易商「福富屋」。父と母、5歳の妹カメ子を家族に持つ。アニメ版では10歳にして相思相愛の恋人・おシゲがいる。

機敏さを身につける為、父親の意向で忍術学園に入学した。裕福な家の生まれのため庶民の生活を知らず浮世離れしたところがあり、時にクラスメイトたちから僻まれてしまうこともある。趣味は寝ること、食べること。大食漢で何でも食べるが、ワカメだけは苦手(食堂のおばちゃんのお陰で現在は克服している)。長期休暇の度に食べすぎるせいで体重が増える。

水に潜れない(浮いてしまう)、足が遅い、秘密の話をうっかり喋ってしまうなど弱点も多いが、反面人当たりが良く他人に警戒心を抱かせないタイプでもあり、「順忍」の素質があると評価されたこともある。たいへんな怪力で、ものすごい石頭。鼻炎気味だが犬より優れた嗅覚を持ち、鼻水は時折武器としても使われる。アニメ版では鼻水でいくつか曲芸を披露している。

耳垢が溜まりやすい体質で人の言葉を聞き間違うことが多く、時折土井が耳掃除をして大量の耳垢を出している。髪の毛は水にぬれると鉄より硬い剣山状になってしまうため、リンス(馬の餌である大豆の煮汁で作られた液体)が欠かせない。歯も丈夫で、振り下ろされた刀の刃を噛んで受け止め離さず最後に刃を折ったこともあるほど。分からないことがあると目と目が離れる癖がある。ごくまれにしっかり者になったり頭が冴えたりすることもある(ただし大体は熱がある時である)。アニメ第6期で食堂のおばちゃんの『お残しは許しまへんでぇー』を勘違いして魚の骨や頭・梅干しの種などの硬い部分も食べており、そのことをおばちゃんが笑ったことに憤慨して学園を飛び出したこともあったが迷子になって戻って来ておばちゃんとも和解する。
一人称は「ぼく」。名前の由来は室町時代の御伽草子絵巻福富草子(ふくとみのそうし)。

黒木 庄左ヱ門(くろき しょうざえもん)
声:松井摩味(第1期 - 第11期、映画版第1作)→東さおり(第12期 - 、映画版第2作)
演:近藤那由汰
天秤座、A型、京都洛北出身。学級委員長委員会所属。苗字は第30巻で判明。忍たま長屋では伊助と同室。
一年は組の学級委員長。実家は炭屋(苗字の「黒木」は上質な木炭の事)。忍者マニアの祖父と赤ん坊の弟・庄二郎がおり、休暇中はよく弟の面倒を見ている。第48巻にて両親が初めて登場した。趣味はお茶。

成績優秀で、一年は組の11人の総合点が100点だったときそのほとんどを占めていたことがある。は組のみんなと同様に成績が悪い扱いのときもある。
常に冷静沈着。「は組の頭脳」と呼ばれ頼りにされている一方、あまりに冷静すぎてクラスメート達から「庄ちゃんあいかわらず冷静ね」とツッコミを入れられるのが定番。しかし他のクラスメイトと大差ないボケっぷりを見せたり感情を顕にすることも少なくない。アニメ版では原作よりも繊細でやや融通のきかない性格に描かれており、学級委員長としての職責に思い悩むシーンがたびたび見られる。なお、アニメ版初期は現在よりフランクな口調だった。

頭の回転が速いため、悪気なく他人のセリフにかぶせて先にその内容を喋ってしまうことがままある。アニメ設定では将来、唐・天竺・南蛮への留学を考えている。夢は「打倒一年い組」だが、い組の方があっているかもしれないと思ったこともある。また、一年い組の学級委員長・彦四郎とは学級委員長仲間であるためか仲が良い。
一人称は「ぼく」もしくは「わたし」。アニメ版初期は「おれ」とも言っていた。人気投票の結果は下級生グループ第5位。

二郭 伊助(にのくるわ いすけ)
声:佐藤智恵、鈴木富子(第2期第46話)
演:宇佐美魁人
乙女座、AB型、河内国出身。火薬委員会所属。苗字は第31巻で判明。
実家は染物屋。よく気がきく性格で、アニメ版では特に片付け・掃除が得意とされている。また、ミーハーな面がしばしば見られる。同室の庄左ヱ門と仲が良く友達思い。原作第33巻で庄左ヱ門がさらわれた時は人格や人相が変わるほど心配し、救出にあたって大活躍した。また、ホウキタケ城の抜け忍・早すぎた天才の元に助手として単独潜入し調査をするなど、普段は大人しいがいざという時は意外な大胆さを見せることがある。(アニメ第12期では松千代先生をおびき出すため乱太郎と芝居を打ってわざとケンカしたことがある。)

初期は前髪が無かったが、のちに前髪が描かれるようになった。アニメ版では白目が描かれていたこともあった。同じ火薬委員の三郎次からしょっちゅう意地悪されている。アニメ設定における将来の目標は、忍者服の新しい染め方を学ぶこと。アニメ第2期では実技授業で失敗したことにより自信をなくしホームシックに陥ってしまい、それをクラス全員に蔓延させてしまうが、食堂のおばちゃんのおやつによって全員回復した。
一人称は「ぼく」。名前の由来は風魔忍者・二曲輪猪助。

笹山 兵太夫(ささやま へいだゆう)
声:むたあきこ、江森浩子(第1期代役)
演:野間斗晴
乙女座、O型、丹波国出身。作法委員会所属。苗字は第31巻で判明。
実家は武家。からくり作りが大好きで忍者としての勘を磨くため、同室の三治郎と共に部屋のあちこちに様々なからくりを仕掛けている。からくりの腕は六年生の立花仙蔵も認めるほどで、特にアニメ版では学園長の許可を得て忍術学園の地下に大規模なからくり部屋を作っている。訪れた者達は必ずと言っていいほどからくりに嵌まり酷い目に遭う。

性格はやんちゃで皮肉屋、ちょっぴり強情。きり丸同様一言多い。怖いもの知らずで決断力がある。アニメ第24期では三治郎と共に学園近くの荒れ屋敷を改造してからくり屋敷を作り上げたことがある。アニメ版で盤の将来の夢は忍術学園の教師になること。原作では鼻が描かれておらず、丸顔で幼い印象の顔立ちだが、アニメ版は面長で鼻が描かれており黒目がやや大きく、は組の中では背が高い。髪色も原作では黒、アニメ版では茶色。
一人称は「ぼく」。名前の由来は甲賀忍者・望月兵太夫。

夢前 三治郎(ゆめさき さんじろう)
声:江森浩子、峰あつ子(第2期代役)
演:小林海人
蟹座、A型、播磨国出身。生物委員会所属(元用具委員)。苗字は第31巻で判明。
父は山伏で、休暇中は一緒に修行をしている。優しい性格でいつも笑顔。山伏修行により体が鍛えられており、鋭い観察力と乱太郎に次ぐ足の速さを持っている一方、左門や三之助程では無いものの方向音痴という弱点がある。喜三太同様漢字にも弱い。同室の兵太夫と共にからくりを作るのが趣味。きり丸や兵太夫が一言多い発言をしている際に笑っている事が多いためよく巻き添えで鉄拳をくらい、「何で僕まで」と抗議すると「顔が笑っていた」と返されるのが定番。

アニメ版初期はセリフがあまりなく無表情だったが、近年は常に笑ってばかりの明るい自分は忍者に向いていないのではと悩んだり、自分よりも足の速い乱太郎にライバル意識を抱くなど、自身の特性に関するエピソードが何度か掘り下げて描かれている。
一人称は「ぼく」。苗字の由来は兵庫県の夢前川。

加藤 団蔵(かとう だんぞう)
声:江森浩子、嶋村カオル(第4期第6話)
演:大島璃生
獅子座、B型、近江国出身。会計委員会所属。苗字は第31巻で判明。虎若と同室。
おおざっぱだが男らしい性格のしっかり者。父の飛蔵は馬借の親方をしており、自身も馬術が得意。実家のある加藤村では「若旦那」と呼ばれている。私服は袴を穿かず袖をまくった馬借スタイル(袴は一応持ち歩いている)。愛馬の名前は「能高速号(アニメ版では「肥満コレステロール2号」)」。家業の関係で馬を連れて登場することが多く、運んでいる荷物に関するトラブルにしばしば巻き込まれる。第14巻で実家の詳細が描かれた。

苦手科目は国語で、字が汚い。アニメ版では庄左ヱ門と並ぶは組のリーダー格として描かれることが多い。アニメ版初期のキャラクターデザインはつり目できり丸と似ている。第1期では第47話だけ現在のような白目のない丸い目に描かれていた。髪の色はアニメ版では桃紫、原作では黒髪。
映画版第1作では主役となっている。

従来の一人称は「ぼく」、アニメ版(第21期)、第44巻以降「おれ」になったが、目上の人に対しては「ぼく」。名前の由来は加藤段蔵。人気投票では下級生グループ第3位。

佐武 虎若(さたけ とらわか)
声:小林優子、高乃麗(第2期代役)、江森浩子(第2期第117話・第118話)、志乃宮風子(第3期第82話)
演:髙木鈴太朗→大八木凱斗(実写映画2作目)
魚座、A型、紀伊国出身。生物委員会所属(元用具委員)。苗字は第31巻で判明。団蔵と同室。
父の昌義は傭兵集団・佐武鉄砲隊の頭領。火縄銃の名手である山田の指導を受ける為に忍術学園に入学した鉄砲マニア。大好きな火縄銃を持つと顔つきが変わる。重い火縄銃を扱うための筋トレを毎日欠かさない努力家で、約7kgの銃を軽々と持ち上げることが出来る。火器類に詳しいが、基礎的な知識が不足していたり鉄砲を扱う者に必要不可欠な前歯を梅干の種を齧って折ってしまうなど、未熟なところもある。

凄腕狙撃手の照星を実の父が拗ねるほど尊敬しており、照星からは「若大夫」と呼ばれている。アニメ設定では、将来は火縄銃の研究ができる城勤めの忍者を希望している。アニメ版初期のキャラクターデザインは現在よりも色白で頬が赤かった。また、セリフが少なく、性格もはっきりと設定されていなかった。
一人称は「ぼく」。名前の由来は武田信玄に仕える忍者・熊若。第39巻で実家の詳細が描かれた。

山村 喜三太(やまむら きさんた)
声:鈴木富子(第1期 - 第11期、映画版第1作)→杉本沙織(第12期 - 第29期、映画版第2作)、大和田仁美(第25期第38話 - 第25期SP(スペシャル)番組 )
演:福本晟也
水瓶座、O型、相模国出身。用具委員会所属(第24巻第4章のみ保健委員)。苗字は第28巻で判明。第2巻初登場。
実家は武家。父の転勤で近畿地方に移り住むことになり、風魔の学校から忍術学園に転入した。以前の学校で、成績が悪く、貧乏でいじめられた過去があり、何度も転校していた。曾々祖母のリリーは風魔くの一。委員会が同じで、のんびり屋でマイペースな天然ボケという性質が共通するしんべヱとコンビを組んで行動する事が多い。忍たま長屋では金吾と同室で、彼が編入してくるまでは一人で部屋を使用していた。成績は悪いが、乱太郎、きり丸、しんべヱよりは良く、彼らとちがい補習免除されることもあった。

風魔の学校で幻術用のカエルの餌になるナメクジの世話をしたことがきっかけでナメクジが好きになった。ペットのナメクジたちには全てに名前をつけ、1匹ずつ見分けることが出来る。忍犬ならぬ”忍ナメ”としてたびたび使役し、アニメ版では芸を仕込んでいる。漢字は苦手だがナメクジに関する知識は豊富なため、漢字で「蛞蝓」「蚰蜒」の二通りを書くことができる。アニメ版ではナメクジの他にもヌルヌルした生き物が好きで鰌や大型両生類などを飼っていたほか、川で迷子になったうなぎを密かに保護していたこともあった。ミミズを釣りの餌にするのも嫌がる。

映画版第2作では主役となっている。
一人称は「ぼく」。口癖は「はにゃ」。実在の忍者・熊野喜三太と同じ名前だが全くの偶然で、特に由来はない。
転入前から、1年は組に似たような外見の生徒が交ざっていたこともあった。

皆本 金吾(みなもと きんご)
声:渡辺久美子、江森浩子(第1期代役)
演:津波古太輝
双子座、A型、相模国出身。体育委員会所属。第8巻初登場。一年は組で最初にフルネームが明かされた生徒である。
実家は武家。父・武衛の策略で甘えん坊な性格を直すための修行の旅に出されていた折に乱太郎達と知り合う。その後、武衛の方針により忍術学園に途中入学した。将来の夢は一流の剣豪。剣豪マニアで自身も剣術の成績は良い。

性格は素直で実直。しっかりした言動・思考の持ち主で、忍たまの中では比較的常識があり、突っ込み役に回ることが多い。剣術師範の戸部新左ヱ門を尊敬している。アニメ版ではドクたまのいぶ鬼と仲が良い。また、所属している委員会の委員長・七松小平太を先輩として慕っている。
実家のある鎌倉まで往復30日かかるため、長期休暇中は剣術修行を兼ねて戸部新左ヱ門の家に居候をしている。しかし戸部の動くものを見ると見境なく刀を振り回す悪癖や武芸者の殴り込みなどで家を追い出されることが多く、まともな生活が出来ていない。

アニメ版では鼻の形が三角になっているほか、原作では前髪が金髪、後ろ髪が黒と二色に分かれている髪色が茶色に統一されており、原作とアニメ版で外見にかなり差異のあるキャラクターの一人である。一人称は「ぼく」。名前の由来は源頼家の名字・別名・戒名から。
1年は組加入前から、外見そっくりなキャラクターが交ざっていたこともあった。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「忍たま乱太郎」30期最新話の見逃し配信はこちらから

「忍たま乱太郎」30期見逃し配信専用ページへ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「忍たま乱太郎」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・エール
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「忍たま乱太郎」30期最新話の見逃し配信はこちらから

「忍たま乱太郎」30期見逃し配信専用ページへ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

-アニメ動画情報, エンタメ動画情報
-