エンタメ動画情報 グルメ動画情報

吉田類の酒場放浪記の見逃し配信!動画をすぐ見るなら

吉田類の酒場放浪記の見逃し配信!動画をすぐ見るなら

BS-TBSで放送されているバラエティ番組「吉田類の酒場放浪記」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「吉田類の酒場放浪記」は、イラストレーター・俳人であり、酒に造詣の深い吉田類の冠番組。東京近郊を中心に日本各地の酒場を紹介する番組で、人気です!

だからこそ、「吉田類の酒場放浪記」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「吉田類の酒場放浪記」を楽しむために動画配信サービスParaviパラビについて紹介したいと思います。

・吉田類の酒場放浪記を何回も観たい
・TBSのドラマの動画をたくさん観たい!
・テレビ東京のドラマを動画でたくさん観たい!
・Paraviオリジナルストーリーのを観たい!

そんな人にParaviはおすすめです。

更にParaviパラビでならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「吉田類の酒場放浪記」の見逃し配信ももちろんParaviなら見放題!

TBSのバラエティ番組やドラマは、TVerやTBS FREEなどでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Paraviパラビなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にTBSの最新ドラマはParavi以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Paraviなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviなら日曜劇場などのTBSの話題の動画がたくさん!

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、Paraviなら楽しめる動画が満載です!

これは見逃せないですね!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「吉田類の酒場放浪記」影森商店街

影森「久保商店 やきとりハウス」
影森商店街の終点で、100年続く店。大正時代に建てられたという店舗の中に客席があり、焼き鳥や一品料理を提供。吉田さんも時間が止まったかのような内装に関心した。

影森商店街の終点で、100年続く久保商店。大正時代に建てられたという店舗の中に客席があり、焼き鳥や一品料理を提供している。吉田さんも時間が止まったかのような内装に「タイムスリップしてしまったようだ」と関心した。ここは秩父が誇る世界的ブランド、イチローズモルトの特約店。イチローズモルトを使ったハイボールも安価で呑むことができる。

「吉田類の酒場放浪記」の出演者

【出演】吉田類【ナレーター】河本邦弘

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「吉田類の酒場放浪記」について

「吉田類の酒場放浪記」は、BS-TBS(旧・BS-i)でTBSスパークル(旧・TBSビジョン)との共同制作により、2003年9月1日から毎週月曜日の21:00 - 22:00(JST)に放送されている日本の旅・バラエティ番組。吉田類の冠番組。ステレオ放送、文字多重放送を実施している。

イラストレーター・俳人であり、酒に造詣の深い吉田類の冠番組。東京近郊を中心に日本各地の酒場を紹介する番組である。本番組のヒットをきっかけに、その後BS民放各局で同ジャンルの番組が制作されるようになった。

2008年3月に『グッドライフ』は終了。翌月4月からは単独番組となり、2009年4月から現在の月曜21時枠での放送となった。

番組の流れ
番組は1本15分。

冒頭、酒場から近い駅の入口付近に吉田が現れ、その街の酒場事情などについてコメントする。
その後、昼間は紹介する酒場付近の名所・施設・店舗などを散策。
散策の後、酒場に入り店舗の様子を紹介。吉田が実際に注文、飲食しながら酒肴に寸評を加える。常連たちとの交流も定番のシーン。店内シーンの最後に店の住所・電話番号等の情報が字幕で表示される。
最後は店から出た吉田がのれんの前でまとめのコメントをし、次の店にハシゴに向かうという体で終わる。この時、吉田作の俳句が入り、それを河本が読み上げ、最後に河本が一言コメントを残す。河本により句が詠まれるシーンは、吉田の歩きがスローモーションになる編集が施されている。

訪問する店
紹介する「酒場」は基本的には個人経営の居酒屋であるが、割烹風のいささか高級な店のほか、屋台、食堂、焼肉店、角打ち(つまみを出しその場で立ち飲みさせる酒店)など雑多な種類を取り上げている。バー、スナックの類は扱わない(バーは立ち寄りで訪問する場合あり)。

出演者
吉田類

画家、作家。番組では2014年頃までは「酒場ライター」、2015年からは「酒場詩人」という肩書で紹介される。

河本邦弘(ナレーター)
声優。第1回放送から全ての回でナレーターを務める。街や酒・肴の紹介はもとより、いわゆる「天然ボケ」の気がある吉田に突っ込む役割もこなす。スペシャル番組で出演経験あり。

特別番組・特別編
番組の人気・知名度上昇が顕著となった2010年以降、長時間のスペシャルや通常放送枠の4本目で放送される「特別編」が度々制作されている。放送日・時間はいずれも初回放送時のもの。

『吉田類の今日は始球式』(#390 2010年11月1日放送、通常枠の4本目)
2010年10月5日開催のプロ野球公式戦「横浜対巨人」(横浜スタジアム)で、番組宣伝の一環として吉田が始球式を務め、BS-TBSで放送された同日の中継に出演した模様を纏めた企画。

『吉田類の酒場放浪記スペシャル〜奥の酒道・芭蕉と呑む!〜』(2010年12月25日放送、BS-TBS開局10周年記念番組)
この放送をもって、番組で紹介された酒場が400件を超えた。

『酒場放浪記スペシャル〜海の男 吉田類とほろ酔い3人娘〜』(2012年6月6日放送)
新規放送では番外編として『吉田類の今日は釣り日和』を放送。城ヶ島の「中村屋」(#488、神奈川県三浦市)が紹介された。
『祝!10周年!吉田類の酒場放浪記スペシャル〜10年の奇跡をふりかえろう〜』(2013年9月8日放送)
550回を超える放送エピソードより、主に地方ロケの回を中心にセレクトして放送。
『吉田類の赤坂サカスで10周年!!』(2013年9月30日放送、通常枠の4本目)

同年9月1日に赤坂サカスで行われた番組10周年を祝うトークライブの模様を放送。当番組のスピンオフである『おんな酒場放浪記』に出演の倉本、古賀、栗原の3人が駆けつけ、吉田とビールを飲みながらトークを展開した。

『吉田類の酒場放浪記 忘年会スペシャル』(2013年12月2日放送、20:00 - 22:00、途中20:54 - 21:00は『ハイボール万歳!』を放送)
550回を超える放送エピソードより5作品が再放送された他、前述のパイロット版『東京下町 居酒屋をゆく』から#1( 森下「山利喜」)を放送。各話の間には梅島の「こんちゃん」(#312、2009年8月3日放送分で紹介)で吉田が酒と肴をいただきながら2013年を振り返り、10周年記念関連の番組本とDVD紹介、終盤には吉田による『BAD BAD WHISKEY』の生歌が披露された。

『吉田類の酒場放浪記 暑気払いスペシャル』(2014年7月7日放送、20:00 - 22:00、途中20:54 - 21:00は『ハイボール万歳!』を放送)
東京・上野の「上野精養軒」ビアガーデンをメインの収録場所にし、ゲストに河本を迎えて過去夏ごろに放送された5作品と新作1作品を放送。(ただし河本は後姿と声だけの出演となった。)

『吉田類の今日は授賞式』(2014年10月6日放送、通常枠の4本目)
9月4日に「グランドプリンスホテル高輪プリンスルーム」で『第12回グッドエイジャー賞』(主催:日本メンズファッション協会、グッドエイジング委員会)が開催。受賞者は吉田類のほかに、金美齢、竹下景子、小松政夫、堀内孝雄、吉田輝幸が受賞。夜には近くの居酒屋「壇太」で一人祝賀会を行った。

『吉田類の酒場放浪記 忘年会スペシャル』(2014年12月1日放送、20:00-22:00<前編>、12月7日18:00-21:00<後編>)
前年・2013年に続く忘年会は前後編2部構成・合計5時間の長編となった。後編は2013年12月31日生放送の「年またぎ酒場放浪記」で初出された「九州横断!龍馬の足跡を辿る」を再放送した。

『吉田類の酒場放浪記 大晦日スペシャル』(2015年12月31日放送、12:00-19:00)
過去に放送された「奥の酒道・芭蕉と呑む!」「古事記1300年 日本神話の酒を呑む!」「九州横断! 龍馬の足跡を辿る」「開創1200年! 四国お遍路歩き旅」の4本を7時間に渡り放送した。

『吉田類の今日は陶芸家』(2018年6月4日放送、通常枠の4本目)
6月6日から12日まで銀座三越の7階ギャラリーで行われた個展に出展のために愛知県に行き瀬戸焼のとっくり、杯、おちょこなど酒器の絵付けの様子と通常の酒場巡り1本を放送した。

『吉田類の酒場放浪記 放浪1000回スペシャル』(2021年2月22日放送)
東京・森下にある居酒屋「山利喜」(1本目)で放浪1000回を記念し、同じ居酒屋を収録場所にして、案内役に『おんな酒場放浪記』に出演中の倉本康子を迎え、スペシャルゲストとして酒場放浪記ファンである藤原竜也、奈緒による番組への応援メッセージ(VTR)、そして歌人の俵万智(リモート中継)と共に過去の酒場放浪記を振り返る放送をした。

ちなみに「山利喜」を選んだのは酒場放浪記の前身番組である「東京下町 居酒屋をゆく」の第1回(2003年6月2日放送)で訪れた場所であった。

年またぎ酒場放浪記
2010年12月31日から2011年1月1日にかけて、BS-TBSの年越し特番として『年またぎ酒場放浪記〜吉田類とカウントダウン〜』が放送され、以降、BS-TBSの年越し番組は酒場放浪記が務めている。

年越し番組は通常通りの15分枠(再放送含む)の合間に、酒場での新収録シーンを挿入する構成である。生放送ではないが、カウントダウンを行ったうえで、元旦になった瞬間には、吉田、スタッフ、常連客らが樽酒の鏡開きをして新年を祝う。

2012年12月31日には番組史上初の6時間の放送を行った。

2013年 - 2014年(12月31日21:00 - 1月1日1:00)は、大分県、熊本県、長崎県の3県をまたぎ、坂本龍馬がたどった道のりを歩みながら居酒屋を訪れる「九州横断!龍馬の足跡をたどる&樽酒鏡開き」(#578-584)を放送した。

2014年 - 2015年(時間同上)は、「開創1200年・四国お遍路歩き旅&樽酒鏡開き」 と題し、四国八十八か所遍路巡礼をしながら、四国の居酒屋を巡る様子(#637-643)を伝えた。

2015年 - 2016年(時間同上)は、「生誕300年 蕪村を訪ね京都をさまよう&樽酒鏡開き4時間スペシャル」と題し、吉田が心の師と仰ぐ与謝蕪村が一時居を構えた京都から歴遊した丹後まで、蕪村の足跡を辿りながら呑み渡る様子、それに恒例の新年カウントダウンと樽酒鏡開きの模様が放送された。今回は番組中で『おんな酒場放浪記』の傑作選も放送された。これとは別に12:00-19:00に「大晦日スペシャル」も放送され、年越しの特番としては、中断2時間をはさむ11時間のマラソン放送が実現した。

2016年 - 2017年の年越し特番は、本編を再放送のみとし、2時間枠(12月31日23:00 - 1月1日1:00)に縮小したが、翌々日の2日、通常放送のある月曜日に3時間スペシャル「世界遺産熊野へ!古道歩き酒めぐり」を放送した。

2019年 ー 2020年(12月31日21:00 - 1月1日1:00)は、「神秘とファンタージーあふれる岩手列車旅」と題し、岩手県の各地を列車で旅しながら居酒屋を巡る様子(#929 - #934)を伝えた。これで、放送開始から16年で47都道府県全て制した。

2020年 - 2021年(12月31日21:00 ー 1月1日1:00)は、「絶景!温泉・酒!歌人・若山牧水がめぐった日本ロマンチック街道の旅」と題し、歌人の若山牧水が生涯巡った日本ロマンチック街道で静岡県、長野県、群馬県の3県の居酒屋を巡る様子を放送した(#987 - #992)。

2021年 - 2022年(12月31日21:00 - 1月1日1:00)は「大自然と歴史の魅力が溢れる!高知列車旅&樽酒鏡開き」と題し、吉田さんの故郷である高知県を列車で旅し、居酒屋を巡る内容を放送した(#1045 - #1051)。

BS民放5局特番
2019年12月1日に『BS5局で生放送!鶴瓶&安住の放送局漫遊記』で当番組に訪問。落語家の笑福亭鶴瓶、TBSの安住紳一郎アナウンサーが吉田とトーク、20時30分のグランドフィナーレでは、反町理(フジテレビ報道局解説委員長)、徳光和夫、おかゆ、ナイツなど豪華出演者が集結した。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「吉田類」について

「吉田類」は、日本のライター。

「酒場詩人」の肩書で紹介されることが多く、居酒屋探訪家としての活動で知られる。その他にイラストレーター、俳人としても活動する。

名前の「類」は通称。高知県高岡郡仁淀村(現吾川郡仁淀川町)出身。

3歳の時に父親と死別。小学生の頃に絵を習い始める。初めて俳句を詠んだのも小学生の時。かねてから憧れを抱いていた京都に小学校卒業と同時に移り住み、中学・高校時代を過ごす。その後ニューヨークやヨーロッパ等を放浪しながら絵を勉強し、シュールアートの画家として主にパリを拠点に約10年間活動。30代半ばで活動の場を日本に移し、イラストレーターに転身。1990年代からは酒場や旅に関する執筆活動を始めるかたわら、俳句愛好会「舟」を主宰。また登山も趣味にしており、テレビ番組の企画等で山に登ることも多い。独身・一人暮らし(吉田類の酒場放浪記より)。高知県観光特使及び仁淀川町観光特使。

公園で見つけた野良猫に『からし』という名を付けて飼い始め、17年間を一緒に過ごしていた。からしが死んだ後、虚脱感から立ち直るのに約5年を要したという。 「吉田類の酒場放浪記」・「おんな酒場放浪記」でナレーションを務める河本邦弘からは、「高知が生んだ偉大なる酔っぱらい」、「10年間呑んだくれてきた男」等と呼ばれている。

2014年、第12回『グッドエイジャー賞』を受賞。

2020年、YouTubeチャンネル『吉田類チャンネル』を開設。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「吉田類の酒場放浪記」以外にもParaviパラビでは

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

TBSドラマとテレ東ドラマなら、是非Paraviで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Paraviでチェック!

Paravi(パラビ)公式ページへ

-エンタメ動画情報, グルメ動画情報
-