エンタメ動画情報 旅・紀行番組

俺達のノープランドライブ3の見逃し配信!無料動画はTVerで見れる?光石研☆松重豊☆鈴木浩介

俺達のノープランドライブ3の見逃し配信!無料動画はTVerで見れる?光石研☆松重豊☆鈴木浩介

日本テレビ系列で放送された特別番組「光石研☆松重豊☆鈴木浩介 俺達のノープラン×ドライブ3」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「光石研☆松重豊☆鈴木浩介 俺達のノープラン×ドライブ」は、福岡県出身の名バイプレーヤーが子供の頃の思い出の旅行先をなりゆきまかせのノープランドライブで、人気です!

だからこそ、「俺達のノープラン×ドライブ」を楽しむための方法をご紹介したいのですが、「俺達のノープラン×ドライブ」は現在動画配信されておりません。

今後、「俺達のノープラン×ドライブ」が動画配信されるとすれば、それは動画配信サービスHuluです。

Huluは日本テレビと繋がっている動画配信サービスなので、「俺達のノープラン×ドライブ」が今後配信されるとしたら、Huluになると思います。

・俺達のノープラン×ドライブを何回も観たい
・日テレのドラマの動画をたくさん観たい!
・読売テレビのドラマを動画でたくさん観たい!
・Huluオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にHuluはおすすめです。

更にHuluでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんHuluなら見放題!

日本テレビのドラマやバラエティ番組は、TVerや日テレ無料!(TADA)などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Huluなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更に日テレの最新ドラマはHulu以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Huluなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※「俺達のノープラン×ドライブ」は現在Huluでは配信されておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

Huluなら「あな番」など日曜ドラマや日テレの話題の動画がたくさん!

・あなたの番です
・リモラブ
・今日から俺は!
・未満警察ミッドナイトランナー
・極主夫道
・私たちはどうかしている
・ハケンの品格2

などなど、Huluなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※「俺達のノープラン×ドライブ」は現在Huluでは配信されておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

「光石研☆松重豊☆鈴木浩介 俺達のノープラン×ドライブ3」について

福岡県出身の名バイプレーヤーが子供の頃の思い出の旅行先、おんせん県湯布院&別府をなりゆきまかせのノープランドライブ!同郷の板谷由夏もスペシャルゲストで緊急参戦!

▼湯布院が誇る極上地鶏を堪能!支払いを賭けたゴチバトル勃発
▼ユースケ・サンタマリアご推薦!老舗カフェの極上スイーツとは!?
▼別府イチの観光名所!「地獄めぐり」で美容体験!?
▼老舗遊園地のジェットコースターでおじさん名俳優がマジ大絶叫
▼客室内温泉付きグランピング施設!名物「地獄蒸し」に大感動
など…映画やドラマでは見せない日本が誇る名バイプレーヤー達の意外な素顔とホンネトークが盛りだくさん!

「光石研☆松重豊☆鈴木浩介 俺達のノープラン×ドライブ3」の出演者

光石研(北九州市出身)
松重豊(福岡市出身)
鈴木浩介(北九州市出身)
板谷由夏(北九州市出身)
ユースケ・サンタマリア(大分市出身)

※「俺達のノープラン×ドライブ」は現在Huluでは配信されておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

「光石研」について

「光石研」は、日本の俳優。福岡県北九州市八幡西区出身。東海大学付属第五高等学校卒業。鈍牛倶楽部所属。現在は東京都在住。

役者として
高校在学中の1978年、16歳の時に友人に誘われて『博多っ子純情』のエキストラのオーディションを受けたところ、オーディション前日の喧嘩で眉を二針縫い絆創膏を貼っていたことから質問責めになり、喧嘩のまねや酔っ払いのまねをさせられるなどした結果、いきなり主役に抜擢されてデビュー。これがきっかけで俳優になる事を決意し高校卒業と同時に上京する。

上京から少し経った頃、デビュー作で世話になったプロデューサーに会う機会があり俳優になるため上京したことを伝えた。するとその人から、ちょうど撮影中だった映画『男はつらいよ』シリーズのある作品のエキストラとして運良く起用してもらえることになった。さらにその映像を見た業界人から連絡が入り、現在の所属事務所である鈍牛倶楽部を紹介してもらえたとのこと。

俳優になってからしばらくは安定した収入がなく、2時間ドラマの出演で食いつなぐ日々であった。メジャー作品に出演するのは事務所の先輩である緒形拳のバーター出演が多かったため、若手時代は「緒形拳さんに食わせてもらったようなもの」と話す。

転機となったのは30代半ばで、1996年に緒形が出演したピーター・グリーナウェイ監督の映画『ピーター・グリーナウェイの枕草子』に光石も出演する。それ以降は岩井俊二監督や青山真治監督といった新鋭の映画監督の作品に出演するようになる。1998年にテレンス・マリック監督の映画『シン・レッド・ライン』(第49回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品)のオーディションに合格しハリウッドデビューを果たす。

2011年、『あぜ道のダンディ』でデビュー以来33年ぶりに映画主演を務める。2019年、『デザイナー 渋井直人の休日』で俳優生活40年にして初の連続ドラマ単独主演を務める。

癖のある役からおっとりとした役まで、多様なキャラクターを演じられる名バイプレイヤーの1人とされる。2021年8月時点で140本以上の映画に出演。

2020年、新型コロナウイルス感染拡大の影響により苦境にあった、地元北九州市小倉北区の映画館「小倉昭和館」に寄付、同館は寄付を活用し、ウイルス対策を兼ね、2人1組で座れるテーブル付きソファーの座席を設置し『光石研シート』と命名、お披露目式では光石が「ぜひこのシートに座って映画を楽しんで」とビデオメッセージを寄せた。

役者デビューまで
八幡西区黒崎の生まれで、光石が子供の頃近くに筑豊炭田があったことから黒崎は炭鉱夫が遊びに来る繁華街だった。当時はサラリーマンから背中に彫り物をした強面のおじさんまで色々な業種の人が行き交っていたとのことで、光石は「子供ながらに見ていた黒崎の様々な人々の様子が現在の自分の演技に繋がっているのかも」と後に語っている。少年時代は、ザ・ドリフターズのギャグなどをよくモノマネしてはクラスメイトを笑わせていた。

高校2年生の1学期の終わり頃、連載中の漫画「博多っ子純情」の映画のエキストラ募集のチラシを友人が持ってきた。そこには「日当1万円で、撮影は夏休み中の3、4日間」と書かれており、当時の高校生にとって4万円はそこそこ大金だったことからお金欲しさに応募。選考前日オーディション参加を茶化した別のクラスメイトと殴り合いのケンカをし、まぶたの上を縫う怪我をしてしまう。当日絆創膏を貼ってオーディションに臨んだ所、審査員の一人から怪我の理由を尋ねられた。正直に同級生とケンカしたことを話すと、「じゃあ、その時の様子を演じてみてよ」と言われた。思い切って演じると動きが滑稽だったのか審査員たちに笑われたが、これがきっかけで主役に抜擢されることとなった。

撮影の間、光石は映画作りをするスタッフたちが大変そうだけど誰もが楽しそうに活き活きとしているのを目の当たりにした。撮影現場の熱気を感じながら役者という仕事を体験したことから、クランクアップの頃には「自分も将来はこの世界で働くんだ」と心に決めたとのこと。

不遇時代
30歳を過ぎたあたりから仕事が激減してスケジュール帳が空白の方が多くなり、「どんな仕事でもやります」とあちこちに頭を下げて回るなど数年間不安な日々が続いた。本人は後に「僕が若者から中年に差し掛かる頃で役者としてどういう方向に進むのか決めあぐねていた。その迷いが知らぬ間に演技に出てしまいオファーが減ってしまったのかも」と回想している。

この頃ちょうど国内ではバブル崩壊による不景気で映画業界も作品に制作費をかけられなくなった。しかし同時に青山真治や岩井俊二などの若手監督が斬新な映画を撮るようになった時期でもあり、幸いにも彼らの映画に出演できた光石は役者として新たな一歩を踏み出すきっかけとなった。

その中でも特に印象に残っている役として本人は、青山監督の『Helpless』の刑務所帰りのアウトロー役を挙げている。最初はどういう風に演じればいいか悩んだが、子供の頃に黒崎で見た強面のお兄さんたちを意識して精一杯演じた。するとこの演技が映像制作の人たちの目に留まり、それをきっかけに少しずつ仕事が増えていったとのこと。

『シン・レッド・ライン』について
『シン・レッド・ライン』のオーディションへの参加は、本人曰く「特にハリウッド映画進出を考えたわけではなく、アメリカ映画の撮影現場を間近で見てみたい」との思いから。実際の撮影では、光石はロケ地のオーストラリアに3週間ほど滞在した。海外の撮影現場のあらゆる物量の多さやきっちりとした撮影時の労働条件のシステムなど色々と驚かされたが、「日本もアメリカもスタッフが映画にかける情熱は同じで、どちらの現場も面白い」と語った。

私生活
煙草をやめてからマラソンを始めるようになり、2017年、地元の北九州市で開催される第4回北九州マラソンにゲストランナーとして参加、フルマラソンを完走した。

プライベートでは29歳の時に一般人の女性と結婚している。結婚を機に横浜市の港北ニュータウンで暮らし始めたが、30歳あたりから先述の不遇時代に陥った。その後30代半ばに再出発を懸けて東京の下北沢に転居すると、ほどなくして仕事のオファーが再び増え始めたことから、光石は「下北沢は再浮上のきっかけを掴んだ思い出の街」としている。

※「俺達のノープラン×ドライブ」は現在Huluでは配信されておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

「松重豊」について

「松重豊」は、日本の俳優。ザズウ所属。西南学院高等学校、明治大学文学部文学科卒業(演劇学専攻)。かつては東京サンシャインボーイズ、蜷川スタジオに参加していた。

中学生の時、友達が持っていたセックス・ピストルズのレコードを聴き、パンクロックなどの激しい音楽を聴き始め、博多ビートバンド系(サンハウス、ザ・ロッカーズ、ザ・ルースターズなど、いわゆる「めんたいロック」)の存在を知り、ライブハウスに通うようになるが、くせ毛で髪が立てられないことや楽器が演奏できないことから、プレイヤーの道を諦めた。

1982年4月に上京し、明治大学文学部文学科で演劇学を専攻する。当初は映画や演劇を製作する側を目指していたが、状況劇場、天井桟敷などの舞台を数多く観劇する中で演技に感動し、自らも俳優を目指すようになる。1983年、新宿にあった小劇場「スペースデン」にて初舞台。その後、同学在学中を通じて三谷幸喜が主宰していた東京サンシャインボーイズの作品に参加する。

1986年3月、大学卒業と同時に蜷川幸雄が主宰する劇団「蜷川スタジオ」に入団。1989年に退団後は、フリーで国内外の舞台、テレビドラマ、映画、Vシネマ、CM、ナレーションなどに多数出演した。困窮から嫌気がさし、1年以上にわたり休業した時期があったが、蜷川スタジオで同僚だった勝村政信や所属事務所・ザズウ社長の松野恵美子に激励されて復帰した。1992年、黒沢清監督のホラー映画『地獄の警備員』で主役に起用され、以降、バイプレーヤーとしてドラマに起用されるきっかけとなった。

2012年1月、『孤独のグルメ』で連続テレビドラマ初主演。シリーズ化され当たり役となった。

2018年10月、『サンデー毎日』にて自身初のエッセイ「演者戯言(えんじゃのざれごと)」が毎月第1火曜日の号で連載開始された。

2019年、『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』で映画初主演。北川景子と歳の差夫婦役で、不妊の原因を抱える主人公を演じる。

2020年10月、自身初となる短編小説『愚者譫言』(ぐしゃのうわごと)とエッセイが収録された書籍『空洞のなかみ』が発売、なお、書籍発売前に重版が決定。書籍発売に関連して公式YouTubeチャンネルが同年9月に公開された。

人物
父親は酒が入ると暴力が絶えず、『巨人の星』の星一徹のようにちゃぶ台をひっくり返す人であったが、松重にとっては日常茶飯事の光景であったこともあり「普通の家庭に育った」と述懐している。

自身の名前「豊」の由来は、大相撲の大関初代豊山(時津風部屋)であると親から聞かされたという。
学生時代には運動、特に格闘技系を好み、中学校時代には相撲の力士になりたかったと述べている。柔道二段で、得意技は「払腰」。身長は一時は190cmにまで達したが、その後加齢によって188cmに縮んでしまったと独白している。

役者を休業していた頃は、建設会社の正社員として現場作業員をしていた。
座右の銘は「その日ぐらし」である。これは、以前に演じた経験を持ち込むことはせず「引き出しを持たずに全部捨てて、次に集中して臨むように」常に初心を忘れないという信条の反映である。

「バイプレイヤーズ」における光石研と2人の時の会話など、九州出身者との会話においては「地元言葉丸出し」となる。
息子の暢洋はTBSラジオのディレクター。

特技・趣味
前述の通り音楽が好きで、その愛聴する音楽ジャンルの広さには星野源も驚かされたという。星野とはその後も音楽の話題で意気投合し、互いにおすすめの楽曲を紹介し合う仲となっている。

散策を好み、常に歩数計を携帯している。

家電製品を好み、特に炊飯器にはこだわりを持つ。

写真撮影を好み、デジタルカメラではなくフィルム(銀塩写真)の、一眼レフカメラでマニュアル操作のものを愛用している。フィルムカメラにこだわるのは、若い頃に映画撮影を志向していた時期があった名残である。

園芸が趣味だが、農園を借りる大規模なものではなく、自宅の限られた環境でできる限りの家庭園芸を行うことを好む。自宅には、1m2田甫が設置されており、主に野菜を耕作している。結婚当初に定植したアロエは数十年にわたって愛育している。食用の作物類やアロエ等の葉肉類のような実用作物の栽培を好むが、野菜類の休耕期には花卉類を植えて花を愉しむこともある。

自身の名前の由来が大相撲力士だったこともあり、好角家としても知られる。贔屓の力士は時津風部屋の2代目豊山(元小結)であり、中学校3年の時に相撲雑誌『相撲』1977年12月号(ベースボール・マガジン社)での2代目豊山との対談企画「君と話そう」に応募して当選、1977年(昭和52年)九州場所の時に豊山と対談したことがあるという。

2007年、備忘録とファンへの情報発信を兼ね、契約先プロバイダの@niftyのサービスを利用して公式ブログを開設し、いかつい風貌に反して博多弁を交えた人間味あふれるユーモラスな文章で日記を綴っている。ブログの管理については、所属事務所や専門のサードパーティーなどに任せることなく自ら手作業で行い、毎週月曜日に記事を更新している。2019年よりニフティのブログの仕様が変更され、更新が上手くいかなくなってしまったことから、新たなる情報発信のためにTwitter、Instagramのアカウントを開設した。Twitter、Instagramともに認証バッジのリクエストを送っても取得できなかったことを理由に、同年6月いっぱいでSNSアカウントを閉鎖したが、2020年9月に「書籍宣伝のため」としてアカウントを再取得している。

好みの異性のタイプは「清楚な人」、「一生懸命頑張る子」である。例示として、「女子マラソンなんかみてると涙出てくるんです。汗と涙を流して最後まで走る子なんかみると、もうたまりませんね。」と語っている。

元々は喫煙者だったが、2005年ごろに禁煙した。ドラマ等で喫煙シーンがある際はネオシーダーを代わりに吸う。

エピソード
初めてもらった芸能人のサインは、小学生時代に福岡県の百貨店岩田屋に訪れた際の落語家桂米丸のものである。当時、特に米丸のファンではなかったが、芸能人のオーラに圧倒されたと述懐している。

大学入学のため上京した直後に下北沢の中華料理店「珉亭」のバイトに入った日に、バンド活動をするために上京していた甲本ヒロトも偶然同じ店にバイトで入り、以来30年に渡って交流があるという。

高校の先輩に陣内孝則がいる。NHKの楽屋で対面した際に「自分も西南です」と挨拶して以来親しくなり、陣内が監督した映画にも出演している。同じく高校の後輩には俳優の鈴木浩介もいる。

かつて住んでいたマンションの隣に住んでいたのがプロサッカー選手の三笘薫である。三笘が小学生の頃、自宅の鍵が掛かっていた時に松重宅のリビングのソファーでゲームをしながら母親の帰宅を待っていた。

孤独のグルメ
最初に主演のオファーを受けた際は「単なるオッサンが食べてるだけで、別に何か物語があるわけでもないし、事件が起こるわけでもない」「視聴者がつくかどうかわからない」との思いから「僕の中でも、プロフィールの汚点になるだろう」と思っていた。その後も、「ただ(自分が)食べているだけで面白いって言われるのはいまだに心外です。どこを面白いって言っていただけているのか、自分ではわかっていないんです」と語っている。また『孤独のグルメ』に限らず、松重は自身の出演作を自分ではあまり見ないという。

主人公は下戸で甘党の設定だが、松重は本来酒豪で、収録の際内心では酒を飲みたいと思っている。そのため、原作者の久住昌之がミニコーナー「ふらっとQUSUMI」で酒を飲みながら店の名物を堪能しているのに対して「うらやましいなあと思いながら…半分はらわた煮えくり返ってますね」と語っている。

本来はSeason3で辞めるはずだったが、年配のファンから「次はいつやるの?」と言われる事があり、続ける意義が残ったことと、自分が必要とされる機会であること、人間ドックにも引っかからなかったことから継続になったと語っている。役者と言う職業柄、体型維持の為に、朝は6kmの散歩、『テレビ体操』を10分、腹筋ローラーを30往復やる。食事は朝食がヨーグルトとサラダ。撮影のない昼食は、ご飯半膳、目玉焼き、サラダ。夕食は日本酒で炭水化物を取り、後はつまみ程度。かと言って節制している訳でもないので、食べたい時には食べ、飲みたい時には飲むと2015年時点では語っていたが、2018年に「近年お酒が残る時間が長くなっている気がして」いたことや、自分が演じる井之頭五郎も酒が飲めない設定ということもあって飲酒をすっぱり辞め、家でミルクと甘いものを食べたら眠くなって夜12時には布団に入るような生活に変化したという。

松重が美味しそうに食べる姿や、放送時間が深夜帯だったため「夜食テロ」と呼ばれた。また、放送後に撮影に使われた店が混むので妻子を連れて行けないとインタビューに答えている。そのため気に入った店については「放送前に妻と行って復習する」という。

※「俺達のノープラン×ドライブ」は現在Huluでは配信されておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

「鈴木浩介」について

「鈴木浩介」は、日本の俳優・タレント・司会者。シス・カンパニー所属。妻は女優の大塚千弘。血液型AB型。左利き。福岡県北九州市八幡西区出身。

北九州市立浅川中学校を卒業後、福岡市の西南学院高校へ進学する。 小学生の時は水泳、中学生の時はゴルフ、高校時代は陸上部に所属し、インターハイにも出場するなどスポーツ万能である。 青山学院大学経営学部経営学科卒業。

西田敏行に憧れ、大学在学中に休学し青年座研究所に入所、1997年に劇団青年座に入団。劇団の若手として活動し、西田の退団をきっかけに自身も2004年に退団。その後はテレビドラマを中心に活動。

2007年、『LIAR GAME』のフクナガユウジ(福永ユウジ)役を好演し、数々の名台詞によって知名度を上げた。キノコヘアー・黒ぶち眼鏡・大声で台詞を発する・他人を罵倒する、という強烈なキャラクターのため、本人は「(フクナガユウジは)疲れる」とコメントしている。なお上記の役が反響を呼んだためか『フライトパニック』にて、ほぼ同一パターンの役を演じている。

視力は0.1以下(0.01と0.06ぐらい)。中学生の時、ゴルフで暗いところから明るいところへの視線移動を繰り返したことで視力が悪化した。ドラマ・バラエティーで付けている眼鏡は殆ど私物である。

私生活では、2015年7月期に放送されたテレビ朝日系テレビドラマ『刑事7人』での共演を機に交際していた女優の大塚千弘と同年10月7日に結婚。11月9日に挙式。2021年5月3日、第1子が誕生。誕生した日や性別については二人の意向で公表していない。

クロスドミナンスである(筆記は右手、箸は左手)。

※「俺達のノープラン×ドライブ」は現在Huluでは配信されておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

 

Huluで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「俺達のノープラン×ドライブ」以外にもHuluでは

・あなたの番です
・リモラブ
・今日から俺は!
・未満警察ミッドナイトランナー
・極主夫道
・私たちはどうかしている
・ハケンの品格2

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

日テレドラマと読売テレビドラマなら、是非Huluで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Huluでチェック!

※「俺達のノープラン×ドライブ」は現在Huluでは配信されておりません。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Hulu公式ページへ

-エンタメ動画情報, 旅・紀行番組
-