エンタメ動画情報 ニューススポーツ情報動画

世界バレー女子2022の見逃し配信!無料動画はTVerにない?

世界バレー女子2022の見逃し配信!無料動画はTVerにない?

TBSで放送されているスポーツ番組「バレーボール女子世界選手権(2022世界バレー女子)」日本×中国の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「バレーボール女子世界選手権(世界バレー女子)」は、4年に一度、バレーボール真の世界一決定戦で、注目です!

だからこそ、「バレーボール女子世界選手権(世界バレー女子)」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「バレーボール女子世界選手権(世界バレー女子)」を楽しむために動画配信サービスParaviパラビについて紹介したいと思います。

・世界バレー女子を何回も観たい
・TBSのドラマの動画をたくさん観たい!
・テレビ東京のドラマを動画でたくさん観たい!
・Paraviオリジナルストーリーのを観たい!

そんな人にParaviはおすすめです。

更にParaviパラビでならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バレーボール女子世界選手権(世界バレー女子)」の見逃し配信ももちろんParaviなら見放題!

TBSのバラエティ番組やドラマは、TVerやTBS FREEなどでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Paraviパラビなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にTBSの最新ドラマはParavi以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Paraviなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviなら日曜劇場などのTBSの話題の動画がたくさん!

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、Paraviなら楽しめる動画が満載です!

これは見逃せないですね!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バレーボール女子世界選手権(2022世界バレー女子)」日本×中国

4年に一度、バレーボール真の世界一決定戦『2022世界バレー』名将・眞鍋政義が率いる日本12年ぶりのメダル獲得へ!1次R最大の山場!アジア最大のライバル・中国戦
古賀紗理那率いる日本は開幕から2連勝!この試合に勝てば2次ラウンド進出に大きく近づく!対するは、五輪で3度金メダルに輝き、世界バレーでも2大会連続メダル獲得の中国!

出場選手
内瀬戸 真実・古賀 紗理那・石川 真佑・島村 春世・井上 愛里沙・籾井 あき・林 琴奈・山田 二千華・福留 慧美・横田 真未・宮部 藍梨・関 菜々巳・宮部 愛芽世・佐藤 淑乃

「バレーボール女子世界選手権(2022世界バレー女子)」の出演者

世界バレー応援サポーター:木村沙織
ゲスト:平野ノラ
解説:竹下佳江 江畑幸子
実況:初田啓介(TBS)
進行:石井大裕(TBS)
現地リポーター:伊藤隆佑(TBS)

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バレーボール女子世界選手権(世界バレー女子)」について

「バレーボール女子世界選手権(世界バレー女子)」は、1952年から始まったバレーボール世界選手権の女子大会である。

第1回の開催国はソビエト連邦(当時)で出場国は8か国だった。日本での初出場は第3回のブラジル大会で銀メダルを獲得。

1962年大会では日本がソビエト連邦を破り優勝した。ここからしばらくの間、日本とソビエトの2強時代が続いた。1967年1月に行われた日本大会は、出場国は4か国(日本・アメリカ合衆国・韓国・ペルー)で、その理由は北朝鮮が正式国名になっていないため、国旗掲揚・国歌演奏が行われなかったことを不服として参加を拒否。ソビエト連邦が同調し参加を取りやめた。日本が優勝したものの史上最も盛り上がらない大会となり、世界選手権の伝統と権威が揺らぐものとなり、国際問題となった。1974年大会も日本が優勝した。

2006年は日本で開催されたが、2005年11月には2010年の女子大会も日本で行われることが決定した。女子大会が2大会連続で同一国で開催されるのは史上初である。2005年12月には2010年の男子大会がイタリアで行われることが決定した。

出場枠
出場チーム数は何度も変更が行われているが、現在の出場チーム数は24チームである(2002年より)。開催国と前回大会優勝チームが出場できるほか、各大陸における予選を勝ち抜いた上位チームが出場となる。出場できるチーム数の各大陸の内訳はFIVBランキングを元に決定される。ただし、2022年大会は、予選は特別に行われず、開催国と2018年大会優勝チームに加え、2021年度の各大陸選手権の優勝チームと準優勝チームに出場権が与えられ、それ以外はFIVBランキング上位に出場権が与えられた。

試合方式
試合方式は年ごとに変わっているが、2022年大会では、出場24チームが1次ラウンドで6チームずつ4プールに分かれ、各プール上位4チームが2次ラウンドに進出し、2次ラウンドでは16チームが2プールに分かれ、各プール上位4チームが最終ラウンドの準々決勝に進出する大会方式となった。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バレーボール世界選手権(世界バレー)」について

「バレーボール世界選手権(世界バレー)」は、国際バレーボール連盟が主催するバレーボールの世界大会であり、男子大会と女子大会がある。国際バレーボール連盟が初めて作ったバレーボールの世界大会であり最も伝統のある大会である。

日本国内での通称は「世界バレー」または「世バレ」。全てのスポーツにある「世界選手権大会」の一つ。1962年大会から4年に1度(オリンピックの中間年)開催されている。

ワールドカップ・オリンピックと併せて「バレーボール3大大会」として位置づけられている。

1949年に第1回男子大会がチェコスロバキアのプラハで開催された。1952年より女子も開催。

日本が世界選手権に初参加したのは1960年であり、このときの結果は男子が8位、女子が2位であった。

1962年大会を経て、1964年にバレーボールがオリンピックの正式種目になった後の1966年からは、4年に1度オリンピックの中間年に開催されるようになった。世界一を決める唯一の大会ではなくなり、次期オリンピックへの重要な前哨戦という位置づけとなった。

1970年には、アフリカ大陸からも出場し、5大陸すべてから出場するという当初の目標を達成し本当の意味で『世界選手権』となった。

1998年には日本で男女の大会が開催された。男女共同開催は1974年のメキシコ大会以来のことである。2006年も男女共同での日本開催となった。

2014年大会よりビデオ判定を求める「チャレンジシステム」が導入された。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バレーボール」について

「バレーボール」は、ネット越しにボールを打ち合う球技。1チーム6人で行われる。日本語や漢字圏では排球(はいきゅう)と訳されている。バレーとも略す。狭義では、この競技に使用する専用のボールのことを指す。

バレーボールは、1895年、バスケットボールに向かない子供、女性、高齢者も気軽に楽しめる室内スポーツとして、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ホリヨーク (Holyoke) のYMCAで当時25歳のアスレティックディレクター ウィリアム・G・モーガンによって考案された。

発祥の日は特定されていないが、元になった「ミントン」が1895年の夏にYMCAキャンプ研修会で初めて紹介されていること、モーガンのホリヨーク着任が長男ルフス誕生(8月29日)より後とされていること、モーガンのホリヨークへの転任が報じられているのが1895年10月のYMCA会報であること、10月23日の地元紙「ホリヨーク・デイリー・エクスプレス」にはモーガンの活動のことが掲載されていること、積雪により屋外で野球やフットボールがプレー出来ない「冬季向け」のゲームとして考案されたことから、秋から冬と考えられる。

当初の名称は Mintonette(ミントネット)。これは1895年、インドに派遣されていたマッコノーイによって紹介された「ミントン」(羽毛球を使った5人制のバドミントン)に由来する。バスケットボールはモーガンをYMCAに誘ったジェームズ・ネイスミスが1891年に冬期の屋内スポーツとして考案し、ラグビーなどで見られるタックルなどのラフプレーを防ぐためボールを保持したまま走れないようにするなどレクリエーション要素を考慮していた。しかしバスケットボールは主に男子学生向けの競技であり、身体的な接触による激しいプレーが好まれる風潮もあって、モーガンが受け持っていたホリヨークYMCAビジネスマンクラス(25〜40歳)には不向きな競技となっていた。YMCAでは大人数で気軽に楽しめ、身体接触が無い安全なゲームを必要としていた。モーガンは学生がバスケットボール用のボールの中にある軽量なチューブで遊んでいる姿をヒントに、バドミントンの他、テニスなどネットで対戦相手と区切られているスポーツのルールを参考にしたスポーツを考案した。このころのルールは非常に単純で、試合に集まった人たちを同じ数の2チームに分けて、相手コートに返す際の回数は決まっておらず、ボールを打ち合い、ボールを落としたほうが負けというものであった。しかしながら、当初から得点が入るのはサーブ権がある時のみ(サイドアウト制)であり、バドミントンの影響が大きい。この時点では、「味方にパスが可能、素手、ポールを使う」というミントン系のスポーツだった。

1896年7月、モーガンはこの新ゲームをスプリングフィールドで開催されたYMCA体育指導者会議の際に公開した。モーガンは当初このゲームをミントネット(Mintonette、ミントンもどき)と名付けたが、YMCAトレーニングスクール教官であるハルステッド博士の提案を受け、名称をバレー・ボール(ボレー・ボール、volley ball)に改めた。バレーボールのバレーというのは、テニスのボレー(ボールを地面につく前に打ち返すこと)からきている。1952年に現在のようにバレーボール(volleyball) と1語で表すようになった。

ネットの高さは当初6フィート6インチ (198cm) だったが、1900年に7フィート6インチ (229cm) となった。

バレーボールは各地に点在するYMCAを通じてアメリカ全土に広まっていき、1900年にカナダ、1906年にキューバに紹介された。また、YMCAの指導者により1910年にフィリピンに、1913年に中国に紹介された。

1912年、アメリカでローテーションルールが導入された。

バレーボールの歴史において最大無二のルール変更は1912年にフィリピンで導入された「3回以内で相手コートに返球」ルールであり、これによりバレーボールはレクリエーションから競技スポーツに進化した。このルールはアメリカでも1917年、フィリピンに派遣されていたE.ブラウンにより提案され、1922年までには導入された。また、今日あらゆるチームが実施している「セット&スパイク」戦術は1916年にフィリピンで初めて実行された。

史上最初の公式大会は1913年、マニラで行われた「東洋オリンピック」においてであり、16人制で行われ、フィリピンと中華民国が参加した。

1922年、アメリカで最初の公式大会「全米YMCA選手権」が開催された。発明後27年も経っているのは「3回以内返球」ルールにより、バレーボールが初めて競技スポーツになったことを示している。この時には人数は6人制、15点制、ネットの高さは8フィート (244cm) となっていた。

日本にバレーボールが紹介されたのは1913年のことで、YMCA体育主事のF・H・ブラウンによってもたらされた。

YMCAの外部に広まったのは1917年の極東選手権(「東洋オリンピック」から改称)を多くの体育指導者が観戦したことによる。 大会を見てきた指導者たちが主に女子を熱心に指導し、1919年には最初の単独大会である「兵庫県女子中等学校排球競技会」が開催された。

1921年には男子だけだが、「全日本排球選手権大会」が開催された。

極東選手権1917年には参加はしたが他競技と掛け持ちの選手ばかりであり、戦術にも劣り惨敗したことを受け、男子は低調で、1919年は不参加、第5回(1921年)は12人制で実施されたが、この時はバスケットボールの選手が出発前に一度だけ指導を受けての形式的な参加だった。

1923年の第6回極東選手権(大阪)では日本は未だにセットアンドスパイク戦術を実施しておらず男子は惨敗したが、エキシビジョンの女子の部で日本の姫路高女が優勝し、女子バレーボールの普及に多大な影響をあたえ、各地で女子バレーボール大会が開催されていく。

1925年の明治神宮競技大会からは9人制となり、1927年からは極東選手権も9人制となった。

日本では1930年からサイドアウト制が廃止されラリーポイント制が導入された。極東選手権でも1934年にラリーポイント制となったが、満洲国加盟問題で紛糾し、極東選手権はこの1934年第10回大会をもって廃止となった。

ヨーロッパにバレーボールが紹介されたのは1920年ごろで、第一次世界大戦で渡欧したアメリカ軍兵士によってフランスからイタリア、チェコスロバキア、ポーランド、ソビエト連邦へと普及していった。このころにはチームの人数も6人と決まっており、すでに現在の6人制バレーボールに近いものができ上がっていた。ソビエトでは1925年にロシア共産党の中央委員会が「100万人のバレーボール」のスローガンを掲げてソ連バレーボール協会を設立し、本格的にバレーボールの発展に取り組んだ。

バレーボールは世界各国のYMCAを通じて国際的に普及し、1924年パリ五輪ではアメリカのスポーツとして紹介された。

1947年には国際バレーボール連盟が結成され、アメリカ式のルールを修正し国際ルールが出来上がった。

1949年に第1回バレーボール世界選手権(男子)がチェコスロバキアで行われた。日本が国際バレーボール連盟に加盟したのは1951年であった。当時、日本のバレーボールの主流は9人制であり、国際試合で使われる6人制バレーボールはまだよく知られていなかった。

1950年代に入ると、東欧諸国ではソ連の高さとパワーに対抗するために技術開発が進められるようになった。特にチェコスロバキアは次々と新しい技術の開発に着手し、速攻、フェイント、ブロックアウトなどの戦術を編み出した。

1952年、女子の第1回バレーボール世界選手権がソビエトで行われた。

1957年、日本で国内初の6人制選手権開催。その後も9人制極東ルールが主流であり全日本総合選手権においても1958年6人制が導入されるが、9人制との併用が続く。

1960年、ブラジルで開催された世界選手権に日本男女が初参加。女子2位、男子8位。

1961年、日本男女チーム欧州遠征。女子チーム(日紡貝塚)はソ連戦を含めて22連勝し「東洋の魔女」と呼ばれる。

1962年、都市対抗、国体、全日本インカレ(男子)が9人制を廃し、6人制に切り替えた。翌年からインターハイも切り替えた。世界選手権(ソ連)で日本女子が優勝した。

1964年東京五輪からバレーボールが正式種目に加わった。コンビネーション・バレーが確立されたのはこのころからで、回転レシーブ、時間差攻撃など日本独特の技術が編み出された。

日本では部活動としても盛んに行われている。

規則(ルール)
バレーボールという言葉や誰でも自由に定義できるが、本稿では国際バレーボール連盟が定めたルール(6人制と呼ばれるもの)を説明する。それ以外のルールとしては日本バレーボール協会が定めた9人制のルールなどがある。

日本では、小学生は、1セット21点(3セットマッチ、3セット目は15点まで)で行われ中高生は1セット25点(3セットマッチ、3セット目も25点まで)で行われている。なお春高、国体の準決勝以上、インターハイ決勝、春高都道府県予選決勝のほとんど、インターハイ予選決勝の一部はルール通り5セットマッチ。

競技場
長辺18m、短辺9mの長方形のラインが引かれたコートを用いる。その中央にはコートを二分する形で幅1m、長さ約10mのネットが張られている。ネットの高さは男子が2.43m、女子が2.24mと定められている。ネットからそれぞれ3mにはアタックラインと呼ばれるラインがある。日本の高校バレーの都道府県大会では男子2.40m、女子2.20mである。1989年までは全国大会でも同様であった。これは9人制(男子2.25m、女子2.10m)の名残である。

コートの外には3m以上の空間(フリーゾーン)、天井までの高さは7m以上が必要とされる。国際バレーボール連盟および日本バレーボール協会主催の競技会では、フリーゾーンは最小限サイドラインから5m、エンドラインから6.5m、天井の高さは12.5m必要と定められている。また最低気温(10℃以上)や照度(1,000 - 1,500ルクス)なども規定がある。

ボール
ボールの色はどんな色でも良く、複数色の組み合わせとされるが、大会や試合では同一でなくてはいけない。円周は65 - 67cm、重量は260 - 280グラム、内圧は0.30 - 0.325kgf/cm2。現在、全国大会の取り扱いでは、0.31kgf/cm2に統一することとなっている。このボールの事も「バレーボール」と呼ばれる。
ユニフォーム
ジャージ、パンツ、ソックスはリベロ以外の全員がそろっていることが条件。リベロ・プレーヤーは対照的な色のユニフォームでないといけない。ユニフォームのナンバーは 1 から 20番を原則としているが、やむをえない事情があれば、99番まで使用することができる。数字の大きさは胸部が15cm以上、背部は20cm以上、字幅は2cm以上でなければならない。チームキャプテンは、胸のナンバーの下に長さ8cm、幅2cmのマークをつける。

チーム
1チームは、6人以上12人以内のプレーヤー、監督1人、アシスタントコーチ最大2人、チームセラピスト1人、医師1人で構成される。前衛・後衛それぞれ3人、計6人で競技を行う。プレーヤーのうち2人をリベロプレーヤーとして登録することができる。

ただし、国内大会の競技要項により、部長、マネージャーなどがベンチスタッフとして認められることがある。現在、全国大会やそれに準じる大会では、監督を含むベンチスタッフを置くには、コーチや指導者としての公認資格の有資格者がいることを条件としている。

国際バレーボール連盟および日本バレーボール協会主催のシニア競技会(公式戦)においては最大14名のプレーヤーで構成できる。この場合は必ずリベロを2人登録する必要があるが、Vリーグは2018/19シーズンからリベロ1人でも可能となっている。

キャプテン
上記プレーヤーのうち、1名がチームキャプテンとなり、試合中コート内でプレーしている間はゲームキャプテンとして行動する。チームキャプテンがコート外にいるときはコート上のほかのプレーヤーがゲームキャプテンとなる。

ゲームキャプテンは試合中断中のとき、競技規則の適用などについて審判員に説明を求めることができる。ゲームキャプテンは監督不在のとき、タイムアウトや選手交代の権限が与えられる。

ラリーポイント制
サーブ権を持つチームの選手がサーブを行うことでボールの打ち合いが始まり、攻撃決定やミス、反則で打ち合いが終わる。これをラリーという。ラリーに勝ったチームが、1点を得ると同時に次のサーブ権を得る。
1895年の誕生以来100年以上、サーブ権がある時のみ得点が入る「サイドアウト制」であったが、1998年からラリーポイント制に変更。
なお極東ルール(9人制)では日本の提案で1930年過ぎからラリーポイント制に変更されていた。

5セットマッチ
先に25ポイント(第5セットに限り15ポイント)を取ったチームに1セットが与えられ、3セットを先に獲得したチームが勝者となる。ポイントが24 - 24(第5セットは14 - 14)となった場合はデュースとなり、どちらかが先に2ポイントの差をつけるまでそのセットは続けられる。第5セットではいずれかのチームが8点を先取したときにコートチェンジを行う。

3セットマッチ
上記のようにルール上3セットマッチは存在しないが、日本の高校バレーでは一般的であり、シニア大会の地区予選でも見られる。これは9人制(極東ルール)の名残と考えられる(1962〜1963年に掛けて日本のバレー界は6人制に移行したが、9人制では21ポイント、ラリーポイント制の3セットマッチであり、6人制の15ポイント、サイドアウト制5セットマッチはネット高と共に高校生の体力的な負担、運営の負担が過大という考えであろう)。先に25ポイントを取ったチームに1セットが与えられ、2セットを先に獲得したチームが勝者となる。ポイントが24 - 24となった場合はデュースとなり、どちらかが先に2ポイントの差をつけるまでそのセットは続けられる。第3セットではいずれかのチームが13点を先取したときにコートチェンジを行う。

タイムアウト
各チームは1回につき30秒間のタイムアウトをとることができる。各チームはこの間に作戦を練ったり、選手を休憩させたりしている。タイムアウトの回数制限は両チームとも各セット2回ずつで、たとえ使わなくても、次のセットに持ち越すことはできない。

また、国際試合などでは、第5セット以外に両チームのうち、8点と16点を先取した場合、自動的にプレイが止まる。これを「テクニカルタイムアウト」という。テクニカルタイムアウトの休憩時間は60秒間であり、このルールが適用される大会では第5セット以外の各セットに最低2回プレイが止まる。

プレー中の動作
チームはネットを越えてボールを返すために最大で3回ボールに触れることができる。1人の競技者は連続してボールに触れることができない。ただし、6人制の場合、正当なブロックは1回として数えない(このため、6人制の場合は同一の競技者が正当なブロック後にレシーブなどで触ることができる。その結果、チームで3回を越えて触ることになるがルール違反ではない)。また、チームの最初のヒットでは、1つの動作中であれば、ボールは身体のさまざまな部分に連続した接触してもよい。よってレシーブの際には基本的にはダブルコンタクト(ドリブル)は取られない。現行のルールではボールを返す際に体のどの部位を用いてもよい。これらは審判による主観的な判定を廃し、プレーの連続性を重視するためである。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「バレーボール女子世界選手権(世界バレー女子)」以外にもParaviパラビでは

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

TBSドラマとテレ東ドラマなら、是非Paraviで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Paraviでチェック!

Paravi(パラビ)公式ページへ

-エンタメ動画情報, ニューススポーツ情報動画
-