エンタメ動画情報 旅・紀行番組

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Zの見逃し配信!動画をすぐ見るなら

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Zの見逃し配信!動画をすぐ見るなら

テレビ東京で放送されているバラエティ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」は、レギュラー出演者2人と女性ゲスト(女優またはタレント。番組では「マドンナ」と称している)1人を加えた3人が、日本国内にある路線バスを乗り継いで3泊4日の日程内に目的地への到達を目指す番組で、人気です!

だからこそ、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」を楽しむための方法をご紹介したいと思います。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」は現在動画配信サービスParaviパラビで配信されています。

ParaviパラビはTBSやテレビ東京が出資を行っている動画配信サービスなので、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」が今後も配信され続けるのはParaviパラビになると思います。

・ローカル路線バス乗り継ぎの旅Zを何回も観たい
・TBSのドラマの動画をたくさん観たい!
・テレビ東京のドラマを動画でたくさん観たい!
・Paraviオリジナルストーリーのを観たい!

そんな人にParaviはおすすめです。

更にParaviパラビでならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんParaviなら見放題!

TBSのバラエティ番組やドラマは、TVerやTBS FREEなどでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Paraviパラビなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にTBSの最新ドラマはParavi以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Paraviなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviなら日曜劇場などのTBSの話題の動画がたくさん!

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、Paraviなら楽しめる動画が満載です!

これは見逃せないですね!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」石川県・輪島〜静岡県・御前崎

今回は日本列島縦断ルートに挑戦!朝市で有名な石川県輪島からスタートし、3泊4日で目指すゴールは静岡県の御前崎!ゴールするには北アルプス・中央アルプス・南アルプスの日本アルプスをどう攻略するかが鍵となる!?現在の戦績は9勝8敗。勝ち越しキープか!?五分となるか…ギリギリの挑戦が始まる!

更に…行く先々でバスが無い!?宿が無い!?過酷な歩き…超絶トラブルが連発!?今回もバス旅の厳しい洗礼が待ち受ける!果たしてマドンナ松井珠理奈を迎えてゴールに辿り着けるのか?ハプニング必至のアポなし珍道中をお楽しみください!

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の出演者

【出演者】
田中要次、羽田圭介、松井珠理奈(マドンナ)

【ナレーター】
津田健次郎

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」について

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」は、テレビ東京系列の『土曜スペシャル』で、2007年からレギュラー企画として放送されている旅番組シリーズである。略称は『バス旅』。

レギュラー出演者2人と女性ゲスト(女優またはタレント。番組では「マドンナ」と称している)1人を加えた3人が、日本国内にある路線バスを乗り継いで3泊4日の日程内に目的地への到達を目指す。

一般的な旅番組とは趣が異なり、路線バスにより制限時間内に目的地への到達を目指すことが第一となっている。このため、一行は観光を楽しむよりも時間に追われながら、制限日数内で最終目的地に到着することを最優先に行動することになる。利用するバスの乗り継ぎ時間によっては有名な観光地を素通りすることもある反面、次に乗る予定のバスに間に合う、バス停近隣の、あまり知られていない穴場スポットに立ち寄ることもしばしばある。バスの車内や待ち時間における出演者と地元住民との触れ合いも紹介している。

太川陽介、蛭子能収の出演で2007年10月20日から2017年1月2日まで全25回(本項目では以降シリーズ1と記述)が放送された。2017年3月25日からはレギュラー出演者をリニューアルし、田中要次、羽田圭介の出演で、シリーズ2『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』が放送されている。

※以降、○回目の放送を表す表記について、第○弾とあるものはシリーズ1(太川・蛭子版)、Z第○弾とあるものはシリーズ2(田中・羽田版)を意味する。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」のシリーズ1(2007年10月 - 2017年1月)

第1弾は2007年10月に放送。当初は単発企画の予定だったが、一般的な旅番組とは一線を画す奇抜な内容が好評であったため、2008年度から年2回のレギュラー企画になり、2012年度からは年3回に拡大された。

視聴率競争の激戦区である土曜夜のゴールデンタイムにおいて10%を超える好調な視聴率になっていることから、テレビ東京の業績が好調なことがメディアで取り上げられる時には本番組が成功例として扱われることが多い。太川と蛭子が他局の番組で共演する機会もあり、本番組のエピソードも出演番組で語られたほか、2人をゲストに本番組のパロディが制作されたこともある。また、太川と蛭子がそれぞれ「路線バスで旅をするタレント」として番組に出演する機会も増えている他、久米宏、松本人志、伊集院光、中川翔子など著名人の中にも番組ファンを公言する者が多い。

番組の人気も相まって、2014年のゴールデンウイークに行われたテレ東フェスティバル内のイベントで、初めて番組のトークショーが開催されたほか、2014年9月に「土曜スペシャル」企画枠の中で初となる公式ホームページを立ち上げ、過去に放送された内容や太川、蛭子、女性ゲストの3人が訪れた場所、乗車したバス等をまとめて紹介している。

2014年からこれまで放送された内容の一部がDVD化されて発売されている。

2016年4月より『土曜スペシャル』は放送時間が1時間半に短縮されたが、当番組は従来通り2時間半で放送されている。

2016年11月26日に放送された特別編の最後に、2017年1月2日放送の第25弾で太川と蛭子の二人が卒業することが発表された。

2017年1月2日放送の第25弾は当番組開始以来初めて『土曜スペシャル』枠外での放送となった。同放送でシリーズ1が完結し、第25弾のエンディングにて当番組の新シリーズが同年春から始動されることが告知された。

2020年秋に開催された『テレ東ほぼほぼ無観客フェス』の中で11月28日に、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 ファンの集い ~太川&蛭子&マドンナ生出演!今だからいろいろ聞いちゃおう会~』として、太川、蛭子、加藤紀子とプロデューサーの越山による有料ネット配信のトークショーが開催された。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」のシリーズ2(2017年3月 - )

前シリーズ第25弾のエンディングにて、2017年春から新たなメンバーを迎えての新シリーズが放送される予定であることが告知された。

2017年3月18日に新シリーズのタイトル『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』と、2代目の旅人として前述の特別編で旅人を務めた田中要次と羽田圭介の起用が、また前シリーズで旅人を務めた太川陽介のナレーションでの参加が発表され、同月25日にZ第1弾が放送された。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の主な出演者

太川陽介
リーダーとして一行の取りまとめ役を担っていた。バスの車内でも食事の場でも地図帳は手離さず、常に先々の予測を立ててルートのシミュレーションを入念に行っていた。地名にも詳しいことから、収録前から相当予習をして来ていると思われていた(ただし、ルートの下調べは彼自身のプライドから行わなかったらしい)。

乗り継ぎで周囲に時間を潰せる食堂や喫茶店等がない場合や、ゆっくり座って食事をする時間的余裕がない場合に、さりげなく全員分のパンや中華まん、お菓子などを調達する気配りも欠かさなかった。

時間のない中でも食事は当地の名産を選択したり観光名所を訪ねていた。
蛭子のマイペースぶりには終始振り回されており、呆れる態度を示すことが多かった反面、蛭子や女性ゲストをからかう稚気を見せていた(蛭子が予約した宿ではほとんど定番の如く、蛭子の部屋ベッドを荒らして蛭子を困らせているが、「旅バラ」になっても同じことをしている)。

発言は青色のテロップで表示されていた。
2017年1月2日の放送をもって卒業したが、シリーズ2では第9弾までナレーターとして参加。

蛭子能収
マイペースな性格・奇抜な言動・ゲストへの容赦ない毒舌は、この番組でも健在であった。
計画は太川に任せっきりで、時には「ここで温泉に入りたい」などとワガママを言って途中下車を提案することもあった。また、移動中には眠っていることが多く、キートンからツッコまれていた。

オープニングでは「ブラックエビス」と紹介されたこともあり、やりたい放題の言動と太川・女性ゲストとのやり取りは番組の大きな魅力となっていた。
一方、宿泊施設や飲食店での交渉をしたりする役目を担っていた。

ギャンブル好きのため、移動中でもパチンコ屋や競艇場を見つけると入りたがり、第7弾では休憩と称してパチンコ屋に寄ったせいでバスに乗り遅れる失態を犯した。
海産物が苦手なため、昼食の際は当地の名産などに目もくれず、一人だけカレーライスやカツ丼のような定番メニューを注文していた(夕食も現地の名産ではなく、豚カツ等の揚げ物を頼む傾向があり、酒が飲めないため、ビールの代わりにコーラやジンジャーエールといった炭酸飲料を飲んでいた)。

回を重ねるうち、宿泊先は「当たりはずれ」のある旅館よりも「無難な」ビジネスホテルを好むようになっていた。
大感謝祭において、特に東横インを好む理由を語っている。予約した宿でほとんどいつも太川にベッドを荒らされて困惑する。

発言は緑色のテロップで表示されていた。
2017年1月2日の放送をもって卒業。

田中要次
基本的に地図の分析を担当するが、明確にリーダー役と決まっているわけではなく、自ら大きな決断をするのは得意でない。しかし、マドンナが自ら地図を分析したり先頭を歩いたりしてリーダーシップを発揮すると、焦りを見せる。

出会った人々に「バスの旅(のロケ)ですか?」と尋ねられると番組名を宣伝し、太川と蛭子が出演したシリーズ1に関する話が出た時には「僕たち、2代目です」とアピールするなど、広報も担当している。

自分の聞き込みで得た情報が役立ってバスの乗り継ぎがうまくいくと、羽田とマドンナに褒めてもらおうとして自慢する。
宿泊する宿での空室があるかどうかを確認した時に空室があれば、テレビドラマ『HERO』での田中が演じているバーテンダー役のお馴染みの台詞である「あるよ」と言う事が多い(この台詞を言うと、『HERO』のメインテーマのBGMが少しだけ流れるのも定番)が、回によっては羽田が言ったり、マドンナが言う場合もある。特に宿泊施設にて3部屋確保できた時は険しい表情(というよりは、HEROのバーテンダーを演じている時とほぼ同じ表情)をしながら必ず言い、羽田とマドンナが「えっ、あるんですか?」と返すのがお約束である。

3人の中で歩くのが最も苦手で、早朝出発や夜遅くまでの行動も好まず、乗り継ぎルートの調査よりも食事や宿探しを優先させようとする。口癖は「もう宿へ行こう、メシ食おう」。歩くときは風情のある旧道を通ったり洒落た喫茶店に立ち寄ったりすることを好む。

隙あらば温泉宿に泊まりたがって羽田を困惑させる。
発言は青色のテロップで表示されている。

羽田圭介
バスを見つけると突然ダッシュしたり、夕食のビールを一気飲みしたり、時折奇抜な言動を取る。
新刊発売のたびに、自分の小説の宣伝をプリントした派手なTシャツなどを着用する。

書店を見つけると著書の在庫があるかどうかチェックし、置かれていないと不機嫌になる。
宿泊施設に電話する際には「わたくし、芥川賞作家の羽田圭介と申しますが…」と名乗る。宿の和室にある座布団が分厚いとテンションが上がる。

バスを長時間待つよりも歩いて進むことを好み、マドンナが徒歩を拒否してバスを待ちたいと主張した時は、論理的に説得しようと試みる。歩き始めると寄り道する時間を惜しんでストイックに目的地を目指そうとする傾向にあり、道中で出会う人々との交流や周囲の景色にはあまり関心を示さない。長距離の徒歩が奏功してバスの乗り継ぎがうまく噛み合うこともあるが、結果的に時間と体力を無駄に消耗してしまうことも少なくない。

田中の食事や温泉への勧誘を却下するなどして、(田中に対する)ストッパーの役割を果たしている。
発言は緑色のテロップで表示されている。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の太川・蛭子コンビ共演の他番組

シリーズ1でコンビを組んだ2人は、この番組をきっかけにテレビ東京の他番組でも共演している。

シーズン終了前の2016年1月2日には、当番組との連動で同局系列の新春時代劇『信長燃ゆ』で共演している。
当番組降板後は、同じ『土曜スペシャル』のシリーズである『いい旅・夢気分スペシャル』でもコンビを組んで毎回変わる女性ゲストと一緒に旅をしている。2019年6月8日には同枠で『いい旅・夢気分 太川蛭子SP』が放送された。

『土曜スペシャル』では2018年9月8日に2人の新たな冠シリーズ企画『太川・蛭子のローカル鉄道寄り道旅』を開始、2019年4月18日にはそれを母体に冠レギュラー番組『太川蛭子の旅バラ』が誕生した。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の旅のルール

シリーズを重ねるにしたがってルールがまとまってきたこともあり、第13弾からはオープニング(出発地)で「路線バスの旅のルール」とテロップで掲出されるほか、公式ホームページでは「路線バスの旅のルール3箇条」として以下のように示されている。

「3泊4日で指定の目的地にゴールすること。旅はすべてガチンコ。ルートだけでなく、撮影交渉も自分たちで行う」
このルールはシリーズ開始当初から変わっていない。

「移動は原則として路線バスのみを使用。高速バス、タクシー、鉄道、飛行機、船、自転車、ヒッチハイクなど他の交通機関の利用は禁止」

タイトルの通り、移動には原則として路線バスを使用しなければならない。行程によっては乗り換えられるバス路線がなくなり、徒歩での移動を強いられることになる。悪天候や暑さ、寒さに耐えながら数時間歩かなければならないことも珍しくない。第4弾までは行き詰まった時やそもそもバス路線自体が存在しない場合に限りタクシーも利用できたが、第5弾からは禁止となった。悪天候や道路状況の都合で徒歩移動が不可能もしくは極端に危険であると判断された場合は、その場の判断で特例的に他の手段をとることがある。

鉄道(路面電車も含む)、飛行機、船といった他の公共交通機関の利用や自転車の使用、ヒッチハイクは禁止である。なお高速バスも基本的には利用できないが、高速道路を通らない区間は利用できる。デマンドバスではないコミュニティバス、一般路線バス扱いの空港連絡バス、一般の利用が可能な送迎バスは利用できる。また、運賃制度が鉄道運賃扱いであっても鉄道代行バスおよび(JR東日本による)BRTは利用できる。高速自動車国道以外の都市高速道路など有料の自動車専用道路を通る一般路線バスについては、有料の区間も含めて利用可の場合と、有料の区間は利用不可の場合がある。この他、滞在する宿や利用した施設の厚意による「送迎」という形で、中断した場所と宿や施設等との間を車で移動することは許されている。

「目的地へ向かうルートは自分たちで決める。情報収集でインターネットを利用することは禁止。紙の地図や時刻表、案内所や地元の人からの情報のみ使用OK」
バスルートや宿泊先に関する情報の収集は、旅先で出会った人たち(役場、路線バスの運転手、路線バス会社の営業所・案内所、観光案内所を含む)からのみ可能で、自分たちがスマートフォンなどを使ってインターネットから調べることはできない。ただし、現地で出演者から質問を受けた人たちが厚意で自らインターネット等で調べた情報はもらうことができる。また、ロケ開始前に予習ができないように、出演者には当日まで目的地は知らされない。第24弾まではロケ3日前に出演者を集め、今回のルートが書いた地図がスタッフから渡されていた。

なお、上記3箇条に加え、Zからは以下のルールが追加されている

成績が負け越しとなった場合、又は3連続で失敗した場合は降板(Z第9弾から)
Z第8弾終了の時点で4勝4敗となり、成績不振のため追加された。
目的地への到着は必ずバスを使わなければならない。

Z第13弾で初めて明確にされたルール。徒歩でゴールに到達できる距離でも、最後は必ずバスでゴールに向かわなければならない。シリーズ1の第24弾で、「今日の24時までにゴールすればいいんですよね?」というマドンマの質問に「そんな時間までバスがあるわけないでしょ」と太川が答えるシーンがあり、このルールの存在が暗示された。

これに加え、Z第5弾ではバスで到達できても、ゴールの高知城に入門できなければ失敗扱いになるルールとなった。
また、一部回においてチェックポイント制となる場合があり、指定のチェックポイントで写真を撮影しなければならない。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」以外にもParaviパラビでは

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ
・この恋あたためますか

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

TBSドラマとテレ東ドラマなら、是非Paraviで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Paraviでチェック!

Paravi(パラビ)公式ページへ

-エンタメ動画情報, 旅・紀行番組
-