ニューススポーツ情報動画

モーニングショーの見逃し配信無料動画の配信はない?視聴方法暴露

モーニングショーの見逃し配信無料動画と再放送情報!

テレビ朝日で平日朝に放送されているワイドショー情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「羽鳥慎一モーニングショー」は、『モーニングバード』の路線を引き継ぎ、コメンテーターは石原良純、高木美保、長嶋一茂、島谷ひとみらが『モーニングバード』から引き続き日替わりで出演するなどして始まった、人気番組です!

だからこそ、「羽鳥慎一モーニングショー」を楽しむための方法をご紹介したいのですが、「羽鳥慎一モーニングショー」は現在動画配信されておりません。

今後、「羽鳥慎一モーニングショー」が動画配信されるとすれば、それは動画配信サービスTELASAテラサです。

TELASAテラサはテレビ朝日が関わっている動画配信サービスなので、「羽鳥慎一モーニングショー」が今後配信されるとしたら、TELASAテラサになると思います。

・羽鳥慎一モーニングショーを何回も観たい
・テレビ朝日のドラマの動画をたくさん観たい!
・特撮ヒーローものなども動画でたくさん観たい!
・ディレクターズカット版なども観たい!

そんな人にTELASAテラサはおすすめです。

更にTELASAテラサでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

テレビ朝日のドラマやバラエティ番組の見逃し配信ももちろんTELASAなら見放題!

テレビ朝日のドラマやバラエティ番組は、TVerやテレ朝動画などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、TELASAテラサなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にテレビ朝日の最新ドラマはTELASAテラサ以外では配信されないことが多いので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

TELASAテラサなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

TELASAならドクターXなどのテレビ朝日の話題の動画がたくさん!

・ドクターX
・七人の秘書
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、TELASAテラサなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「羽鳥慎一モーニングショー」ロシアのマック後継店再開

不法投棄でゴミ屋敷?「誰かが投げ込んだ」家電が山積み…家主は▽食料品も続々値上げ…スーパー店主語る実態▽ロシア“マック後継店”再開

羽鳥慎一が毎日の様々なニュースを、分かりやすくお伝えします。暮らしをよりよくする情報はもちろん、難しいことは何が問題なのか、パネルを駆使して読み解きます。

「羽鳥慎一モーニングショー」の出演者

【司会】
羽鳥慎一
【アシスタント】
森山みなみ(テレビ朝日アナウンサー)
【コメンテーター】
石原良純(タレント)、山口真由(弁護士)、玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「羽鳥慎一モーニングショー」マスク生活で歯周病増

国税職員ら給付金詐欺「部屋に複数のPC」同期に誘われ不正か…▽マスク生活で歯周病増、口呼吸も注意…対策は▽誤振り込みしたら?

羽鳥慎一が毎日の様々なニュースを、分かりやすくお伝えします。暮らしをよりよくする情報はもちろん、難しいことは何が問題なのか、パネルを駆使して読み解きます。

「羽鳥慎一モーニングショー」の出演者

【司会】
羽鳥慎一
【アシスタント】
森山みなみ(テレビ朝日アナウンサー)
【コメンテーター】
長嶋一茂(俳優)、廣津留すみれ(バイオリニスト)、玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「羽鳥慎一モーニングショー」上島竜兵さん行きつけ店明かす素顔

上島竜兵さん…悼む声 61歳急逝に芸能界衝撃、行きつけ店明かす素顔▽ウクライナ軍が反撃…ハルキウ州で一部奪還、米分析「戦闘長期化」

羽鳥慎一が毎日の様々なニュースを、分かりやすくお伝えします。暮らしをよりよくする情報はもちろん、難しいことは何が問題なのか、パネルを駆使して読み解きます。

「羽鳥慎一モーニングショー」の出演者

【司会】
羽鳥慎一
【アシスタント】
森山みなみ(テレビ朝日アナウンサー)
【コメンテーター】
石山アンジュ(一社パブリックミーツイノベーション代表)、玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「羽鳥慎一モーニングショー」恐怖!高速あおり3分

恐怖!高速あおり3分 道路ふさぎ激ギレ蛇行 ▽元従業員語る観光船「船長ら次々と辞め」 ▽ロ富豪一家が相次ぎ 別荘で自宅で…謎の死

羽鳥慎一が毎日の様々なニュースを、分かりやすくお伝えします。暮らしをよりよくする情報はもちろん、難しいことは何が問題なのか、パネルを駆使して読み解きます。

「羽鳥慎一モーニングショー」の出演者

【司会】
羽鳥慎一
【アシスタント】
森山みなみ(テレビ朝日アナウンサー)
【コメンテーター】
菊間千乃(弁護士)、玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「羽鳥慎一モーニングショー」木村拓哉(キムタク)生出演

木村拓哉と満島ひかりが14日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」にスタジオ生出演した。

木村はこの日スタートの同局系主演ドラマ「未来への10カウント」を満島と共にPRした。

スタジオ登場前にお天気コーナーで気象予報士の片岡信和さんがドラマにちなんだストレッチを紹介した。CM開けで司会の羽鳥慎一アナウンサーから「よかったらあのストレッチ現場で…よかったらですけど」と振られた木村は「あれはどこを伸ばしていたんですか?」と質問。羽鳥アナは「おなかがバキバキになるっていうウワサもあったりなかったりですけど」と応じると木村はストレッチを実践してみせた。

満島と12年ぶりの共演に木村は「まっすぐで笑顔に力がある人なので、ひかりちゃんに引っ張ってもらっている感じがあります」と絶賛した。これに満島は「頑張ってます」と笑顔で応じていた。

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「羽鳥慎一モーニングショー」悪質な逆あおり運転の恐怖の映像

テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)で24日、悪質な「逆あおり運転」の映像を放送した。

映像は、今月12日午前4時ごろ千葉・船橋市内の片側1車線の県道で撮影された。家族4人が乗る乗用車の前を黒色のセダンがノロノロと走り、さらにセンターラインをはみだし急に止まると、バックして乗用車にぶつかる寸前まで接近してきた。

手前で止まると再び前に走り出したがまたもバックして接近。男性の車も衝突を避けるためにバックするもじわじわと近づいてくる。すると乗用車は前に進み交差点にさしかかると赤信号を無視して左折した。この間、運転する男性は警察にハンズフリーで通報した。

番組では「逆あおり運転」が4分間続いたとし、映像は、男性の車にはドライブレコーダーが付いていなかったため後部座席に乗る子供が撮影したという。さらに番組では被害にあった男性家族を取材。後部座席に乗っていた次男は後続車ではなく前方の車が接近するなどの「逆あおり運転」に「すごく怖かったです。何をされるか分からないし、すごく不安な気持ちでいっぱいになりました」と明かしていた。

男性は、車や家族に直接、危害が加えられなかったため警察に被害届を提出していないと伝えたが、スタジオでは「ノロノロ運転」について、一般道には最低速度規制がないため“ノロノロ”運転は犯罪にならないが、片側1車線の道路などでは遅い速度で走行中に後続車に追いつかれた場合は左端に寄って譲らなければならず、違反した場合は5万円以下の罰金と解説した。さらに故意の場合は妨害運転罪になる可能性があり「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」と伝えていた。

今回の「逆あおり運転」を司会の羽鳥慎一アナウンサーは「一般的に私たちが想像するあおり運転とは、ちょっと違いますけど、こちらも怖いです」と指摘。「相手を刺激しない。映像を撮っておく。警察に連絡し状況を伝えるということが大事なんだと、改めて思います」と話した。

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「羽鳥慎一モーニングショー」山口真由氏、新型コロナの症状告白

財務省勤務から弁護士として活躍し、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に月曜コメンテーターとしても活躍する山口真由氏が、31日にツイッターを更新し、25日に新型コロナウイルス感染が判明してからの容体を明らかにした。

山口氏は「1月24日発熱はないものの喉に違和感を覚え、市販の抗原検査キットで検査をしたところ陰性でしたが、その日の夕方、念のためPCR検査を受け、翌1月25日に陽性となりましたので、事務所HPにて公表の上、自宅療養を行ってまいりました。仕事関係者の皆様はじめご迷惑ご心配をおかけして申し訳ありません」と記した。

また、容体について「もちろん個人差はあると思いますが、私の場合、症状はとても軽症で、3日間ほど喉の違和感、鼻水、軽い咳が出るなどの軽い風邪のような症状がありましたが、その後はほぼ無症状で済んでおります」とした。

この日は、本来なら「羽鳥慎一モーニングショー」に出演する予定だったが、療養のために欠席した。

所属事務所も1月25日に「弊社所属 山口真由の新型コロナウイルス感染が確認されましたのでご報告申し上げます。昨日、1月24日午前、喉に違和感を感じたため、同日夕方に医療機関にてPCR検査を受けました結果、本日、陽性であることが確認されました。現在、喉の違和感以外に主だった症状はございません。今後は保健所のご指導を遵守し、一定期間の療養及び経過観察を致します」と公表していた。

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「羽鳥慎一モーニングショー」について

「モーニングショー」は、1964年4月1日から1993年4月2日(第1期)、および2015年9月28日(第2期)からテレビ朝日系列で月曜日から金曜日までの朝に生放送形式で放送されたもしくはされている、ワイドショー・情報番組である。前述の通り第1期は1964年(昭和39年)4月1日から1993年(平成5年)4月2日まで放送され、第2期は2015年(平成27年)9月28日から放送されている。日本で初めて放送されたワイドショー番組である。便宜上、1993年までを第1期、2015年以降を第2期とする。

第1期
日本におけるワイドショーの草分けで、『TODAY』(アメリカのNBCで1952年から早朝に放送されている情報・ニュース番組)をヒントに制作されたため、日本国内のテレビ局が制作するニュースショーとしても初めて成功を収めた。

放送時間は毎週月 - 金曜日の8:30 - 9:30(JST、以下略)で、1992年までは、年末年始も休まずにレギュラー放送を続けた。

テレビ黎明期の民放テレビ局が1、2局しかない地域、一部を除くクロスネット局、テレビ朝日系列局がない地域でもネットされていた。そのため、番組オープニングではタイトル表示に続き、テレビ朝日(1977年3月まではNET)を先頭に各地のネット局の略称をテロップ表示する演出があった。また、テレビ朝日系列の新局に本番組の放映権が移行した後もテレビ朝日系列の新局の受信環境が未整備などの理由で1地域2局同時放送を実施していた地域もあった(後述)。

第2期
2015年9月28日から第2期として復活した。放送時間は毎週月曜から金曜までの8:00 - 9:55であり、放送尺は第1期と比べ55分長い。

放送開始までの経緯
教育番組専門局として1959年2月1日に開局した日本教育テレビ(NET)では、当初からスポンサーの獲得などで苦戦を強いられていたため、当時の郵政省から放送の比率を指定されていた「教育番組」や「教養番組」の解釈を拡大しながら事実上の総合編成化を進めていた。そこで、『TODAY』をヒントに、1961年2月から主婦向けの情報番組として『東京アフタヌーン』を平日の14:00 - 14:45に関東ローカルで放送。プロデューサーの浅田孝彦は、ラジオで定着しているDJのスタイルで、総合司会に進行やいわゆる「生コマーシャル」へ臨ませるなどの新機軸を打ち出した。また、当番組の成功を受けて『アフタヌーンショー』を立ち上げた江間守一は、NETの開局直後にプロデューサーとして『○月○日』(○は放送月・放送日を示す洋数字)と称する番組を制作。放送時間がわずか12分間というミニ番組ながら、全曜日にわたって帯番組として編成された。もっとも、当時のNETにとって死活問題であった営業面では振るわず、『東京アフタヌーン』とともに短命に終わっている。

これに対して、日本ヴィックス(アメリカのリチャードソン・ヴィックス社と伊藤忠商事の合弁会社でP&Gプレステージの母体企業の1つ)では、アメリカにおける『TODAY』の成功を踏まえて、テレビ界で当時「不毛の時間帯」の1つに数えられていた午前帯への広告の出稿を計画。NETに対して、視聴率が極めて低かった午前中の学校放送番組の広告枠を、一括で購入することを打診した。この打診がやがて、『TODAY』をモデルに、事件・芸能ニュース・「人間蒸発」などの企画やインタビュー、歌手の生演奏などを織り込んだ単独提供番組を放送する構想に発展。1962年に博報堂を通じて、NETおよび、当時NET系列の準基幹局だった毎日放送(MBS)に構想を持ちかけた。NETの担当者は浅田で、MBSにも構想を打診したのは、伊藤忠商事や日本ヴィックスと同じく大阪市内へ本社を構えていたことによる。

番組の開始に際しては、当時の日本のテレビ界で主流だったディレクター・システム(ディレクターが絶対的な権限を有する制作体制)に依存せず、浅田を中心とするプロデューサーが全曜日のディレクターを統括する「プロデューサー・システム」を導入。放送するテーマや内容を制作チーム全体で共有したうえで、同じテーマや内容の企画を複数のディレクターが担当することによって、テーマや内容の柔軟な見直しが可能になった。

初代総合司会については、高橋圭三(元NHKアナウンサー)を最有力の候補に挙げていた。しかし、高橋のスケジュールの都合が付かずに断念。そこで浅田は、総合司会を視聴者と同じ立場に置くことを想定したうえで、NHK時代の高橋の後輩に当たる木島則夫アナウンサーに白羽の矢を立てた。

1960年代・70年代
『木島則夫モーニングショー』の番組開始当初は「8時半です。おはようございます…。早速きょうのお客様をご紹介しましょう」とゲストの紹介から始めた。

初回(1964年4月1日)はNETテレビ、北日本放送、中部日本放送(CBC)、毎日放送(MBS)の4局で放送。翌週の4月6日(月曜日)からは、中国放送でも同時ネットを開始した。しばらくは上記の5局ネット体制が続いたものの、1960年代の後半から郵政省などの方針で他の地域でも民放テレビ局の開局が相次いだことなどを背景に、徐々に放送地域を拡大していった。NET系列局の名古屋テレビが1962年に開局していた中京広域圏で、番組開始当初のネット局がTBS系列局のCBCであったのは、NETの番組区分に沿って当番組を「教育番組」とみなしたことによるとされている。ただし、CBCで放送されたのは開始から半年間で、1964年10月1日から放送権を名古屋テレビに移行している。

初代のプロデューサーに就任した浅田は、視聴率の推移から視聴者の欲求を推測。独自のモニター調査から得られたデータも重視しながら、放送するテーマや内容の細分化(客観的・定量的な選別)に取り込むなど、内容の見直しの高速化を図った。このような手法でディレクターと内容を分離させたことによって、番組は順調なスタートを切った。しかし、1965年9月の人事異動で浅田が(同年4月に始まった『アフタヌーンショー』を含む)「教養番組」全般を統括する職務に就いたことを境に、番組の制作体制を一新。「5人のディレクターが曜日ごとに責任を持って一般番組と同じように制作する」という縦割り体制の導入によって、ディレクターと内容の分離が維持されなくなったことから、長期にわたる視聴率の低迷を招いた。さらに、企画や娯楽以上にニュースを求める声が視聴者から年々強まったことから、木島は疲労を理由に1968年3月限りで降板。翌4月から長谷川肇(高橋・木島と同じくNHK出身のアナウンサー)を第2代総合司会に起用したが、1年でNETアナウンサーの奈良和に交代した。奈良は7年半にわたって総合司会を務めたが、一般公募から1976年10月に採用された第4代の竹中陽一は、「喋らない司会者」という烙印を押された末にわずか3ヶ月で降板。奈良の総合司会時代からサブ司会を務めていた後輩アナウンサーの溝口泰男を、1977年5月から第5代総合司会へ起用したことを機に、ようやく巻き返した。

なお、番組開始当初からのネット局だったMBSは、1975年3月31日(月曜日)の近畿広域圏におけるネットチェンジによってNET系列からTBS系列へ移行。このネットチェンジによって、TBS系列局だった朝日放送(ABC)がMBSと入れ替わる格好でNET系列へ加わったため、同日放送分からはABCが近畿広域圏向けの同時ネットを担った。

長谷川肇時代から溝口泰男時代までは一般視聴者(主に主婦)にも開放し、司会者の立ち位置(または司会者席)の後ろが観客席となっていた。

70年代後半には青少年の自殺などが社会問題化していたことを受けて、当時教育、心理などの分野で活躍していた坂東義教による「子育て講座」も織り込まれるなど、人気コーナーもあったが、坂東は著書『坂東先生の教育講座』を執筆直後の1978年11月に急逝し、コーナーも自然消滅となった。

1979年4月には、同年3月まで香川県のみを放送エリアにしていた瀬戸内海放送が岡山・香川の電波相互乗り入れに伴い岡山県での放送を開始し47全都道府県での放送となった。しかし同年12月に、当時日本テレビ系列とテレビ朝日系列のクロスネット局だったテレビ岩手が当番組を打ち切ったことで、1980年1月1日からは9か月ぶりに47全都道府県での放送ではなくなった。

1980年代・90年代
1981年4月に当時フジテレビ系列・テレビ朝日系列とのクロスネット局である新潟総合テレビが、新潟放送から移行を受ける形でメイン系列の番組であった『小川宏ショー』を打ち切って当番組のネットを開始した(1983年10月の新潟テレビ21開局まで)。

1983年4月には総合司会が溝口泰男(サブ、メインを含め14年間出演。歴代の最長寿レギュラー)から、江森陽弘へバトンタッチしたが、江森が総合司会に就任した2年半後の1985年10月には『アフタヌーンショー』の「やらせリンチ事件」が発覚し、本番組も「やらせリンチ事件」が引き金となって信頼失墜に陥る。

1986年10月に総合司会が江森から、元フジテレビアナウンサーの美里美寿々に、サブ司会も1980年4月から6年半務めてきた柴田美保子、八波一起から高井正憲(当時テレビ朝日アナウンサー)に交代するという総合司会の総入れ替えを実施した。硬派路線に舵を切ったが、芸能情報を扱わない番組内容が不評となり、視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)で苦しむこととなると同時に、本番組終了まで総合司会が1、2年で交代するなど低迷してしまう。1987年1月には、サブ司会を3か月で高井から寺崎貴司に交代した。

1987年10月には、総合司会が美里美寿々から武見敬三に交代したものの美里時代と状況は変わらず、月-金曜正午枠と合わせてテレビ朝日系ワイドショー全体がさらに低迷してしまうことになる。この事態を受けて、武見に総合司会が交代した半年後の1988年4月にはテレビ朝日制作ワイドショーを本番組に集約したり、同年10月には1年で内田忠男が総合司会に交代すると同時に芸能情報の復活や、八波をサブ司会に復帰させるなどのテコ入れを図る。

内田が総合司会に就任した1年後の1989年9月29日には日本海テレビが本番組を打ち切ったことにより1地域2局同時放送の地域はなくなった。

1991年4月のリニューアルでは、当初は総合司会を内田から、当時テレビ朝日と専属契約を結び、昼の番組『ホットライン110番』に出演していた小島一慶が総合司会に登用して立て直しを図ろうとしたが、当時小島が不倫騒動を起こしたため、この影響を与えられたテレビ朝日側は、その登用予定を急遽中止した上で『ホットライン110番』終了と同時に小島との専属契約を解除し、総合司会が渡辺宜嗣に急遽変更された。同時にサブ司会が篠田潤子(当時テレビ朝日アナウンサー)からロザンナにバトンタッチした。

内田から渡辺時代になると、テレビ朝日系新局開局による本番組の放映権移行で、放映権移行が行われた地域では旧ネット局の番組である『ルックルックこんにちは』・『モーニングEye』に苦戦するようになり、長年続けてきた正月三が日の放送も日本テレビ『新春スポーツスペシャル箱根駅伝』や、日本テレビ・フジテレビの元旦特番に視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)で敗れるようになったため、1992年を以って正月三が日の放送を終了したように本番組の苦戦傾向がさらに加速した。さらに同年9月の朝日放送『素敵にドキュメント』のやらせ発覚によるテレビ朝日系列の更なる信頼失墜も止めを刺す形となり、1993年4月2日に番組は打ち切られ、29年間の歴史に幕を閉じた。同年4月5日からの当該枠は放送開始時間を8:00に前倒しし、9:55まで放送時間を拡大した『スーパーモーニング』となった。

また、テレビ朝日系列では『モーニングショー』終了と同時に月-金曜並びに土曜日のワイドショーの改編を実施し、これに伴い『海江田万里のパワフルサタデー』が本番組終了の6日前に終了した他、月-金曜正午枠のテレビ朝日系列外局への時差ネットも本番組終了と同日に終了した『人間探検!もっと知りたい!!』終了と同時に廃止されたと同時に、テレビ朝日系列外局で放送されるテレビ朝日制作ワイドショーは『スーパーモーニング』のみとなった。

宮尾すすむがリポーターを務めた「宮尾すすむのああ日本の社長」は『スーパーモーニング』になってからも1999年8月まで続いた。

2010年代・20年代
2015年9月28日に、同年9月25日で終了した『モーニングバード』(『スーパーモーニング』の後継番組)の総合司会・羽鳥慎一(元日本テレビアナウンサー)をそのまま本番組11代目の総合司会に起用し、『羽鳥慎一モーニングショー』(月~金曜8時)として22年半ぶりに復活。アシスタントは当時テレビ朝日アナウンサーの宇賀なつみ(テレビ朝日と大多数の系列局で前時間に放送の『グッド!モーニング』から移動)。『モーニングバード』の路線を引き継ぎ、コメンテーターは石原良純、高木美保、長嶋一茂、島谷ひとみらが『モーニングバード』から引き続き日替わりで出演する。玉川徹も続投するが、毎日出演することとなった。

なお、2015年7月29日にスポーツ新聞において、『モーニングバード』で羽鳥と共に総合司会を務めていた赤江珠緒の降板が報じられ、宇賀を後任に起用する形で『モーニングバード』を継続すると報道されていた。

ネット局は『モーニングバード』から引き継ぎ、テレビ朝日系列フルネット局24局と日本テレビ系列局である山梨放送、福井放送(テレビ朝日系列とのクロスネット局)の26局ネットとなる。このうち、1993年10月1日以降に開局したテレビ朝日系列局(山口朝日放送、大分朝日放送、愛媛朝日テレビ、琉球朝日放送、岩手朝日テレビ)では『モーニングショー』名義の番組は初ネットとなる。また、岩手県では1979年12月のテレビ岩手でのネット打ち切り以来35年9か月ぶりに『モーニングショー』名義の番組が岩手朝日テレビで放送されている。さらに、山形テレビでは第1期においては1993年4月1・2日というテレビ朝日系列フルネット局にネットチェンジされた初日と第1期最終回という木・金曜だけ放送されたが、第2期初回からの3日間(9月28 - 30日)は『モーニングショー』名義としては月 - 水曜では初めて放送された。

同局としては「いま何が起きているかにこだわり、人間ドラマを見せるのがワイドショー。その原点に立ち返りたい」「羽鳥慎一という“人の心”を第一に考えてニュースを捉えるキャスターで、新たなワイドショーに挑戦したい」と語り、『モーニングバード』のリニューアルではなく歴史ある番組名を冠した新しい番組であることを示唆している。

視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)について、開始当初は6%程度で推移し、時間帯順位は民放2位を記録することもあった。2016年9月第3週では平均7.7%を記録、初めて週間を通じて時間帯民放1位となった。同年11月では平均8.1%を記録、初めて月間を通じて時間帯民放1位となった。以後も民放視聴率月間首位を保持している(2017年4月ではフジテレビ『情報プレゼンター とくダネ!』と同率首位)。2016年度では初めて時間帯民放年度1位を記録、翌2017年度も1位を獲得。2017年4月第1週では『とくダネ!』に視聴率首位の座を再び譲った。2017年10月前半では、日本テレビ『スッキリ』がリニューアルし、『とくダネ!』を抜く日も出てきたが、本番組を抜くことはできなかった。2017年には初めて年間民放1位を記録。翌2018年以降も年間民放1位となっている。

さらに2018年4・5月には、それまで時間帯1位を記録していたNHK総合テレビ『あさイチ』を抜き去り、時間帯1位を獲得。しかし、同年6月から2020年上期頃は再び『あさイチ』に時間帯1位を譲っていた。

2018年以降の『徹子の部屋』の年間最終ゲストとして羽鳥と玉川が揃って出演している。2019年はドラマ『Doctor-X』にゲスト出演した当時のエピソードを語った(前半では役柄の衣装で出演し、後半でスーツに着替えた)。

2019年2月4日 - 8日には全て2桁視聴率を記録。

2019年4月1日よりリアルタイム字幕放送をレギュラー実施。

2017年10月2日より、テレビ朝日が筆頭株主であるAbemaTV(AbemaNEWSチャンネル)への配信を開始した。

なお、第2期の開始からアシスタントを担当してきた宇賀は、テレビ朝日からの退社(2019年3月31日)を前に同月29日(金曜日)放送分で卒業した。4月1日(月曜日)からは、元乃木坂46の斎藤ちはる(同日付でアナウンサーとして同局へ入社)をアシスタントに抜擢。

2020年1月から一時期、『スッキリ』に民放1位を譲ることもあった。

2020年4月に日本政府が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を発するのに前後し、コメンテーターは段階的にスタジオ出演ではなくモニター越し(ワイド!スクランブルと同様に、テレビ朝日が用意した別室か、自宅や事務所等出演者本人が用意した部屋から出演する形式)での出演に移行したが、4月13日から6月26日まで、MCの羽鳥と斎藤、白鷗大学教授の岡田晴恵の3人を除くすべてのコメンテーターはモニター越しでの出演となったが、6月29日から、ほぼ通常の体制に戻った(6月26日にコメンテーターがスタジオ出演に戻ることが羽鳥から発表された)。2021年1月7日夜に首都圏1都3県に新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が再発出された事を受け、8日からはコメンテーターがモニター越しでの出演に変更された。その後、同年3月21日に宣言が解除され、翌日の22日からは通常の体制に戻った。その際、アクリルボードの強化、高性能空気清浄機の設置を伝え、より一層新型コロナウイルス予防に取り組んでいると伝えた。しかし、4月25日に再度緊急事態宣言が発令されたことを受け、翌26日からは再びコメンテーターはモニター越しでの出演に変更された。その後、6月20日に宣言が解除されたことを受け、翌21日より通常の体制に戻った。また、同日よりソーシャルディスタンスの一環で机が拡張され、これにより、出演者の間隔もより拡げられることとなった。

2020年中期以降、『あさイチ』を抜いて再び時間帯1位を記録するケースが増える。2020年11月以降はビデオリサーチの週間高世帯視聴率番組で『あさイチ』が10%を大きく超えており、時間帯1位を本番組と分け合っている。同年、初めて『あさイチ』を抜いて時間帯年間1位を記録した。しかし、年齢・世代別での視聴率調査では苦戦している放送日も発生しており、2021年9月13日放送分ではF1層においての視聴率が韓国ドラマを放送しているテレビ東京を含め、在京民放5局の中で最下位となっている。

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

TELASAで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「羽鳥慎一モーニングショー」以外にもTELASAテラサでは

・ドクターX
・七人の秘書
・仮面ライダーシリーズ
・スーパー戦隊シリーズ
・科捜研の女
・警視庁・捜査一課長
・BG~身辺警護人~

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

テレビ朝日ドラマや特撮ヒーローものなら、是非TELASAテラサで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、TELASAテラサでチェック!

※「羽鳥慎一モーニングショー」は現在TELASAテラサでもTVerなどの見逃し配信専用動画サイトでも配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪

-ニューススポーツ情報動画
-