ニューススポーツ情報動画

ニュースウオッチ9の見逃しはティーバー以外で?過去の放送動画・再放送情報

ニュースウオッチ9の見逃し配信!動画配信期間は?

NHK総合で放送されている番組「ニュースウォッチ9」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や、過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この番組「ニュースウオッチ9」は、今日を知ることは明日への道標にできる。その手がかりを伝える夜9時。記者や番組リポーターの取材で積み上げた情報をもとに伝えてくれる番組で、最新のスポーツ、ポイントをわかりやすく解説する気象情報も人気の番組です!

だからこそ、「ニュースウオッチ9」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「ニュースウオッチ9」を楽しむために、今後動画配信がされる可能性がある動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

・ニュースウオッチ9を何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「ニュースウオッチ9」の配信情報はこちらから

「ニュースウオッチ9」見逃し配信ページ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「ニュースウオッチ9」の配信情報はこちらから

「ニュースウオッチ9」見逃し配信ページ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「ニュースウオッチ9」の配信情報はこちらから

「ニュースウオッチ9」見逃し配信ページ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「ニュースウオッチ9」村上56号なるか

台風14号・3連休は▽英女王へ弔問続く▽村上56号なるか
▽台風14号・3連休は…気象庁が警戒呼びかけ▽英女王への弔問続く▽村上56号はなるか!バット職人が語るすごさ

▽ニュースも、角度を変えると発見がある▽夜9時・日本の、世界のニュースを詳しく▽田中、青井、山内、3人のキャスターが最新情報を届けます▽リポーターが現場に直行!▽さらに深く知りたいテーマは特集で掘り下げ▽スポーツは結果を速報で!注目のポイントも▽あすの天気をわかりやすく斉田キャスターの気象情報 ほか

「ニュースウオッチ9」の出演者

【キャスター】田中正良,青井実,【気象キャスター】斉田季実治

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「ニュースウオッチ9」の配信情報はこちらから

「ニュースウオッチ9」見逃し配信ページ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「ニュースウオッチ9」米宇宙船が月へ…打ち上げ生中継

▽米宇宙船が“月”へ…打ち上げ生中継▽霊感商法対策初会合
▽米宇宙船が“月”へ…打ち上げ瞬間を生中継!▽霊感商法対策初会合▽コロナ禍の授業再開…学校や家庭の対策は?

▽ニュースも、角度を変えると発見がある▽夜9時・日本の、世界のニュースを詳しく▽田中、青井、山内、3人のキャスターが最新情報を届けます▽リポーターが現場に直行!▽さらに深く知りたいテーマは特集で掘り下げ▽スポーツは結果を速報で!注目のポイントも▽あすの天気をわかりやすく斉田キャスターの気象情報 ほか

「ニュースウオッチ9」の出演者

【キャスター】田中正良,山内泉,【気象キャスター】斉田季実治

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「ニュースウオッチ9」の配信情報はこちらから

「ニュースウオッチ9」見逃し配信ページ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「ニュースウオッチ9」ブラピ(ブラッド・ピット)が語る日本エンタメ

ブラッド・ピットが語る日本エンタメ▽新型コロナ最新情報
▽新型コロナ全数把握見直し 影響は▽ブラッド・ピットが語る日本のエンタメ▽沖縄県知事選挙スタート 焦点は

▽ニュースも、角度を変えると発見がある▽夜9時・日本の、世界のニュースを詳しく▽田中、青井、山内、3人のキャスターが最新情報を届けます▽リポーターが現場に直行!▽さらに深く知りたいテーマは特集で掘り下げ▽スポーツは結果を速報で!注目のポイントも▽あすの天気をわかりやすく斉田キャスターの気象情報 ほか

「ニュースウオッチ9」の出演者

【キャスター】田中正良,山内泉,【気象キャスター】斉田季実治

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「ニュースウオッチ9」の配信情報はこちらから

「ニュースウオッチ9」見逃し配信ページ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「ニュースウオッチ9」ウクライナ情勢戦況を分析

▽ウクライナ最新情勢 長期化する戦況を専門家が徹底分析▽北京パラリンピックが閉幕・ウクライナ選手たちの10日間に密着…▽新型コロナ感染者は

▽明日のために今日をよむ ▽田中・和久田両キャスターが最新ニュースのポイントをシャープにわかりやすく ▽“ニュースの 現場”にリポーターが直行 新鮮な情報を いち早く▽注目スポーツの速報▽あすの天気とその注意点をやさしく解説

「ニュースウオッチ9」の出演者

【キャスター】田中正良,和久田麻由子,【スポーツキャスター】田所拓也,【気象キャスター】斉田季実治

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「ニュースウオッチ9」の配信情報はこちらから

「ニュースウオッチ9」見逃し配信ページ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「ニュースウオッチ9」について

「ニュースウオッチ9」は、NHK総合テレビジョンで月曜日から金曜日の21時台(JST)に生放送されている報道番組。略称は“NW9”。

『NHKニュース10』が2000年3月からスタートしたことに伴い、1993年4月から放送されていた『NHKニュース9』の放送時間はそれまでの30分から15分に縮小しストレートニュースの形式になったが、2006年3月でその『NHKニュース10』が終了することになり、6年ぶりの平日21時台の大型報道番組として2006年4月3日からスタートした。21時台の1時間の報道番組としては、1993年3月まで放送されていた『NHKニュース21』以来13年ぶりとなる。

当初のキャッチコピーは「ただいま、夜9時、ニュースです。」。これは、13年ぶりに1時間枠の報道番組が復活したことと、21時台の帰宅の時間に合わせてニュースを放送する、という意味となっている。

番組開始にあたり、『NHKニュース10』の流れを引き継いで次の4つを重点に置き、その日一日の日本と世界で起こった様々な出来事を的確に伝えていく事を目指している。

・視聴者が納得できるニュース
・本音で伝えていくニュース
・国際的視野のあるニュース
・キャンペーンニュース

『NHKニュース9』と同様、リアルタイム字幕放送を実施している。また副音声では、『NHKニュース7』と同様に英語同時通訳による2か国語放送も実施している。

開始当初のメインキャスターはNHK解説委員の柳澤秀夫とNHKアナウンサーの伊東敏恵。スポーツキャスターは同じくNHKアナウンサー(いずれも担当当時)の青山祐子、気象情報は気象予報士の平井信行が務めた。

2008年度にメインキャスターが交代。新たなキャスターは社会部出身の田口五朗とそれまでスポーツキャスターだった青山、スポーツキャスターは一柳亜矢子が担当。

2010年度からは政治部記者の大越健介がメインキャスターに就任。番組内ではニュースのまとめとして政治色を絡めつつ大越自身の意見を述べると言う、歴代のNHKニュースでは異例のスタイルとなり度々話題を呼んだ。

2010年7月5日から、NTSC(アナログ放送、NHKワールド・プレミアム)もレターボックス16:9での生放送となる(7月2日までは4:3コンバート)。

2011年度、井上あさひがメインキャスターに就任。同時に出演者の半数が入れ替わり、番組開始以来初のロゴ変更とキャッチコピー変更、そしてスタジオセットのリニューアルを実施した。当初は3月28日からの予定だったが、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)により3月12日から暫く土曜も放送を行ったことなどもあり、キャスター交代は一週間遅れの4月4日から、セットやタイトルロゴのリニューアルは2ヶ月以上先送りの5月23日からとなった。

2015年度より、キャスターを一新。新たな顔触れはアメリカ、中東・アフリカと15年以上もの海外特派員歴を持ち、2011年度から1年間BSの国際報道番組ワールドWaveトゥナイトのアンカーを務めるなど長年の国際経験が豊富な河野憲治と、2010年から朝のNHKニュースおはよう日本のキャスターを担当していた鈴木奈穂子、スポーツには2013年からフィールドキャスターを務めていた佐々木彩が就任。

2017年度、前年から『ニュースチェック11』にてメインキャスターを務めていた有馬嘉男と桑子真帆がメインキャスターに就任。そのため、2人の掛け合いテイストが継続されている。また、他のニュース番組のメインキャスターからの2人同時異動は、番組初であった。一方、スポーツ担当は番組開始以来初の男性アナウンサー一橋忠之を起用。

2020年3月2日から、NHKプラスで同時ネット配信と見逃し配信を開始した。

2020年度、『NHKニュースおはよう日本』メインキャスターの和久田麻由子と当番組の桑子がトレードするかたちで、桑子は『おはよう日本』に異動。桑子の後任として和久田が当番組を担当する。その他のキャスターは全員続投。なお、当初は、桑子の降板と同時に有馬も降板する予定だったが、和久田を育てて欲しいと制作側の意向により、有馬は続投となった。

2021年3月26日で有馬が退任、後任に元ワシントン支局長の田中正良が就任。

2022年4月改編で、同年4月2日より土曜日にも大型ニュース枠を新設。後続の22時枠で放送されている『サタデースポーツ』と統合し、タイトルも『サタデーウオッチ9』として1時間枠での放送となる予定。

祝日の放送に関して
番組開始当初はNHKのテレビ放送におけるワイドニュース番組では唯一、平日・祝日制度を採用していなかったため、2017年度までは年末年始やオリンピック、サッカー・FIFAワールドカップなどの国際的なスポーツ中継以外で放送休止となることはほとんど無かった。だが、2018年度よりこれを改め、元日を除く平日と重なる祝日では以下のいずれかの対応を取るようになった。

放送休止
特別版『ニュースウオッチ9 ホリデー』として放送
タイトル・放送時間等通常通りで放送
放送時間を変更・短縮して放送
上記1の対応を取る場合は、20:45 - 20:55に代替の全国向け定時ニュースを放送する。

ただし上記2の『ニュースウオッチ9 ホリデー』は2018年度当初「年間6回放送」としていたものの、実際にこのタイトルが用いられたのは同年5月4日の1回のみで、以降は祝日企画がある場合でも上記2以外の対応となっている。

2021年11月23日(勤労感謝の日)は上記3の対応だったが、特別版として放送し、以下の点が通常と異なっていた。

ロゴマークやテロップにピンク色を使用。
キャスター陣のうち田中が休演する一方、マーケティングライターの牛窪恵をゲストに迎え、通常通り出演した和久田と共に進行。
通常のニュースやスポーツ、気象情報に加えて、「変わる働き方」や「副業」をテーマにした特集や地域の話題などを中心に放送。
また、上記1の場合でも、当日、緊急性の高いニュースが発生した場合には急遽放送を決めるケースがある。

2018年7月16日(海の日) - 同月6日から7日にかけてした平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の被害状況の続報を報じるため、上記3の対応を取った。
2019年10月14日(体育の日) - 2日前に日本列島に接近・上陸した令和元年東日本台風(台風19号)の被害状況を報じるため21:00 - 21:40の枠で放送。
2020年2月11日(建国記念の日) - 新型コロナウイルス感染拡大やアメリカ大統領選挙、野村克也死去のニュースを中心に21:00 - 21:43の枠で放送。
2020年2月24日(天皇誕生日の振替休日) - 前述の新型コロナウイルス関連報道のため上記3の対応を取った。
2020年4月29日(昭和の日)・5月4日(みどりの日)-上記3の対応を取った。
2020年5月5日(こどもの日)・5月6日(振替休日) - 前述の新型コロナウイルス関連報道のため、21:00-21:50の枠で放送。
2020年11月3日(文化の日) - アメリカ大統領選関連報道のため、上記3の対応を取った。
2021年1月11日(成人の日)、同年2月11日(建国記念の日)、同年2月23日(天皇誕生日) - 新型コロナウイルス関連の緊急事態宣言に伴う続報のため、21:00-21:30の枠で放送。
2021年4月29日(昭和の日)・5月3日(憲法記念日) - 5月5日(みどりの日) - 新型コロナウイルス関連報道のため上記3の対応を取った。
2021年7月22日(海の日) - 新型コロナウイルス関連や4連休に伴う各地の混雑状況を報じるため。なお、当日は東京オリンピック男子サッカー予選中継が放送されたため、メインチャンネルで通常より1時間繰り下げの22:00 - 22:30に放送。

番組キャッチコピー
2006年度 ・ 2007年度:「ただいま、夜9時、ニュースです。」
2008年度 ・ 2009年度:「よる9時の本音。」
2010年度 - 2011年5月20日:「あすに、つながる。」
2011年5月23日 - 2015年度:「そのニュース、核心はどこだ。」
2016年度:「きょうがわかる、明日が見える。」
2017年度 - 2019年度:「そもそも、を知りたい。わかったふりはしない。」
2020年度:「あなたの"わかりたい"にこたえたい」
2021年度 - 現在:「明日のために、今日をよむ。」

偶然ではあるが、女性メインキャスターは2014年度まで中国地方出身者が務めていた。初代伊東が山口県、2代目青山が広島県、3代目井上が岡山県の出身。
番組開始時からNHK、民放を通じてニュース番組では初めてスポーツコーナーが気象情報(天気予報)より後に伝えている。これは、プロ野球のナイターが出来る限り試合終了時点の結果を伝えるための配慮である。

2011年3月11日から4月22日までは東日本大震災発生に伴い連日放送時間を延長した他、3月12日から4月2日までは土曜日にも臨時に当番組を放送した。
海外向けのNHKワールドでも同時放送されているが、2006 FIFAワールドカップ期間中は放送権の都合により競技映像の放送が禁じられているためこの部分をカットした上で日本国内より2時間遅れとなっていた。2010年の大会期間中は日本が出場する試合の当日と翌日のみ1時間遅れの時差放送となるほかは通常通り国内同時放送となる。また、2008年の北京オリンピック期間中は国内放送・国際放送を問わず番組自体が休止された。

2012年ロンドンオリンピック期間中は8月9日のみ休止するほかは通常通りの時間で放送(NHKワールド・プレミアムでは22:00-22:30の時差放送)されるが、7月31日、8月1日・3日・6日は総合テレビでは21:45に短縮(NHKワールド・プレミアムでは22:00-22:25に時差放送)され、8月7日は20:50に開始時刻を繰り上げ、2006年4月の番組開始以来初めての開始時刻繰上げとなった。NHKワールド・プレミアムの時差放送向け独自のオープニングでは上空から撮影した東京スカイツリーの夜景の映像が使用された。
NHKワールドTVは完全英語放送化による大規模な番組改編により2009年1月30日で放送を打ち切り、NHKワールド・プレミアムで引き続きノンスクランブル放送されている。
2015年頃まで、小澤征爾が頻繁に取り上げられていた。本人が出演したこともある。

2021年8月24日から9月3日まで、東京パラリンピック中継の関係で、マルチ編成実施の上、メインチャンネルで21時から21時30分の短縮放送となる。ただし、25日は、27日からの『緊急事態宣言』の8道県への拡大による菅義偉内閣総理大臣の記者会見を生中継した為、22:20まで拡大した。

批判
いずれも有馬・桑子時代の出来事である。

2017年4月3日、航空自衛隊の緊急発進急増に関する特集の中で、日本の国旗を中華人民共和国の国旗の真下に表示した。このように独立国の国旗を上下に位置させたことについて、外務副大臣の岸信夫は「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と批判した。また、自民党所属の参議院議員・有村治子は「NHKはどこの国の公共放送か」と批判した。一方、NHK広報部は産経新聞の取材に対し「上空を飛行する中国機に対し、スクランブルをかける自衛隊機のイメージをわかりやすく示すため、両国の国旗と機体の画像を使って放送した。国の上下関係を示す意図はなかった」と説明した。

『月刊Hanada』は、2018年8月3日の放送で杉田水脈の『新潮45』への寄稿について報じた際に「あさはかとも言える言葉に、反発や嫌悪感を...」(桑子真帆)、「人一人の価値を数字で測るような考え方、受け入れることはできません」(有馬)とのコメントがなされたとし、「杉田の文章には"人間の価値"という前提が見当たらないのに、”人間の価値は子供を作るという生産性にある”とする結論を導いたのは、論理の飛躍(leap in logic)であり、”あさはか”は価値判断にあたる」との意見を掲載した

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「ニュースウオッチ9」の配信情報はこちらから

「ニュースウオッチ9」見逃し配信ページ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ニュースウオッチ9」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※「ニュースウオッチ9」の配信情報はこちらから

「ニュースウオッチ9」見逃し配信ページ

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

-ニューススポーツ情報動画
-