流行りの商品情報

グレースアーディローションは効果なし?口コミや感想など全て紹介

グレースアーディローションは効果なし?口コミや感想など全て紹介

世の中には色々な美容液が発売されていますが、その中でも今注目を集めてきている美容液が「グレースアーディローション」です。

この「グレースアーディローション」はお肌のケアのための効果は本当にあるのでしょうか。

美容液は主に保湿効果や美白効果などが多く謳われていますが、あくまで「グレースアーディローション」は化粧品ですので、薬のようなものではありません。

それでも、実際に「グレースアーディローション」を使用した良い口コミや悪い口コミ、感想、本音の評価、解約方法などが気になるのではないでしょうか。

それでは「グレースアーディローション」についての全てを紹介していきたいと思います。

「グレースアーディローション」公式ページはこちらから
 

「グレースアーディローション」の美容効果は?

そもそも化粧品や医薬部外品の美容効果というものは何を根拠に語られるのでしょうか。

それは配合成分です。

配合成分がどのようなモノか、そして肌に優しいかなど、チェックするところはいくつかあります。

どんなに良い成分が配合された商品でも、お肌の刺激になるような成分が配合されていたら、それはお肌にダメージを与えてしまうので、意味がないですよね?

ですのでご自身のお肌の状況に合わせて最適な化粧品・医薬部外品を選ぶ必要があります。

「グレースアーディローション」がご自身の肌に対して無理なく使用する事ができるかどうか、それは下記からご確認ください。

「グレースアーディローション」の美容効果はこちらから
 

美しい肌は自信に繋がる

自分のお肌が納得のいく美しい肌になれば、自分の自信にも繋がりますよね?

お肌というのは湿度や空気などの外的な要因でも変化しますが、内的な要因が大きいです。

食事などもお肌には大きな影響がありますし、睡眠の質もです。

そんな中でも、自分に自信を持つことによって、メンタルは安定し、精神的なストレスなどからお肌が荒れることが少なくなってきます。

ストレスはお肌にとって大敵なので、このストレスを解消するためにも、自分のお肌を綺麗に保つことが重要です。

「グレースアーディローション」の使用によって自分にとって自信の持てる肌になれれば、美肌のスパイラルが生まれ、お肌に自信が持てるはずです。

「グレースアーディローション」公式ページはこちらから
 

「グレースアーディローション」を実際に使用した口コミ

どんな商品でも、宣伝文句だけでなく、実際に使用してどうなのか、どれくらいの人が使用してどのような事を感じているのか、感想が気になりますよね?

100人が使用して、100人が良い感想・口コミを寄せるような商品は先ずありません。

必ず使用した人数によって、良い口コミ、悪い口コミで評価は別れます。

問題は、何割の人が良い口コミで、何割の人が悪い口コミなのか、また良い口コミも悪い口コミもどのような内容なのか、具体的に参考にされる事をおすすめします。

しかし、薬事法や景表法の問題から、正直な口コミをなかなか記せなくなっています。

ですので実際に「グレースアーディローション」を使用した人がどのような感想を寄せているのか、下記を参考にしてください。

「グレースアーディローション」の正直な感想はこちらから
 

「グレースアーディローション」の良い口コミ

「グレースアーディローション」の口コミをSNSやネットで色々と調べました。

良い口コミは比較的に多いのではないか・・・と思います。

ただ、テクスチャや使用感は個人の好みが多くありますので、こればっかりは実際に使用してもらわないと何とも言えません。

同じ商品でも、ちょっとしつこく感じる人もいれば、サラっと使えた・・・という感想もありますし、同じ商品でも感じ方は千差万別です。

「グレースアーディローション」を使用した人の中でどのような良い口コミがあるのか、下記を参考にしてください。

「グレースアーディローション」の良い口コミはこちらから
 

「グレースアーディローション」の悪い口コミ

「グレースアーディローション」にも悪い口コミはもちろんあります。
どんな商品でも良い口コミばかりではありません。

良い口コミが多過ぎれば、その口コミは怪しいステマなどと考えられるのが昨今の口コミ事情です。

SNSなどでも色々な商品を使用した投稿などが多いですよね?そういったものがステマとして認知されてきている時代ですし、商品を購入する時に色々な事が気になると思います。

ただ、これだけは間違いなく言えるのですが、どんな商品でも実際に使ってみないと分かりません。

何度も言うように感じ方は千差万別なので、気になった商品は実際に試してみることをお勧めします。

どんな商品が自分の肌に合うのか、またどんな商品が自分の肌に合わないのか、試してみて損はないと思います。

それでも色々な口コミが気になる場合は、下記を参考にしてみてください。

「グレースアーディローション」の悪い口コミはこちらから
 

「グレースアーディローション」を含む美容液とはそもそもなに?

美容液は、基礎化粧品の1つであり、保湿成分や美白成分などの成分が濃縮して配合された製品を指す。それらの成分が他の基礎化粧品よりも高濃度で配合されているために、他の基礎化粧品と比較して高価格であることが多い。

使用の順番

通常は、化粧水などで肌を整えた後に、油分を含む他の基礎化粧品を使用する前に、美容液を肌に塗布することが多い。

美容液の主な成分

しばしば美容液に配合されることが成分は、例えば以下のような物である。

・ビタミンC
・ビタミンE
・アルブチン
・レチノール
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・ハトムギエキス
・海藻エキス
・トラネキサム酸
・エラスチン

これらの成分は、平均分子量や分子構造の問題で、健常な皮膚からは基本的に吸収されない成分が多い。ただし、角質層などの皮膚の表面には浸透する成分もある。なお、日本では薬機法で決められた有効成分を含有していれば、また「治す」といった同法の違反に当たる表現を使用しなければ、同法が許す表現の制限範囲の中で効能を表示することができる

美容液の歴史

1975年にコーセーが発売したコーセーRCリキッドが、日本製の美容液の先駆けと言われる。さらに1980年代にエスティローダーと資生堂が、高機能の美容液と銘打った商品を売り出した後、日本においても急速に広まった。

「グレースアーディローション」公式ページはこちらから
 

「グレースアーディローション」は買うべき?買わないべき?

グレースアーディローションは効果なし?口コミや感想など全て紹介

結局最終的に気になるのは「グレースアーディローション」は買うべきなのか、買わないべきなのか・・・というところですよね?

何度も言っている通り、「グレースアーディローション」のことが気になっているのであれば、少しだけでも試してみる事をおすすめします。

お肌に合うか合わないかは、1ヵ月も使用せずとも分かると思いますし、ご自身が納得いくような効果を得られるのかどうかは、3ヵ月程度の使用が必要だと思います。

ですので、実際に使用してみて費用対効果が合う商品であれば購入し続け、費用対効果が合わないと思えば購入をやめれば良いのではないかと思います。

「グレースアーディローション」を購入する金額なども、各個人個人の経済状況にもよると思いますし、「グレースアーディローション」の購入を悩まれている場合は、下記を熟読して考えてみてはどうかと思います。

「グレースアーディローション」公式ページはこちらから
 

それでは理想のお肌を手に入れるために、よりよい化粧品を試してみてください。

今回ご紹介している「グレースアーディローション」も試してみる価値はあると思います。

何事も気になった時が使用する時期ですので、下記公式ページを参考にしてみてください。
 
 
「グレースアーディローション」公式ページはこちらから
 

「グレースアーディローション」を含む基礎化粧品って?

基礎化粧品は、ファンデーション、口紅、眉墨、アイシャドーといった、メーキャップ化粧品と呼ばれるものに対して、洗顔料(洗顔用化粧品)、化粧水、美容液、乳液、クリームといった皮膚を健やかに保ち肌質自体を整えることを目的とする化粧品を指す語。皮膚用化粧品ともいう。スキンケアプロダクツ(Skin care products)とも呼ばれる。

メーキャップ化粧品は、肌荒れ、しわ、しみなど、見せたくない部分を隠す、肌に立体感や色を与えて一時的に美しくするなどを目的とするが、基礎化粧品は、皮膚を清潔にし、健康な状態にするのを目的とするものを言うことが多い。

基礎化粧品の効能表示について

生体に変化を与える効能を表示したい場合、化粧品ではなく医薬部外品(いわゆる薬用化粧品)にしか行えない。この効能効果は、昭和36年薬発第44号等の厚生労働省通知の範囲に限定されてきた。特に、予防効果を謳う場合、「紫外線による色素沈着の予防」「肌の乾燥や肌荒れの予防」等、生体に影響を及ぼすことを意図している場合は医薬部外品の範疇であり、化粧品の場合は、「(保湿・清浄により)口唇・肌の乾燥を防ぐ」という程度に限られてきた。

1990年代後半から、医薬部外品として効能表示が承認された美白化粧品(承認を得ていない場合は表示できない)のブームが起きたのは、メラニン色素をつくりシミなどの発生に大きくかかわるメラノサイト(色素細胞)が深部ながら表皮層内に存在するためである。単なる化粧品ではなく医薬部外品としての化粧品であれば、美白という表現を用いることは可能である。

従来「小じわの改善」の効能しか「シワ予防」の効能を保持することは化粧品には許されてこなかった。2016年より「シワの改善」の効能が承認された。

基礎化粧品の使用について

肌の性質により異なるが、乾燥肌は肌の潤いが足りないことが多いため、化粧水前に誘導液などを使用する。

脂性肌は油分が多い場合と、水分が不足し肌を保護するために皮脂が出た場合である。油分が多い場合は毛穴が詰まりやすくなるため、毛穴ケアが主な洗顔方法にしさっぱりとしていてとろみの少ない化粧水や乳液を使用すると油分をカットできる。水分が不足している場合は化粧水をしっかり使うことがかぎとなる。コットンや手にいつもの1.5倍くらいの量を目安にし、肌に馴染ませる。乳液などは気持ち少なめのほうが肌をきれいに保てる。肌は垂直の力には耐えられるが、平行な力に弱いためパッティングが一番である。平行な力を加えることにより毛穴が伸び垂水などの原因になる

主な基礎化粧品

クレンジング
化粧を落とすために使用する。
洗顔料 - 化粧をしていない、あるいは化粧を落とした状態で、顔などを洗うために使用する。クレンジングを兼ねる物もある。

化粧水
洗顔後、水分を補給するために使用する。
乳液 - 化粧水では補いきれない水分、または化粧品では補えない油分、栄養等を補給する。化粧水によって得られた水分が蒸発してしまうのを防ぐ。

美容液
化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。高濃度の美容成分が配合されていることが多い。

クリーム
化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。また化粧水等によって得られた水分等が蒸発してしまうのを防ぐ。

ジェル
化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。また化粧水等によって得られた水分等が蒸発してしまうのを防ぐ。粘性があり、保湿性が高いため、クリームの代わりに用いられることがある。

マスク・パック
化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。また化粧水等によって得られた水分等が蒸発してしまうのを防ぐ。

サンスクリーン剤
クリームでは防ぎきれない日焼けを防止するために使用する。化粧下地やファンデーションに含まれている物もある。
ハチミツは、スキンケアへの利用は文明の初期にまで遡る。様々な地域で民俗的に使われており、中国では傷跡が残るのを予防し、変色やそばかすを除去するとされてきたし、現代においても、保湿剤、ローション、リップクリーム、パック用フェイスマスク、シャンプー、ヘアカラーに利用される。

「グレースアーディローション」公式ページはこちらから
 

「グレースアーディローション」を含むスキンケアって?

スキンケアは、肌の手入れ。トイレタリーのひとつ。ビューティーケアとも。

肌の完全性をサポートし、その外観を向上させ、肌の状態を緩和する一連の実践行為。これには栄養、過度の日光への曝露の回避、および皮膚軟化剤の適切な利用などがある。外観を向上させる方法には化粧品、ボツリヌス菌、角質除去、フィラー、レーザーリサーフェシング、マイクロダーマブレーション、ピーリング、レチノール療法、超音波スキントリートメントなどがある。スキンケアは乾燥しすぎたり湿りすぎたりする皮膚のケア、皮膚炎の予防、皮膚の怪我の予防など、多くの状況で日常的に行われている手段である。

スキンケアは、創傷治癒、放射線療法などいくつかの薬物療法の治療が一部含まれる。

人にスキンケアを施すには、美容師免許の取得が必要となる。

日焼け止め

日焼け止めは、皮膚に当たる紫外線から防御することで、日焼けや皮膚の光老化を予防するための製品である。日本国内法においては日焼け止め化粧品に該当し、単に日焼け止め(また、日やけ止めとも表記)とも呼ばれる。形態としてはクリーム、ローション、ジェル、スプレーなどがある。また飲む日焼け止めも増加してきたが2018年時点で従来の外用剤を置き換えるものではない。

日本では「日焼けによるシミ・そばかすをふせぐ」の効能表示が承認されている。酸化チタンや酸化亜鉛(紫外線散乱剤)の安全性は確認されているが、主に他の成分(紫外線散乱剤)が体内に吸収されるとして、2019年に米国で安全性確認の強化の動きが起きている。紫外線防御の指数として日本での表記では、紫外線B波を防ぐSPFでは最大値を50とそれ以上であれば50+とし、紫外線A波を防ぐPAでは「+」が4個まで増加していく。SPF15以上で皮膚がんのリスクや老化の兆候を減らす。有害作用と環境汚染について議論がある。

紫外線散乱剤
紫外線拡散剤は紫外線を物理的に反射し、吸収剤は紫外線を化学的に吸収し、肌に紫外線が届くのを防ぐ。鉱物由来の成分が多く、塗った時に白く見え、これを好まない場合もある。
酸化チタンや酸化亜鉛の安全性は確認されている。
毒性は低く、ナノ粒子化によって皮膚を透過するのではという懸念については、ほとんど角質層にとどまっており吸収されないとされる。主な懸念として、チタンと亜鉛では、量は限られているものの紫外線への暴露によってフリーラジカルを放出することである。
酸化セリウムは、酸化チタンの代替として注目されている。

紫外線吸収剤
紫外線吸収剤は合成化合物が多い。紫外線吸収剤はその性質上、紫外線のエネルギーを吸収する際に分子構造が破壊されることがあり、防御性能が時間とともに低下する。破壊後の生成物がアレルギー反応や炎症を起こすなどの可能性がある。
日本国内では厚生労働省のポジティブリストに収載された物質以外は配合できない。
米国で皮膚から吸収されるという研究結果から2019年11月までに体内への吸収データが提出されない場合、使用許可を取り消す方針を示している。従来は吸収されないとみなされていたが、1990年代後半から吸収されるという研究結果が発表されるようになっていた。
SPF30や50といった効果の高い日焼け止めには散乱剤および吸収剤の両方が多くの製品に使用されている。

特に合成の紫外線吸収剤による光への増感作用、接触性皮膚炎、免疫抑制、エストロゲン作用、甲状腺ホルモンのかく乱といった報告があり、植物由来でより安全な、そして環境にも優しい化粧品への関心を集めている。オキシベンゾン(英語版)など欧州連合では既にほかの化合物に置き換えられているが、米国ではその置換先の物質は承認されていないので置き換えできないといった事情が2019年時点で存在している。

代替成分
オーガニック化粧品には薬草の成分のみを使ったものがある。5種類の天然の物質を使って、ヒトの被験者で実験したところ最も高いウスニン酸でUVPF4.1で、比較対象のSPF5の既存製品ではUVPF4.2であった。植物由来でSPF10の製品も存在する。だが、オーガニックだから安全とは限らない。

ビタミンAのパルミチン酸レチノールの日焼け止めはSPF20程度の効果がある。フェルラ酸は、ビタミンC、ビタミンEの化学的な安定性を向上させ、太陽光に対する防御性を数倍にする。10名のランダム化比較試験で、ビタミンC(15%濃度)、フェルラ酸 (2%)、フロレチンを含有する外用薬を、紫外線による皮膚損傷に備えて事前に塗ることで防御作用があった。12名の中国人女性を用いて、ビタミンC、ビタミンE、フェルラ酸からなる外用薬は、これを塗った部分は、塗っていない部分に比較して光から防御された。

飲む日焼け止め
飲む日焼け止めでは直接皮膚を防御することはできないが、使いやすさの利点がある。通常の日焼け止めで防げない可視光に対する防御では有益な可能性がある。紫外線によって皮膚に紅斑が生じることを減らすにはそれほど効果的ではない。2018年にアメリカ食品医薬品局 (FDA) は、現時点では日焼け止めを置き換えるほどの適切な強さで紫外線防御ができる錠剤やカプセルはないとして、証明されていない主張を行っている栄養補助食品に警告書を送付した。警告対象にはAdvanced Skin Brightening Formula(リコピン、など)、Solaricare(PLエキス)、Sunsafe Rx(アスタキサンチン、ルテイン、リコピン、緑茶、ビタミンCとE)が含まれる。

商品名がついた成分としてPLエキス(商品名フェーンブロック)や、ローズマリーとグレープフルーツ成分(商品名ニュートロックスサン)が流通している。

紫外線によって紅斑を生じさせる最小紅斑線量 (MED) について

ビタミンCとビタミンEの併用
それぞれ別の研究として1週間でMEDは21%増加(毎日Eを1000 IUとCを2 g)、7週間でMED77.6%増加(E 3 g/C 3 g)、12週間で41%増加(E 1000 IU/C 2 g)、別の研究でも12週間で41%増加(同)。なお、ビタミンCやEの単体ではMEDの変化はなかったという研究がある。12週間では、4週間時点で1週間までの試験よりも血中ビタミンC濃度が上昇して、それ以上増加せず飽和したと考えられ、1週間では飽和までは不十分だと考察された。

ココア抽出物
フラボノイドの多いチョコレートを12週間摂取し、MEDは2倍以上に増加した。

ニュートロックスサン
2か月後にMEDは約30%、34%増加したという2つの研究がある。そのうち前者では100 mgか250 mgかを受け取ったがこの二つの間に差はなく、半月で15.2%、1か月で20.5%増加した、後者では12週間後に56%増加した。

PLエキス
20名の研究でPLエキスを毎日1000 mgを服用し、MEDは8日後に平均4.79%、15日後に14.57%、29日後に20.37%増加した。

2018年のレビューでヒトでの基礎的でない臨床試験があったものについて、β-カロテンで紅斑を減らしたヒトでの研究は複数あり、また1970年代には光線過敏症の治療法として1日当たり子供30 - 90 mg、60 - 180 mgで効果があることが判明している。副作用の面では肺がんリスクの高い人のリスクを増加させるおそれがある。リコピンの10週間の摂取によって紅斑の量が減少したといったヒトでの研究は複数あるが、服用量が一定しておらず、必要な量などについての追加の研究が必要である。ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)では、1日の500 mgの投与で4か月で、非黒色腫皮膚癌や日光角化症の増加数を減らしているが、攻撃性の高いものを増やすのではという議論があり、大規模な試験が必要とされる。ビタミンD3は紫外線による炎症を急速に緩和する。緑茶成分は血中半減期が3時間と短く、長くする加工が必要である。

ニュートロックスサンでは、光老化の兆候のある合計90名でのランダム化比較試験で、5名では短期試験も行いUVB暴露後30分以内/1日後/2日後に服用し偽薬よりも発赤が減少し、長期試験では2週間で差は見られたが、2か月後には偽薬よりも紅斑の減少量が増加(実薬約35%/偽薬約30%)、肌のシワと弾力性も改善されており、また成分100 mgと250 mgとでは差はなかった。

EGFR

上皮成長因子受容体(EGFR)の阻害剤はがん治療に使用される薬剤であるが、これらの薬は一般的に発疹、乾燥肌、爪囲炎などの皮膚や爪の問題を引き起こす。皮膚軟膏による数回の予防的集中保湿、水性クリームおよび水浸しの回避(特定の状況では白酢または過マンガン酸カリウム浸しが役立つ場合があり)、日光への過度の曝露からの皮膚保護、通常の石鹸よりも皮膚の脱水が少ないことおよび頭皮濾胞炎のリスクを減らすシャンプーが推奨される他、局所抗生物質による治療法がなされる場合もある。

関連製品

薬用化粧品は、化粧品と「生物学的に有効な成分」を組み合わせた、局所的に塗布された組み合わせ製品であり、知覚される利点は似ているが経口摂取される製品は栄養化粧品と呼ばれている。米国食品医薬品局(FDA)によると、食品医薬品化粧品法は「薬用化粧品」などのカテゴリを認識していなく、製品は医薬品、化粧品、またはその両方の組み合わせであり、「化粧品」という用語は、法律の下での担保はない。ただし医薬品はFDAによる徹底的なレビューと承認プロセスの対象となる。化粧品および化粧関連製品は販売前にFDAによって承認されていなくとも規制されてはいない。

「グレースアーディローション」公式ページはこちらから
 

「グレースアーディローション」の解約方法は?

「グレースアーディローション」を実際に購入して試してみて、もし思うような効果を得られなかった場合は、定期購入の場合はキャンセルや解約をする事が必要です。

解約方法などについての詳しい情報はこちらからご確認くださいませ。

「グレースアーディローション」解約方法はこちらから
 

それでは素晴らしい理想の肌を手に入れるためにも、是非「グレースアーディローション」を試してみてはいかがでしょうか。

ストレスのないすがすがしい気持ちと肌で日々を過ごしていきましょう!

「グレースアーディローション」公式ページはこちらから
 

美容・美白の有効成分は?

多くの美白有効成分は、メラニンの生成に重要なチロシナーゼに作用しメラニンの形成を阻害しているが、一部の成分には安全上の懸念や副作用による制限事項が存在する。そこでメラニン細胞を傷つけずに、チロシナーゼに選択的に作用するような様々な成分が探索されてきた。

ビタミンC
ドーパキノンのドーパへの還元、酸化型メラニンの還元型メラニンへの変換などの効果がある。ただし、外用にするには安定性に欠けることから安定な誘導体が開発されている。

アルブチン
天然型フェノール性配糖体(ハイドロキノンとグルコースがβ結合したハイドロキノン誘導体)でメラニン生成の抑制効果がある。

コウジ酸
チロシナーゼの活性を阻害する効果やメラニンポリマー生成の阻害効果がある。

エラグ酸
チロシナーゼと銅の結合を阻害して活性を抑制する効果がある。

ルシノール
チロシナーゼの活性阻害やTRP-1活性の阻害効果がある。

リノール酸
チロシナーゼタンパクの分解促進によるチロシナーゼ活性抑制作用がある。

ケラチノサイト由来因子への作用成分

カミツレエキス
カミツレの抽出物で紫外線誘導色素沈着防止効果もある。

トラネキサム酸
プロスタグランジンの生成、メラニンの生成を抑制することが報告されている。

その他の作用成分

アデノシン一リン酸二ナトリウム
表皮のターンオーバーを促してケラチノサイトの排出を促進する。

ニコチン酸アミド
メラノソームのメラノサイトからケラチノサイトへの輸送を抑制する。

4-メトキシサリチル酸カリウム塩
メラニン生成の抑制などの効果が確認されている。

ハイドロキノン製剤

ハイドロキノンは水酸化フェノールの一種で、欧米において肝斑治療の標準薬として使用されており、有効性の報告がある一方で副作用があることも知られている。

ハイドロキノン製剤のうちハイドロキノンモノベンジルエーテル(モノベンゾン)については皮膚の漂白作用が強力かつ不可逆性をもち白斑黒皮症をきたすことが問題となった。モノベンゾンは1952年から1958年にメラニン過剰(シミなど)の治療に使われたが、不可逆的(元に戻らない)に色素脱失を起こし、塗布した部位以外の離れた部位にも起こるため商品は販売中止になった。日本でも1954年に、皮膚の色素沈着への効果が報告され化粧品会社も2%濃度の美白化粧品を発売、1957年には2か月から12か月の使用によって点状や網状の色素脱失斑が起きたことが、東京慈恵会医科大学皮膚科教室の医師らにより報告され、1957年に厚生省が化粧品への配合を禁止し医薬品としての認可もない状況が続いている。

ハイドロキノン製剤一般についても、EUは2001年から化粧品原料として使用することを禁止している。

アメリカ合衆国のニューヨーク州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、モンタナ州、テキサス州で美白成分に含まれるハイドロキノンが禁止され、2014年には代替成分を利用した美白化粧品が増加してきた。2019年に、東アフリカ立法会議(英語版)は、ハイドロキノンを含む美容物質の製造と輸入禁止のための条約の制定を可決した。また、同年にはイングランドとウェールズの地方自治体協議会は、ハイドロキノンを含む美白クリームについて消費者に使用しないよう勧告を出している。

米国

米国で美白剤として認識され処方されてきたものに、ハイドロキノンやレチノイド、アゼライン酸がある。ハイドロキノンでまれに起こるアレルギーによる皮膚刺激性や、長期使用による経時変化の後遺症、明確には確認されていない発がん性の噂から代替製品の市場が拡大してきた。またハイドロキノンはチロシナーゼの反応を阻害するというよりも、メラニン細胞(メラノサイト)に対する毒性を通して作用している。

日本

1961年には「藥効美白クリーム」が販売されている。1980年以前に、医薬部外品のビタミンCやプラセンタエキスに「日焼けによるしみそばかすを防ぐ」という効能表示が行われていたが、ヒトでの臨床試験を行ったものかは定かではない。1980年より有効成分の申請には、ヒトでの臨床試験が必要となり、医薬部外品としてこの制度によって承認を得た1989年のコウジ酸を最初として「メラニン生成を抑えシミ・そばかすをふせぐ」という効能表示が行われるようになり、一般に美白化粧品と呼ばれるようになった。1990年に日焼け止めの効果指標であるSPFは1990年には最高が20だったものが、各社がしのぎを削り数値を高くしていき1998年には100を超えたが、2000年以降は通常は50であれば十分だという確認からSPF50を最大表示とするようになった。

2013年にカネボウ化粧品は、肌がまだらに白くなるとの訴えを受けて自社開発成分のロドデノールを配合する化粧品を回収した。回収時に把握していた39人ではなく、顔に3か所・5センチ以上の白斑を訴えた人数は7月には2250人となり、2018年11月までに約2万人となり、うち1万8千人と合意した。

1989年には、ヒトでの臨床試験を経た医薬部外品に「メラニン生成を抑えシミ・そばかすをふせぐ」という効能表示が行われるようになり、一般に美白化粧品と呼ばれる。化粧品の広告で、美白を謳う場合には「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」を併記する必要がある。

日本で、美白化粧品であることを公にうたうためには、薬機法で定められた美白有効成分が配合された医薬部外品である必要があり、例えば「ホワイトニング」という表示はこの基準をクリアしていないと使えない。こうした美白化粧品では、肝斑や老人性色素斑を対象に既に存在する色素沈着が改善したかを判定しているが、承認された効能は「メラニン生成を抑制し、シミそばかすをふせぐ」であり、「しみを薄くする」という効能では2015年までで承認を得たことはない。化粧品は、美容目的であり治療をうたうことはできない。医薬部外品として承認された成分は『医薬部外品原料規格2006』(厚生省医薬安全局審査研究会の発行)に記載されている。

医薬部外品として美白の効能表示が認可された美白有効成分

プラセンタ、エラグ酸、コウジ酸、トラネキサム酸、トラネキサム酸セチル (TXC)、4MSK (サリチル酸誘導体)、リノール酸S
ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)、デクスパンテノールW
(以下、ビタミンC誘導体)ビタミンCエチル、アスコルビン酸グルコシド
リン酸アスコルビルナトリウム、リン酸アスコルビルマグネシウム(ビタミンC誘導体ここまで)
アルブチン、カモミラET、マグノリグナン、ルシノール、エナジーシグナルAMP(アデノシン-リン酸二ナトリウム)、PCE-DP(ピース・ディーピー)
 
 
「グレースアーディローション」公式ページはこちらから

-流行りの商品情報
-