エンタメ動画情報

クイズ!脳ベルSHOWの見逃し配信!動画をすぐ見るなら

クイズ!脳ベルSHOWの見逃し配信!動画をすぐ見るなら

フジテレビやBSフジで放送されているクイズバラエティ番組「クイズ!脳ベルSHOW」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「クイズ!脳ベルSHOW」は、人間は年齢を重ねると、脳の回転が衰えるといわれている。そこで、ひらめき力・記憶力・瞬発力・発想力の4つの要素をテーマにして、脳の活性化を促す様々なクイズやゲームを楽しむ番組で、人気です!

だからこそ、「クイズ!脳ベルSHOW」を楽しむための方法をご紹介したいのですが、「クイズ!脳ベルSHOW」は現在動画配信されておりません。

今後、「クイズ!脳ベルSHOW」が動画配信されるとすれば、それは動画配信サービスFODです。

FODはフジテレビが行っている動画配信サービスなので、「クイズ!脳ベルSHOW」が今後配信されるとしたら、FODになると思います。

・クイズ!脳ベルSHOWを何回も観たい
・フジテレビのドラマの動画をたくさん観たい!
・過去の月9ドラマの名作などを動画でたくさん観たい!
・FODオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にFODはおすすめです。

更にFODでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

フジテレビのドラマやバラエティの見逃し配信ももちろんFODなら見放題!

フジテレビのドラマは、TVerやGYAO!などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、FODなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

FODなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※「クイズ!脳ベルSHOW」は現在FODでは配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

FODなら月9ドラマなどのフジテレビの話題の動画がたくさん!

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、FODなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※「クイズ!脳ベルSHOW」は現在FODでは配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「クイズ!脳ベルSHOW」脳ベルプロレスリング豪華レジェンドレスラー大集結

長州力・武藤敬司・蝶野正洋・天龍源一郎ら豪華レジェンドレスラー陣がゲーム&クイズで激突▽SP問題に海外から大物レスラーも参戦▽爆笑舌戦に衝撃珍プレー連発の2時間

クイズ!脳ベルSHOW特別編・脳ベルプロレスリング!豪華レジェンドレスラーが集結し、ゲーム&クイズで勝負する2時間SP!前回、王座から陥落した革命戦士・長州力が獣神サンダー・ライガーと新たにタッグを組み、レジェンドレスラー3組と4つ巴の戦いに挑む!冒頭から昨年パートナーだった武藤敬司と長州の爆笑舌戦を展開!
第一試合は新感覚バランスボードゲーム「キャプテン・リノ」で対決。繊細な感覚が重要なゲームで

レジェンド達が大暴れ!
第二試合はSPクイズ対決!海外から大物レスラー・スタン・ハンセンがクイズを出題!さらに後輩レスラー天山広吉が「蝶野正洋の直して欲しい所ベスト5」を発表!スタジオはとんでもない展開に!
第三試合はスーパーファミコン「スーパーストリートファイターⅡ」で勝負!慣れないテレビゲームにレスラー達が大苦戦!
第四試合は再びSPクイズ対決。レスラー達も大興奮!

プロレスアニメ「タイガーマスク」の主題歌を森本英世が生歌で披露し出題!
第五試合はかつて駄菓子店の店頭を賑わせたレトロゲーム「新幹線ゲームⅡ」で勝負!ここでライガーが意外な才能を発揮!?
最終試合「クイズ!すごろく大逆転」は超長期戦に…。SPゲストがスタジオでプロレス名場面を再現!果たして、長州は激戦を制し再びベルトを巻く事ができるのか?最大のビッグマッチに刮目せよ!

「クイズ!脳ベルSHOW」の出演者

【MC】
岡田圭右(ますだおかだ) 
【ゲスト】
越中詩郎(63) 
獣神サンダー・ライガー(?) 
長州力(70) 
蝶野正洋(58) 
天龍源一郎(72) 
藤原喜明(72) 
船木誠勝(53) 
武藤敬司(59) 
【応援団】
神奈月(56) 
ハチミツ二郎(47) 
ユリオカ超特Q(54) 
【実況】
辻よしなり(61) 
【リングアナ】
田中ケロ(63)

【アシスタント】
川野良子(フジテレビアナウンサー)

※「クイズ!脳ベルSHOW」は現在FODでは配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「クイズ!脳ベルSHOW」火曜のチャンピオンは?

衰えていく脳に警鐘を鳴らす、脳活性化バラエティ「クイズ!脳ベルSHOW」。あなたも月〜金曜“早朝脳トレ”の習慣化でより健やかな毎日と認知症予防へ!

今週もまだ始まったばかり!元気に脳トレしましょう!月曜・火曜のチャンピオンが決定!週間チャンピオン大会に出場する2名が決定!本日の脳ベルSHOWは「ひらめき力・記憶力・発想力」3ジャンルのクイズを出題!
番組パネラーは昨日に引き続き東てる美(65)/クリス松村(?)/黒田福美(65)/羽場裕一(60)の4人。
まずは脳の準備体操「脳ミングアップクイズ」からスタート!

フラッシュ小銭ではクリス松村の衝撃告白にスタジオ仰天!
続くステージはひらめき力を鍛える「脳みそフル回転」本日は視聴者投稿やシャッフル人名、日常ランキングなどが登場!
後半戦は記憶力がカギの「クイズ!言われてみれば」名作CMやロングセラーなどのジャンルが登場!ヒット歌謡ではアノ伝説の3人組アイドルの夏ウタから出題!テレビの前の皆さんも一緒に考えてみて下さい!

最後には2日間の締めくくりとなる発想力が試される「奇跡のアイディアその時どうした!?」今回は、木製の家具を始めネクタイやスマホスタンドなど若い世代にも受け入れられる伝統工芸品を制作する木工房「ノクターレ」2017年に発売したある作品が大好評!木という素材ならではの良さを生かしたアイディアとは一体…?柔軟な発想力で答えを導こう!番組を最後までお見逃しなく!

「クイズ!脳ベルSHOW」の出演者

【MC】
岡田圭右(ますだおかだ) 

【パネラー】
東てる美(65) 
クリス松村(?) 
黒田福美(65) 
羽場裕一(60) 

【アシスタント】
川野良子(フジテレビアナウンサー) 

【監修】
篠原菊紀(脳科学者・諏訪東京理科大学教授)

※「クイズ!脳ベルSHOW」は現在FODでは配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「クイズ!脳ベルSHOW」水曜日もレッツ脳トレ!

衰えていく脳に警鐘を鳴らす、脳活性化バラエティ「クイズ!脳ベルSHOW」。あなたも月〜金曜“早朝脳トレ”の習慣化でより健やかな毎日と認知症予防へ!

週の真ん中水曜日もレッツ脳トレ!
今日も「ひらめき力・記憶力・瞬発力」3ジャンルのクイズに4人のパネラーが挑戦!今日と明日2日間のクイズバトルでチャンピオンが決定!
番組パネラーは古村比呂(56)田中康夫(65)天龍源一郎(72)西口久美子(71)が登場!
まずはアタマの準備体操「脳ミングアップクイズ」で脳をウォーミングアップ!テンポよく答えるのがポイント!

つづいてひらめきジャンル「脳みそフル回転」イラストに隠された暗号を読み解くクイズや、バラバラになった文字を組み合わせるパズルクイズなど脳をフル回転させてひらめき力を鍛えましょう!
ここで脳科学者・篠原菊紀教授監修の「脳エクササイズ」では発想力を鍛える「かくれんぼ作文」で脳に刺激を!
後半戦は記憶力がカギを握る「クイズ!言われてみれば」1978年にヒットした野口五郎の名曲「グッド・ラック」の歌詞を答えるクイズや、31年前に放送された古村が出演したCMに関するクイズなどを出題!記憶を辿って一緒に考えてみよう!

締めくくりは瞬発力がポイントの「早押しペアパネル」なぞなぞや常識クイズにいち早く答えて高得点が狙える神経衰弱にチャレンジ!さらにガラガラチャンスが出れば一発逆転も!前の人が開いたカードの場所を覚えておくのがポイント!最後までお見逃しなく!

「クイズ!脳ベルSHOW」の出演者

【MC】
岡田圭右(ますだおかだ) 

【パネラー】
古村比呂(56) 
田中康夫(65) 
天龍源一郎(72) 
西口久美子(71) 

【アシスタント】
川野良子(フジテレビアナウンサー) 

【監修】
篠原菊紀(脳科学者・諏訪東京理科大学教授)

※「クイズ!脳ベルSHOW」は現在FODでは配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「クイズ!脳ベルSHOW」月曜・火曜のチャンピオンが決定!

衰えていく脳に警鐘を鳴らす、脳活性化バラエティ「クイズ!脳ベルSHOW」。あなたも月〜金曜“早朝脳トレ”の習慣化でより健やかな毎日と認知症予防へ!

今日の脳ベルSHOWは月曜・火曜のチャンピオンが決定!「ひらめき力・記憶力・発想力」3ジャンルのクイズを出題!
番組パネラーは昨日に引き続き入山アキ子(52)九十九一(69)奈美悦子(71)三沢またろう(61)の4人。
まずは脳の準備体操「脳ミングアップクイズ」でしっかりほぐしてあげましょう!
続いてひらめきジャンルの「脳みそフル回転」マッチ棒を1本だけ動かして数式を成立させるマッチ棒クイズや

アップで映し出された物が何なのか答えるクイズなどに挑戦!脳をしっかりフル回転させてひらめき力を鍛えましょう!
後半戦は記憶力がカギを握る「クイズ!言われてみれば」1981年にヒットした石川さゆりの名曲「なみだの宿」の歌詞を答えるクイズや54年前に亀田製菓から発売された誰もが一度は食べたお菓子に関するクイズなど脳の記憶をくすぐるクイズを出題!「アレでしょ!アレ!」なんて言ってる場合じゃない!

その「アレ!」を思い出す事であなたの脳がますます活性化!
締めくくりは発想力が試される「奇跡のアイディアその時どうした!?」お化け屋敷&ホラーイベントを手がける株式会社怖がらせ隊がコロナ禍で作り上げた新しいスタイルのお化け屋敷が話題に!一体、どんなアイディアの広告なのか?柔軟な発想力で答えを導きましょう!

「クイズ!脳ベルSHOW」の出演者

【MC】
岡田圭右(ますだおかだ) 

【パネラー】
入山アキ子(52) 
九十九一(69) 
奈美悦子(71) 
三沢またろう(61) 

【アシスタント】
川野良子(フジテレビアナウンサー) 

【監修】
篠原菊紀(脳科学者・諏訪東京理科大学教授)

※「クイズ!脳ベルSHOW」は現在FODでは配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「クイズ!脳ベルSHOW」について

「クイズ!脳ベルSHOW」は、BSフジで2015年10月7日より放送されているクイズ番組である。

2015年10月7日の番組開始時は毎週水曜の22:00 - 22:55、2016年10月からは月曜から木曜の22:00 - 22:55の放送だった。2017年4月からはBSフジの22時枠の帯番組となっており、月曜から金曜の22:00 - 22:55の放送である。地上波のフジテレビでも2018年4月2日より、早起き視聴者層をターゲットに月 - 金曜日4:00 - 4:55に遅れネットのレギュラー放送を開始した。なお、それ以前の2016年2月より週1回程度、2 - 3時台に不定期で単発放送を行っていた。

地上波、BSともに再放送は、放送順の入れ替わりや、再放送が行われない回が存在する。

人間は年齢を重ねると、脳の回転が衰えるといわれている。そこで、ひらめき力・記憶力・瞬発力・発想力の4つの要素をテーマにして、脳の活性化を促す様々なクイズやゲームを楽しむ。タイトルはノーベル賞をパロディにしたもので、これに脳の衰えに警鐘を鳴らすということで「ベル=鐘」を絡ませたものとなっている。また、イメージキャラクターとして脳の形をしたベルに顔と手足が付いた「脳ベルちゃん」(声:やちたえこ)がおり、各コーナーの前後に登場してコーナーや得点経過の解説などを行っている。出場するパネラーは原則として40歳以上の芸能・文化人限定となっており、最近のバラエティー番組にほぼ出演しないベテラン俳優らの出場も頻繁にある。

番組の収録は毎週月曜日に一度に5本分イマジカ品川プロダクションセンターにて実施していた。収録は7時間半、休憩は10分とハイペースである。字幕放送は2016年4月から行われていたが、同年10月から帯番組になったのと同時に一旦廃止、その後2018年12月から再開した。再放送でも字幕放送を追加して放送する(地上波では行わない)。

2015年10月から2016年9月までは毎週水曜日放送。2016年10月3日からは月曜〜木曜の週4回放送となり、月・火曜と水・木曜の2日間ごとにチャンピオン(この2日間チャンピオンのことを「脳ベル賞」とこの番組では称している)とが決定するシステムとなっている。2017年4月3日からは月曜〜金曜の週5回放送となり、月・火曜と水・木曜の2日間ごとの上位2名、計4名が金曜日に「週間チャンピオン大会」として対戦しその週のチャンピオンが決定するシステムとなっている。また、帯番組移行後は週間チャンピオンの成績上位者を招いたグランドチャンピオン大会が開催されている。なお、6月(サントリーレディスオープン)と8月もしくは9月(フジサンケイクラシック)にゴルフの録画中継が放送される関係で木曜日と金曜日が休止となる週がある。

2017年から毎年11月中旬に、11時から22時までの11時間の生放送特番「BSフジ11時間テレビ 全国対抗!脳トレ生合戦!!」が放送されている。

2018年4月から2020年1月3日までBSフジでは再放送をしていた。2018年4月2日からは月 - 金曜日8:55 - 9:55、10月1日からは同12:00 - 12:55、2019年4月からは同10:00 - 10:57の枠で放送。2021年1月4日から月 - 金曜日8:00 - 9:00の枠で再開。

また、地上波でも、2018年4月2日より月 - 金曜日4:00 - 4:55の枠で放送を開始。地上波は現在も放送中。

2018年6月16日の19:00 - 20:55には、過去に脳ベルSHOWに出演した歌手を集め、かつて地上波で放送された歌番組『夜のヒットスタジオ』の復刻版である『脳ベルヒットスタジオSP』が放送された。この番組では3ブロックに分かれ各ブロック5人ずつが歌を披露した他、3ブロック対抗のクイズコーナー「クイズ!出張脳ベルSHOW」も行われた。

2018年12月3日からはBSフジ4Kでも放映されている(2K(HD)のものを4Kに変換して放送するアップコンバート放送として放送)。

2021年4月からは、毎週月曜日に5本分を収録する体制を維持したまま、収録場所をフジテレビ本社屋に変更。同年3月27日まで『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ平日朝のワイドショー)の生放送に使用していたスタジオで収録している。

クイズの種類
全てのコーナーにおいて同点の場合は年齢が上の解答者が有利になる番組である。 2017年8月1日の第232回から、耳打ちで解答する問題には耳打ちマシン(メガホン)を使う様になった。 2020年5月4日の第931回から、新型コロナウィルスの感染症対策として解答者と解答者の間に衝立を設置し本来は耳打ちで解答する問題や岡田に提出するマッチ棒の問題でも挙手の後ビデオモニターに書いて貰う事になっている。

脳ミングアップクイズ!(月曜日〜木曜日・全3問)
本題に入る前の準備運動として行われるクイズ。正解すると1問に付き10ノーベル。各個人に3問ずつ出題される問題または全員で答える問題を3問のいずれかが出題される。

各個人に出題される問題は画面に映る小銭の金額を答えるフラッシュ小銭(主に火・木曜の2問目に出題)や九九の答えから掛け算の式を答える問題等がある。
全員で答える問題は写真漢字・くっつきワード・指令しりとり・イラストしりとり・バラバラモンタージュ・あたまとおしり言葉・指令単語・誤変換・迷路・案内図・ダジャレ穴埋め・〇〇クロス・じゃんじゃん頭文字・最長辞書ワード・シャッフル写真・縛ってワード・キーワードかくれんぼなどがある。2020年2月12日にこのコーナー史上初めて3問出された問題を全問全員正解する珍事が発生した。

クイズ!脳みそフル回転(毎日・全8問の中から3〜5問)
ひらめき力が問われるクイズ。正解すると1問に付き10ノーベル(2018年4月からは視聴者投稿のみ20ノーベル)。
主に週1時代から出題されていたジャンルや脳年齢診断クイズ!で出題されていたジャンルから8つがパネルに表示され、その中から解答者(1問目のみその時点で最高ノーベルを獲得している解答者(複数いる場合は年齢が上の人)、それ以降は1問前のクイズで最も早く正解した解答者)が問題を選択する。

8つのパネルにはあるなし(曲はコロブチカ(月・水曜)、ジンギスカン(火・木曜)、クシコス・ポスト(金曜日や視聴者投稿を含む2問目のあるなしがある場合)。)・マッチ棒・〇〇パズル(曲は美しく青きドナウ)・視聴者投稿がほぼ毎回含まれており、後はシャッフル人名・創作漢字・万華鏡・イラスト暗号・三字熟語しりとり・判じ絵・人名かくれんぼ(曲はジェンカ)・共通セリフ・逆再生・どアップ・パズル四字熟語・穴埋め法則・切符10・サーチライト(曲はルパン三世のテーマ)・漢字イラスト・イラスト回文・翻訳ワード・発見キーワード・読唇術(のちにサイレントくちビル)・業界用語・ダレの名刺・モグラたたき・日常ランキング等からランダムで表示される。

コーナー開始時の曲は「マッハゴー・ゴー・ゴー」(テレビアニメ『マッハGoGoGo』オープニングテーマ曲)。
稀に出場者がコーナータイトルのクイズ!脳みそフル回転が書かれた真ん中のパネルを選ぶ事があるが、その際は岡田からツッコミを入れられる(後述のクイズ!言われてみればでも同様)。

脳エクササイズ(月曜日・水曜日)
番組の中盤に行われる記憶力を鍛えるゲームで得点には関係しない。週1時代と同様、問題監修の篠原による今すぐ出来る脳を活性する為の課題を解答者が実行する。
月曜 - 木曜時代は毎日行われていたが、月曜 - 金曜になってからは月曜日と水曜日のみに行われる。

聞けば納得クイズ!何でそうなった!?(隔週金曜日・1問)
さまざまな事柄のなぜそうなったのかという理由等を答えるクイズ。正解すると50ノーベル。
出題時の曲は「クラスで一番スゴイやつ」(テレビアニメ『花さか天使テンテンくん』オープニングテーマ曲)。

タネを見破れソレどうなってるの!?(隔週金曜日・1問)
2020年4月17日から始まった企画。洞察力が問われるクイズで、トランプマンがこれから行うマジックがなぜそうなったのか(種明かし)を解答者に見破ってもらう。正解すると50ノーベル。2021年6月4日をもって終了した。

謎を解け!金曜ミステリー(隔週金曜日・1問)
2021年7月16日から始まった企画。推理力が問われるクイズで、俳優がある事件を演じその事件はどんな謎があるかを推理、事件の内容は全て川野が説明する。正解すると30ノーベル。

クイズ!言われてみれば(毎日・全8問の中から3〜5問)
記憶力が問われるクイズで、過去に話題となったモノや名言等を答える。正解すると1問に付き10ノーベル。なお毎日あるコーナーの中で1問正解しても20ノーベル以上獲得することができない唯一のコーナーである。

クイズ!脳みそフル回転と同様に、主に週1時代から出題されていたジャンルから8つがパネルに表示され、その中から解答者(クイズ!脳みそフル回転と同様)が問題を選択する。

8つのパネルには名曲穴埋め(のちにヒットソングを経てヒット歌謡)が毎回2問(2問の内1問が目で見るヒット曲や名曲物語等に変わる場合もある)含まれており、あとはヒット商品・ロングセラー・テレビ欄・名作CM・名作映画・なつかし〇〇・伝説の〇〇・流行〇〇・キャッチフレーズ・記念貨幣・歴代レポーター・歴代司会者・有名人・名言・名台詞・学校グッズ・大河ドラマ・ベストセラー・ネーミング・有名人カップル・日常看板・ニュース・アカデミー賞・号外新聞・おなじみロゴマーク・レトロ広告・昭和ニュース・名前チェンジ・人気シリーズ・便利グッズ・和製○○・名曲パズル・名曲振り付け等から6つがランダムで表示される。

早押しペアパネル(月曜日・水曜日)
瞬発力が問われるクイズ。ノージャンル早押しクイズで、正解すると1〜8の番号が書かれたカードのうち2枚を選択し、2枚とも同じ数字が書かれていればその得点(当初は20・50・100ノーベル、後に10(20)・30・50ノーベルとなり、2018年4月の2週目からは10・20・30ノーベル)が獲得出来る(数字が異なっていると得点なしの言わば神経衰弱形式である)。ただし2枚のみ減点になるジョーカー(-30ノーベルと-50ノーベルが1枚ずつ)があり、そのカードを引いてしまうと引いた時点で書かれている点数分が無条件で減点される。1枚目でジョーカーを引いてしまった場合、2枚目のカード選択はできない。なお誤答したりジョーカーを引いても解答権はなくならない(何度答えても可)。なお、得点カードが全て出た時点で終了となり、その時点でジョーカーが残っていても引かされることはない。

2018年4月からはジョーカーの代わりに、100個の玉が入ったガラガラを回して出た球の色によって得点(金は100ノーベル(5個)・赤は50ノーベル(30個)・黄色は30ノーベル(30個)・白は0ノーベル(30個)・水色は-30ノーベル(3個)・黒は-100ノーベル(2個)。2018年5月21日からは、金が5個、赤・黄色・白が25個、水色が15個、黒が5個に配分が変更された)が決まるガラガラチャンスのカードが登場した。このカードを引くとジョーカーの時と同様に引いた時点でガラガラを回す事が出来る。2枚目で引いた場合、追加でもう1枚引く事は出来ない。また、ジョーカーと異なり最後に1枚残った場合でも引く事が出来る。

問題は、イントロクイズ・歌詞読み上げ・一般常識・なぞなぞ・記憶問題・スリーワード探し・ひらがな英単語・常識計算・ひらがな計算・名曲かくれんぼ・名前パズル・難読漢字・バラバラ漢字・時計計算・ごちゃまぜナイン・重なり熟語・サイコロ計算・麻雀牌計算・鏡文字・干支問題・逆逆クイズ・逆引きクイズ・ラストワンクイズ・だんご文字・二択クイズなどが出題される。

奇跡のアイディアクイズ!その時どうした!?/クイズ!その時偉人はどうした!?(火曜日・木曜日・1問)
発想力が問われるクイズで、週1時代と同じく実際にあった出来事で逆境を乗り越えた偉人や企業のエピソードであるアイディアや名言を答える逆転クイズ。基本的には正解すると200ノーベルであるが、最下位の解答者の得点がトップと210ノーベル以上離れて正解して200ノーベルを獲得しても週間チャンピオン大会の圏内(2位以内)に入れない点差である場合は、岡田の一存で逆転優勝出来る得点(250または300ノーベル)に引き上げられる事もある。また得点3位以下の解答者が1位・2位の2人と同じ解答となった場合、正解しても逆転出来ない為、3位以下になりそうな解答者に対して岡田の一存で答えを変える事が出来る「悪魔の囁き」というシステムもある為唯一全員正解がないコーナーである(言わば通常はチャイムが鳴ってタイムオーバーになった場合、答えを変える事は許されないがこの問題だけは答えを変えても構わない。)。なお岡田が「悪魔の囁き」をしても答えを変えるかどうかの判断は解答者に委ねられる。

奇跡のネーミングどこから生まれた!?(火曜日・木曜日・1問)
発想力が問われるクイズで、商品や物事のさまざまなネーミングにまつわる秘話をVTRで出題。2020年3月12日からの火曜日と木曜日に1問出題される企画である。「その時どうした!?」と同様、正解すると200ノーベルであるが、最下位の解答者の得点がトップと210ノーベル以上離れて正解して200ノーベルを獲得しても週間チャンピオン大会の圏内(2位以内)に入れない点差である場合は、岡田の一存で逆転優勝出来る得点(250または300ノーベル)に引き上げられる事もある。また得点3位以下の解答者が1位・2位の2人と同じ解答となった場合、正解しても逆転出来ない為、3位以下になりそうな解答者に対して岡田の一存で答えを変える事が出来る「悪魔の囁き」というシステムもある為唯一全員正解がないコーナーである(言わば通常はチャイムが鳴ってタイムオーバーになった場合、答えを変える事は許されないがこの問題だけは答えを変えても構わない。)。なお岡田が「悪魔の囁き」をしても答えを変えるかどうかの判断は解答者に委ねられる。

クイズ!懐かしハウマッチ(隔週金曜日・全1~2問)
記憶力が問われるクイズで、様々な物の値段を当てるクイズ。全2問。正解に近い金額を書いた人から30・20・10ノーベル、一番遠い金額を書いた人は-10ノーベル。ピタリの金額を書いた人にはピタリ賞として50ノーベル。

クイズ!あやふやナンバーズ(隔週金曜日・全1~2問)
2020年5月8日からの新コーナーで記憶力が問われるクイズで、様々な物の大きさや長さ、重さを当てる。全2問。正解に近い数字を書いた人から30・20・10ノーベル、一番遠い数字を書いた人は-10ノーベル。ピタリの数字を書いた人にはピタリ賞として50ノーベルと当てる問題以外は懐かしハウマッチとほとんど同様である。

クイズ!すごろく大逆転(金曜日)
第2回グランドチャンピオン大会で行われたコーナーのレギュラー化。
早押しペアパネル同様に早押しで答え正解するとサイコロを振り、出た目の数だけ双六のマスを進み止まったマスに書かれた指示に従う。こちらも誤答しても解答権はなくならない(1回休み・2回休みに止まった者は、その回数だけ解答権がなくなり、うっかり答えようとすると注意される)。当初は、チャイムが鳴った問題に正解すると2個のサイコロを同時に振れるサイコロチャンスが毎回1度だけあったが、現在は余りにも展開が遅くてオンエアに収まらなくなる恐れがある時にだけチャイムが鳴るように変更された。最初に上がった人は200ノーベル獲得できる。出題される問題の種類は早押しペアパネルと同じ。

通常は最初に上がった解答者が(その時までの得点に200点を足して)週間チャンピオンになるケースが多いが、得点の取り方によっては例外もある。
すごろくボードは15マスあるが1回の正解でサイコロを2回以上振れたり、「場所チェンジ」や「振り出し」があることもあり、15マス全てがオープンされたことはこれまで1回しかない。またクイズに答えるだけではなく運も必要とするコーナーの為、コーナー内で正解数が一番多くても「〇マス戻る」や「ふりだしに戻る」、「場所チェンジ」もある為なかなかゴール出来なかったりする展開もあり得れば、コーナー前は最下位でもトップとの差が190ノーベル以下の場合、「場所チェンジ」の恩恵を受けてこのコーナーでは最後の1問しか正解しなかった解答者がそのまま上がり、週間チャンピオンになる展開もあり得る。

※「クイズ!脳ベルSHOW」は現在FODでは配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

FODで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「クイズ!脳ベルSHOW」以外にもFODでは

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

フジテレビのドラマや映画、雑誌や漫画の電子書籍なら、是非FODで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、FODでチェック!

※「クイズ!脳ベルSHOW」は現在FODでは配信はされておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪

-エンタメ動画情報
-