ニューススポーツ情報動画

【無料動画】WBSの見逃し配信!第7波ピークは?最新AI予測

WBSの見逃し配信無料動画と再放送情報!

テレビ東京で放送されている経済報道番組「WBS(ワールドビジネスサテライト)」第7波ピークは?最新AI予測の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「WBS(ワールドビジネスサテライト)」は、「あなたと世界を経済でつなぐ」経済ニュース。豊富なデータとわかりやすい解説で、明日からの仕事や生活に役立つニュースを伝える番組で、人気です!

だからこそ、「WBS(ワールドビジネスサテライト)」を楽しむための方法をご紹介したいと思います。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」は現在動画配信サービスParaviパラビで配信されています。

ParaviパラビはTBSやテレビ東京が出資を行っている動画配信サービスなので、「WBS(ワールドビジネスサテライト)」が今後も配信され続けるのはParaviパラビになると思います。

・WBSを何回も観たい
・TBSのドラマの動画をたくさん観たい!
・テレビ東京のドラマを動画でたくさん観たい!
・Paraviオリジナルストーリーのを観たい!

そんな人にParaviはおすすめです。

更にParaviパラビでならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の見逃し配信ももちろんParaviなら見放題!

TBSのバラエティ番組やドラマは、TVerやTBS FREEなどでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Paraviパラビなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にTBSの最新ドラマはParavi以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Paraviなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviなら日曜劇場などのTBSの話題の動画がたくさん!

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、Paraviなら楽しめる動画が満載です!

これは見逃せないですね!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」第7波ピークは?最新AI予測

第7波ピークは?最新AI予測▼ペロシ米下院議長が訪台へ…中国は?
ファミマがおむすび増量で実質“値下げ”?▼ロシア制裁に抜け道▼最低賃金の引上げ額は?

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の出演者

【メインキャスター】
 大江麻理子
 佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)
【解説キャスター】
 原田亮介(日本経済新聞 論説主幹)
 滝田洋一(日本経済新聞 編集委員)
 山川龍雄(日経ビジネス 編集委員)

【フィールドキャスター】
 角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
 中垣正太郎(テレビ東京アナウンサー)
 田中瞳(テレビ東京アナウンサー)

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」アマゾン最新物流センター潜入

“平屋住宅”が人気のワケ▼アマゾン最新物流センター潜入!
なぜいま“平屋住宅”が人気!?▼がん患者&家族に優しいホテル▼アマゾンの最新物流センター取材!▼人出不足の外食産業…新店舗で対策?

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の出演者

【メインキャスター】
 大江麻理子
 佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)
【解説キャスター】
 原田亮介(日本経済新聞 論説主幹)
 滝田洋一(日本経済新聞 編集委員)
 山川龍雄(日経ビジネス 編集委員)

【フィールドキャスター】
 角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
 原田修佑(テレビ東京アナウンサー)
 中垣正太郎(テレビ東京アナウンサー)
 田中瞳(テレビ東京アナウンサー)

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」電動3輪なぜ大手が続々参入!?

▽電動3輪になぜ大手が続々参入!?
▽格安弁当10円値上げでどうなった?
▽50代を積極採用する企業
▽ロシアのマクドナルド跡地にできたのは…

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の出演者

【メインキャスター】
 大江麻理子
 佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)
【解説キャスター】
 原田亮介(日本経済新聞 論説主幹)
 滝田洋一(日本経済新聞 編集委員)
 山川龍雄(日経ビジネス 編集委員)

【フィールドキャスター】
 角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
 原田修佑(テレビ東京アナウンサー)
 中垣正太郎(テレビ東京アナウンサー)
 田中瞳(テレビ東京アナウンサー)

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」エアコンが品薄?狙い目は…

梅雨&猛暑なのに…エアコンが品薄?「中古エアコン」の需要が急増▼厄介者のサメを家庭で手軽に?新商品の味は…▼訪日客がやってくる!受け入れの舞台裏に密着

『WBS』とは
WBS(ワールドビジネスサテライト)は1988年4月にスタートした、日本で最も長く続く経済ニュース番組です。バブル崩壊やその後の金融危機、リーマンショック、東日本大震災、そして新型コロナの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻など、激動の時代を「経済」という独自の切り口で報じ続けています。

世界で起きている経済ニュースは一見遠いことのように感じますが、実は回りまわって私たちの生活や仕事に深く関係しています。豊富なデータとわかりやすい解説で、明日からのビジネスや生活のヒントとなる「一歩先を照らす経済ニュース」をお伝えします。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の出演者

【メインキャスター】
 大江麻理子
 佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)
【解説キャスター】
 原田亮介(日本経済新聞 論説主幹)
 滝田洋一(日本経済新聞 編集委員)
 山川龍雄(日経ビジネス 編集委員)

【フィールドキャスター】
 角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
 原田修佑(テレビ東京アナウンサー)
 中垣正太郎(テレビ東京アナウンサー)
 田中瞳(テレビ東京アナウンサー)

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」中国大人気肉まんチェーンなぜいま日本上陸

▽中国で1日で最大60万個販売の肉まんチェーン日本攻略の秘策は▽新EV競争の行方は日産トップを直撃▽急激円安で孫社長の戦略は

WBS(ワールドビジネスサテライト)は1988年4月にスタートした、日本で最も長く続く経済ニュース番組です。バブル崩壊やその後の金融危機、リーマンショック、東日本大震災、そして新型コロナの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻など、激動の時代を「経済」という独自の切り口で報じ続けています。

世界で起きている経済ニュースは一見遠いことのように感じますが、実は回りまわって私たちの生活や仕事に深く関係しています。豊富なデータとわかりやすい解説で、明日からのビジネスや生活のヒントとなる「一歩先を照らす経済ニュース」をお伝えします。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の出演者

【メインキャスター】
 大江麻理子
 佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)
【解説キャスター】
 原田亮介(日本経済新聞 論説主幹)
 滝田洋一(日本経済新聞 編集委員)
 山川龍雄(日経ビジネス 編集委員)

【フィールドキャスター】
 角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
 原田修佑(テレビ東京アナウンサー)
 中垣正太郎(テレビ東京アナウンサー)
 田中瞳(テレビ東京アナウンサー)

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」外国人観光客の入国が加速

▼「難民」が再生…環境にも優しいPCとは▼再エネ使用自治体で加速のワケ▼ファミマ・東京海上…大手がキックボードに続々「参入」ナゼ!?

『WBS』とは
WBS(ワールドビジネスサテライト)は1988年4月にスタートした、日本で最も長く続く経済ニュース番組です。バブル崩壊やその後の金融危機、リーマンショック、東日本大震災、そして新型コロナの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻など、激動の時代を「経済」という独自の切り口で報じ続けています。

世界で起きている経済ニュースは一見遠いことのように感じますが、実は回りまわって私たちの生活や仕事に深く関係しています。豊富なデータとわかりやすい解説で、明日からのビジネスや生活のヒントとなる「一歩先を照らす経済ニュース」をお伝えします。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の出演者

【メインキャスター】
 大江麻理子
 佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)
【解説キャスター】
 原田亮介(日本経済新聞 論説主幹)
 滝田洋一(日本経済新聞 編集委員)
 山川龍雄(日経ビジネス 編集委員)

【フィールドキャスター】
 角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
 原田修佑(テレビ東京アナウンサー)
 中垣正太郎(テレビ東京アナウンサー)
 田中瞳(テレビ東京アナウンサー)

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」スノーピーク新リゾート施設の狙い

▼広がる新電力撤退!電気料金高騰いつまで
▼スノーピーク新リゾート施設の狙いは?

『WBS』とは
WBS(ワールドビジネスサテライト)は1988年4月にスタートした、日本で最も長く続く経済ニュース番組です。バブル崩壊やその後の金融危機、リーマンショック、東日本大震災、そして新型コロナの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻など、激動の時代を「経済」という独自の切り口で報じ続けています。

世界で起きている経済ニュースは一見遠いことのように感じますが、実は回りまわって私たちの生活や仕事に深く関係しています。豊富なデータとわかりやすい解説で、明日からのビジネスや生活のヒントとなる「一歩先を照らす経済ニュース」をお伝えします。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の出演者

【メインキャスター】
 大江麻理子
 佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)
【解説キャスター】
 原田亮介(日本経済新聞 論説主幹)
 滝田洋一(日本経済新聞 編集委員)
 山川龍雄(日経ビジネス 編集委員)

【フィールドキャスター】
 角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
 原田修佑(テレビ東京アナウンサー)
 中垣正太郎(テレビ東京アナウンサー)
 田中瞳(テレビ東京アナウンサー)

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」

「あなたと世界を経済でつなぐ」経済ニュース。豊富なデータとわかりやすい解説で、明日からの仕事や生活に役立つニュースをお伝えします。

WBS(ワールドビジネスサテライト)は1988年4月にスタートした、日本で最も長く続く経済ニュース番組です。バブル崩壊やその後の金融危機、リーマンショック、東日本大震災、そして新型コロナショックと、激動の時代を「経済」という独自の切り口で報じ続けてきました。

そして2021年春、番組を大幅リニューアル。月曜〜木曜日の放送時間を変更すると共に内容を一層充実させました。世界で起きている経済ニュースは一見遠いことのように感じますが、実は回りまわって私たちの生活や仕事に深く関係しています。豊富なデータとわかりやすい解説で、明日からのビジネスや生活のヒントとなる「一歩先を照らす経済ニュース」をお伝えします。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の出演者

【メインキャスター】
 大江麻理子
 佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)
【解説キャスター】
 原田亮介(日本経済新聞 論説主幹)
 滝田洋一(日本経済新聞 編集委員)
 山川龍雄(日経ビジネス 編集委員)

【フィールドキャスター】
 角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
 田中瞳(テレビ東京アナウンサー)
 原田修佑(テレビ東京アナウンサー)

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」について

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」は、テレビ東京系列ほかで1988年(昭和63年)4月4日から放送されている経済報道番組である。略称は、英称の頭文字を採った「WBS」(ダブリュービーエス)。モノステレオ放送を実施。

経済情報を中心に取り扱う、同局では一日の最後を締め括る情報番組である。

平日のみの放映だが、2002年10月から2008年3月までは姉妹番組として土曜日に『ワールドビジネスサテライト土曜版』が放映されていた。

2020年4月現在のメインキャスターは大江麻理子で、2014年4月から5代目を務めている。初代メインキャスターは小池百合子(現東京都知事、当時の芸名は小池ユリ子)で、1992年6月に細川護煕率いる日本新党から参議院議員選挙への出馬を表明した関係で降板。それからしばらくの間はメインキャスターを置かなかった。

番組内では経済関連以外の話題を扱う時間帯も設けている。番組開始当初から一貫してスポーツに関する話題を扱うのはごくわずかで、当番組の後続に編成されている『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』がその役割を担っている。2016年のフジテレビを最後に他の在京キー局の最終版ニュース枠はスポーツニュースを内包する編成に切り替えているため、最終版ニュース枠とスポーツニュース枠を編成枠を含めて完全に別番組として分離しているのは、2021年現在ではテレビ東京が唯一となる。

2019年現在はテレビ東京六本木本社の第3スタジオからの放送である。開始当初は、虎ノ門旧本社の報道局に隣接する第4スタジオを使用していた。それまで報道局の一部として『ビジネスマンNEWS』の海外市況コーナーやスポットニュースで使われる程度の簡便な設備だった第4スタジオは、番組開始に伴い本格的に整備された。

国政選挙投開票日の夜間にテレビ東京系列で放送する『TXN報道特別番組』は、池上彰がメインキャスターを務める『池上彰の選挙スペシャル』に移行するまで、当番組を基に構成。当番組のキャスター陣が、進行・取材・インタビューを担当していた。ちなみに池上は、2014年から「スペシャルコメンテーター」扱いで、当番組へ随時出演している。

クール単位での平均視聴率は3%程度で推移している。一例をあげると2011年10月クールは3.7%、2012年1月クールは3.9%である(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯。以下略)。

『週刊ダイヤモンド』2015年11月14日号に掲載された特集「誰がテレビを殺すのか」によれば、2015年10月の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は2.2〜4.3%だった。10月は、マーケットキャスターの豊島晋作の番組卒業や、ラグビー日本代表の五郎丸歩選手の出演が含まれている。

歴史
1988年4月4日に『ニュース・日経朝刊』を発展解消する形でスタート。そのため、小池がキャスターだった時代には同番組の代わりとして、翌日の日経朝刊を紹介するコーナーを終盤に置いていた。なおこのコーナーは「日経朝刊」に引き続いて岡田晃が務めていた。当初の視聴率は1%だったというが、テレビ東京としては「ウチでこの数字ならいける」と思ったという。番組開始当初は一部に2か国語放送(海外中継のコーナーのみ)を取り入れ、ニューヨーク(ウォールストリート・ジャーナル)やロンドン(ロイター)の現地記者をつないで海外の市況情報も取り上げた。その後、ロンドン中継は放送時間短縮となった1998年4月で取りやめとなっている。

1992年4月にスタジオセットやタイトルロゴ変更など大幅なリニューアルが施行され、この頃から「WBS」の略称も使われるようになった。

1997年6月、香港の中国返還を中継放送するために香港から生放送。『スポーツTODAY』と放送時間を入れ替え、さらに放送時間を30分拡大した23:45 - 翌1:05の特別番組を放送。

1998年4月、最新アイデア商品情報を伝える「トレンドたまご」(トレたま)が始まる。開発途中の製品を扱うことが多く、実用化されてヒットした実績には乏しい。2001年には、取り上げられた製品をまとめた書籍が日本経済新聞社から刊行された。また、この頃からファッションや自動車など、消費流通分野の取材を増やす事となる。

2000年から放送時間を拡大した大型特集を開始(年数回実施)。

2000年10月には、BSデジタル放送や地上デジタル放送を見据えたスタジオの整備・再編が行われ、12月1日よりBSジャパン(現:BSテレ東)での同時放送が開始。スタジオ内の映像を初めとして、順次ハイビジョン撮影に移行した。

2001年9月11日にアメリカ同時多発テロ事件(9・11)が発生した折には、アメリカ国内の全マーケット(市場)が取引停止となり、金融取引や景気動向等の影響を積極的に取り上げた。アメリカ国内のマーケット再開(9月17日)以降も、マーケット情報を重点的に扱った。この頃から、画面上部に株価指標(ダウ30とナスダック総合指数)と為替(ドル/円)の表示を開始。10月に放送した拡大版では9・11後の景気や市況についての討論が行われ、これを機に2002年からはレギュラーコーナーとして「討論スペシャル」が始まる。

2002年10月6日からは、毎週土曜日に『土曜版』がスタート。日曜日を除き、毎日経済ニュースを伝えた(2008年3月29日をもって放送終了)。

年数回程度(主に金曜日)、地方経済の現状や動向などを伝える「列島LIVE」のコーナーが開始。テレビ東京系列局のある地域やその周辺を小谷自ら取材し、現地から生中継で送る。この時は地元局のスタジオではなくほぼ屋外からの中継になるが、2006年8月4日分は完成間もないテレビせとうち新社屋前広場(山陽新聞社・さん太広場)からだった。他に週代わりのコメンテーターも同行する。この日は、テレビ東京のスタジオではマーケット情報やフラッシュニュースが伝えられる程度となる。また、2011年9月30日はテレビ北海道釧路送信所が同年8月26日に開局したことに関連し、北海道釧路市から生中継を行なった。

2005年に「ギャラクシー賞・特別賞」を受賞。地上波の民放では珍しい「経済専門の報道番組」に早くから取り組み、長年にわたる放送により経済報道を活性化させた功績による。授賞式の席上、番組の代表として大浜平太郎が出席し「他の番組がつまらないから受賞できた」とコメントを残した。

2007年11月に番組制作チームが「ATP賞テレビグランプリ2007・特別賞」を受賞。

2008年9月26日、サブキャスターとして約13年間出演してきた大浜平太郎が降板。翌週(29日)から『FINE!』(当時平日の夕方に放送されていたTXN全国ニュース番組)のメインキャスターへ異動した。

2009年4月、大手スポンサー企業が構成する団体「優良放送番組推進会議」が発表した報道番組アンケート調査で1位に選ばれた。1年後の調査でも1位に選出された。

2010年4月、出演者は変わらないものの、デザインなどで大きくリニューアル。長年使用してきたタイトルロゴが英文を強調したものに刷新、映像デザイン・テーマ音楽もリニューアル。初代からアレンジを繰り返しつつも使用されていたオープニングテーマ曲のアクセントとなっていたメロディーがこのリニューアルをもって廃され、全く新しいものへ変更された。スタジオセットも変更し、新たにタッチセンサー式モニターが登場する。また、有料化を前に新装した日経新聞の電子版で掲載された記事の紹介も行う。これまでライバルだったNHK-BS1で放送してきた『経済最前線』が終了し、総合テレビで『Bizスポ』がスタート(放送時間は23:25 - 23:50。2012年3月終了)。『Bizスポ』が金曜のみ22:55スタートとなる事もあって、WBSは金曜のみ本編の前に事前枠『WBSプラス』を設定していた。

2010年10月5日から、開局から同月2日までテレビ東京と同時ネットを行ってきたBSジャパンでは、火曜 - 土曜0時 - 0時58分に1時間の時差放送となった(地上波で前日の4日放送分から)。2010年10月9日から2013年3月31日まで、BSジャパンでスピンオフ番組『WBS Weekend』が放送された。

2014年3月31日より新メインキャスターに大江麻理子が就任し大幅にリニューアル。あわせて大浜がサブキャスターとして復帰した。このリニューアル時のキャッチコピーは「弱小テレビ東京の反転攻勢!」というものだった。番組のタイトルロゴも「WBS」を全面に押し出した新デザインに変更された。新体制のテーマは「自分につながる経済ニュース」。イメージは「しなやか」。

2018年3月30日、大浜が朝の『ニュースモーニングサテライト』(モーサテ)の解説キャスターを担当するために再度降板。

2018年4月2日より、2010年10月1日以来8年ぶりにBSジャパンで再度同時放送を開始し、「BSニュース 日経プラス10」で解説キャスターを務めていた滝田洋一(日本経済新聞編集委員)、山川龍雄(日経ビジネス編集委員)の2名が解説キャスターとして加わった。

2021年3月29日から、「『あなたと世界を経済でつなぐ』夜10時の経済ライブ」というテーマで、7年振りのタイトルロゴ変更を含む大規模なリニューアルを敢行。金曜日の放送枠を23時台に据え置く一方で、月 - 木曜日の放送枠を22時台(プライムタイム)へ移動させた。メインキャスターには、大江に加えて、『モーサテ』で長年メインキャスターを務めてきた佐々木明子を新たに起用。10年間にわたってフィールドキャスター→メインキャスターを務めてきた相内は、佐々木と担当を入れ替える格好で『モーサテ』のメインキャスターへ異動(『土曜版』最後のメインキャスターだった塩田真弓と分担)した。その一方で、フィールドキャスターには田中瞳に加えて、角谷暁子が『モーサテ』から異動したほか、原田修佑を新たに起用(大江・塩田以外はいずれもテレビ東京アナウンサー)。また、解説キャスターに原田亮介(日本経済新聞社論説主幹)が加わった。BSテレ東については、リニューアル後も放送を継続しているものの、地上波とは逆に放送枠を全曜日23:00 - 23:58へ統一。このため、金曜以外の曜日では、地上波から1時間遅れの時差放送へ移行している。

なお、日本国内では2020年の初頭から、新型コロナウイルス感染症が流行している。テレビ東京では、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が東京都内に発出された2021年1月から、報道番組のキャスター陣によるスタジオトーク中のマスク着用を義務化。日本国内の放送局としては初めての方針で、当番組でも、同年1月18日(月曜日)から3月19日(金曜日)までの放送中にこの方針を適用していた。もっとも、キャスター陣の口元がマスクで隠れてしまうことに対して、聴覚障害を持つ視聴者からトークの内容を字幕で表示する旨の要望が続出。当番組では緊急事態宣言の解除(3月21日)を受けて翌22日(月曜日)放送分からマスクの着用を取り止めたが、翌週(同月29日)からのリニューアルを機に、テレビ東京が制作する最終版のニュースとしては初めてリアルタイム字幕放送に対応している。さらに、2022年に入ってからの感染再拡大を受けて、1月24日(月曜日)以降の放送中には通常のスタジオから同時に出演できる人物をメインキャスターと解説キャスターの2名だけに制限(フィールドキャスターが別のスタジオからリモート方式で1名ずつ出演)している。ただし、キャスター陣には前年と違ってマスク着用の義務を課していない。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」問題となった放送内容

創価学会に関する報道
2018年2月27日付けの聖教新聞の報道記事によると、2017年11月24日に放送した創価学会に関する特集に関し、放送後に創価学会側から番組内容や取材方法に重大な問題があるとして、放送元であるテレビ東京に対する厳重抗議が行われるとともに、創価学会への謝罪およびネット配信された同番組の映像の削除が要請された。

抗議の内容は

・テレビ東京が番組放映にあたり、学会に対し事前の取材依頼もなければ、実際の取材も一切ないままに番組を放映したこと
・内容的にも、学会から除名された人物らの主張や言動を一方的に取り上げ、視聴者に学会に対する偏見を植え付けるものとなっていること
・会員や青年部役員を隠し撮りした映像が放映されていること

としている。

これに対し、テレビ東京は、自局のネット上での番組配信を停止し、ウェブ上の違法動画についても削除要請を行った上で調査を行い、学会に直接取材しなかったことについては、「取材の過程に不手際」があり、報道内容についても、「大変遺憾に思います。ご指摘の点は真摯に受け止め、今後の取材活動や番組制作に生かしていく所存です」として謝罪した。また、当初は否定していた隠し撮り映像についても、回答を不服とした創価学会から再度抗議を受けたことを踏まえて再調査した結果、「それ自体(隠し撮り映像であることを否定していたこと)が事実と異なっていたことが判明した」として、2018年2月22日付けの文書で創価学会に対して謝罪した。

キリンビールに関する報道
2021年2月5日の放送においてキリンホールディングスのミャンマーでの合弁解消のニュースを放送した際「キリンが2015年にミャンマーで合弁事業に乗り出した際に、軍の高官に4000万ドル(日本円で40億円)以上の賄賂を送ったという内部告発があった」趣旨の報道をしたが、これについてキリンビールは事実無根であると回答。テレビ東京も取材が不十分で事実関係の確認に問題があり、結果として誤った報道になったとして2月6日に謝罪文を発表した。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の主な内容

経済を中心に企業・金融に関係した話題を提供する。

2000年代後半からは、上記以外のニュースをWBS NEWSとして短く伝えている(ただし、野中時代にも「そのほかの主なニュース」というコーナーがあった。この時代は「経済フラッシュ」というコーナーもあった)。ただし、2016年までは社会部に関する話題(殺人事件など)はほとんど取り扱っていなかった。災害関連の報道では、主に被災地に所在する企業や事業所の動向を報じる。

トレンドたまご
1998年4月にスタートしたコーナーで、通称「トレたま」。あらゆるジャンルの斬新な商品や技術を、毎回1つリポートする。2007年2月12日放送分で2000回に達する長寿コーナーである。

当初は大浜が担当し、「平太郎のトレンドたまご」と称していた。1999年からは、リポーターはテレビ東京の新人・若手アナウンサー(主に女性)が担当するようになった。小谷がニューヨークから「真生子のトレたま in NY」としてリポートしたこともある。日によっては、系列局のある地方から、地元の女性アナウンサーがリポートを送ることがある。

番組の公式ホームページ内には、これまで紹介された商品・技術のまとめ『トレンドたまごアーカイブ』が掲載されている(2003年以降)。2007年4月9日放送分からは、取材したアナウンサーのレポートも添えられている。

このコーナーの成功を受け、テレビ東京や系列局では同様の趣旨のコーナーが他の番組でも行われていた。2020年3月30日より一時休止中。

ハイビジョン化は他のコーナーよりも遅く、2008年6月から順次導入された。

過去のコーナー
・今夜もクリック
翻訳サイトなど役立つWEBサイトを紹介するコーナー。通称「コンクリ」。担当は大浜平太郎。

・KANDAN 人生の達人たち
「小谷真生子の会社訪問」というコンセプトで小谷真生子が企業のトップに会いに行きトークをするコーナーで不定期に放送された。第1回目のゲストは鈴木敏文。
2005年にBSジャパンで『小谷真生子のKANDAN』としてレギュラー番組化された。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「WBS(ワールドビジネスサテライト)」以外にもParaviパラビでは

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ
・この恋あたためますか

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

TBSドラマとテレ東ドラマなら、是非Paraviで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Paraviでチェック!

Paravi(パラビ)公式ページへ

-ニューススポーツ情報動画
-