エンタメ動画情報 ドラマ動画情報

【無料動画】警視庁強行犯係樋口顕の最終回の見逃し配信とネタバレ!配信期間は?

【無料動画】警視庁強行犯係樋口顕の見逃し配信とネタバレ!配信期間は?

テレビ東京で放送されているドラマ今野敏サスペンス「警視庁強行犯係樋口顕」最終回の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報、過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
このドラマ「警視庁強行犯係樋口顕」は、今野敏による日本の警察小説のシリーズで、何作もドラマが作られている人気作品です!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

そんな時のために、ドラマ「警視庁強行犯係樋口顕」を全話見返せる方法があります!

ドラマは最新話が放送されてから一週間が過ぎると、無料動画配信サービスの「TVer」ではもう見ることは出来ません。

なので、ドラマ「警視庁強行犯係樋口顕」を見る時は、動画配信サービスParaviパラビを利用するのがおすすめです!

・警視庁強行犯係樋口顕を何回も観たい
・TBSのドラマの動画をたくさん観たい!
・テレビ東京のドラマを動画でたくさん観たい!
・Paraviオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にParaviはおすすめです。

更にParaviパラビでならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「警視庁強行犯係樋口顕」の見逃し配信ももちろんParaviなら見放題!

テレビ東京のドラマは、TVerやネットもテレ東などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Paraviパラビなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

Paraviなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviなら日曜劇場などのTBSの話題の動画がたくさん!

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・来世ではちゃんとします
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、Paraviなら楽しめる動画が満載です!

これは見逃せないですね!

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「警視庁強行犯係樋口顕」最終回のあらすじ・ネタバレ

投資ファンド会社社長・相沢和史(小松和重)の刺殺体が発見される。その傍らには蜜柑が転がっていた…。樋口(内藤剛志)班が捜査に乗り出すと、相沢は衆議院議員・秋葉康一(吉田栄作)の親友で、蜜柑は秋葉の秘書・亀田至(中村靖日)が届けたものだった。一方、相沢の会社は昨年多額の赤字を出していたことが発覚。

そして東京地検特捜部から灰谷(小手伸也)、荒木(久保田悠来)がやって来て、秋葉と相沢には政治資金規制法違反の疑いがあることを告げられる。

ドラマ「警視庁強行犯係樋口顕」の出演者

樋口顕…内藤剛志
遠藤貴子…矢田亜希子
樋口照美…逢沢りな
菊池和馬…佐野岳
藤本由美…片山萌美
中田裕之…小松利昌
吉崎衛…斉藤暁
樋口恵子…川上麻衣子
天童隆一…榎木孝明
氏家譲…佐野史郎

ゲスト
秋葉康一…吉田栄作
灰谷卓也…小手伸也
亀田至…中村靖日
相沢和史…小松和重
岩井晶子…山下容莉枝
杉野健輔…相田周二(三四郎)
柴原久雄…窪塚俊介
石野弥生…岡本玲
荒木道男…久保田悠来
蓮美恭子…久松郁実

田端守雄…大河内浩
千葉功…サンシャイン池崎
滝沢幸恵…いしのようこ
蓮極…ReN
富樫彰…飯田基祐

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「警視庁強行犯係樋口顕」全話のあらすじ・ネタバレ

第一話 正義
駅前でスーツケースから松生一彦の毒殺遺体が発見される。ポケットには“正義”のタロットカードが...。樋口顕と氏家譲が調べると、松生は“神待ちサイト”で家出女性4人を集め殺害した連続殺人犯と判明する。

第二話 蹉跌
廃ビルから、進学塾講師・杉山の刺殺体が見つかる。杉山は近くの路上で若い男と口論の末、刺されていた。樋口班の調べで、加害者は村上颯太という杉山の元教え子だと判明し、樋口は氏家と捜査を開始する。

第三話 円卓
樋口の妻・恵子が撲殺されたカフェオーナー・北川亮を発見する。恵子はボランティアをしている子供食堂にくる3児の母・乃利子の浮気相手だと聞き、食堂の仲間と訪ねたのだと言い、乃利子が第1容疑者となるが...。

第四話 海風
投資コンサルタントの平野を殺し、500万円と1億円相当の金貨を奪い、全国に指名手配されていた岡田宏の遺体が見つかる。神奈川県警の梶山は妻・深雪に疑いの目を向けるが、樋口は梶山の捜査方針に納得できず...。

第五話 路標
駆けだしの芸人・追川茜が自ら男性を突き落としたと警察に通報してきた。歩道の階段下には転落死した沢木の遺体。茜は沢木と面識がなく、正当防衛を主張するが、樋口は彼女が見せた不遜な態度が引っかかり...。

第六話最終回
投資ファンド会社社長・相沢和史の刺殺体が発見され、その傍らには蜜柑が転がっていた。樋口班が捜査に乗り出すと、相沢は衆議院議員・秋葉康一の親友で、蜜柑は秋葉の秘書・亀田至が届けたものだった。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「暁鐘 警視庁強行犯係樋口顕」のあらすじ・ネタバレ

「氷川電機」の望月一郎(榎木薗郁也)の遺体が見つかる。樋口顕(内藤剛志)が捜査に乗り出すと、同社の新技術が海外に流出していたことが発覚。公安部外事一課の戸川隆明(宅麻伸)からは産業スパイを炙り出すため、捜査情報を報告するよう言われる。殺された望月は同社常務の神谷伴宜(橋爪淳)の娘・あかり(樋口日奈)の婚約者・高野元(永田崇人)について調べていた…。

樋口顕…内藤剛志
遠藤貴子…矢田亜希子
樋口照美…逢沢りな
菊池和馬…佐野岳
藤本由美…片山萌美
中田裕之…小松利昌
吉崎衛…斉藤暁
樋口恵子…川上麻衣子
天童隆一…榎木孝明

〈ゲスト〉
戸川隆明…宅麻伸
神谷幸江…有森也実
長澤美也子…黒沢あすか
神谷伴宜…橋爪淳
神谷あかり…樋口日奈
高野元…永田崇人
牧田晋…柾木玲弥
林和義…飛永翼(ラバーガール)

木村絵里…餅田コシヒカリ(駆け抜けて軽トラ)
木村海斗…小野島徹(駆け抜けて軽トラ)
犬束亨平…中島広稀
望月一郎…榎木薗郁也
伊藤麻衣…華村あすか
橋本浩之…藤田宗久

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「警視庁強行犯係樋口顕」について

「警視庁強行犯係樋口顕」は、今野敏による日本の警察小説のシリーズ。1996年から2000年にかけて3作が刊行されるが、4作目は3作目から14年ぶりとなる2014年の刊行となった。2020年にシリーズ最新作となる6作目が刊行される。 これまでに何度かテレビドラマ化されており、鹿賀丈史、緒形直人、内藤剛志らが樋口顕役を演じている。

「警視庁強行犯係樋口顕」の主な登場人物

樋口 顕(ひぐち あきら)
主人公。年齢40歳→45歳(『廉恥』)。警視庁捜査一課強行犯第三係係長→警視庁刑事部捜査一課殺人犯捜査第三係樋口班(『焦眉』)。階級は警部補→警部(『ビート』)。捜査一課でのあだ名は「ヒグっちゃん」で、主な表記は「樋口」。「顕」の名で呼ばれることはまったくない。年齢よりも若々しく見え、キャリア(優等生)に近い雰囲気を持つ。見た目通り荒事は苦手。

常に他人の顔色を窺い波風立てないように生きてきたが、実際は「自分勝手にマイペースに生きる人間」に憧れている。周囲には「協調性がある」と見られているが、樋口に言わせれば「妥協しているだけ」とのこと。上司や部下から信頼されていることに気づいており、それに答えるために「やる気のある人間」を演じている。一方で、自分には評価されるほどの能力はないと考え、いつ馬脚を露すか内心では怯えており、そんな卑屈な自分を嫌っている。

しかし洞察力や推理力は高く、真実を追求することに掛けては妥協せず、時にはスタンドプレーも辞さない。『リオ』ではチームのほとんどを敵に回しながらも氏家と協力して事件を解決に導いた。また容疑者から「話を聞く」姿勢を自然と取っており、無理やり喋らせるのではなく相手から話をさせるというやり方で取り調べをする。
基本的に他人は信用しておらず、嫉妬深いところもある。しかし、『朱夏』では氏家のアドバイスに従い、様々な人間たちに素直に接することで信頼を得、見事に事件を解決させた。

『廉恥』では管理官候補ということで隠蔽捜査のように捜査本部に詰めることが多く、取り調べや事情聴取くらいでしか動くことはなくなった。またこの時は、ストーカー殺人が起こったことで警察が世間から叩かれる可能性に焦りを感じ、旧作よりも神経質な面が見られた。『焦眉』の終盤では所轄が落とせなかった被疑者を取り調べ、「動機を話したがっている」ことを見抜き、数々の証拠を突きつけると同時に動機を話してほしいと問い続けることで見事自供させた。

天童 隆一(てんどう りゅういち)
年齢47歳→51歳(『廉恥』)→52歳(『無明』)。警視庁捜査一課強行犯第一係係長→第二強行犯捜査の管理官(『廉恥』)。階級は警部補→警視(『廉恥』)。樋口の上司であり、彼が駆け出しの頃は二人でコンビを組んでいた。若い頃は世田谷署警ら課(今で言う地域課)に勤めており、後に公安を得て捜査一課へと移った。現在は直接捜査には当たらず、他の班の捜査の段取りをする立場にある。このポジションは、かつては「ショムタン」と呼ばれており、今でも天童はその名称を用いている。ただし『廉恥』以降は用いていない。
刑事というよりは学者に近い雰囲気を醸し出しており、性格も温和。樋口には強い信頼を置いており、内心では常に彼を励ましている。
『廉恥』では出世しており階級も上がっており、尚且つ、明らかに太り気味な体型になっている。また捜査本部が主な舞台になったことで出番が大幅に増えた。

田端 守雄(たばた もりお)
捜査一課課長。天童と同じく樋口を信頼している。太い首に凄みのある笑みと、野性的な人物。若い頃は、猪突猛進に捜査に当たっていたという叩き上げ。外見に反して会議中に軽い冗談を言うなど明るい性格。
『廉恥』では捜査本部が主な舞台になったことで出番が大幅に増えた。樋口には管理官候補として期待している。
『隠蔽捜査』の第5弾や第7弾にゲスト出演しており、主人公・竜崎伸也の人柄を知って「噂通りの方だ」と称えた。このほか、『安積班シリーズ』の『烈日』や『炎天夢』、『萩尾警部補シリーズ』の『確証』、『同期』シリーズの『変幻』にも登場する。

池田 厚作(いけだ こうさく)
年齢50歳。警視庁捜査一課の理事官(一課長に次ぐ地位)→第一強行犯捜査管理官(『無明』)。階級は警部。天童と同じく樋口を信頼している。
『無明』では強行犯捜査第一係、第二係を統括する管理官(ショムタン)として登場。樋口が千住警察署の事案に首を突っ込んだことから「所轄を敵に回しかねない」と石田理事官の怒りを買い、石田から話を聞いたことで樋口を諫めようとして対立してしまう。このことで樋口には「あんな上司とは思わなかった」と失望されてしまった。
『安積班シリーズ』の『烈日』に収録されているエピソードにも管理官としてゲスト出演しているほか、『同期』シリーズの『欠落』にも登場。

氏家 譲(うじいえ ゆずる)
年齢38歳(『リオ』)→「40歳になる」(『ビート』)→43歳(『廉恥』)。萩窪署生活安全課→警視庁生活安全部少年事件課少年事件第三係(『廉恥』)→警視庁捜査二課選挙係係長(『焦眉』)。階級は巡査部長→警部(『焦眉』)。樋口とは『リオ』での一件からコンビを組んで親しくなり、『朱夏』においても相棒として最後まで協力した。『ビート』では管轄が違うこともあってあまり登場しなかったが、家庭内不和に悩む樋口にアドバイスを送っている。こうしたつき合いから樋口の妻子にも受けがいい。
大学時代は心理学を専攻していた。当人は「学生時代に学んだことなんて忘れてしまった」と述べているが、実際は教授から大学に残ってほしいと引き留められたほどの実力者。樋口が「動機がない」と断じた人物に対して「心の内に隠された動機」を見抜き、真犯人の割り出しにたびたび貢献している。

女にだらしない面を感じさせるが、ふしだらな若者たちに対して説教したり、彼らを生み出した大人たちに対しても静かな怒りを持つ。皮肉的な笑みを浮かべることが多い、これは世の中に対する不満を「自嘲」という形で表し抑えているに過ぎないという。一見するとやや粗野に見えるが、実際は周囲を気遣う気配りの利いた人物。樋口が信を置く数少ない「友人」である。

『廉恥』では電話越しの会話のみ登場。樋口とは細かく連絡を取っているので台詞は多い。樋口の娘・照美がある事件に巻き込まれたことを伝え、解決までサポートした。
『焦眉』では本人が再登場。捜査二課選挙係係長となり、警部になって研修も終え、樋口と久しぶりに酒を酌み交わした。その後、樋口たちに合流して殺人事件の捜査に協力する。

『無明』では選挙係係長になったのは修行のためだったことが判明し、近い内に少年事件第九係の係長になることが語られた。終盤では樋口たちから助っ人として呼ばれ、真犯人の尋問に当たり見事自供させた。

小椋 重之(おぐら しげゆき)
樋口班のベテラン刑事。年齢51歳(『焦眉』)。階級は警部補(係長補佐)。愛称は「オグさん」。
樋口より年上のため敬語を使われている。

藤本 由美(ふじもと ゆみ)
樋口班の紅一点。元々はドラマ版オリジナルキャラクターで、原作『焦眉』の終盤にゲスト出演した。
『無明』では別動隊として樋口とペアを組み、高校生の入水自殺について調査に当たった。ドラマ版と同じく気の強い性格。

遠藤 貴子(えんどう たかこ)
女性新聞記者。元々はドラマ版オリジナルキャラクターで、原作『無明』にて登場した。樋口の人柄を見込み、高校生の入水自殺の真相を解明するように依頼する。

秋葉 康一(あきば こういち)
『焦眉』から登場。年齢45歳前後。自由が丘駅の側に個人事務所を構える衆議院議員。違反や隠し事を嫌い、常に公明正大を信条とする。
30歳の時には区議会議員選挙に参加している。
『無明』では広報担当のスタッフが1人抜けることから樋口の娘・照美を後釜に迎えたいと申し出る。

樋口 恵子
樋口の妻。小柄でショートの黒髪。大学時代は英語に熱心で、英文科に通っていた。現在はそれを活かして下訳(翻訳家の資料作り)の仕事をしている。夫とは大学時代から付き合っており、結婚後17年経った今でも良き妻として樋口を支えてきた。
大学時代は男子学生たちから人気があったが、告白してきた樋口と恋仲となる。しかし、大学4年生の時にアメリカへ留学し疎遠となってしまう。半年後に帰国し、それを知った樋口から電話を受けたことで再び付き合いが始まった。常に感情を抑えている樋口がこうできたのは、「自分と恵子の絆は常に繋がっている」と考えていたことが大きい。
『朱夏』では何者かに誘拐されてしまい、わけもわからずパニックに陥る。それでも監禁生活の中で次第に落ち着きを取り戻し、夫が必ず助けに来てくれると信じ続けた。

樋口 照美
樋口家の一人娘。高校生→二十歳、大学三年生(『廉恥』)→新社会人(『焦眉』)。恵子が24歳の時に生まれたため、「母娘」というよりは「友人」のような気軽さで接している。逆に父親に対しては反抗期だった時期がある。
『廉恥』では大学三年生となり、部屋に引きこもってネットサーフィンばかりやっている。そのため父とはロクにコミュニケーションがとれていない。ある事件に巻き込まれてしまい、父として無実を証明しようとする樋口に対して当初は反抗的だった。
『無明』では報道関係の仕事に就こうとしたが、落ち続けたため仕方なくIT関係の仕事に就職した。しかし入社間もなく辞表を提出し、自分が本当にやりたい仕事に就くことを考えるようになる。『焦眉』での縁から秋葉に広報担当のスタッフとして迎え入れられた。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「内藤剛志」について

「内藤剛志」は、日本の俳優、声優、タレント、司会者である。本名は同じ。

大阪府大阪市東区(現在の中央区)生まれ、寝屋川市香里園育ち。大阪市立集英小学校(現:開平小学校)、大阪市立船場中学校(現:東中学校)、大阪星光学院高等学校卒業、日本大学芸術学部映画学科中退。身長183cm、体重77kg。血液型はO型。現代制作舎を経て、阪口京子事務所所属。

NHKでラジオ、テレビの技術職をしていた父、人形製作の母の元に生まれ、幼少期は両親からの強要で習い事としてピアノ教室や児童劇団に通っていた傍ら、小学生の時には在阪テレビ局及び映画各社製作品に子役として出演している。

サックスでジャズミュージシャンを志望し飯田ジャズスクールに入学するために上京。しかし入学直後にその道をあきらめ日本大学芸術学部映画学科へ入学。それと同時に、同級の長崎俊一と自主映画の制作を開始。『獏をぶっ殺せ』『造花の枯れる季節』など、長崎作品の主演を多数務める。

文学座研究所を経て、一般の映画としては1980年、『ヒポクラテスたち』でデビュー。以後、テレビドラマ、映画を中心に活動、地道に芸能活動を続ける。80年代は刑事ドラマなどで悪役、犯人役を演じることが多かった(あぶない刑事など多数出演)が、1991年10月に『ホテルウーマン』(関西テレビ)に同郷出身の沢口靖子演ずるホテル従業員の上司として出演し、1992年10月開始の『ウーマンドリーム』(関西テレビ)に裕木奈江演ずるアイドル歌手の事務所のマネージャー役を演じた。1994年 - 1995年の日本テレビドラマ『家なき子』では、安達祐実が演ずる主人公をいじめる酒浸りの父親役を演じ、同作品が高視聴率の話題作となったことで知名度が上がった。1995年1月(味いちもんめ) - 2001年9月(金田一少年の事件簿)にかけて、27クール(6年9か月・81か月)連続で連続ドラマに出演という日本新記録を樹立し、同時期に2つのドラマを掛け持ちで出演するなど、主演・助演問わずドラマに欠かせない存在となり、「連ドラの鉄人」と呼ばれるようになった。

1991 映画『昭和鉄風伝 日本海』1995 ドラマ『人生は上々だ』(TBS)1996 『竜馬におまかせ』(日本テレビ) などで浜田雅功と共演したことがきっかけとなり、同じ関西出身の浜田と親交を持ち、浜田を「師匠」と呼ぶ仲になる。1996年10月から『女神の天秤』(TBS)で関口宏と司会を担当、タレント活動を開始。1998年4月からは浜田とともに『人気者でいこう!』(朝日放送)にレギュラー出演し、「芸能人格付けチェック」コーナーの人気もあり、さらに広い層にまでその存在が知れ渡った。2000年 - 2001年に放送された土曜昼前の生放送情報番組『ウォッ!チャ』(フジテレビ)、2001年 - 2002年の『リアルタイム』(毎日放送)、その他にも2005年 - 2006年の『音遊人』(テレビ東京)、2006年10月から2019年9月まで生放送番組『スタイルプラス』(東海テレビ)の司会を担当。さまざまなバラエティ番組・情報番組(特に司会業)に出演している。

ドラマでは2000年、『科捜研の女』第2シリーズにプロファイラーの武藤要として登場。第4シリーズ(2002年)まで出演した後、第5シリーズ(2004年)より役を変え、京都府警捜査一課刑事の土門薫として再登場した。主人公の科学捜査研究員・榊マリコ(沢口靖子)と協力して事件捜査にあたる準主役格として、長期に渡るレギュラー出演を続けている。2007年の6月から『水戸黄門』の第37部(TBS)から2代目風車の弥七として登場し、2011年のシリーズ最終回まで出演した。2010年の『必殺仕事人2010』(朝日放送・テレビ朝日)には、中村主水(藤田まこと、藤田は同年逝去)に代わる新仕事人・カルタの力役として出演している。2012年より主役を演じていた「土曜ワイド劇場」で放送の『警視庁・捜査一課長』が「木曜ミステリー」にて2016年4月よりシリーズ化され『科捜研の女15』に引き続き同枠で連続して出演することとなった。

声優業では主にアニメーション映画に出演している。OVA版『ブラック・ジャック』の主人公、ブラック・ジャックの声優として当初キャスティングされていたが本人が急病を患ったため、大塚明夫と交代している。2000年のアニメーション映画『風を見た少年』の記者会見で「顔がツギハギになっているお医者さんのアニメーションがあったんですけれど、お医者さんの役をやるどころか、入院してしまいまして」と語っている。

普段は関西なまりのない標準語を使うが、劇中で関西人の役を演じる場合や関西出身の芸人・タレントと接したりする時は関西弁を使用している。

趣味・特技はトランペットやサックス等の楽器演奏、バイクの運転。

視力が弱く中学生の頃から眼鏡を着用しており、バラエティ番組に出演する時は殆ど眼鏡を着用している。

現在の家族構成は1982年に結婚した帽子デザイナーの妻(横浜市出身)と、スタジオジブリ勤務の長女(1983年生まれ、東京都出身)で、いずれも一般人であるとして氏名は公表していない。また、妻は本人と違う姓である。

斎藤洋介、船越英一郎、古尾谷雅人、金田明夫、佐野史郎と親交が深く、特に佐野と金田に関しては多数のドラマで共演している。

元来、刑事役を演じることが多かったことから、近年演じた役の約9割は刑事役だとする記事もあり、本人が刑事を演じたドラマは30作以上に亘る(2016年2月現在)。本人もその事を認めており、本物の警察官に黙礼をされるというエピソードを語っている。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「警視庁強行犯係樋口顕」以外にもParaviパラビでは

・半沢直樹
・MIU404
・私の家政夫ナギサさん
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・来世ではちゃんとします
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

TBSドラマとテレ東ドラマなら、是非Paraviで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Paraviでチェック!

Paravi(パラビ)公式ページへ

-エンタメ動画情報, ドラマ動画情報
-