エンタメ動画情報

【無料動画】内村さまぁーずの見逃し配信!配信期間は?

【無料動画】内村さまぁーずの見逃し配信!配信期間は?

TOKYO MXで放送されている大人気バラエティ番組「内村さまぁ~ずSECOND」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
このドラマ「内村さまぁ~ず」は、毎回ゲストを「司会者」として迎え、出演者である内村光良、さまぁ〜ずを相手に、行き当たりばったりなその場まかせの展開で送る「脱力系成り行きバラエティ」で人気です!

これからの放送も楽しみですけど、もう一回あの話が見たい、見逃してしまったあの話が見たい・・・そんな時ってないですか?

だからこそ、「内村さまぁ~ず」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「内村さまぁ~ず」を楽しむために動画配信サービスアマゾンプライムビデオを利用するのがおすすめです!

・高音質で聴ける!
・高画質で観れる!
・パソコンで観れる!
・スマホで観れる!
・テレビで観れる!
・タブレットで観れる!

という素晴らしい環境でお得に楽しむことが出来ます!

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

更にAmazonプライムビデオでならこれらのメリットがあります!

せっかくAmazonプライムビデオを利用するなら、Amazonプライムビデオで配信されてる他のコンテンツも観たいですよね?

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルコンテンツも続々配信

Amazonプライムビデオは営業力が強いのか、映画にドラマにアニメに、色々な作品をたっぷり取り揃えております。

もちろん、Amazonプライムビデオ限定のコンテンツは、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Amazonプライムビデオなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

他にも海外ドラマや洋画、邦画など様々なジャンルを楽しむことができます!

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

Amazonプライムビデオなら「鬼滅の刃」など話題の動画がたくさん!

・鬼滅の刃
・呪術廻戦
・バチェラー・ジャパン
・誰かが見ている
・ドキュメンタル
・炎炎ノ消防隊
・おそ松さん

などなど、Amazonプライムビデオなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「内村さまぁ~ず」今こそ内さまとラジオで楽しみたい男女達!!後半

今回はラジオに命を捧げている「ラジオ芸能人」のアルコ&ピース、乃木坂46の新内眞衣、そしてTBSラジオ「たまむすび」でお馴染みの赤江珠緒が登場!ラジオを愛してやまない4人が内さまとやってみたいラジオ企画を持ち込み!新内は絶対の自信があるという「本物の三村ツッコミはどれだ?選手権」を開催!全員が三村になりきってツッコミを投稿!しかし、そこには外したら電流というまさかの罰ゲームが…!放送コードギリギリ?「下ネタしりとり」では平子が三村&赤江と共に“こっそり聴きたい”大人のラジオコーナーをお届け!?そして最後には全員で「ラジオコント」にも挑戦!ここだけは音声のみでお楽しみください!今再注目されているラジオの魅力がきっと伝わるはずです!!

内村光良&さまぁ〜ずが、ゲスト芸人仕切りのあらゆる企画に対してほどよく頑張る!3人ならではの独特な世界観によって笑いを生み出していく番組です。

「内村さまぁ~ず」の出演者

【出演】内村光良,さまぁ〜ず

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「内村さまぁ~ず」今こそ内さまとラジオで楽しみたい男女達!!前半

内村光良&さまぁ~ずが、ゲスト芸人仕切りのあらゆる企画に対してほどよく頑張る!3人ならではの独特な世界観によって笑いを生み出していく番組です。

「内村さまぁ~ず」の出演者

【出演】内村光良,さまぁ〜ず

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「内村さまぁ~ず」について

「内村さまぁ~ず」は、2006年11月1日からインターネット配信されているバラエティ番組。略称は「内さま」。

2015年11月9日よりAmazon Prime Videoにて配信されている。また、2009年4月2日からは地上波テレビ局でも放送されている。

2015年、映画化作品が公開された。

毎回ゲストを「司会者」として迎え、出演者である内村光良、さまぁ〜ずを相手に、行き当たりばったりなその場まかせの展開で送る「脱力系成り行きバラエティ」。出演者および主要スタッフはテレビ朝日のバラエティ番組『内村プロデュース』と一部共通し、インターネット配信番組ならではの制約の少ない、よりコアな番組として制作されている。ゲストも『内村プロデュース』とほぼ共通しており、ごく初期と2016年の一部を除いて吉本興業所属のタレントは出演していない[注 2]。

インターネット配信
2006年11月1日から2009年6月30日まではミランカにて無料(要会員登録)配信を開始。最新回の無料配信のほか、過去数回分を有料で視聴することもできた。ミランカ開局以降、トップページの視聴回数ランキングで常時1位をキープするミランカの看板番組となっていた。1回の放送は約45分(CM除く)だった。

ミランカ配信サービス終了に伴い、2009年7月1日からは内さま.comにて最新回は会員登録不要で無料配信に変更、番組の更新は月に2回(1日、15日)更新される。過去のアーカイブは2009年12月16日までは「TSUTAYA DISCAS」にて配信していたが、2009年12月17日からは「LISMO Video Store」での有料配信に移行した。2010年4月30日からは「DMM.com」と「DMM.TV」、2010年6月15日からは「TSUTAYA TV」、2010年7月1日からは「J:COM オン デマンド」、2010年8月27日からは「ShowTime」でも有料配信を開始。

2011年1月1日(#101)更新分からオープニング及び番組ロゴが2代目に変更、画面アスペクト比は4:3から16:9に変更され、収録もハイビジョンに切り替わった。

内さま.comの月間の視聴数は30万回を超えていた。[1]

2013年2月(#151)より、番組更新が隔週月曜の12:00に変更された。また「ひかりTV」での配信も加わった。放送終了前の一発芸のコーナーは、無料配信中はひかりTVでの特典映像となり、内さま.comでの配信では見ることができなくなった。

2015年11月9日11:59(#222の配信終了)をもって、内さま.com、ひかりTVでの最新回の配信を終了、これにより番組開始から続けてきた完全無料でのインターネット配信も終了した。同日12:00から配信開始の#223より、新シーズンとして『内村さまぁ〜ず SECOND』(うちむらさまぁ〜ず セカンド)にタイトルが変更され、最新回の配信プラットフォームはAmazon.co.jpがプライム会員向けに提供している見放題の映像配信サービス「Amazon Prime Video」に移行した。なお、TOKYO MX等での地上波放送も継続されている。

Amazon Prime Videoでは当初#223以降のみの配信となっていたが、2016年3月14日より#001~#103(DVD未収録の回は除く)の配信が行われるようになった[2][3]。また2016年10月26日(水)12:00より#104~#222の配信も行われるようになった[4]。

DVD発売
2008年3月、1本に番組3回分を収録したDVDが3巻同時発売された。その後もこのDVDシリーズは3巻ずつ発売され、2014年12月までに計55本が発売されている(後述)。

2012年7月25日の「内村さまぁ〜ず vol.40」のリリースをもってギネス・ワールド・レコーズより「1つの日本のバラエティ番組におけるDVDリリース数(Most DVDs released by a Japanese style variety show)」のギネス世界記録に認定された[5]。

2014年12月時点において、累計出荷枚数が100万枚を突破した[6]。

地上波放送
2009年4月よりソニー・ミュージックエンタテインメントのプロジェクト「E!TV」のうちの1番組として独立局のTOKYO MXとテレビ神奈川で地上波での放送が開始された。 番組内容は過去に配信した作品のうちDVDに収録また収録予定の回を#100までは1回分を30分に編集して放送、#101からは1回分を30分ずつ2週に分けて放送している[注 3] なお#101放送前にインターネットでは有料生配信のみだった「内村さまぁ〜ず 5年目突入イベント」を2週に分けて放送した。またこの回からハイビジョン放送となった。 TOKYO MXでの#146放送前には地上波放送がインターネット配信に追いついてしまうため、地上波放送のみの企画として「音とか歌とかの問題を今回だけは特に気にしなくてイイ男達!!」と題して普段のインターネット配信では著作権の都合でカットされる音楽企画を行った。 なお、当番組名については、ネット局によって、番組表には「内村さまぁ~ず #○(放送回数)」と「内村さまぁ~ず SECOND」と記載されている。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「内村光良」について

「内村光良」は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、映画監督、作家。熊本県人吉市出身。お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンのメンバーで、相方は南原清隆。愛称は「ウッチャン」。マセキ芸能社所属。妻は徳永有美。

1964年7月22日、熊本県球磨郡あさぎり町に生まれ、免田町立免田小学校(現・あさぎり町立免田小学校)に入学。小学4年生の時に熊本県人吉市の人吉市立西瀬小学校に転校し、人吉市立第二中学校、熊本県立人吉高等学校を卒業。映画監督を志し横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)演劇科に第9期生として入学。南原清隆、出川哲朗、入江雅人らと出会う。

1985年、漫才の授業をきっかけに南原とコンビを結成。講師をしていた内海桂子・好江の勧めでマセキ芸能社に所属し、『お笑いスター誕生!!』に出演。「ショートコント」スタイルを確立するなど、コントを主体とした芸風で、とんねるず・ダウンタウン・B21スペシャルらと共に「お笑い第三世代」代表の一角としてバラエティ界をリードした。

『夢で逢えたら』への出演からスタジオコントにこだわるようになり、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』と合わせて様々なキャラクターを演じた。ドキュメント系バラティの『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』では内村の強い要望でコントライブのコーナーを設け、コントブーム終焉後も『笑う犬の生活』や『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』に携わるなど、コントにかける情熱から「最もコントを愛する芸人」とも言われる。

1998年、ポケットビスケッツのメンバーとして『第49回NHK紅白歌合戦』に出場。

1999年、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の企画「ドーバー海峡横断部」の遠泳リレーでドーバー海峡の横断に成功。後年、「人生で1番キツかった仕事」と語る。

『内村プロデュース』をはじめ、2000年代からピンでの活動が中心となり、『内村さまぁ〜ず』、『世界の果てまでイッテQ!』、『スクール革命!』などは10年以上続く。なお、『内村さまぁ〜ず』は2012年にDVDのリリース本数がギネス記録に認定され、以降も更新中である。

2006年に『ピーナッツ』で映画監督デビューし、2013年に『ボクたちの交換日記』、2016年に『金メダル男』を発表。

2017年からは『内村文化祭』と題した主催ライブを毎年行っている。

2017年から『NHK紅白歌合戦』の総合司会を4年連続で務める。

2019年、人吉市民栄誉賞を受賞。

「内村光良」の身体的特徴

色白で鼻が大きく、度々相方や他の芸人のネタにされる。肌は幼い頃から白く、小学校の頃の担任に「君は色が白いから歌舞伎役者になるといいよ」とアドバイスをもらったことがある。髪型は高校時代から変わっていない。

ジャッキー・チェンに似ていることから、ジャッキーに関する以下のエピソードがある。

出川哲朗には専門学校時代から「チェン」と呼ばれ続けている。
内村自身もジャッキーのファンで時折ものまねをしたりしているが、これが縁でジャッキー・チェン本人とは番組などを通じて幾度か共演しており、ジャッキー本人も似ていることを認めている。

『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』では、「ウッチー・チェン」として、デタラメな中国語と、内村のボディアクションが特徴であるコントを披露している。

ジャッキー主演の映画『ツイン・ドラゴン』は、雑誌広告でジャッキーが二役で双子を演じるポスターの片方を内村の顔写真に変え、「ジャッキーは、ウッチャンを見てこの映画を思いついた」というコピーを使用していた。

高校時代の自主制作映画で、ジャッキー並のアクションを演じたこともある。

活動初期はメガネを掛けていた。これは『お笑いスター誕生!!』出演時にスタッフから「(相方である南原と)顔が似ているからメリハリをつけるために掛けろ」と言われて掛けていたものである。

「内村光良」の趣味・嗜好

小学生の頃に父親が趣味で買った8ミリカメラや映写機に触れ、中学生の時に観た『街の灯』と『ロッキー』の影響で映画にのめり込み、監督を志すようになる。中学の文化祭では映画をモチーフにした劇を上演し、自ら脚本・演出・主演を務めた。高校時代から撮影用の機材を揃えて自主映画を制作・上映するようになり、横浜放送映画専門学院ではぴあフィルムフェスティバルに応募するも落選する。

特に影響を受けた映画として前述の『街の灯』、『ロッキー』に加えて、『卒業』、『小さな恋のメロディ』、『明日に向って撃て!』を不動のベスト5として上げる。他にも、ブルース・リーやジャッキー・チェンなど香港スターによるアクション映画、大林宣彦監督作品の尾道三部作について、随所で熱く語っているのが見られる。

『笑う犬』シリーズでの映画評論コント「ミル姉さん」でも映画への知識と情熱が遺憾なく発揮され、当時は雑誌連載のオファーが殺到した。しかし、当時山ほどレギュラーを抱えていた内村はミル姉さんの姿で「嬉しいけどこれだけで手一杯だから勘弁して…。」と呟いていた。

『燃えよドラゴン』は既に数え切れないほどの回数を観ているが、未だにテレビ放映されるとオンエアで観てしまう。リーのものまねも得意で、『ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!』の映画パロディでは「テルース・リー」として、『燃えよドラゴン』のパロディで『燃えてるドラゴン』、『ドラゴン怒りの鉄拳』のパロディで『ドラゴン怒りのせっけん』など、映画の予告編風のコントを披露していた。

『ウンナン世界征服宣言』の企画で、日本大学芸術学部の映画学科を目指すことになった。内村は一次試験を通過するも、二次試験の面接で求められた「完全に芸能人をやめて学業に専念する」条件が果たせず、進学は断念している。

好きなアーティストはサザンオールスターズ。『夢で逢えたら』で共演して以来、『ウンナンの気分は上々。』でのライブ出演の企画、『ウンナンのホントコ!』や映画『金メダル男』での曲の依頼、桑田佳祐の『白い恋人達』プロモーションビデオや『桑田佳祐の音楽寅さん』出演など、たびたび共演の機会がある。

内村は桑田を「繊細な方」「あんなにスターなのに、全然スターに見えないというか、なにも飾らないし、本当に気さくな方」と評価しており、それを象徴するエピソードとして前述のライブ出演で桑田が興奮して内村を蹴り飛ばし、舞台から突き落とした事を「ずっと謝ろうと思っていた」と感じ、数年後に偶然再会し、初めて一緒に酒を交わした際に、内村に謝っていた事が語られている。なお、内村本人は謝られたことについて「そんなことをずっと気にしていられたなんて」と感じており、突き落とされた事をあまり気にしていなかった。

桑田は自身のラジオで「ウッチャンは温かいよね。芸能の神をまつる紅白の神主はウッチャン」と『第69回NHK紅白歌合戦』で共演した際の内村の司会ぶりを高く評価していた。

志穂美悦子の大ファンでファンレターを送ったことがある。また、『笑う犬』の時に志穂美本人から手紙と本人の手による「ミル姉さん」の油絵が届き「芸能界にいて良かった」と絶叫したことがある。

Perfumeを気に入っており、舞台『エルダーソルジャーズ』では、Perfumeのコスプレをして振り付けを披露。その直後に行われた『世界の果てまでイッテQ』の企画でも、富士山登頂した際にレギュラーメンバーからDVDやCDなどを差し入れされて、富士山で「ポリリズム」の振り付けを披露した。

『連続テレビ小説』のファンで、小学生の頃は『藍より青く』や『鳩子の海』を観るのが日課だった。『ゲゲゲの女房』以降の作品は、欠かさず観ている。以前から『連続テレビ小説』への出演を望んでおり、『なつぞら』でナレーションとして参加することとなった。また、『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』では度々、『連続テレビ小説』のパロディコントを行っている。

好きなアニメは『あしたのジョー』で、昔の営業のネタでよくモノマネをしていた。

『銀河英雄伝説』の大ファンで、2007年7月14日放送の『SmaSTATION!!』にゲスト出演した際に、「実写で演じてみたいキャラクターは誰?」という質問に対し、他の出演者が適当に答える中で一人はっきりと「ヤン・ウェンリー」と答えた。また、『ウリナリ!!』では『銀英伝』を元ネタにした『銀河放浪伝説』というコントを作り、「ラインテルト」というキャラを演じている。共演の東野幸治は「ヒガシノイス」と言うキャラであった。OVA版でナレーションを務めた屋良有作を起用した上にOVA版の衣装を用意し、元ネタのラインハルトの声色とセリフを忠実にマネるという力の入れようだった。

『欅坂46』のファンで、『紅白歌合戦』や自身のライブ『内村文化祭』などで度々ダンスを披露している。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

Amazonプライムビデオで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「内村さまぁ~ず」以外にもAmazonプライムビデオでは

・鬼滅の刃
・呪術廻戦
・バチェラー・ジャパン
・誰かが見ている
・ドキュメンタル
・炎炎ノ消防隊
・おそ松さん

などなど、Amazonプライムビデオなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪

-エンタメ動画情報
-