エンタメ動画情報

【無料動画】世界のありえない最強映像2022の見逃し配信!配信期間は?

世界のありえない最強映像2022の見逃し配信無料動画の配信はない?視聴方法暴露

フジテレビで放送されているバラエティ番組「超ド級!世界のありえない最強映像2022」の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や過去放送回、再放送のことなどについてなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「超ド級!世界のありえない最強映像」は、各部門別に映像を紹介して、ゲストは審査員として出演しており、番組の最後に出演者全員で審議して決定した大賞を、司会が発表する番組で、人気です!

だからこそ、「超ド級!世界のありえない最強映像」を楽しむための方法をご紹介したいのですが、「超ド級!世界のありえない最強映像」は現在動画配信されておりません。

今後、「超ド級!世界のありえない最強映像」が動画配信されるとすれば、それは動画配信サービスFODです。

FODはフジテレビが行っている動画配信サービスなので、「超ド級!世界のありえない最強映像」が今後配信されるとしたら、FODになると思います。

・超ド級!世界のありえない最強映像を何回も観たい
・フジテレビのドラマの動画をたくさん観たい!
・過去の月9ドラマの名作などを動画でたくさん観たい!
・FODオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にFODはおすすめです。

更にFODでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※「超ド級!世界のありえない映像」は現在FODでは配信されておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

フジテレビのドラマやバラエティの見逃し配信ももちろんFODなら見放題!

フジテレビのドラマは、TVerやGYAO!などでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、FODなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

FODなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※「超ド級!世界のありえない映像」は現在FODでは配信されておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

FODなら月9ドラマなどのフジテレビの話題の動画がたくさん!

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、FODなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※「超ド級!世界のありえない映像」は現在FODでは配信されておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「超ド級!世界のありえない最強映像2022」

世界中から選りすぐりの衝撃&感動&絶景&ほっこり&かわいいが連発!厳選した最強の映像でお届けする120分。

海外のあらゆるネットワークを駆使して、世界各国の“超ド級のありえない映像”を紹介するこの番組。今回は選び抜かれた「最強映像」ばかりをそろえてお届けします!膨大な映像の中から、予想外のハプニング、動物の驚くべき生態、感動のドラマまで、番組が厳選した「ありえない最強映像」が続々登場。今回は“まばたき禁止!ハッと息をのむ部門”“キュンキュンかわいすぎる部門”“ハラハラドキドキ!目が離せない部門”“エッ!そんなこと…まさかの部門”“あっと驚いた見逃せない部門”の各部門からさまざまな映像を紹介。出演はあばれる君、大友花恋、岡田圭右(ますだおかだ)、柴田理恵、的場浩司、森泉(五十音順)。

「超ド級!世界のありえない最強映像2022」の出演者

あばれる君、大友花恋、岡田圭右(ますだおかだ)、柴田理恵、的場浩司、森泉(五十音順) 
【進行】
宮司愛海(フジテレビアナウンサー)

※「超ド級!世界のありえない最強映像」は現在FODでは配信されておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「超ド級!世界のありえない映像大賞」最新70連発

世界中から選りすぐりのありえない映像70連発!究極のありえない映像が今夜決定!衝撃&感動&かわいい&ほっこり&爆笑&絶景!お楽しみください。

海外のあらゆるネットワークを駆使して、世界各国の“超ド級のありえない映像”を取りそろえたこの番組。審査委員長に檀れい、そして審査員には大沢あかね、川島明(麒麟)、久間田琳加、RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)(※五十音順)と豪華な芸能人たちが勢ぞろい。今回登場する映像は“まばたき禁止!ハッと息をのむ部門”“キュンキュンかわいすぎる部門”“ハラハラドキドキ!目が離せない部門”“エッ!そんなこと…まさかの部門”“あっと驚いた!見逃せない部門”の5部門。審査員たちが数々の“ありえない映像”の中から“究極のありえない映像大賞”を決定する。

世代や男女を問わず、誰しもの心を揺さぶる映像がめじろ押し。果たして“ありえない映像大賞”に輝くのはどの映像なのか!?家族みんなで笑えて泣けて、ストレスを吹き飛ばす、厳選された珠玉の映像の数々をノンストップでご覧いただきたい!

「超ド級!世界のありえない映像大賞」の出演者

【審査委員長】
檀れい

【審査員】
大沢あかね
川島明(麒麟)
久間田琳加
RIKU
(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

【進行】
榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)
杉原千尋(フジテレビアナウンサー)

「超ド級!世界のありえない映像大賞」檀れいが審査委員長に!

3月31日(木)に「超ド級!世界のありえない映像大賞13」(夜7:00-9:54、フジテレビ系)が放送される。放送に先駆け、審査委員長の檀れい、審査員のRIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)からコメントが届いた。

同番組は、世界各国の“超ド級のありえない映像”を集めて紹介。そして、その中から審査員らが“ありえない映像大賞”を決定する。審査員はRIKUのほか、大沢あかね、川島明(麒麟)、久間田琳加が務める。

登場する映像は、「まばたき禁止!ハッと息をのむ部門」「キュンキュンかわいすぎる部門」「ハラハラドキドキ!目が離せない部門」「エッ!そんなこと…まさかの部門」「あっと驚いた!見逃せない部門」の5部門、計70本の映像で構成される。

収録後、審査員長の檀が特に印象に残った映像として挙げたのは、厳しい自然の中で生きる動物の映像。

南極大陸で集団生活をするコウテイペンギンの密着映像や、カザフスタンの北部にある街・コスタナイに住む兄弟が、目と口を氷でふさがれているシカをある方法で助ける映像を見た檀は 「過酷な環境下で時には命を落としてしまう動物たち。動物たちを見守り、いかに生態系を崩さずに共生していくかを考え、行動する人間模様や心のあたたかさにホッとしました」と振り返る。

檀れいのコメント

――収録の感想を教えてください。

周りの皆さまに支えていただき、審査委員長という大役をどうにか果たすことができました。貴重な映像が盛りだくさんで、あっという間の収録でした。

――特に印象に残ったVTRは?

過酷な環境下で時には命を落としてしまう動物たち。動物たちを見守り、いかに生態系を崩さずに共生していくかを考え、行動する人間模様や心のあたたかさにホッとしました。

――視聴者の方々へメッセージをお願いします。

とにかくあっという間の3時間で、目が離せません! ハラハラ、ドキドキ、きゅんとしたり、ほっこりしたり。“超ド級のありえない映像”が、皆さんの心をわしづかみにすると思います!

RIKUのコメント

――収録の感想を教えてください。

大変楽しく収録に臨むことができました! ご一緒させていただいた皆ざまに感謝しております!

――特に印象に残ったVTRは?

“双子の姉妹がベッドに上がろうとする映像”が特に印象に残りましたね。なぜ印象に残ったのかは、映像を見ていただければ“言わずもがな”かと思います。

――視聴者の方々へメッセージをお願いします。

3時間があっという間に感じてしまうくらい楽しい番組なので、“まばたき厳禁”です!

「檀れい」について

「檀れい」は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組・星組トップ娘役。

本名、山崎 まゆみ(やまざき -)。婚姻時の姓は、及川。愛称は「だん」(宝塚歌劇団時代)、「タン・リー」(中国公演時)。

太田プロダクション所属。元夫は歌手・俳優の及川光博。

兵庫県温泉町(現在の新温泉町)に生まれる。幼稚園時代に学芸会で褒められたことがきっかけで、高校時代にファッション雑誌の読者モデルを経験するなど、人前に立つ仕事に興味を持つようになる。温泉町立温泉中学校、兵庫県立浜坂高等学校を卒業。

1990年、宝塚音楽学校入学。1992年、第78期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は40番(最下位)。雪組『この恋は雲の涯まで』で初舞台を踏む。

芸名は自身の本名である「まゆみ」と同音の樹木・檀(マユミ)に由来し、「マユミは良くしなるので、マユミのように何でも柔軟な姿勢でどんな役でもこなせるように」と言う意味が込められている。これに中性的な名前の「れい」を付けた。なお、第一希望は真魚渚、第ニ希望は紫月るなであったが、どちらも他の生徒と苗字が重なったため、諦めた。

1993年に月組に配属後、1997年に雪組に異動。それまで大きな役が付くことはなかったが、1998年『浅茅が宿』新人公演最後となる入団7年目で初めてヒロインに抜擢され、翌年より真琴つばさの相手役として月組トップ娘役に就任。2度の中国公演に参加し「楊貴妃の再来」という最大の賛辞が送られた。北京語でのソロも披露した。

2001年の真琴退団後は専科へ異動となり、外部出演等を経て、2003年には湖月わたるの相手役として、星組トップ娘役に就任。『王家に捧ぐ歌』のアムネリス、『花舞う長安』の楊貴妃などが当たり役となった。2005年、『長崎しぐれ坂』をもって退団した。

退団後は女優として新たなキャリアをスタート。2006年12月に映画『武士の一分』で銀幕デビューを果たす。日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。

2009年6月9日より舞台『ゼブラ』に4姉妹の次女役として出演予定だったが、鉄欠乏性貧血のため降板することとなった。

2010年3月30日より、NHKで放送された『八日目の蝉』で、ドラマ初主演を務めた。

2011年7月27日、歌手・俳優の及川光博と結婚したことを発表したが、2018年11月28日に離婚。2人の間に子供はいない。

2012年、遊佐未森のアルバム『淡雪』に参加。宝塚歌劇団退団後初めてのCDアルバム参加となった。

2015年2月26日、農林水産省の「日本食普及の特別親善大使」に任命される。

2022年6月公開の『太陽とボレロ』で映画初主演。

「檀れい」宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台
1992年3月26日 - 5月12日、宝塚大劇場雪組公演『この恋は雲の涯まで』
1992年7月2日 - 7月29日、東京宝塚劇場雪組公演『この恋は雲の涯まで』

組回り
1992年6月4日 - 6月28日、東京宝塚劇場花組公演『白扇花集/スパルタカス』
1992年12月1日 - 12月25日、東京宝塚劇場花組公演『心の旅路/ファンシー・タッチ』

月組時代
1993年4月2日 - 5月10日、宝塚大劇場公演『グランドホテル/BROADWAY BOYS』
1993年7月2日 - 7月31日、東京宝塚劇場公演『グランドホテル/BROADWAY BOYS』
1993年9月17日 - 10月25日、宝塚大劇場公演『花扇抄/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ』
1994年1月1日 - 2月7日、宝塚大劇場公演『風と共に去りぬ -バトラー編-』
1994年4月4日 - 4月27日、東京宝塚劇場公演『風と共に去りぬ -バトラー編-』
1994年6月24日 - 8月8日、宝塚大劇場公演『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』
1994年11月2日 - 11月27日、東京宝塚劇場公演『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』
1995年2月17日 - 3月27日、宝塚大劇場公演『ハードボイルドエッグ/EXOTICA!』(阪神・淡路大震災のため公演中止)
1995年4月22日 - 5月6日、宝塚バウホール公演『結末のかなた』
1995年5月25日 - 6月3日、日本青年館大ホール公演『結末のかなた』
1995年8月11日 - 9月25日、宝塚大劇場公演『ME AND MY GIRL』
1995年10月14日 - 10月29日、宝塚バウホール公演『ある日どこかで -SOMEWHERE IN TIME-』
1995年11月2日 - 11月9日、日本青年館大ホール公演『ある日どこかで -SOMEWHERE IN TIME-』
1995年12月1日 - 12月26日、東京宝塚劇場公演『ME AND MY GIRL』
1996年1月21日 - 2月5日、宝塚バウホール公演『訪問者』
1996年2月9日 - 2月13日、日本青年館大ホール公演『訪問者』
1996年3月29日 - 5月6日、宝塚大劇場公演『CAN-CAN/マンハッタン不夜城』- 花売りの娘 新人公演・ミミ(本役:夏妃真美)
1996年6月7日 - 6月9日、愛知厚生年金会館公演『結末のかなた』
1996年7月4日 - 7月30日、東京宝塚劇場公演『CAN-CAN/マンハッタン不夜城』- 花売りの娘 新人公演・ミミ(本役:夏妃真美)
1996年8月7日 - 8月14日、日本青年館大ホール公演『銀ちゃんの恋』 - 玉美
1996年9月20日 - 11月4日、宝塚大劇場公演『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-/プレスティージュ』新人公演・カテリーナ・スフォルツァ(本役:夏河ゆら)
1996年12月20日 - 1997年2月2日、宝塚大劇場公演『バロンの末裔/グランド・ベル・フォリー』新人公演・シャーロット(トーマスの秘書)(本役:夏河ゆら)
1997年2月26日 - 2月27日、 ホテル阪急インターナショナル 真琴つばさディナーショー『加夢音 Come on』
1997年3月4日 - 3月5日、 東京パレスホテル 真琴つばさディナーショー『加夢音 Come on』
1997年4月4日 - 4月30日、東京宝塚劇場公演『バロンの末裔/グランド・ベル・フォリー』新人公演・シャーロット(トーマスの秘書)(本役:夏河ゆら)
1997年6月27日 - 8月4日、宝塚大劇場公演『EL DORADO』 - モルギアーナ 新人公演・スルマ(ワルパの妻)(本役:鈴奈美央)
1997年8月23日 - 9月7日、宝塚バウホール公演『FAKE LOVE』 - シモーネ
1997年9月11日 - 9月17日、日本青年館大ホール公演『FAKE LOVE』 - 同上
1997年9月21日 - 9月23日、愛知厚生年金会館公演『FAKE LOVE』 - 同上

雪組時代
1997年12月19日 - 1998年2月1日、宝塚大劇場公演『春櫻賦/Let's Jazz 踊る五線譜』-夕顔 新人公演・真銭金(本役:五峰亜季)
1998年2月28日 - 3月8日、宝塚バウホール公演『ICARUS』 - クレア・ボーン
1998年4月3日 - 4月30日、TAKARAZUKA1000days劇場公演『春櫻賦/Let's Jazz 踊る五線譜』-夕顔 新人公演・真銭金(本役:五峰亜季)
1998年5月30日 - 6月21日、全国ツアー『風と共に去りぬ』 - メラニー・ウィルクス
1998年8月7日 - 9月14日、宝塚大劇場公演『浅茅が宿/ラヴィール』新人公演・宮木/眞女児(本役:月影瞳)*新人公演初ヒロイン
1998年11月28日 - 12月16日、TAKARAZUKA1000days劇場公演『浅茅が宿/ラヴィール』新人公演・宮木/眞女児(本役:月影瞳)

月組トップ娘役時代
1999年3月18日 - 4月14日、全国ツアー『うたかたの恋/ミリオン・ドリームズ』- マリー・ヴェッツェラ
1999年5月14日 - 6月21日、 宝塚大劇場公演『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ』- アデル/ルシル(芝居・二役)、エストレーラ(ショー)
1999年5月28日 - 5月29日、TAKARAZUKA1000days劇場 '99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』
1999年7月14日 - 7月15日、 ホテル阪急インターナショナル 真琴つばさディナーショー『WHO? What. Why!』
1999年8月20日 - 9月27日、 TAKARAZUKA1000days劇場公演『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ』 - 同上
1999年10月28日 - 11月9日、中国公演『夢幻花絵巻/ブラボー!タカラヅカ』
1999年11月27日 - 12月19日、全国ツアー『うたかたの恋/ブラボー!タカラヅカ』- マリー・ヴェッツェラ
1999年12月23日 - 12月25日、宝塚大劇場『レビュースペシャル'99』
2000年2月19日 - 4月3日、宝塚大劇場公演『LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE -月明かりの赤い花-』 - アイリーン
2000年5月12日 - 6月26日、TAKARAZUKA1000days劇場公演『LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE -月明かりの赤い花-』 - 同上
2000年8月1日 - 8月21日、博多座公演『LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE 月明かりの赤い花』 - 同上
2000年9月1日 - 9月2日、宝塚大劇場TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
2000年9月26日 - 11月6日、宝塚大劇場公演『ゼンダ城の虜/Jazz Mania -ジャズ・マニア-』 - フラビア姫
2000年12月13日、TAKARAZUKA1000days劇場『アデュー・TAKARAZUKA1000days劇場』
2001年1月1日 - 2月12日、東京宝塚劇場公演『いますみれ花咲く/愛のソナタ』 - ゾフィ
2001年5月18日 - 7月2日、宝塚大劇場公演『愛のソナタ/ESP!』 - 同上
2001年6月1日 - 6月2日、宝塚大劇場TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』

専科時代
2001年9月1日 - 10月28日、芸術座『極楽町一丁目〜嫁姑地獄編〜』(外部出演)
2002年4月6日 - 4月16日、日生劇場公演『風と共に去りぬ』 - メラニー(専科・雪組合同公演)
2002年4月18日 - 4月29日、日生劇場公演『風と共に去りぬ』 - メラニー(専科・花組合同公演)
2002年6月6日 - 6月7日、東京宝塚劇場TCAスペシャル2002『DREAM』
2002年9月13日 - 10月2日、中国公演『蝶・恋/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ』 - 霧音(星組公演に特別出演)

星組トップ娘役時代
2003年4月25日 - 5月18日、全国ツアー『蝶・恋/サザンクロス・レビューIII』 - 霧音
2003年6月5日 - 6月6日 、日本青年館大ホールTCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター ―宝塚大劇場10周年の軌跡―』
2003年7月11日 - 8月18日、宝塚大劇場公演『王家に捧ぐ歌』 - アムネリス
2003年9月19日 - 11月3日、東京宝塚劇場公演『王家に捧ぐ歌』 - 同上
2003年12月19日 - 12月30日、シアター・ドラマシティ公演『永遠の祈り-革命に消えたルイ17世-』 - アンヌ
2004年1月8日 - 1月11日、宝塚大劇場花組公演『アプローズ・タカラヅカ!―ゴールデン90―』 - 特別出演
2004年2月20日 - 3月28日、宝塚大劇場公演『1914/愛/タカラヅカ絢爛-灼熱のカリビアン・ナイト-』 - アデル
2004年5月7日 - 6月6日、東京宝塚劇場公演『1914/愛/タカラヅカ絢爛-灼熱のカリビアン・ナイト-』 - 同上
2004年7月13日 、日本青年館大ホールTCAスペシャル2004『タカラヅカ90―100年への道―』
2004年8月1日 - 8月23日、博多座公演『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-/ロマンチカ宝塚'04』 - 楊貴妃
2004年10月1日 - 11月8日、宝塚大劇場公演『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-/ロマンチカ宝塚'04』 - 同上
2004年11月26日 - 12月26日、東京宝塚劇場公演『花舞う長安 -玄宗と楊貴妃-/ロマンチカ宝塚'04』 - 同上
2005年2月2日 - 2月24日、中日劇場公演『王家に捧ぐ歌』 - アムネリス
2005年3月24日 - 3月25日、宝塚ホテル - ミュージックサロン『DAN-ke schön!』
2005年3月27日 - 3月28日、東京パレスホテル - ミュージックサロン『DAN-ke schön!』
2005年4月29日 - 4月30日、日本青年館大ホールTCAスペシャル2005『ビューティフル・メロディー ビューティフル・ロマンス』
2005年5月13日 - 6月30日、宝塚大劇場公演『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!』 - おしま
2005年7月8日 - 8月14日、東京宝塚劇場公演『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!』 - 同上 ※退団公演

※「超ド級!世界のありえない映像」は現在FODでは配信されておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

「超ド級!世界のありえない映像」について

「超ド級!世界のありえない映像(博覧会・烈伝・ベスト・大賞)」は、2009年よりフジテレビ系列において放送されている、特別番組とそのシリーズである。

2010年9月5日には、『超ド級!世界のありえない映像ベスト』と題して、博覧会・烈伝の過去の放送で取り上げた映像で厳選された映像を振り返る総集編が放送された。

2018年1月5日には、『超ド級!世界のありえない映像大賞』と題して、各部門別に映像を紹介して、ゲストは審査員として出演しており、番組の最後に出演者全員で審議して決定した大賞を、司会が発表する内容へとリニューアルされた。

2019年1月4日には、番組史上最長の5時間の拡大版が放送された。

世界中で集めた日常ではありえない出来事や瞬間の映像を次々と紹介、パネラーたちが評価し、最もあり得ない映像、通称「ありえ9」を決める番組。現在は様々な内容を行っている。番組最高視聴率は19.2%を獲得。

※「超ド級!世界のありえない映像」は現在FODでは配信されておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪
 

FODで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「超ド級!世界のありえない映像」以外にもFODでは

・絶対零度
・ビーチボーイズ
・のだめカンタービレ
・監察医朝顔
・アンサング・シンデレラ
・ラジエーションハウス
・アンフェア

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

フジテレビのドラマや映画、雑誌や漫画の電子書籍なら、是非FODで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、FODでチェック!

※「超ド級!世界のありえない映像」は現在FODでは配信されておりません。

※おすすめのVOD配信サービスは≫≫≫コチラ≪≪≪

-エンタメ動画情報
-