エンタメ動画情報 音楽ライブ動画情報

【無料動画】ミュージック・モア「松任谷正隆」の見逃し配信!配信期間は?

【無料動画】ミュージック・モアの見逃し配信!配信期間は?

TOKYO MXで放送されている音楽バラエティ番組「ミュージック・モア」ゲスト:松任谷正隆の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「ミュージック・モア」は、『とにかく良い音楽を語ること』を番組の基本テーマに据え、オリコンのランキングから昭和の名曲を掘り下げるコーナー『ランキング・ブリッジ』、今知っておきたいアーティストのライブを送るコーナーもある番組で、注目です!

だからこそ、「ミュージック・モア」を何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「ミュージック・モア」を楽しむために、今後配信されるかもしれない動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

・ミュージック・モアを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・一億円のさようなら
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「ミュージック・モア」今回のゲストは初登場の松任谷正隆さん!

音楽プロデューサーで作編曲家の松任谷正隆さんがミュージック・モアに初出演!幅広く活躍する松任谷さんにクリスがグググと迫ります。

音楽プロデューサーで作編曲家の松任谷正隆さんは14歳でバンド活動をスタート。20歳の頃、加藤和彦さんに見出され、スタジオプレイヤーに。音楽活動を始めた初期の頃の話や、アレンジャー、プロデューサーとして、松任谷由実さんのコンサートをはじめ、多くのアーティスト作品を手掛けるウラ話、新人バンド「SKYE」など幅広く活躍されいる松任谷正隆さんにクリスがグググと迫ります。

「ミュージック・モア」の出演者

【MC】
クリス松村
【ゲスト】
松任谷正隆
【ナレーター】
黒田治

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「ミュージック・モア」について

「ミュージック・モア」は、2018年7月7日よりTOKYO MX1で放送している音楽番組。

MCのクリス松村が、毎回アーティストゲストを招いてトークを展開、時代を作った曲から、埋もれてしまった名曲まで話を広げる。

2018年9月中旬からは、収録場所をレコーディングスタジオ「サウンドインスタジオ」(東京都千代田区)に移し、ゲストがその場でライブを行うようになった。

『とにかく良い音楽を語ること』を番組の基本テーマに据え、オリコンのランキングから昭和の名曲を掘り下げるコーナー『ランキング・ブリッジ』、今知っておきたいアーティストのライブを送るコーナー『Live in Music More』なども展開。

番組タイトルは、2018年9月まで『ミュージック・モア 今夜、僕たちはきっと音楽を聴く。』であったが、2018年10月から『ミュージック・モア』と変更された。

2019年4月よりサンテレビ(兵庫県)でも放送を1週遅れで開始(木曜日 21:30~22:00。2020年3月までは火曜日 23:30~24:00)していたが、2020年9月24日(前週の伊藤蘭の回)をもって放送終了(打ち切り)となる。

2020年4月2日より毎週金曜日 1:05~1:35(木曜日深夜)に、同年10月3日よりは第1・第5土曜日 11:30~11:55に、更に2021年4月3日からそれより30分早い時間に放送枠を移動した。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「クリス松村」について

「クリス松村」は、日本のタレント、フィットネスインストラクター。オランダ・ハーグ出身。アヴィラ所属。

外務省職員の長男として、オランダのデン・ハーグに生まれる。祖父は元衆議院議員の高石幸三郎。その後パキスタンに移るが5歳の時に帰国し学習院初等科に入学。秋篠宮文仁親王と学友の実弟、清子内親王(現・黒田清子)の学友で弁護士の実弟もいる。その後は英国ロンドンへ渡ったほか、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、フランス、オーストリア、ポルトガル、エジプト、ギリシャ、香港での生活を経験している。

10代の頃は芸能界入りを目指し、多数のオーディションを受けたりしていた(松田聖子の相手役、息っ子クラブ等)。詳しい時期は明かしていないが、かつて両親に内緒で芸能事務所に入り、『獅子の時代』などにエキストラで出演した経験がある。しかし芽が出ず、大学卒業後は広告代理店に就職する。就職後は暴食により85kgまで太ってしまうが、スポーツクラブに通い、エアロビクスとダンスにより3か月で30kgのダイエットに成功する。広告代理店退社後は上原謙のマネージャーを経験したのち、インストラクターに転身。自身が大ファンであるピンク・レディーの曲の振りをフィットネスに取り入れた、「ピンク・レディー・エクササイズ」が盛況だったという。2005年、バラエティ番組『三宅裕司のドシロウト』に、ピンク・レディーの追っかけ集団「キラキラ隊」の一員として出演すると、いわゆる「おネエ」キャラが話題となる。その後、芸能事務所アバンギャルドへの所属が決まり、本格的にタレント活動を開始した。芸名の「クリス」は、米国の俳優クリス・オドネル(Chris O'Donnell)に因む。

フジテレビ系列で放送されていた『クイズ!ヘキサゴンII』では、司会者の島田紳助から「ラクダ」とあだ名を命名された他、乾燥した宮本亜門に似ているということから「ドライ亜門」と頻繁にいじられるようになり、初出演から程なくして常連出演者(ヘキサゴンファミリー)となった。同じく「カッパ」というあだ名で呼ばれていた山根良顕(アンガールズ)と、番組内ユニット「ラクダとカッパ」を結成し、DVDシングル『ラクダになるぞ』を発売。この他にも、「南明奈のスーパーマイルドセブン」や「矢口真里とストローハット」などの番組内ユニットに参加した。

著書の『誰にも書けないアイドル論』において「自分が作っているわけでもないのに、楽しむはずの音楽を上から目線で言いたくない。評論ではなく、音楽が好きで話している」という意向から、自身を音楽評論家ではなく、音を楽しむ『音"楽"家(おんらくか)』と名乗る。

2018年、自身初の選曲監修のコンピレーション・アルバム『Chris Music Promide』シリーズを手掛ける。

人物
ゲイであることを公表している。

父親と確執があり、永らく会っていないという。本人は「父が死んでも葬式には行かない。親子とか血を分けたという言葉には騙されない」と述べている。

邦楽、洋楽問わず音楽好きで、レコードやCD、DVDなど2万枚以上を所有。好みのジャンルはアイドル歌謡、ニュー・ミュージック、AOR、ディスコ、フュージョン、アダルト・コンテンポラリーなどである。特に松田聖子のデビューから40年来の大ファンでもありレコードやCDなどの全作品を所有しているとインタビューやテレビ番組等で度々語っている。ニュー・ミュージックの中で無名の歌手や、忘れ去られた歌手なども幅広取り上げている。公式ブログでも所蔵するレコードやCDを話題に取り上げ、曲にまつわる思い出や歌手のエピソードなどを綴っている。音楽知識をもとに、解説や評論も行うほか、オリビア・ニュートン=ジョンなどのCDのライナーノーツを手がけたり、日本航空(JAL)の機内オーディオプログラム『クリス松村のMUSIC BOOK』において、選曲・構成・プレゼンターを担当するなど、機内音楽も担当している。

ラジオで「バイシクル・レース」を聴いてクイーンが好きになり、すぐさまシングルを買おうとレコード店へ向かったが、ジャケットに写った女性の裸に恥ずかしくなり(もとより女性に興味がなかった)、代わりにアルバム『ジャズ』を購入している。

山下達郎の熱烈なファンで、最も思い入れのある曲は「愛を描いて」「希望という名の光」。2013年に行われた山下のコンサートツアーで販売されたパンフレットでは、山下のアルバム『MELODIES』を題材に対談を行っている。

大の航空ファンと公言しており、航空機のコレクションや航空機の写真をブログに披露している。航空機に乗るためだけの旅行をするほど機体には詳しい。

主張
情報技術の進歩による社会の変化に対して否定的な考えを持っており、インターネット上で匿名での書き込みができることを問題視しているほか、ソーシャルメディアやクラウドコンピューティングなどの「ネットの副作用」により若者の想像力やコミュニケーション能力が無くなってきていると主張している。また、音楽のダウンロード販売にも否定的である。

2014年5月に発生したAKB48握手会傷害事件の犯人が無職(引きこもりあるいはニート)と報じられたことを受け、ブログで「働くことは国民の義務のはず」「大体、人を傷つけられるということは健康なわけですから、無職ということ自体おかしい」「こうした事件を起こすほぼ100%が無職です」などと厳しく非難した。また、「政府は、これから“無職者を無くそう!”というキャンペーンでも打ち出して、実行するべき時です。2020年の東京オリンピックに向けて、急務な課題だと思われます。“美しい国、日本”として」などの持論を展開し、賛否両論を招いた。その後、「決して無職の方を非難したわけではございません。やむなく現在は無職という方々も多くいらっしゃることは存じておりますが、働かないことで心が病んでしまってはいけない…という内容の文面でした」などと内容の一部について釈明した。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「ミュージック・モア」以外にもU-NEXTでは

・ディア・ペイシェント~絆のカルテ~
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

-エンタメ動画情報, 音楽ライブ動画情報
-