エンタメ動画情報 ドラマ動画情報

芋たこなんきん60話の見逃し配信無料動画と再放送情報!

芋たこなんきんの見逃し配信無料動画と再放送情報!

NHKの朝ドラ「芋たこなんきん」60話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報やあらすじ、ネタバレ・キャストや原作情報、再放送のことなどを紹介したいと思います!

ペンペン
このドラマ「芋たこなんきん」は、原案・題字は田辺聖子さんで、モデルとなる田辺聖子さんの自伝的ドラマとなっており、再放送されたことを切っ掛けに再び注目を集めています!

だからこそ、「芋たこなんきん」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるようにテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「芋たこなんきん」を楽しむために、今後動画配信がされるかもしれない動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

・芋たこなんきんを何回も観たい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※朝ドラ「芋たこなんきん」のテレビ放送が終了したらNHKオンデマンドで配信される可能性があります。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・エール
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀
・おちょやん

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※朝ドラ「芋たこなんきん」のテレビ放送が終了したらNHKオンデマンドで配信される可能性があります。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

朝ドラ「芋たこなんきん」60話のあらすじ・ネタバレ

昭和20年、女学生の町子(尾高杏奈)は、勤労動員で兵庫県にある飛行機の部品工場で働くことになる。そんななか、町子のいとこの信次(宮﨑将)が戦死した知らせを受ける。泣きじゃくり悲しみに暮れる町子。そして悔しがる和代(鈴木杏樹)だが、突然、和代は予定日より早く産気づき、男の子が産まれる。花岡家に新しい家族が誕生。悲しみに包まれた花岡家に、明るい光を運んでくれた新しい生命。子どもは信夫と名付けられた。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※朝ドラ「芋たこなんきん」のテレビ放送が終了したらNHKオンデマンドで配信される可能性があります。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

朝ドラ「芋たこなんきん」のこれまでのあらすじ・ネタバレ

大阪市内の商店勤め、37歳独身の楽天娘が、ある日恋に落ち、結婚へ。 しかし、なんと嫁ぎ先は10人の大家族だった!
作家の田辺聖子さんの半生と数々のエッセイ集をベースに、大阪の戦前から戦後復興期を経て、 さらに現代へと明るくたくましく面白く生きたヒロインと、その家族のてんやわんやを描く、藤山直美主演の笑いと涙のホームドラマ。

朝ドラ「芋たこなんきん」第1週「ふたり」のあらすじ・ネタバレ

朝ドラ「芋たこなんきん」1話のあらすじ・ネタバレ

昭和40年。大阪市内の金物商店で働く37歳の花岡町子(藤山直美)は、小説家を夢見て駆け出しの文筆活動と二足のわらじを履きながら母・和代(香川京子)と暮らしている。子ども時代は実家が写真館を営み、父(城島茂)、母(鈴木杏樹)、祖父(岸部一徳)、祖母(宮田圭子)、曽祖母(淡島千景)、叔父、叔母2人、そして写真技師と女中衆の大家族の中で大人たちの愛情をたっぷり受けて過ごしてきた。

朝ドラ「芋たこなんきん」2話のあらすじ・ネタバレ

深夜、近所の川べりで2人の男が争っているのを目撃した町子(藤山直美)。やられているのは文学学校の友人・小川(上杉祥三)で、町子はケンカを止めに入ろうとするが、傍観していた健次郎(國村隼)に止められる。町子は、健次郎にくってかかるが、小川と争う相手は文学学校の講師、池内(板尾創路)で、町子はあ然とする。後日、小川から電話があり、「先生」がケンカの止めに入ってくれた町子にわびたいと言うのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」3話のあらすじ・ネタバレ

あこがれの池内先生(板尾創路)が訪ねてくるというので、朝から大忙しの町子(藤山直美)だったが、小川(上杉祥三)が連れてきたのは町医者の「先生」である健次郎(國村隼)。町子は落胆するが、3人で機嫌よく飲んでいた。しかし、町子と健次郎の間で口論となる。その後、筆が進まず締め切りだけが近づく町子は、会社を辞めたいと考えるようになる。ある日、池内から中之島公園に誘われた町子は自分の家族のことを語り始める。

朝ドラ「芋たこなんきん」4話のあらすじ・ネタバレ

先輩作家の池内(板尾創路)に、町子(藤山直美)は自分の家族のことを語っている。11人家族に写真技師と女中衆という大家族の中で大人たちの愛情をたっぷり受けて過ごしてきた少女時代。持ち前の好奇心で周りの大人たちをよく観察し、そこで起きたおもしろおかしい出来事や感じたことを書き留めていくことが大好きな女の子だった。池内に話して以来ペンを休まずに動かす町子は、あふれる思い出を題材に初めての私小説を書く。

朝ドラ「芋たこなんきん」5話のあらすじ・ネタバレ

スランプから抜け出した町子(藤山直美)はようやく文学学校の卒業作品を書き上げる。町子の作品は仲間内でも好評だった。数日後、家に帰ると健次郎(國村隼)が上がり込んで、妹・孝子(メイサツキ)と酒を飲んで料理をつまみ、笑い転げていた。またしても健次郎と言い争いになり、キツイひとことを言い放って家を飛び出す町子。翌日、言い過ぎを詫(わ)びようと健次郎の診療所を訪ねるのだが、妊婦の出産立会いに巻き込まれる。

朝ドラ「芋たこなんきん」6話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)は、妊婦の出産を終えた健次郎(國村隼)に、先日の口論での言い過ぎを詫(わ)びる。町子は会社を辞める決心をし、朝から晩まで小説を書き続ける毎日が始まる。そんな町子をある日、健次郎が訪ねる。その日から2人の晩酌デートが続く。そんななか、突然、健次郎は町子にプロポーズする。とまどっていると、今度は突然、同人誌の町子の作品が、新人作家の権威ある文学賞を受賞した知らせが飛び込んでくる。

朝ドラ「芋たこなんきん」第2週「お祝い!?」のあらすじ・ネタバレ

朝ドラ「芋たこなんきん」7話のあらすじ・ネタバレ

新人作家の権威ある文学賞受賞の知らせが飛び込んだ花岡町子(藤山直美)。受賞の騒ぎで、すっかり忘れているようだったが、健次郎(國村隼)のプロポーズに対してまだ返事をしていない。翌日から町子の生活は一変する。健次郎と会う時間もないまま、町子の多忙な日々が続く。子どものころからの夢だった小説家として本格的に仕事を始めた町子。健次郎への返事は気になりつつも、今はただ、書くことに夢中の毎日だった。

朝ドラ「芋たこなんきん」8話のあらすじ・ネタバレ

小説家になる夢をかなえた町子(藤山直美)は、健次郎(國村隼)へのプロポーズの返事を保留にしたまま、今はただ書くことに夢中。机の上の写真を見ながら花岡写真館で育った子ども時代を回想している。その大切な写真館は、昭和20年6月の空襲ですべて焼けてしまう。幸い町子をはじめ、家の者にけがはなかったが、徳一(城島茂)はその後、体を壊して寝ついてしまった…。現実に引き戻された町子は、疲労で倒れる。

朝ドラ「芋たこなんきん」9話のあらすじ・ネタバレ

文学賞を受賞した日から休みなく仕事を続け、ついに倒れてしまった町子(藤山直美)。内科医でもある健次郎(國村隼)が往診に町子の家へと通う。翌日も、その次の日も健次郎の往診が続く。そんなある日、健次郎は、おでん屋「たこ芳」で、近所のスナックの女性と「エエ男とはどんな男?」の話題で盛り上がる。そして健次郎は、「“エエ男”について意見が聞きたい」と町子に電話を入れる。2人の長電話は夜中まで続く…。

朝ドラ「芋たこなんきん」10話のあらすじ・ネタバレ

デートが続く町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)。ドライブに出かけたある日「僕と結婚したらおもしろい小説、どんどん書けるで」と健次郎に口説かれる。物書きとして、主婦として、どちらも中途半端になることで結婚を拒む町子に「中途半端と中途半端が2つ寄ってトータルしたら、人生満タンや」の健次郎の大らかさに、ついに結婚を決意する。結婚式に向けて準備を始めた2人だが、町子たちにはまだ解決すべき問題が残っていた。

朝ドラ「芋たこなんきん」11話のあらすじ・ネタバレ

結婚を決めた町子(藤山直美)だったが、忙しさは増すばかりで、式の準備もなかなか進んでいなかった。そしてある日、今の忙しさが落ち着くまで、結婚後も健次郎(國村隼)の家には入らずにしばらく別居したいことを健次郎に告げる。作家だった前妻を病気で亡くした健次郎は、無理することはないと町子の意をくむ。お互いの周囲では理解できず、2人の結婚にますます首をかしげる。そんな中で結婚式の日は近づく。

朝ドラ「芋たこなんきん」12話のあらすじ・ネタバレ

今日はいよいよ町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)の結婚式の日。だが、2人ともギリギリまで仕事を抱えていて、ドタバタが続く。式場には、健次郎の兄・昭一から2人に祝福の鶏が届いていたが、会場で逃げ出して大騒ぎ。なんとか式を終え、披露宴は健次郎の家で行う。宴会は夜中まで続き、義父・喜八郎(小島慶四郎)の島唄(うた)にあわせて町子たちが踊る。新しい人生の幕開けとなる、町子の長い結婚初日であった。

朝ドラ「芋たこなんきん」第3週「かぜひき」のあらすじ・ネタバレ

朝ドラ「芋たこなんきん」13話のあらすじ・ネタバレ

健次郎(國村隼)との結婚式を終えた町子(藤山直美)だったが、まだ当たり前のように花岡の実家で寝起きをしている。当分、別々に住んでみようと、健次郎と話し合った結果だ。結婚式から一週間たっても、2人は一緒に食事をする時間すら持てないままだった。久々に健次郎から電話があり、次の土曜日にある場所へ来てほしいという。突然の健次郎の行動に、何をしようとしているのか、まったく理解できない町子だった。

朝ドラ「芋たこなんきん」14話のあらすじ・ネタバレ

結婚した後も別々に暮らしている町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)。そんなある日、中之島にある古いビルの一室へと町子は健次郎に連れられていく。健次郎は、別荘としてこの部屋を買ったのだという。町子の家と健次郎の家の中間点にあるこの場所で、休みの日に一緒に過ごすことを町子に提案する。毎週末、町子はこの部屋で健次郎と子どもたちと楽しく過ごす。町子たちなりのペースで、家族の生活が始まっていた。

朝ドラ「芋たこなんきん」15話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)の新婚・別居生活が始まってしばらくたとうとしていた。健次郎が買ったビルの一室で子どもたちと休みの日に一緒に過ごす約束も、なかなか果たせずにいる町子。そんなある週末、健次郎が風邪で伏せている知らせを受け、見舞いに徳永家を訪ねる。すると義母のイシ(岩本多代)や長女の由利子(土岐明里)も風邪で伏せっていた。町子は、思いがけず家族たちの看病を引き受けることに。

朝ドラ「芋たこなんきん」16話のあらすじ・ネタバレ

風邪で寝込んだ健次郎(國村隼)と義母・イシ(岩本多代)や子どもたちの食事を作る町子(藤山直美)。健次郎の妹・晴子(田畑智子)が温泉旅行に出かけていて、家族の看病のほか、家事まで引き受ける。結局この日、町子は徳永家に泊まり込むことになり、子どもたちは大はしゃぎ。翌日、晴子が戻ってくるが、松葉づえをついている。温泉旅行でケガをしたという。思いがけず、もう一晩泊まることになる町子であった。

朝ドラ「芋たこなんきん」17話のあらすじ・ネタバレ

風邪ひきだらけの徳永家で、さらに健次郎(國村隼)の妹・晴子(田畑智子)が温泉旅行でケガをして帰ってきたため、もう一晩泊まることになった町子(藤山直美)。翌朝、晴子が健次郎と言い争っている。晴子は、足をケガしたまま、病院へ出勤しようとしていたのだ。研修医の晴子は、今日行われる手術で第一助手の大役を務めて自分をアピールし、医者として認められたい思っていた。健次郎は、そんな晴子のわがままを制する。

朝ドラ「芋たこなんきん」18話のあらすじ・ネタバレ

徳永家に泊まり込むことになる町子(藤山直美)。夕食も終えて「そろそろ実家に帰らな」と健次郎(國村隼)に切りだすが、聞き入れられない。黒糖焼酎を片手にした健次郎に誘われ、ついつられて相手を務める。一度話しだすと止まらない2人。この夜は、健次郎の奄美大島で過ごした少年時代や鹿児島での学生時代の話で盛り上がり、会話は止まることを知らない。そしてこの一夜が2人の暮らしにとって、大きな意味を持つ一夜になる。

朝ドラ「芋たこなんきん」第4週「しゃべる、しゃべる」のあらすじ・ネタバレ

朝ドラ「芋たこなんきん」19話のあらすじ・ネタバレ

健次郎(國村隼)たちの看病で徳永家に泊まり込んでいた町子(藤山直美)。家族のかぜも治り、帰ろうとしたが、健次郎と話が弾み、弾みだしたら止まらなくなるこの2人。町子が自身の初恋の思い出を話しだす。昭和13年、10歳の町子(山崎奈々)は、同級生のマサル(北方将太)に恋心を寄せていた。同じころ、叔母の文代(増田未亜)が、写真技師の亀田(山下徹大)とひそかにあいびきしているのを町子は目撃する。

朝ドラ「芋たこなんきん」20話のあらすじ・ネタバレ

深夜、時間を忘れて町子(藤山直美)は自分の初恋の苦い思い出を健次郎(國村隼)に話す。10歳の町子(山崎奈々)が恋心を寄せる同級生・マサル(北方将太)。そのマサルが町子の妹・孝子(中山桃)の行方不明事件に巻き込まれ、町子の家の庭にたまたまいたとき、洗濯物を取り込んでいた町子の祖母のイト(宮田圭子)が、マサルに気づかずに町子にズロースを渡してしまい、ズロースをマサルに見られ、町子は赤っ恥をかく…。

朝ドラ「芋たこなんきん」21話のあらすじ・ネタバレ

幼いころの初恋、そのころの家族の思い出を語っている町子(藤山直美)と聞いている健次郎(國村隼)。10歳の町子(山崎奈々)の叔母・文代(増田未亜)と写真技師・亀田(山下徹大)の恋は、亀田が故郷の写真屋を継ぐために花岡写真館を去ることで、はかなく幕を閉じる。大人の複雑な恋愛模様をかいま見る小学生の町子であった。健次郎を前にしていると、泉からわき出る水のように、次々と思い出話があふれ出てくる。

朝ドラ「芋たこなんきん」22話のあらすじ・ネタバレ

子どものころの思い出を夢中で健次郎(國村隼)に話す町子(藤山直美)。当時、花岡写真館の隣にあったカフェの女給・鶴子(大路恵美)の子ども・朝子(植野瑚子)と仲よくなった町子(山崎奈々)だったが、町子の大切な人形にキスをする不快な行動に、朝子と仲たがいする…。一方、ほかの撮影の予約が入っているなかで、茂(西川忠志)を徳島に出張に出すのを渋る常太郎(岸部一徳)だったが、徳一(城島茂)に説得されて…。

朝ドラ「芋たこなんきん」23話のあらすじ・ネタバレ

花岡家の隣にあったカフェに勤める女給・鶴子(大路恵美)の娘・朝子(植野瑚子)との思い出を健次郎(國村隼)に語っている町子(藤山直美)。朝子と仲たがいした遠い日の後悔が町子の胸をざわつかせていた。一方、徳島に出張に出た茂(西川忠志)や、仕事に行く途中で火事に遭遇した浦田(にわつとむ)に不運が続き、予定していた撮影に間に合わないことに。常太郎(岸部一徳)の予感どおり花岡写真館の危機を招く…。

朝ドラ「芋たこなんきん」24話のあらすじ・ネタバレ

子どものころの思い出話をする町子(藤山直美)と聞き入っている健次郎(國村隼)。不運が続きピンチに立たされた花岡写真館の結末、隣のカフェの女給の子ども朝子(植野瑚子)にむごいことをした後悔の念を語り、目が潤む町子だった。気づけば朝となり、丸々一晩語り明かしていたが、話せば話すほど2人の距離は近づき、それでもまだ話すことは、山のようにありそうで…。2人の時間の大切さをいっそう強く感じさせる夜になった。

朝ドラ「芋たこなんきん」第5週「すれちがい」のあらすじ・ネタバレ

朝ドラ「芋たこなんきん」25話のあらすじ・ネタバレ

健次郎(國村隼)たちのかぜの看病で徳永家に泊まり込んでいた町子(藤山直美)は、家事をしながら予定通りの執筆の仕事ができたことから、徳永家に引っ越してくることになる。そして町子の仕事部屋として物置部屋を改装する。一方、町子の実家の花岡家では、町子の引っ越しの荷作りを母の和代(香川京子)と妹の孝子(メイサツキ)と弟の信夫(西興一朗)が手伝う。そして子ども時代の大掃除の楽しい思い出を回想する…。

朝ドラ「芋たこなんきん」26話のあらすじ・ネタバレ

徳永家では、町子(藤山直美)の仕事部屋として物置部屋の改装工事が始まる。荷物の整理を楽しそうに手伝う健次郎(國村隼)の子どもたちだが、かえって足手まといに…。また、作家の仕事を理解できない大工と本棚の作製を巡ってトラブル発生…。さらに喜八郎(小島慶四郎)は、塗りたての壁に触ってしまい手形を残してしまう…。町子の新しい生活は、さてさて、いったいどうなることやら。波乱の予感に満ちた一日だった。

朝ドラ「芋たこなんきん」27話のあらすじ・ネタバレ

徳永家に入った町子(藤山直美)は、近所の工藤酒店の貞男(荒谷清水)からサインを求められる。また、寺の住職・一真(石田太郎)からもサインを求められる。そして近所の住人からも同様にサインを求められ…。一方、徳永医院では、新婚旅行中の老人・有田(藤村俊二)と若い妻(今村恵子)がやってくる。有田は「胸が苦しい」と健次郎(國村隼)の診察を受ける。健次郎は、有田に早く帰って詳しい検査を受けるよう促すのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」28話のあらすじ・ネタバレ

健次郎(國村隼)の次男、登(神保守)が運動会のフォークダンスの練習で、女の子と手をつなぎたくないと訴える。一方、映画館の大崎俊平(櫻木健一)と佐和子(瀬戸カトリーヌ)が夫婦ゲンカを起こす。女の子と手をつなぎたくない登の話と俊平・佐和子夫婦のケンカの話題から、町子(藤山直美)や健次郎の周りの大人の間で、男と女の話で盛り上がる。そんななか、町子と健次郎は俊平・佐和子のケンカの原因と解決を探るのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」29話のあらすじ・ネタバレ

徳永医院に有田(藤村俊二)が再び若い妻(今村恵子)と共に来院する。健次郎(國村隼)の診察を受ける有田の横で妻はかいがいしく世話をやくが、有田が婚姻届の手続きを済ませていないことを妻に打ち明けると妻は動揺し、財産を残すよう遺言を迫る…。また、映画館の俊平(櫻木健一)と佐和子(瀬戸カトリーヌ)との夫婦ゲンカの原因を悟った健次郎は、俊平からある誘いをかけられ町子(藤山直美)に協力を求める。

朝ドラ「芋たこなんきん」30話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)は、出版社から書店でのサイン会を依頼されるが、花岡家に来て初めての健次郎(國村隼)の子どもたちの運動会を応援するのに、間に合うかどうか微妙なため、困り果てる。運動会の当日、子どもたちの豪勢な弁当を作り、サイン会の会場に向かう町子。サイン会は大盛況で、行列がとぎれる様子はない。ようやくサイン会を終え、時計をのぞき見ながら慌ただしく、運動会の会場に駆けつける町子であったが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」第6週「思いやる心」のあらすじ・ネタバレ

朝ドラ「芋たこなんきん」31話のあらすじ・ネタバレ

執筆と家事で慌ただしい町子(藤山直美)を見かねた健次郎(國村隼)は、初老の家政婦、近藤ヌイ(西岡慶子)を雇う。だが、少しとぼけたところがあるヌイは、かえって町子の足手まといとなり、町子は執筆の仕事に集中できない。一方、徳永医院に腰痛の寅彦(芝本正)がやってくる。診察する晴子(田畑智子)に湿布を求めるが、晴子は内科検査を強要し、腰痛につながる内臓の病気をいくつか挙げて危険性を話すのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」32話のあらすじ・ネタバレ

晴子(田畑智子)の診察を受けた腰痛の患者、山内寅彦(芝本正)が、いつまでたっても検査を受けに徳永医院にやってこない。それを知った健次郎(國村隼)は、患者に病名を挙げて怖がらせた晴子の患者への接し方を非難する…。また、町子(藤山直美)は、上司とケンカしているキャリアウーマンの矢木沢純子(いしだあゆみ)を偶然、喫茶店で見かける。やがて町子にとってなくてはならない存在となる純子との最初の出会いであった。

朝ドラ「芋たこなんきん」33話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)の原稿が紛失する。家政婦のヌイ(西岡慶子)が、過ってちり紙交換に出したのではと疑われるが、ヌイには覚えがない。そしてヌイは花岡家から出ていってしまう。また、上司とケンカして会社を辞職したばかりの矢木沢純子(いしだあゆみ)が、カゼで徳永医院を訪ねる。再就職のための大事な面接があるので、注射で熱を下げてほしいと健次郎(國村隼)に頼むが、健次郎は就職と体のどっちが大事やと言い合いになる。

朝ドラ「芋たこなんきん」34話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)の原稿の紛失事件で、家政婦のヌイ(西岡慶子)が辞めたことを知ってから登(神保守)の様子がおかしい。また、登の最近のいたずら癖に気づいた町子は、紛失事件の真犯人が登であることを悟り、問いつめるが、登は本当のことを言わない。そんな時、町子は子どものころの苦い経験を思い出す。小学生の町子(山崎奈々)は、学校のテストの成績のことで、母・和代(鈴木杏樹)にウソをつき、ひどくしかられ…。

朝ドラ「芋たこなんきん」35話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)の原稿の紛失事件の真犯人が、登(神保守)のいたずらだったことを知った健次郎(國村隼)は、うそをついて家政婦のヌイ(西岡慶子)のせいにした登を責め、手をあげる。町子は、子どもに手をあげた健次郎を責める。健次郎は登を連れて、家政婦のヌイの家に謝りに出かけるが、そこに町子も同行する。町子と健次郎は、ヌイに徳永家に戻ってくれるよう懇願するが、ヌイは「次の仕事が決まっている」と断る…。

朝ドラ「芋たこなんきん」36話のあらすじ・ネタバレ

健次郎(國村隼)が登(神保守)に手をあげたことで、町子(藤山直美)は子どもへの接し方で健次郎と言い合いをする。そんなとき、町子に親子川柳大会の審査の依頼がくる。上司とケンカして会社を辞めた矢木沢純子(いしだあゆみ)がこの川柳大会を主催する会社に就職し、町子を審査員に薦めたのだ。また、徳永家の周辺に健次郎の札つきの兄・昭一(火野正平)が出没し、徳永家にまた嵐が近づく…。

朝ドラ「芋たこなんきん」第7週「おくりもの!?」のあらすじ・ネタバレ

朝ドラ「芋たこなんきん」37話のあらすじ・ネタバレ

健次郎(國村隼)の札つきの兄、昭一(火野正平)から徳永家に一升瓶が届く。昭一の帰省の前ぶれを知るが、健次郎は、町子(藤山直美)に昭一を相手にしないよう警告する。一方、町子は親子川柳大会に審査員として出席するが、参加者である一組の親子に、事前にお題が漏れているさまを目撃してしまう。主催の会社に就職し、会場で町子の世話役をしている矢木沢純子(いしだあゆみ)に、町子はそのことを告げるのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」38話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)の知らせで、親子川柳大会に参加しているある親子に、事前にお題が漏れているさまを知った会場の世話役の矢木沢純子(いしだあゆみ)は、不正を指摘し、上司にくってかかる。しかし、上司は町子や純子をののしり、純子は上司を殴ってしまう。一方、徳永医院では、昭一(火野正平)の恋人と名乗る女性が、昭一の帰りを待つ。健次郎(國村隼)の説得で女性は引き取るが、後日、町子は商店街で昭一に出くわす。

朝ドラ「芋たこなんきん」39話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)は、おでん屋で矢木沢純子(いしだあゆみ)と出会う。純子が会社を辞めたことを知り、1週間限定で町子の秘書兼家事手伝いを純子に依頼する。その帰り道、町子と健次郎は札つきの兄、昭一(火野正平)に出くわす。ヒヤヒヤする町子だが、健次郎と昭一は争いもなくその場で別れる。数日後、昭一は徳永家に現れる。健次郎は、先日、昭一を待っていた女性のことを問いただすのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」40話のあらすじ・ネタバレ

清志(小椋悠聖)が両手の指の付け根にばんそうこうをしている。不審に思う町子(藤山直美)だが、清志は「こけてすりむいた」と答えるだけ。数日後、町子は昭一(火野正平)が、庭の物干しざおのそばで清志といっしょにいるのを見かける。昭一が清志にさかあがりを教えようとしていたのだ。懸命に練習するが、なかなかできない清志。見入っていた町子はお手本を見せようと、自らさおを握り地面をけるのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」41話のあらすじ・ネタバレ

清志(小椋悠聖)が一生懸命さかあがりの練習をする理由を聞いた昭一(火野正平)は、町子(藤山直美)と健次郎(國村隼)にはないしょにしておくことを約束する。一方、町子は純子(いしだあゆみ)から、昭一が何かの保証人を探しているらしいと聞く。町子は昭一にレストランを開く場所を見つけたと打ち明けられる。「お兄さんは何か頼み事があるのでは」と、それとなく町子は健次郎に話すが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」42話のあらすじ・ネタバレ

昭一(火野正平)は徳永家をたつ日に、町子(藤山直美)に子どもたちの授業参観に行くよう告げて出ていく。そして授業参観を控えた週末、出版社からの原稿の締め切りが過ぎ、町子はあせる。そんなとき、紛失していた授業参観の案内を見つける。清志(小椋悠聖)のクラスは体育の参観であり、清志が一生懸命さかあがりを練習していた訳を知る。町子は猛烈な勢いで原稿を書き始め、授業参観に向かおうとするのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」第8週「おおきに」のあらすじ・ネタバレ

朝ドラ「芋たこなんきん」43話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)の秘書兼家事手伝いをしていた矢木沢純子(いしだあゆみ)は町子とその家族が好きになり、1週間の約束だったが引き続き町子のもとで働くこととなる。そして、徳永家の仲間入りをする。そんなとき、町子は雑誌社からの取材を受け、町子がよく行く店を雑誌で紹介される。そのおかげでおでん屋「たこ芳」や工藤酒店、映画館の「みゆき館」が大繁盛することになるのだが、「たこ芳」でやっかいな事件が起きていた。

朝ドラ「芋たこなんきん」44話のあらすじ・ネタバレ

作家・町子(藤山直美)のよく行く店の紹介記事で、おでん屋「たこ芳」は繁盛したが、店に入りきれなかった客にちょうちんをつぶされる。だが、町子には知らせないよう周りは気遣う。一方、徳永医院では喜八郎(小島慶四郎)がお金をたびたび持ち出し、イシ(岩本多代)が健次郎(國村隼)に相談する。また、徳永家の男の子たちに、町子と仕事をしている出版社から少年雑誌の景品が届き、子どもたちは大はしゃぎするのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」45話のあらすじ・ネタバレ

喜八郎(小島慶四郎)が、作業員らしき男を連れて、家に帰ってくる。そして酒を振る舞い、家に泊める。翌日、喜八郎に問いただすと、寝るところがなくて困っていたからだという。そんなとき、今度は町子(藤山直美)に珍しいお客がやってくる。町子の先輩作家である池内(板尾創路)が、子どもたちに人気のテレビドラマでヒーローを演じている俳優、河原崎(海部剛史)を連れてきたのだ。居合わせた隆(土井洋輝)は驚くが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」46話のあらすじ・ネタバレ

新たな作業員たちが徳永医院に詰めかける。先日喜八郎(小島慶四郎)が連れてきた作業員を健次郎(國村隼)が無料で診察したことが広まったのだ。一方町子(藤山直美)は、路上で雑誌を読まずに捨てている小学生の子どもを見かける。景品がもらえる抽選ハガキを目当てに雑誌を買いあさっていることを知ると、町子はすごい勢いでしかりつける。そして、先日出版社から届いた景品のことを思い出し、町子を複雑な気分にさせる。

朝ドラ「芋たこなんきん」47話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)が雑誌を捨てている子どもをしかったことが町内で話題になっていた。一方、隆(土井洋輝)に、子ども番組のヒーローを演じている河原崎(海部剛史)からショーの招待が届く。喜ぶ隆だが、その日は友達の誕生日会にも誘われていた。隆は誕生日会を断ろうとするが、健次郎(國村隼)から誕生日会に行くよう言われる。「ヒーローと友達」と仲間に言いふらしていた隆は、ショーに行くためハンストで健次郎に抵抗する

朝ドラ「芋たこなんきん」48話のあらすじ・ネタバレ

徳永医院に先日診察を受けた作業員が担ぎ込まれる。酒ばかり飲んで食事をせず、意識がもうろうとしている。健次郎(國村隼)が手当をするが、病院に搬送することに。その様子を見て怖くなった隆(土井洋輝)はハンストに挫折する。そして、ヒーローのショーの招待を断り、友人の誕生日会に行く。その数日後、近所のスナック「アムール」でヒーローのサイン会が行われ、隆は仮面をつけたヒーローに出くわすのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」49話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)は、戦中戦後を過ごした自分たち家族の物語を書き始める。昭和18年、15歳の町子(尾高杏奈)は日本臣民という言葉が好きで、愛国小説を好んで書く女学生だった。花岡写真館は、出征していく人々や、その家族が撮影に連日訪れ、忙しい毎日を過ごしていた。そんなある日、町子は友人の旋盤工場で働く同い年の少年、カンジ(森田直幸)と出会う。カンジは小説について町子にいろいろと話しかけてくるが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」50話のあらすじ・ネタバレ

花岡写真館の技師の浦田(にわつとむ)も兵隊に召集されることになった。だが、女学生の町子(尾高杏奈)は浦田の出征を心から祝う。浦田は、そんな町子をけげんに思う。結婚を控えている町子の叔母・昌江(尾野真千子)も「町子には好きな人がいないからわからないのだ」という。そんな中、町子が愛国小説を書いていることをカンジ(森田直幸)に話すと、カンジは町子に日本軍の非力さと尋常でないさまを告げるのだが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」51話のあらすじ・ネタバレ

花岡写真館に歌劇団の有名な女優、古城あやめ(愛華みれ)が写真を撮りに訪れる。そして常太郎(岸部一徳)と女学生の町子(尾高杏奈)らを観劇に招待する。これを機に、常太郎は歌劇団の公演記録の撮影の仕事を請け負ってくる。もうけに夢中になり安易に仕事を受ける常太郎と、無理をせずにていねいに仕事をこなそうとする徳一(城島茂)との間で口論となるが、常太郎の強引さに不本意ながら徳一は劇団の写真を撮り続ける…。

朝ドラ「芋たこなんきん」52話のあらすじ・ネタバレ

女学生の町子(尾高杏奈)のいとこ・信次(宮﨑将)が花岡家を訪ねる。東京の大学に通っていたが、夏休みを利用して遊びに来たのだ。信次は、和代(鈴木杏樹)の亡き姉の子で和代が親代わりを務めていた。それだけにいずれ信次が兵隊に召されるのを和代はつらく思い、国語の教師を目指して文科にいる信次に、兵隊にとられない理科に転科するよう勧める。町子は相変わらず兵隊になることを悲しみ拒む家族の言動が理解できない。

朝ドラ「芋たこなんきん」53話のあらすじ・ネタバレ

女学生の町子(尾高杏奈)は、いとこの信次(宮﨑将)に淡い恋心を寄せる。だが、信次が出征を志願していることを知ると、愛国心の強かった町子は、複雑な思いに駆られる。また、信次が志願していることを母の和代(鈴木杏樹)には、言えない。そんなとき、町子の学校の英語の教師、黒沢絹子(菊池麻衣子)が学校を辞めるという知らせが入る。戦争が終わるまで疎開するのだという。黒沢は、町子にも疎開を勧めるが…。

朝ドラ「芋たこなんきん」54話のあらすじ・ネタバレ

女学生の町子(尾高杏奈)は、むちゃな請負をする祖父・常太郎(岸部一徳)と勝手に仕事を断る父・徳一(城島茂)との口論が憂うつだった。そんなとき、常太郎が夏バテで伏せるが、すぐに回復し、徳一に商売の仕方をこんこんと話す。それから間もなく、常太郎は急死する。徳一は、弟の茂(西川忠志)に常太郎が死ぬ前に託した通帳と土地の権利書を見せると…。また、知らせを聞いた歌劇団の古城あやめ(愛華みれ)が訪ねてくる。

朝ドラ「芋たこなんきん」第10週「いのり」のあらすじ・ネタバレ

朝ドラ「芋たこなんきん」55話のあらすじ・ネタバレ

町子(藤山直美)は、戦中戦後を過ごした自分たち家族の物語を書き続ける。昭和19年、戦況は、ますます厳しくなっていた。女学生の町子(尾高杏奈)は、好きな小説に集中できず楽しくない毎日を過ごしていた。学校に持ってきていた「初恋」の小説を教師に没収され、町子は不満を募らす。一方、友人のキク(小原早織)の持っていた聖書は没収されず、町子はキクから聖書を借り読みふける。そして、自分のあるべき姿を見いだし…。

朝ドラ「芋たこなんきん」56話のあらすじ・ネタバレ

聖書に関心を抱いた女学生の町子(尾高杏奈)は友人の梅原(黒田純子)に誘われ、小さな教会がある幼稚園にやってくる。そこで牧師の竹山(金替康博)に賛美歌を教わり、お祈りをする町子たち。心が澄み、美しくなる気がした町子であるが、日本臣民の考えと聖書の教えとの違いに疑問を持ちながらも、教会がある幼稚園に通うことになる。また、その年の夏、町子は受験に合格し、女子専門学校の1年生となる。

朝ドラ「芋たこなんきん」57話のあらすじ・ネタバレ

女子専門学校の1年生となった町子(尾高杏奈)は、相変わらず、教会のある幼稚園に友人と通う。そんなとき、和代(鈴木杏樹)の体調が悪くなる。だが、町子や孝子(中村愛)以外の家族はあまり気にかけない。不思議に思う町子と孝子だが、和代が妊娠していることを知らされる。徳一(城島茂)が、花岡写真館で写真教室を開く。少年たちがカメラの操作を徳一に教わる中、カンジ(森田直幸)がやってきて…。

朝ドラ「芋たこなんきん」58話のあらすじ・ネタバレ

カンジ(森田直幸)が熱心に徳一(城島茂)に写真技術を教わる。そんなとき、女学生の町子(尾高杏奈)の友人、梅原(黒田純子)の父が校長を務める小学校で火事があり、天皇皇后両陛下のご真影や教育勅語を安置していた奉安殿が消失する。失火の原因は不明だったが、梅原の父は、責任をとって自殺してしまう。梅原の家族は大阪を離れることに…。大事な人がまた一人、町子のそばから去っていった。

朝ドラ「芋たこなんきん」59話のあらすじ・ネタバレ

女学生の町子(尾高杏奈)は竹山牧師(金替康博)に梅原(黒田純子)が大阪を離れることになったと告げる。梅原の父親が奉安殿の焼失の責任をとって自殺したことを潔い立派な生き方だと思う町子に対し、竹山は町子の考えをいさめる。町子は竹山に反発し、その日から竹山の幼稚園に行くことはなかった。一方、徳一(城島茂)から写真を教わっているカンジ(森田直幸)が、戦争で処分される前の動物園の動物の写真を撮ってくる。

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※朝ドラ「芋たこなんきん」のテレビ放送が終了したらNHKオンデマンドで配信される可能性があります。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

朝ドラ「芋たこなんきん」の主なキャスト

花岡家

花岡町子(ヒロイン)
10歳以降:山崎奈々
15歳以降:尾高杏奈
37歳以降:藤山直美

花岡徳一(父):城島茂(TOKIO)

花岡和代(母)
33歳以降:鈴木杏樹
60歳以降:香川京子

花岡(北村)孝子(妹)
7歳以降:中山桃
12歳以降:中村愛
34歳以降:メイサツキ

北村良美(姪):山崎奈々(二役)
花岡信夫(弟):西興一朗
花岡常太郎(祖父):岸部一徳
花岡イト(祖母):宮田圭子
花岡ウメ(曾祖母):淡島千景
花岡茂(叔父):西川忠志
花岡文代(叔母):増田未亜
花岡昌江(徳一の妹で、町子の叔母にあたる。):尾野真千子
信次(従兄・和代の甥):宮﨑将

徳永家

徳永健次郎(町子の夫)
少年時代:永井樹
41歳以降:國村隼

徳永喜八郎(健次郎の父):小島慶四郎

徳永イシ(健次郎の母):岩本多代

徳永昭一(健次郎の兄)
少年時代:長江竜馬
昭和40年以降:火野正平

徳永晴子(健次郎の妹):田畑智子

徳永由利子(健次郎の長女)
昭和38 - 40年(9 - 11歳):土岐明里
昭和45年(17歳)以降:邑野みあ

徳永清志(健次郎の長男)
昭和38 - 40年(8 - 10歳):小椋悠聖
昭和45年(中3):榎田貴斗
平成3年以降:尾上寛之

徳永登(健次郎の次男)
昭和38 - 40年(6 - 8歳):神保守
昭和45年(中1):長澤翼
平成3年以降:杉浦太雄

徳永隆(健次郎の三男)
昭和38 - 40年(4 - 6歳):土井洋輝
昭和45年(小6):中村孔哉
平成3年以降:平手嶺佑

徳永亜紀(健次郎の次女)
昭和40年(2歳):畑未夢
昭和45年(小2):鍋本帆乃香
平成3年以降:寺田有希

藤木澄子(健次郎の亡き前妻、川野彰子がモデル):中井佳代(写真のみ)
清二(由利子の夫):中村靖日
東條祥吾(晴子の部下で晴子の夫):山口智充
東條の長女:小林美稀
東條の次女:本田りん
平真佐美(昭一の内縁の妻):なるみ
徳永花子(清志の妻):安田ひとみ
徳永由香(登の妻):村中香織
徳永亜佐美(隆の妻):羽島百々恵
達夫(亜紀の夫):西川浩介

その他

亀田(花岡写真館の写真技師):山下徹大
浦田(花岡写真館の写真技師):にわつとむ
矢木沢純子(町子の秘書):いしだあゆみ
平井太(佐々木商店の従業員):松本康太(レギュラー)
島野為夫(佐々木商店の従業員):西川晃啓(レギュラー)
神田みすず(町子の友人):友近
渡辺加代子(町子の友人):徳田尚美
片平鯛子(徳永医院の看護婦):小西美帆
藪下めぐみ(奄美大島に帰ったイシの後任の徳永医院受付):大石里紗
轟若子(徳永医院の看護婦で結婚退職した片平鯛子の後任):松寺千恵美
キミコ(健次郎死去後の徳永家のお手伝いさん):秋葉真美子
一真(寺の住職):石田太郎
大崎俊平(映画館主):櫻木健一
大崎佐和子(映画館主の妻):瀬戸カトリーヌ
工藤貞男(工藤酒店の店主):荒谷清水
工藤タエ(工藤酒店の店主の妻):桂あやめ
りん(おでん屋「たこ芳」の女将):イーデス・ハンソン
「たこ芳」の板前:松岡龍平
和田秋恵(スナック「アムール」のママ):三島ゆり子
千葉龍太郎(町子の先輩作家、司馬遼太郎 がモデルと言われている):筒井康隆
池内幸三(町子の先輩作家で文学学校講師、藤本義一 がモデルと言われている):板尾創路(130R)
小川秀雄(町子が通っていた文学学校の友人):上杉祥三
寺田記者(町子を取材する雑誌記者):大西結花
鶴子(カフェ・ローズの女給):大路恵美
有田老人(徳永医院に訪ねてくる老人):藤村俊二
有田優子(有田老人の妻):今村恵子
鈴子(昭一を追って来た津軽の女):鍵本景子
近藤ヌイ(徳永家の家政婦):西岡慶子
古城あやめ(関西少女歌劇団の女優):愛華みれ
黒沢絹子(女学校の英語教師):菊池麻衣子
大谷三郎(町子・孝子の幼なじみ):岸田敏志
河原崎健介(ウルトライダーを演じる人気俳優):海部剛史
碇ツネ(イシの従姉妹):石井トミコ
加藤舞子(大御所作家、佐藤愛子 がモデルと言われている):岡田茉莉子
神辺ソノ子(加藤舞子担当の編集者):もたいまさこ
松岡(町子担当の編集者):寺杣昌紀(てらそままさき)
石川サキ(痴呆症のお年寄り):河東けい
楽団の男(昭一が喜八郎とイシの金婚式のパーティーに呼んだ楽団のリーダー):伊藤えん魔
蔵本千春(反戦歌を歌う少女・由利子の友人):林明日香
本作が女優デビュー作となる。なお、劇中で「We Shall Overcome」や挿入歌「大切なもの」をアコースティックギターで弾き語りをしている。

野村寛司(町子の幼なじみで徳一が開いた写真教室の生徒。後にベトナム戦争を取材する報道カメラマンとなる):森田直幸(少年時代) → 平田満(昭和45年)
徳一の町内会の仲間:酒井くにお・とおる
二ノ宮留夫(町子への弟子入り志望者):マギー
二ノ宮かなえ(二ノ宮留夫の妻):衣通真由美
南野福子(町子に間違われる漫才師):天童よしみ
小柳(南野福子のマネージャー兼所属事務所の社長):鈴木ヤスシ
マスター(南野福子の出入りするスナック「波止場」のマスター):入川保則
堀之内(南野福子の出入りするスナック「波止場」の客):ぼんちおさむ
坂本(南野福子の出入りするスナック「波止場」の客):国木田かっぱ
片桐婦長(町子が入院した浪速大学附属病院の婦長):山田スミ子
南野きぬ子(南野福子の母親で健次郎の患者):鳴尾よね子
南野麗子(南野福子の娘):大西土筆子
畑山耕三(「上方文化」の出版社の社長、雑誌「上方芸能」編集長で立命館大学元教授 木津川計 がモデル):平泉成
笑楽亭米春:小島秀哉
笑楽亭米三郎(健次郎の医学生時代の知り合いで落語家、米春の弟子):曽我廼家玉太呂
吉永東子(着物デザイナー):高田聖子
エディ・スペンサー(ハリウッド映画の大スターで生き別れになったりんの息子):チャド・マレーン
田村駒蔵(ツチノコ研究家):石橋蓮司
中川利男(ツチノコの目撃者):阿南健治
中川伸江(利男の妻でツチノコの目撃者):林英世
大村(丹波の村の役場職員):西野大作
高橋修(亜紀が好意をよせるクラスメイト):森永悠希
田村一郎(田村駒蔵の息子):樋口浩二
北野吾郎(編集者・出張中の松岡の代理):RIKIYA
井村秀樹(有名人のスキャンダル専門の週刊誌「週刊ウォッチャー」記者):髙川裕也
矢木沢久米夫(矢木沢純子の父):米倉斉加年
新庄尚之(片平鯛子の交際相手):山中達矢
引っ越し業者(徳永家へ引っ越してきた和代の引っ越しを請け負う):浮世亭いちぢ
毛利医師(脳出血で入院した時の健次郎の主治医) :嶋田久作
羽田婦長(健次郎が脳出血で入院した病院の婦長):湖条千秋
広明(平真佐美の兄):小西博之
鮫島(町子の家に迷い込んだ小鳥の飼い主):三浦誠己
加藤医師(肺がんで入院した時の健次郎の主治医):串田和美
看護婦(肺がんで入院した健次郎担当の看護婦):八田麻住
近所の婦人:田辺聖子・安宅みどり(矢木沢純子のモデルの秘書さん)

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※朝ドラ「芋たこなんきん」のテレビ放送が終了したらNHKオンデマンドで配信される可能性があります。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「芋たこなんきん」以外にもU-NEXTでは

・エール
・スカーレット
・麒麟がくる
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀
・おちょやん

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTでならNHKオンデマンドの動画をお得に視聴することが可能です!

※朝ドラ「芋たこなんきん」のテレビ放送が終了したらNHKオンデマンドで配信される可能性があります。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

-エンタメ動画情報, ドラマ動画情報
-