エンタメ動画情報 ニューススポーツ情報動画 旅・紀行番組

旅サラダの見逃し配信と無料視聴方法!動画配信はされてるの?

旅サラダの見逃し配信と無料視聴方法!動画配信はされてるの?

土曜日の朝にテレビ朝日系列で放送されている「朝だ!生です旅サラダ」の無料動画や見逃し配信、無料視聴方法などを紹介したいと思います!

この「朝だ!生です旅サラダ」はイベントも行われるくらいの人気番組で、神田正輝さんが毎週出演する限られた番組でもあり、注目度も高いです!

この「朝だ!生です旅サラダ」は動画配信サービスで見逃し配信などはされていませんが、公式YouTubeチャンネルで、限られた動画のみ配信されてます!

「朝だ!生です旅サラダ」公式YouTube
 

「朝だ!生です旅サラダ」大分で温泉ざんまい

女優の橋本マナミさんが、土曜朝の旅情報バラエティー番組「朝だ!生です 旅サラダ」(ABC・テレビ朝日系、土曜午前8時)の1月22日放送回に出演する。橋本さんは“おんせん県”とも言われる大分県で、温泉とおいしいものを満喫。雪景色が広がる高原で乗馬も楽しむ。

大分を代表する温泉地・由布院で温泉に浸かったあと、湯の坪街道で全国コロッケコンクールで金賞を受賞した名物コロッケや、お団子、どら焼きなどを食べ歩く。酸性度の強さが日本2位という珍しい泉質の秘湯・塚原温泉、筌ノ口温泉の湯にもつかる。

番組ではほかに、ABCテレビの東留伽アナウンサーが石川県・小松市を巡り、現地の絶品グルメを探す。ブルガリアの現地コーディネーターがリモートで最新旅情報を紹介。兵庫県神戸市に、昨年オープンした新感覚の都市型水族館「atoa(アトア)」からのリポートもある。

「朝だ!生です旅サラダ」の出演者

【ゲスト】橋本マナミ
【レギュラー】神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前、広瀬未花(旅サラダガールズ)、東留伽(ABCテレビアナウンサー)

「朝だ!生です旅サラダ」神田正輝「僕は元気ですよ」長女・沙也加さん急逝から1週間

俳優の神田正輝(71)が25日、ABCテレビ・テレビ朝日系『朝だ!生です旅サラダ』(毎週土曜 前8:00)に生出演。長女・神田沙也加さん(享年35)が18日に急逝してから1週間、正輝はこの日の生放送にいつも通り出演した。
 
番組冒頭、正輝は「いつも僕が皆を守る立場で、今日は守られている雰囲気がある。ありがとうございます。僕は元気ですよ」と語り、笑顔を見せながら気丈に進行。

スタジオに用意されたクリスマス装飾にふれ、向井亜紀が「この番組は30年かけて手作りで積み上げてきたものがあるので、きょうは普段どおり」と言うと、勝俣州和も「楽しいね(番組にしよう)」と呼びかけた。

沙也加さんについては、19日に所属事務所が「これまで神田沙也加を支えてくださった皆様にご報告させていただきます。2021年12月18日午後9時40分、神田沙也加(享年35歳)が急逝いたしました」と報告。その後21日には「本日、ご親族のご希望により、密葬という形で家族にて葬儀を執り行わせていただきましたことをご報告申し上げます」と伝えた。

また、親族や友人のプライバシーに関わるような記事の掲載、過剰な取材行為、インターネット上での根拠のない誹謗中傷を控えるよう呼びかけている。

「旅サラダ」南果歩、神田正輝からねぎらいの言葉

女優の南果歩が25日、俳優・神田正輝がMCを務めるテレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」(土曜・午前8時)に生出演した。

神田はオープニングで「おはようございます。2021年12月25日の朝です」といつも通りあいさつをした。続けて「いつも僕はみんなを守る立場。今日は守られているような雰囲気あるな。ありがとうございます。僕は元気ですよ」と長女で女優の神田沙也加さん(享年35)が18日に急逝したことに直接、触れることはなかったが今の心境を明かした。

その後、スタジオにゲストとして登場した南は、神田から海外でドラマの長期ロケを行っていたことを振られ「お疲れ様でした」とねぎらわれた。

この神田の言葉に「いや、とんでもないです。いろいろあって…そうですね…私も仕事頑張ろうと思って、はい、やってます」と時折、言葉を詰まらせながらもコメントしていた。

「朝だ!生です旅サラダ」について

「朝だ!生です旅サラダ」は、朝日放送テレビ(ABCテレビ)が制作し、テレビ朝日系列で1993年(平成5年)4月3日から毎週土曜日の8:00 - 9:30(開始当初は8:30 - 9:30、いずれもJST)に放送している旅番組。

国内・海外でのロケ映像を交えながら、レギュラー出演者やスタジオゲストが、ロケ先での旅の魅力や情報を紹介。現在は、レギュラー出演者が日本各地の飲食店や温泉などをロケで紹介するコーナー、ラッシャー板前とネット局の女性アナウンサーによる日本各地からの生中継コーナー、視聴者が電話で応募できる日本各地の名産品プレゼントコーナーも設けられている。

番組開始から1997年3月29日までは、8:30 - 9:30の60分番組として放送されていた。同年4月5日以降は、放送時間を8:00 - 9:30の90分間に拡大している。

原則として朝日放送(ABC)→朝日放送テレビ(ABC TV)本社(大阪市北区 → 大阪市福島区)内スタジオからの生放送で、2005年4月2日からステレオ放送・ハイビジョン制作を実施。朝日放送テレビが全国高校野球選手権大会中継を優先する毎年8月には、試合を中継しないネット局に向けて裏送りで放送するが、この場合には朝日放送テレビのスタジオで収録した内容を放送することが多い。ただし、通算の放送回数1300回に達した2018年8月18日放送分では、裏送りながらスタジオからの生放送と長野県原村からの生中継(長野朝日放送協力)を実施した。その一方で、中継予定の試合が雨天で中止になった場合や、3試合日以下の場合には、2011年・2012年を除いて、事前に収録した全編の映像が朝日放送テレビでも放送される(まれに生放送を実施)。

2003年3月18日には、20時からおよそ2時間にわたって、『春だ!生です旅サラダ』(はるだ-)という特別番組を全国ネットで放送。2008年4月の時点で『おはようワイド・土曜の朝に』の放送期間(14年間)を越えたため、朝日放送テレビ制作土曜朝のワイドショーとしては放送期間が最も長い番組になっている。2012年9月22日の放送で放送回数1000回、2013年4月の放送で放送開始20年目に到達。2013年12月28日には、一部地域を除いて放送時間を3時間45分(8:00 - 11:45)にまで拡大した『超拡大スペシャル』を放送している。

2018年4月3日には、番組開始25周年の記念本としてKADOKAWAから『朝だ!生です 旅サラダWalker』が発売された。

2020年3月28日までは、朝日放送テレビ本社内のスタジオにラッシャー板前以外の出演者(レギュラー陣)が集まるとともに、ロケ企画のリポーターを迎える方式で放送されていた。しかし、年頭から世界規模で新型コロナウイルスへの感染が拡大している影響で、新規の取材ロケや生中継企画を事実上休止。また、大半のレギュラー陣が生活・活動の拠点を首都圏に置いている関係で、上記の方式による生放送が難しくなった。このため、同年4月4日以降は、過去に放送した映像の再編集版を中心に放送。当時のレギュラーアナウンサーだった小西陸斗(朝日放送テレビアナウンサー)のみ朝日放送テレビ本社スタジオ、他のレギュラー陣は(放送時点で大阪府内在住の三船美佳を含めて)別の場所からの生中継(いわゆる「リモート方式」)で出演するようになった。

2020年の8月には、第102回全国高等学校野球選手権大会が中止される一方で、同大会を予定していた期間(中旬)に2020年甲子園高校野球交流試合を6日間にわたって開催。朝日放送テレビでは全16試合を関西ローカル向けに中継していたが、全日とも第1試合の開始時間が10:00以降に設定されていたため、期間中唯一の土曜日(15日)には1日の本番終了後に収録した映像を全局同時ネットで放送した。また、1日放送分で、通算の放送回数が1400回に到達。22日放送分からは、首都圏在住のレギュラー陣も、朝日放送テレビ本社のスタジオへ再び集結している。

「朝だ!生です旅サラダ」レギュラー出演者

放送開始時点でのレギュラー出演者は草野仁・向井亜紀・田中義剛・竹内都子で、草野がメインMC、向井がサブMCを務めていた。以上のレギュラー陣のうち、現在まで一貫して出演を続けているのは向井だけである。

1997年4月5日放送分からは、メインMCを草野から神田正輝に交代。また、生中継コーナーでのレギュラーリポーターにラッシャー板前を起用した。

2009年3月28日放送分で、田中と竹内がスタジオレギュラーを降板。同年4月4日放送分からは、竹内の後任として三船美佳、田中の後任として浦川泰幸(朝日放送〈当時〉アナウンサー)が出演するようになった。それまで一部エリアでの生中継へ不定期で登場するだけだった同局のアナウンサーは、この改編からスタジオレギュラーに定着。番組内の天気予報やニュース速報を担当するようになった。また、向井はプレゼント案内や問い合わせ先紹介のフォロー役に回っていた。

2011年1月15日放送分から、男性タレントとしては田中の降板以来1年9ヶ月振りのレギュラー出演者として勝俣州和が加入。レギュラーアナウンサーは、ロケ期間のリポートを担当する一方で、生放送中には担当コーナーの進行・告知や天気予報に専念している。同年4月2日放送分からは、これまで月替わりゲストで賄ってきた「海外マンスリー」のリポーター・進行役を、オーディションによって選ばれた女性タレント(通称「旅サラダガールズ」)が月替わりで担当している。「旅サラダガールズ」の任期は基本として1年間だが、2016年度以降に選出された人物の一部は、数年にわたって出演を続けている。

三船は出演開始の時点で高橋ジョージと結婚していたため、当初は自宅のあった首都圏から、生放送に向けて毎週末に来阪していた。しかし、高橋と離婚する意向を固めた2015年頃から、高橋との間に授かった第一子(長女)と共に大阪府内で生活している(2016年3月に離婚が成立)。三船自身は、生活の拠点を大阪へ移した理由の一つに当番組へのレギュラー出演を挙げていて、転居後に知り合った美容師と結婚したことを2019年4月6日放送分で報告。2020年7月12日放送分で第二子(女児)の懐妊を発表すると、同年8月15日放送(1日収録)分への出演(いずれもリモート方式)を最後に産前産後休業へ入っている。実際には9月17日に第二子を出産したが、休業期間中は竹内から続く女性レギュラー枠に代役を置かず、11月7日放送分から復帰した。

堀・小寺は、スタジオレギュラーに起用される前にも、近畿地方・徳島県から「ラッシャー板前の生中継」を放送する週にパートナーとして出演していた。ヒロドは、レギュラー降板後の2020年12月26日放送分にてパートナーとして出演。

「朝だ!生です旅サラダ」主なコーナー

週末行ってみっか!
2015年4月から隔週で放送。東京近辺から週末に日帰りで楽しめる首都圏の名所旧跡や観光スポットを三船が訪れる。タイトルの「行ってみっか」は、三船の名前(美佳=みか)に由来。同年3月までは、後述の「おでかけゴハン!」を放送していた。

俺のひとっ風呂
2011年2月から隔週に放送中のコーナーで、勝俣が全国各地の有名露天風呂を紹介。2015年3月までは「おでかけゴハン!」、同年4月以降は「週末行ってみっか!」と交互に放送されている。勝俣が「いただきます」と言いながらふんどし一丁の姿で入浴することや、「ごちそうさま」の一言でロケVTRを締めくくることが特徴。勝俣と縁の深い男性芸能人(哀川翔など)をゲストを迎えたうえで、ゲストと一緒にふんどし一丁で入浴することもある。

海外マンスリー(私の忘れられない世界)
女性タレントによる海外旅行の模様を、事前収録による自身のナレーションを交えながら、4週にわたって紹介する(「総集編」の場合は向井がスタジオで生ナレーションし、他のレギュラーがVTRを見ながら感想を述べる)。

2011年3月末までは、月替わりゲストによるリポートとナレーションで構成。同年4月以降は、年度ごとに選ばれる前述の「旅サラダガールズ」が、月替わりでリポーターを務める。

2005年4月2日放送分よりハイビジョン制作を実施。これに伴い、地上デジタルではアプコンで放送されていたものが、このコーナーのみアナログ・デジタルとも16:9比率の映像になっている。

2017年5月13日放送分より映像にシネライクガンマと呼ばれるフィルム映像に似た粒立ち感のあるデジタルエフェクトが用いられるようになった。同年9月30日放送分から、放送済みの映像を特別に編集した動画を、YouTube上の当番組公式サイトから放送後1ヶ月限定で配信。

2020年以降は、新型コロナウイルスへの感染拡大に伴う日本から他国への渡航禁止・制限措置によって新規のロケが事実上不可能なことを背景に、過去に放送済みのロケ映像の再編集版を「私の忘れられない世界」というタイトルで放送。「旅サラダガールズ」から、当該ロケでリポートを担当した人物がスタジオに出演したうえで、ロケ先の魅力や収録当時のエピソードを語る趣向に変更している。

ラッシャー板前の生中継
テレビ朝日を除く当番組のネット局と、当番組を放送しないクロスネット局のテレビ宮崎[注 20]が週替わりで担当する生中継(テレビ宮崎のみ裏送り形式で参加)。全国各地の旬な話題を、ラッシャー板前が中継担当局の女性アナウンサーと共に伝える。近年は、ネット局でもHD-SNG中継車を順次導入している関係で、ハイビジョンによる中継が増えている。

中継の参加局には、サービスエリアやネット局の有無に見合った担当地域を割り当てている。例えば、制作局の朝日放送テレビでは、近畿地方に加えて(大半の地域で当番組を視聴できる)徳島県・(当番組のネット局がない)鳥取県からの中継も担当している(過去には系列局ではない高知県からの中継も担当していた)。また、当番組の直後に生放送による自社制作のローカル情報番組を編成している中継担当局では、ラッシャーが当番組に続いて出演する。

当初は番組の最初に放送していた。以降は、「海外マンスリー」の後 → 8:10頃(2コーナー目)を経て、8:30前後にCM(または後述の「ゲストの旅」)をはさんだ2部構成で放送を継続している。

2014年9月までの放送では、ラッシャーと中継に出演した関係者が中継先から手を振る映像を、エンディングの提供クレジットの背景に用いていた。同年10月以降は、中継で紹介した名産品のプレゼント企画を、中継の最後にスタジオから実施。当日の定められた締め切り時間までに電話で申し込むことを条件に、視聴者に抽選で名産品を進呈している。

2007年春からはそれまでのフリップでの中継先紹介から日本地図のコンピューター・グラフィックで紹介している。同年12月には雲も含めたバージョンに進化している。
前述の事情で当番組の全編を事前に収録する毎年8月上旬〜中旬の放送では、ラッシャーが朝日放送テレビのスタジオへ登場するとともに、中継参加局の女性アナウンサーから毎週3名が出演。参加各局で収録したロケVTRを流しながら、各局のアナウンサーが夏季休暇に適した地元の名所旧跡や観光スポットを紹介する。

日本縦断コレうまの旅
ヒロドがレギュラーで出演していた2016年3月5日放送回から開始。前週まで放送された「日本全国 コレ!うまかろう!!」のリニューアル企画で、ヒロドが「プレゼントソムリエ」という役割で全国各地に赴くとともに、現地で人気の料理や名産の食品を調査する。調査ロケのVTRを流した後に、探し出した3品の中から1品を、他のレギュラー陣がスタジオで試食。試食された名産品については、番組で定めた締め切り時間(放送終了2時間後の11:00→放送2日後の月曜日9:00)までに電話で申し込むことを条件に、視聴者に抽選で進呈する。レギュラーアナウンサーがヒロドから小西に交代した2019年4月6日以降の放送回にも、代々のレギュラーアナウンサー(小西→東)が「プレゼントソムリエ」を引き継ぎながら継続。

ゲストの旅
全国各地の名所をゲストが巡った模様を、VTRと共に紹介。VTRを流している間は、ゲストがスタジオで直々にナレーションを付けることが多い。ただし、ゲストによっては、向井や朝日放送テレビアナウンサーがナレーターを務めることもある。

海外スペシャル
月によっては、土曜日が5週ある。その場合、そのうちの1週は、ラッシャー生中継以外のコーナーを全て休み、海外マンスリーの拡大版企画を放送。基本は海外マンスリーと一緒だが、通常4週に分けるものをまとめて放送する。特別企画として位置づけられているため、普段海外マンスリーに出ない有名人が旅をすることが多い。

番組内の天気予報は、長らく向井が担当していたが、2009年4月のレギュラー入れ替えで浦川が加わってからは、スタジオレギュラーの朝日放送テレビアナウンサーが伝えるようになった。

「朝だ!生です旅サラダ」を何度も楽しもう!

SNSで話題になるバラエティは何度観ても面白いですよね?

面白いバラエティ番組は何度も何度も観たくなります。

「朝だ!生です旅サラダ」を見返したい場合は動画配信サービスでは配信されていませんが、公式YouTubeからお楽しみください!
 

「朝だ!生です旅サラダ」公式YouTube

-エンタメ動画情報, ニューススポーツ情報動画, 旅・紀行番組
-