エンタメ動画情報 ニューススポーツ情報動画

プロ野球日本シリーズ2022「ヤクルト×オリックス」の見逃し配信!無料動画はTVerにない?

プロ野球日本シリーズ2022の見逃し配信!無料動画はTVerにない?

「プロ野球SMBC日本シリーズ2022」ヤクルト×オリックス第1戦のライブ配信やの見逃し配信やライブ配信、無料フル動画を無料視聴する情報のことや過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「プロ野球」は、野球ファンにとっては見逃せないもので、毎年毎年話題になっています!

だからこそ、「プロ野球」を楽しむための方法をご紹介します!

「プロ野球」のライブ配信や見逃し配信は動画配信サービスDAZNです。

・プロ野球を何回も観たい
・スポーツ動画をたくさん観たい!

そんな人にDAZNはおすすめです。

DAZN公式ページはこちらから

 

「プロ野球SMBC日本シリーズ2022」ヤクルト×オリックス第1戦

プロ野球頂上決戦!球団史上初となる2年連続日本一に挑む高津ヤクルトvs26年ぶりの日本一を目指す中嶋オリックス

両者ともに史上初となる2年連続最下位からの連覇!第1戦は球界の絶対的エース山本由伸が先発!!迎え撃つは史上最年少三冠王&日本人選手最多本塁打記録更新の村上宗隆を中心とするヤクルトの重量打線▼「絶対大丈夫!」でチームをまとめ上げた指揮官・高津Sと捕手出身らしい野球観でイリュージョンとも称される中嶋采配に注目▼Sクリーンアップ山田・村上・オスナの99発トリオの破壊力そして球界屈指のバットコントロールと長打力を兼ね備える吉田正尚を中心に繋がる打線を構築したオリックス。主導権を握るのはどっちダ!!▼解説はシリーズを熟知する元指揮官工藤公康・谷繁元信さらに山本由伸を徹底解剖する五十嵐亮太がバックネット裏から熱視線。

DAZN公式ページはこちらから

 

「プロ野球」2022千葉ロッテ×日本ハム

完全試合達成!佐々木朗希投手登板予定試合!更なる伝説は!?
解説:里崎智也 五十嵐亮太
実況:植草朋樹

史上最年少20歳5か月で史上16人目の完全試合を達成した佐々木朗希投手の登板予定試合。
プロ野球記録“13打者連続奪三振”、タイ記録“1試合19奪三振”など、記録ずくめの快挙を成し遂げた。
ニューヒーローが、BIGBOSS新庄監督率いる日本ハムと対決する!!果たして“伝説”は続くのか!?

「プロ野球」の出演者

解説:里崎智也 五十嵐亮太
実況:植草朋樹(テレビ東京アナウンサー)

DAZN公式ページはこちらから

 

「プロ野球」2022DeNA×ヤクルト

「横浜反撃」三浦監督、佐野・牧横浜DeNAvs昨年日本一のヤクルトとの一戦。夢すくすく企画アイデンティティ田島登場!森本稀哲も参戦!ぜってぇ見てくれよな!

「横浜反撃」横浜DeNAが昨年日本一のヤクルトを迎え撃つ。佐野・牧が軸のDeNAvs山田・村上率いるヤクルト打線の軍配は!?満員の横浜スタジアムから生中継!

子供たちの未来応援企画「夢すくすくプロジェクト」。夢すく応援団として、アイデンティティ田島が今年も登場!森本稀哲も参戦し、野球に関する疑問質問を大募集!ぜってぇ見てくれよな!

「プロ野球」の出演者

解説者 ミスターパーフェクト・槙原寛己
ゲスト解説 森本稀哲
ゲスト アイデンティティ田島
実況 南波雅俊(TBSアナウンサー)
リポーター 初田啓介(TBSアナウンサー)

DAZN公式ページはこちらから

 

「プロ野球」2022阪神×巨人

家族みんなでクイズにチャレンジ!放送中に流れる5秒の映像は誰なのか?阪神・佐藤輝明選手にちなんだ「ギフトセット」をゲットしてください!

「プロ野球」の出演者

【解説】岡田彰布、鳥谷敬
【実況】高野純一(ABCテレビアナウンサー)
【リポーター】佐藤修平(ABCテレビアナウンサー)

DAZN公式ページはこちらから

 

「プロ野球」2022開幕戦、ヤクルトvs巨人、日本ハムvs西武

本日は激アツ!プロ野球祭り▽昨年日本一のヤクルトそしてBIGBOSS率いる日本ハムの本拠地開幕戦を二元中継!!

今シーズン注目を集めるセ・パの本拠地開幕戦を二元中継!
セ・リーグは、昨シーズン20年ぶりの日本一となった髙津臣吾監督率いる東京ヤクルトスワローズ。注目の打者、山田哲人と村上宗隆で連覇を狙う。対するは王者奪還を目指す、原辰徳監督率いる読売ジャイアンツ。坂本勇人、岡本和真、中田翔の強力打線が爆発か!?
そしてパ・リーグの台風の目となるか?BIGBOSS新庄剛志監督率いる北海道日本ハムファイターズ。

ホームの札幌ドームで埼玉西武ライオンズとの一戦を迎える。BIGBOSSの采配は?どんな選手を起用するのか?サプライズに大注目だ。

「プロ野球」の出演者

【ヤクルトvs巨人】
〈実況〉
谷岡慎一(フジテレビアナウンサー) 
〈解説〉
斎藤雅樹 古田敦也 松中信彦 

【日本ハムvs西武】
〈実況〉
竹下陽平(フジテレビアナウンサー) 
〈解説〉
藤川球児

DAZN公式ページはこちらから

 

「DRAMATIC BASEBALL2022」巨人×中日開幕第3戦

2022年プロ野球開幕第3戦!リーグV奪回&日本一を目指す原巨人と立浪新監督就任の中日の対戦!!江川卓×鳥谷敬の夢解説や新・塁審カメラなど新施策も満載!

2022年のセ・リーグ開幕第3戦!新ドームから今季も新技術などで「全てのシーンを、ドラマチックに」お送りします。リーグV奪回&日本一を目指す原巨人と、ミスタードラゴンズ立浪新監督中日の対戦!怪物江川と鉄人鳥谷の夢解説が実現!新ヒーロー誕生か?「全塁審カメラ」や「新AI」など新施策も満載

「DRAMATIC BASEBALL2022」の出演者

[解説]江川卓・鳥谷敬
[実況]蛯原哲
[DRAMATIC BASEBALLサポーター]亀梨和也(KAT-TUN)

DAZN公式ページはこちらから

 

「DRAMATIC BASEBALL2022」巨人×中日開幕第2戦

2022年プロ野球開幕第2戦!10年ぶり日本一へ、開幕戦勝利の原巨人と立浪新監督中日の対戦!!赤星憲広×井端弘和の夢解説や全塁審カメラにAIなど新施策も満載!

2022年のセ・リーグ開幕第2戦!新ドームから今季も新技術などで「全てのシーンを、ドラマチックに」お送りします。リーグV奪回&日本一を目指す原巨人と、ミスタードラゴンズ立浪新監督中日の対戦!盗塁王赤星憲広と守備職人で侍ジャパン金メダルコーチの井端弘和の夢解説が実現!開幕戦は巨人が勝利!G新守護神大勢やD岡林など新たなヒーロー誕生か?立浪監督初勝利は?「全塁審カメラ」や「新AI」など新施策も満載

「DRAMATIC BASEBALL2022」の出演者

[解説]赤星憲広・井端弘和
[実況]上重聡
[DRAMATIC BASEBALLサポーター]亀梨和也(KAT-TUN)

DAZN公式ページはこちらから

 

「DRAMATIC BASEBALL2022」巨人×中日 開幕戦

2022年プロ野球開幕戦!リーグV奪回&日本一を目指す原巨人と立浪新監督就任の中日の対戦!!由伸×上原×谷繁の夢解説や新・塁審カメラなど新施策も満載!

2022年のセ・リーグ開幕戦!新ドームから今季も新技術などで「全てのシーンを、ドラマチックに」お送りします。リーグV奪回&日本一を目指す原巨人と、ミスタードラゴンズ立浪新監督中日の対戦!巨人高橋由伸前監督と、日米で活躍の上原浩治&元中日監督谷繁元信のレジェンド3人の夢解説が実現!エースG菅野vsD大野雄大の激突で開幕!新ヒーロー誕生か?「全塁審カメラ」や「新AI」など新施策も満載!※最大延長30分

「DRAMATIC BASEBALL2022」の出演者

[解説]高橋由伸・上原浩治・谷繁元信
[実況]平川健太郎
[DRAMATIC BASEBALLサポーター]亀梨和也(KAT-TUN)

DAZN公式ページはこちらから

 

「プロ野球オープン戦2022」日本ハムVS巨人

就任以来球界の話題を独占する“BIGBOSS”新庄新監督が就任時口にした思い「巨人戦を地上波で!」テレ東がその思いに応えます!新庄劇場開園‼原巨人と激突する!

「プロ野球オープン戦2022」の出演者

【解説者】落合博満
 中畑清
【実況者】植草朋樹(テレビ東京アナウンサー)

【副音声ゲスト】里崎智也
【副音声MC】池谷実悠(テレビ東京アナウンサー)

DAZN公式ページはこちらから

 

「プロ野球」について

「プロ野球」は、野球のプロフェッショナルスポーツ(プロスポーツ)形態を指す言葉である。略さずに「プロフェッショナル野球」とも言う。対義語は「アマチュア野球(アマ野球)」である。英語では「professional baseball」と表記される。

日本においては、特に日本野球機構(略称:NPB)によって統括されているリーグ(日本プロ野球)と米国、カナダで主に行われるメジャーリーグベースボール(MLB、大リーグ)を指すが、単純に「プロ野球」とのみいう場合はNPBを表す場合が多い。また、1950年代あたりまでは、職業野球と呼ばれていた(日本最初のプロ野球機構も1938年までは「日本職業野球連盟」だった)。

女子野球のプロスポーツ形態については女子プロ野球と呼ばれる。

他のプロスポーツ同様、試合を行うことで観客から入場料を徴収し、それを球団の利益ならびに選手の報酬としている。球団・選手とも野球を専業職とし、試合やそれに関連する収益で所得の全てを賄う。この点がアマチュア野球とは大きく異なる。プロ野球の球団はプロ野球球団、プロ野球チームと呼ばれ、選手はプロ野球選手と呼ばれる。

現代では入場料だけでなく、テレビやラジオでの試合中継による放映権料や、球団や選手関連グッズの売り上げ、ファンクラブ会費、球場で販売する飲食物の売り上げなど、野球に関連する様々な収入源が形成されている。これらの収益は球団が主体となって得た上で、その球団に所属する選手や職員へ報酬(給与)として分配される。プロ野球を管轄する組織が一括して収益を管理し、参加している球団に分配する国もある。

現代ではどの国のプロ野球も複数の球団でリーグを組み、リーグ戦を1チームあたり数十 - 百数十試合規模で実施している。複数リーグが存在する国では、リーグチャンピオン同士の対決も行われている。ちなみに日本は12球団で2リーグあり1リーグは6チーム。

DAZN公式ページはこちらから

 

「プロ野球オープン戦」について

「プロ野球オープン戦」とは、野球などで公式の試合の期間の前後もしくは合間などに行われる非公式の試合のこと。

オープン戦を開催する目的は、親睦や交流、調整、場合によっては興行など、様々である。"オープン戦"は和製英語で、英語では"exhibition game"または"pre-season game"と言う。他競技で用いられる「プレシーズンマッチ」とほぼ同義。もっとも、メジャーリーグベースボールが開幕前に行うオープン戦は「スプリングトレーニング」ということが圧倒的に多い。なお、ここでいうオープン戦はオープン競技とは異なる。

オープン競技
オープン競技とは、参加資格に制限を設けない競技大会、特にプロおよびアマチュア問わず勝ち上がれば本戦に出場できる競技大会をいう。

ゴルフやテニスなどのトーナメント大会などの名称に付く「オープン」は、オープン・トーナメント、つまりプロアマ問わず基準に達していれば出場出来る公式大会であることを示す。 また、将棋の「朝日杯将棋オープン戦」や、全日本プロレスが開催していた「オープン選手権」「世界オープンタッグ選手権」(現在は廃止)もこちらの意味である。 なお、一般に獲得賞金に応じて出場できるレースクラスが定められている競馬にも、「オープンクラス」が存在し、オープンクラスでは基本的には未出走・未勝利の競走馬以外なら賞金の獲得額に関係なく出走できるとされている。

日本プロ野球のオープン戦
日本野球機構管轄のプロ野球におけるオープン戦はレギュラーシーズン開幕前の調整試合として、春季キャンプ中の2月終盤から開幕直前の3月終盤までの期間で実施されており、NPBでの正式名称は「春季非公式試合」である。レギュラーシーズンはセントラル・リーグ・パシフィック・リーグの2リーグに分かれてリーグ戦を行っているが、オープン戦では12球団がリーグの垣根を超えて対戦し、順位も12球団での順位で発表される。

入場料は概ねレギュラーシーズンより安めに設定され、一部座席は解放しない場合もある。かつてはオープン戦は平日・土曜日・休日を問わずほとんどがデーゲームで行われていて、あまり集客のない試合が多かったが、ドーム球場が全国に誕生した1990年代頃からは、ドーム球場での平日の試合はナイトゲームで行われる(特に福岡ドーム開場後の1994年に8試合組まれて以降)場合も多く、4万人を超える観衆を集めることもある。2020年には、日本政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本方針に沿い、2月29日以降の全試合が史上初の無観客試合として開催された。

公式戦との制度上の違いとしては以下が挙げられる。

レギュラーシーズンでは延長戦は12回まで行われるが、オープン戦では同点であっても9回で終了する。
レギュラーシーズンの出場資格があるのは支配下登録されている選手のみだが、オープン戦では支配下登録されていない育成選手でも出場することが可能である。
レギュラーシーズンではパ・リーグ公式戦とパ・リーグ球団主催の交流戦のみで採用されているDH制度を開催球場、チームに関わらず全ての試合で自由に使うことができる。

セ・リーグのチームは、試合展開に左右されずに投手に登板機会を与え、野手にも少しでも多くの出場機会を作るためにオープン戦の序盤はDH制を採用することが多い。一方、開幕に近づくと、よりレギュラーシーズンに近い投手起用をし、先発投手にも打席に立つ機会を作るためにDH制を採用せずに試合を行うことが多い。そのため、セ・パのリーグを超えた対戦の場合、同じ試合で両チームのDHの有無が異なる場合がある。逆に交流戦初年度の2005年は、交流戦対策で一部のパ・リーグのチームがDHを採用しない試合があった。

なお、DH制は1975年から導入されたが、現行のDH制は1979年からで、1975年~1978年はパ・リーグ所属チームの主催試合に限られていた(更に1975年はパ・リーグ所属チームの主催試合でも、相手がセ・リーグ所属チームの時はDH制を使えなかった)。
現在は公式戦開幕前に行われるのがほとんどだが、かつてはシーズン後の秋にもオープン戦が行われていて、秋のオープン戦が人気選手の引退試合となるケースも多数あった。現在でもオープン戦期間中に、前年限りで引退した選手が1日だけ選手契約を結んで引退試合が行われることもよくある。

メジャーリーグの開幕戦が日本で開催される年には日本開幕戦を行うMLB球団のオープン戦的な位置付けとしてNPB球団との試合が行われたり、ワールド・ベースボール・クラシックが開催される年にも日本を含めた出場国代表チームとNPB球団との試合があったりするが、これらはいずれもNPBのオープン戦としては扱われない。

開催場所
オープン戦序盤は各球団が春季キャンプが行なっている宮崎県、沖縄県の球場で開催され、3月に入ると各球団の本拠地球場での開催にシフトしていく。球団によっては、レギュラーシーズンの試合を見る機会が少ないファンのために、巡業のように各地の地方球場で開催する場合もある。例えば、読売ジャイアンツは、かつてはキャンプ地の宮崎市で最初の主催試合を行った後、九州から中四国、近畿、東海、関東と北上する日程が組まれていた。近年は2次キャンプ地の沖縄セルラースタジアム那覇でオープン戦をスタートし、キャンプを打ち上げるとすぐに札幌ドームに移る日程が組まれる年もあり、かつてのような流れは崩れてきている。また、巨人に限らずレギュラーシーズンでの観客動員数が増えるにつれてオープン戦も各球団の大きな財源になりつつあるため、NPB全体としてオープン戦の地方開催自体が減少傾向にある。

その他、各球団のオープン戦開催の特記事項としては以下が挙げられる。

阪神タイガースは、3月下旬に選抜高等学校野球大会が本拠地球場の阪神甲子園球場で開催されるため、甲子園での主催試合が開催できるのは3月上旬に限られている。この状態はレギュラーシーズン開幕後もしばらく続くため、シーズン最初の主催試合は近隣の京セラドーム大阪で開催されており、オープン戦の最終盤には同球場を本拠地とするオリックス・バファローズと1試合ごとに主催球団を入れ替えて3連戦を行なっている。年度によっては1戦目が阪神、2・3戦目がオリックス主催という形の場合もある。
中日ドラゴンズは、3月上旬に名古屋ウィメンズマラソンが本拠地球場のナゴヤドームで開催されるため、同マラソンの関連イベント「マラソンEXPO」が開催される期間の前後3日間程度はナゴヤドームで試合が出来ない。そのため、この期間は小牧や、かつての本拠地球場で現在は2軍本拠地のナゴヤ球場などでの主催試合を行う場合がある。
東北楽天ゴールデンイーグルスは、本拠地球場の楽天生命パーク宮城(宮城球場)が屋外球場である一方、3月の東北地方の寒冷は試合開催に耐えうるレベルではなく、レギュラーシーズン開幕後ですら積雪することがあるため事実上同球場でのオープン戦の開催は不可能となっている。そのため、オープン戦は静岡、倉敷、明石、長崎などのいずれかを中心として西日本各地の球場で主催試合をしている。ただし、WBCの開催により開幕が4月だった2009年は宮城球場でもオープン戦が開催された。

ジンクス
オープン戦で3位だったチームは公式戦で苦戦するというジンクスが存在する。2018年までの10年間で、3位のチームは7度のBクラス(うち、最下位が4度)を経験した。また、Aクラス入りした場合でも、2014年の巨人はリーグ優勝を果たしながら日本シリーズは阪神に譲り、2016年のソフトバンクは2位に最大で11.5ゲーム差を付けながら日ハムに大逆転を許す事態となった。 また、2021年には西武が怪我人や選手の不調、特例による抹消などもあってシーズン後半に負けが込み、1979年以来42年ぶりとなる最下位になった。

「オープン戦で好調だったチームは公式戦でコケる」というジンクスもファン達には語られており、1990年代の阪神タイガースが手の内を隠したストレート中心の配球を狙い打ち、新外国人選手もデータ取りで打たせたことで期待を抱かせる状態が頻発し「今年の虎はやってくれる」と連日マスコミで記事にされるも、いざシーズンが開始すると下位に低迷しジンクスと言われ出した。森たけし(当時読売テレビアナウンサー)が『ズームイン!!朝!』で「今年の(阪神の)ベストゲームはオープン戦」と皮肉を込めて語ったことがある。

練習試合
キャンプ中などにオープン戦とは別にキャンプ地が近いチーム同士での練習試合が行われることもある。試合の趣旨としては概ねオープン戦と同様だが、NPBの管理下で有料で行われ、公式に記録が残るオープン戦と異なり、練習試合はチーム間の合意のみで開催・運営できるため9回裏の有無やDHの運用などに関する特別ルールを設けることも可能であり、無料で行われる試合も多い。近年は近隣でキャンプを行う韓国の球団や、遠征でやってくる台湾の球団、キャンプ地の近くの独立リーグ、社会人野球のチームなどとの練習試合も組まれている。最近ではクライマックスシリーズ、日本シリーズ等のポストシーズンへ向けて非公開で試合を組んでいるケースもある。その他特異例としては、2018年3月21日に神宮球場で予定されていたヤクルト対巨人のオープン戦が雨天中止となったため、もともと中止の場合は同じ東京都内にある東京ドームでの練習を予定していた巨人側がヤクルトを誘い、合同練習と称して東京ドームで無観客の練習試合を行った。

天災や疫病の影響によりレギュラーシーズン及びオープン戦の日程に大きな変更が生じた3シーズンは練習試合などが以下の形で行われた。

2011年は、東日本大震災の影響でレギュラーシーズン開幕が3月25日から4月12日に延期され、オープン戦は中止としたうえで当該日に開催予定だったそれぞれの試合のチーム間で、「実戦形式の合同練習」などと称した練習試合が行われた。また、4月2日・3日にはチャリティー試合として「プロ野球12球団チャリティーマッチ -東日本大震災復興支援試合-」が開催された。

2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月20日に予定されていたレギュラーシーズン開幕が延期され、オープン戦は最終的な日程まで行ったうえで、3月20日以降もしばらくはレギュラーシーズンで予定されていた試合の組み合わせで練習試合を行った。しかし、その後も日本国内での感染は拡大し、4月7日には政府からの緊急事態宣言も発令されたため、各球団は活動を停止し、練習試合等もしばらく行われなくなった。緊急事態宣言は5月25日に解除され、開幕が6月19日に決定すると、6月2日から16日まで12球団を東西に分けて東西それぞれの球団同士で練習試合を行った。なお感染拡大防止のためこれらの試合はいずれも無観客試合で開催された。

2021年は、新型コロナウイルスの感染拡大のため政府が東京都など10都府県に発令していた緊急事態宣言を2月7日から3月7日まで1ヶ月間延長したことから、沖縄県も県独自で発令していた緊急事態宣言を2月28日まで延長。これを受けて2月中に沖縄県内で開催予定だったオープン戦11試合が日程から削除されて、すべて無観客の練習試合に切り替えられた。オープン戦は当初2月23日に開幕予定だったが、2月中の試合は全て沖縄県内での開催だったため、オープン戦の開幕自体が3月2日からに変更された。

2軍のオープン戦
また同じく日本のプロ野球の2軍チームでは、教育リーグ(秋季に行われる黒潮(よさこい)リーグ、コスモスリーグ、ハイサイリーグ、みやざきフェニックス・リーグを含む)という大会名でプロチーム同士の試合だけでなく、社会人チームとの対戦も近年積極的に実施されるようになった。また、イースタン・リーグで東北楽天ゴールデンイーグルスを除く球団が対戦予定のないシーズン中にイースタン・リーグ チャレンジ・マッチと題して混成チーム(フューチャーズ)と対戦する。

MLBのオープン戦
メジャーリーグベースボールの場合は、スプリングトレーニングにおいて、主にフロリダ州でキャンプを張るチームによる「グレープフルーツ・リーグ」とアリゾナ州でキャンプを張るチームでの「カクタス・リーグ」とに分かれて、3月にメジャーリーグチーム同士、あるいは対マイナーリーグのチーム、大学チームというることも多い。

日本と違い、ナショナル・リーグの主催試合では指名打者制が採用されないことが多く、その場合はアメリカン・リーグのチームの投手も打席に立つ。また、同じチームであっても2つに分けて、異なるチームと試合をする場合もある。

アマチュア野球のオープン戦
所謂、練習試合と呼ばれる。高校、大学、社会人においてはカテゴリーを越えて試合を行う場合がある。特に大学、社会人(クラブチーム)は盛んに試合を組んでおり高校と大学(下級生中心など)も一定数行われている。

大学、社会人の場合は同リーグ、同地区のライバルと対戦を避ける意味合いが強く、高校でも同様で強豪の場合は力のある対戦相手として大学を選ぶケースがある。 監督、コーチ、マネージャー等の繋がりで試合を組むことが多く、大学や社会人は春先や夏にキャンプ地を起点に各地のチームと対戦する流れになっている。 この他、大学チームは練習拠点の近隣にある他リーグの加盟校と対戦したり場合によっては準硬式野球部と対戦する(使用球は統一するが)など多様なカードが生じる。 会場は公営球場以外に、主に各チームグラウンドで、この場合チームを分けて(主力とサブ)同日に両グラウンドで試合をすることが増えている。

高校野球では大会期間外は毎週のように行っていることも多いが、甲子園出場となればやはり各地で試合をしながら移動して最終的に近畿地区のチームと対戦する。 尚、高校野球では12月1日から3月7日までを対外試合禁止期間としている。これは寒冷地のチームとの条件をなるべく揃えるという趣旨である。 また、公式戦以外という意味では各地で独自の大会を開催したり招待、親善試合を行うなど実戦経験の場になる機会が増えている。

大学、社会人は近年プロ(主にファーム)とも交流試合を行っている。

プロボクシングのオープン戦
プロボクシングでは、公式戦のうちタイトルマッチ及びトーナメント戦のいずれにも関係しないワンマッチをオープン戦と呼ぶ。主なものとして日本タイトル挑戦権獲得トーナメントにおいては各試合の前座としてB級オープン戦が行われており、5回戦(通常B級は6回戦)で組まれている。

DAZN公式ページはこちらから

 

DAZNで見れる動画をたっぷり楽しもう!

DAZNなら今回紹介した「プロ野球」以外にもさまざまなスポーツのライブ配信や見逃し配信が楽しめます。

サッカーや野球、テニス以外にもさまざまなスポーツを楽しみたい時は是非DAZNを利用してくださいね♪

DAZN公式ページはこちらから

-エンタメ動画情報, ニューススポーツ情報動画
-