エンタメ動画情報

プレバトの見逃し配信と無料視聴方法!動画配信はされてるの?

プレバトの見逃し配信と無料視聴方法!動画配信はされてるの?

TBSで放送されているバラエティ番組「プレバト」の見逃し配信や無料視聴方法などの動画配信についてなどの情報を紹介していきたいと思います!

「プレバト」は俳句や水彩画、華道など様々な分野で教養にもなる番組で、民放ゴールデンタイムに放送されている番組のなかでも珍しい番組で、人気です!

この「プレバト」は一部MBS動画イズムにて見逃し配信が行われていますが、TBSで放送されていることから、今後動画配信サービスParaviで配信されるかもしれません。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ
 

「プレバト」夏井先生が大激怒!問題作に「もういい」

芸能人の隠れた才能を専門家が査定し、ランキング形式で発表する人気バラエティー番組「プレバト!!」(MBS・TBS系、木曜午後7時)。1月27日の放送回では、出題されたお題から出演者が詠(よ)んだ句を、“夏井先生”こと俳人の夏井いつきさんが査定する「俳句の才能査定ランキング」でトラブルが発生。「問題作」に夏井先生が激怒するという。予告では、夏井先生が「どうでもいいです」「もういい」と酷評し、MCの浜田雅功さんから「伸びしろありますか?」と聞かれても、「さあ?」と首をかしげる姿が映し出されている。

この日の「俳句の才能査定ランキング」には、女優の岡田結実さん、お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラさん、タレントの勝俣州和さん、落語家の瀧川鯉斗(こいと)さんが登場。「肉まん」をお題に、17字の表現力を競う。また、「特待生昇格試験」には、名人4段で落語家の立川志らくさん、5段で女優の中田喜子さん、お笑いコンビ「フルーツポンチ」の村上健志さんが登場する。

同日は、水彩画の出来栄えを競う「水彩画の才能査定ランキング」も放送される。

「プレバト!!」の出演者

【MC】 浜田雅功 【アシスタント】 玉巻映美(MBSアナウンサー) 【ゲスト(50音順)】 岡田結実 蛙亭(中野周平・イワクラ) 勝俣州和 黒崎レイナ 瀧川鯉斗 竹内由恵 【名人・特待生(50音順)】 立川志らく 田中道子 中田喜子 村上健志(フルーツポンチ) 【専門家ゲスト】 夏井いつき(俳人) 野村重存(画家) 【ナレーター】 銀河万丈

「プレバト!!」の放送内容

「水彩画の才能ランキング」は蛙亭・中野周平、黒崎レイナ、瀧川鯉斗、竹内由恵が挑戦。初登場の蛙亭・中野は「こう見えて中・高は美術部。漫画アシスタント経験もあるんです」「プロと言っても差し支えないかな?」といきなり大口を叩くと、前回“才能アリ”の黒崎も「今回は特待生を狙いたい!」。初挑戦ながら色鉛筆査定で“才能アリ”経験者の鯉斗は「才能アリを狙っていきたい」、竹内も「もちろん1位を目指したい」と一歩も譲らず。野村重存先生が「上手だわ!」「すごいよ! これ誰が書いたんだろう?」とうなりまくる超絶ハイレベルな戦いを繰り広げる! さらに特待生昇格試験には名人4段・田中道子が登場。「過去最高の出来の絵を描いてきました。2ランク昇格して水彩画のトップに立ちたい!」。果たしてライバルの光宗薫、辻元舞を抜き去ることができるのか…!?

「俳句の才能査定ランキング」は「肉まん」をお題に岡田結実、蛙亭・イワクラ、勝俣州和、瀧川鯉斗が参戦。2連続で“才能アリ”を獲得し、特待生候補に急浮上した鯉斗は「ちょっとシャレた季語を入れました。自信ありますね」と手ごたえあり。一方、前回“才能ナシ”に沈んだ勝俣は「もう一生呼ばれないと思った。でも今回は俳句が分かりましたよ!」とリベンジを宣言。初挑戦の蛙亭・イワクラは「ネタを書いているので“才能ナシ”になったら相方に舐められてしまう」、岡田も「初々しい心で書きました」と気合十分。さらに特待生昇格試験には名人4段の立川志らく、5段の中田喜子、「永世名人の道」に挑む10段・フルーツポンチ・村上が登場。天敵・梅沢富美男が舞台出演でスタジオにいないのがうれしい村上は「梅沢さんがいない今がチャンス!」と鬼のいぬ間に“前進”なるか…!?

※「プレバト」は一部MBS動画イズムにて見逃し配信が行われていますが、TBSで放送されていることから、今後動画配信サービスParaviで配信されるかもしれません。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ
 

「プレバト!!3時間スペシャル」が世帯・個人全体で同時間帯1位の視聴率を記録

1月13日に放送された「プレバト!!」3時間スペシャル(TBS系)が、世帯視聴率で関西地区15.3%、関東地区13.2%。個人全体視聴率(4歳以上の平均視聴率)で関西地区9.0%、関東地区7.7%となり、世帯・個人全体で東西ともに同時間帯1位の高視聴率を獲得した。(数字はビデオリサーチ調べ)

同番組では、この日、「俳句」「スプレーアート」「古着リメイク」という3つのコーナーを放送。

俳句コーナーでは、冬のタイトル戦「冬麗戦2022」が行われ、昨年番組で詠まれた全364句の中から夏井いつき先生が選んだ年間優秀句14人によるグランドチャンピオン大会が開幕。

梅沢富美男(永世名人)、東国原英夫(永世名人)、FUJIWARA・藤本敏史(名人10段)、フルーツポンチ・村上健志(10段)、千原ジュニア(8段)、Kis-My-Ft2・横尾渉(7段)、立川志らく(4段)、Kis-My-Ft2・千賀健永(4段)、森口瑤子(初段)、Kis-My-Ft2・北山宏光(特待生3級)の10人に加え、名人・特待生以外からは昨夏のタイトル王者の犬山紙子をはじめ、IKKO、小倉優子、堀未央奈の4人が選出され、「人生ゲーム」をお題に俳句を詠んだ。

スプレーアート5回目の頂上決戦は、遠藤光莉(櫻坂46)、南海キャンディーズ・しずちゃん、千原ジュニア、辻元舞、松本妃代、光宗薫が参戦。初挑戦の遠藤は欅から舞う桜の"スプレーアート"を披露し、「才能アリ」を獲得した。

自宅の古着を子ども服にリメイクする「古着リメイク」の第4弾では、アンミカ、えなこ、近藤千尋、千賀健永、松井愛莉が参加した。

また、この回の毎分世帯最高視聴率は、関西17.1%(夜8時10分)、関東14.7%(夜8時33分)を記録。いずれもスプレーアートのコーナーで、関西では千原ジュニアの、関東では光宗薫の創作風景だった。

※「プレバト」は一部MBS動画イズムにて見逃し配信が行われていますが、TBSで放送されていることから、今後動画配信サービスParaviで配信されるかもしれません。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ
 

「プレバト!!」について

「プレバト!!」は、2012年10月11日から、毎週木曜日の19:00 - 20:00(JST)に放送されている毎日放送(MBSテレビ)制作のバラエティ番組。

TBS系列の全28局で原則として同時ネットを実施しているほか、系列局のない地域でも、フジテレビ系列局への番組販売によって遅れネット形式で放送している。

2014年8月までの番組名は『使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!』で、現行タイトルの『プレバト!!』は元々はその略称であった。

2012年8月9日の『スパモク!!』内で放送した毎日放送とTBSテレビの共同制作によるパイロット版の特別番組『王様のチョイス! 〜使える芸能人は誰だ!?〜』に関しても記す。

2013年11月からは、「才能査定ランキング」(当初の企画名は「才能アリ?ナシ?ランキング」)と称して、芸能人・著名人がさまざまな分野での才能を競う企画を放送している。

レギュラー版の開始当初は55分間の放送だったが、2013年11月7日からは放送枠を56分に拡大。

2017年10月改編からは、TBS系列20時台・22時台のレギュラー番組をフライングスタートから正時(0分)スタートへ戻すことに伴って、レギュラー版の放送枠を60分(19:00 - 20:00)に設定している。

番組開始当初から2015年9月までは、当時レギュラー版を1時間枠で放送していた『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』と交互に、隔週に1回のペースで2時間(または3時間)のスペシャル版を編成していた。

同年10月改編で『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』のレギュラー放送枠を2時間に拡大してからは、スペシャル版の放送が春・秋の番組改編期、年末年始、『モニタリング』以外の特別番組の編成による中断期間の前後に限られるようになった。

その一方で、2017年8月31日放送分の3時間スペシャルからは、TBS・毎日放送が制作する番組の代表者が出演する「TBS系人気番組対抗戦」を定期的に実施している。

なお、TBSのフルネット局がない地域でも、当該地域の他系列局が遅れネットで当番組を放送している。

フジテレビ系列局では、2016年4月3日から福井テレビ、2018年4月1日から秋田テレビでも遅れネットを実施中。

「プレバト!!」の「俳句の才能査定ランキング」による影響

レギュラー版の企画を「才能査定ランキング」に統一してからは、「俳句の才能査定ランキング」への人気が特に高く、関連本の出版や派生企画・イベントの実施などに発展。

基本として「俳句の才能査定ランキング」を前半、他のジャンルの才能査定ランキングを後半に放送するレギュラー版(梅沢富美男が永世名人に昇格以降は「俳句」が後半に放送。)では、2018年頃から「俳句の才能査定ランキング」の放送時間を全体(60分)の4分の3(40 - 45分)程度にまで拡大。

2017年からは、才能査定結果の発表を中心に、俳句関連企画だけの「特別編」を放送する場合もある。

俳句を査定する夏井いつき(俳人)は、「当番組へのレギュラー出演によって全国的な俳句ブームを牽引した」との理由で、第44回(2017年度)の放送文化基金賞を個人・グループ部門で受賞した。

さらに毎日放送では、2018年7月1日から公式サイトで展開している『MBSコラム』の中で、「もう一度楽しむ『プレバト』俳句」というページを開設。

同年6月14日以降の放送分を対象に、「俳句の才能査定ランキング」の概要を改めて紹介するコラムを、毎回の放送後に更新している。

2020年には、当番組の制作・放送に関して、放送人の会(新旧の番組制作者や放送メディア・番組の研究者などで組織される一般社団法人)が毎日放送を「第19回放送人グランプリ」の企画賞に選定。

当番組でも、5月21日放送分のレギュラー版でアシスタントの玉巻から発表された。

企画賞の講評を担当した新山賢治(「企画舎GRIT」代表、元・『NHKスペシャル』プロデューサー、NHK制作局長・理事およびNHKエンタープライズ制作本部プロデューサー)は、

「俳句をはじめ(才能査定ランキングを定期的に実施している水彩画や生け花など)日本古来の文化へ正面から取り組むなど、卓越した企画力と演出力を発揮することによって視聴者の支持を得るとともに、放送文化のさらなる多様性を開発したこと」

を選出の理由に挙げたうえで、「視聴者の知的好奇心を満足させるバラエティー番組の一級品」との表現で当番組を高く評価している。

さらに、三省堂の令和3年(2021年)度版中学校3年生向け教科書『現代の国語3』には、夏井の執筆による「俳句の世界」と「夏井いつきの赤ペン俳句教室」が教材として採用された。

「当番組の魅力をコラムで再現した」という「赤ペン俳句教室」には、夏井から「名人」と認定されている藤本敏史(FUJIWARA)と村上健志(フルーツポンチ)が過去に「俳句の才能査定ランキング」で詠んだ句も、夏井の添削例として掲載。

当番組では、3人とも収録に臨んでいた2020年7月23日放送分(夏の炎帝戦予選)で、その旨が発表された。

「プレバト!!」のルール・システム

「才能査定ランキング」(開始当初は「才能アリ?ナシ?ランキング」)として、複数の芸能人・著名人が、特定のテーマに沿って作品の制作(俳句・生け花・水彩画など)や作業(料理の盛り付けなど)に挑戦。

その作品・料理を査定員(専門家)が判定したうえで、才能やセンスの程度を査定する。

「特待生昇格試験」登場後は区別のため「ランキング戦」と称することもある。

1つのジャンルにつき、事前に4 - 10人の芸能人・著名人が挑戦。

出来上がった作品・料理を専門家が判定したうえで、その内容によって、作者(挑戦者)を「才能アリ(青)」、「凡人(黄)」、「才能ナシ(赤→紫[注 3])」というランクに分ける。

また、査定の結果として「特待生」への昇格が決まった場合には、「特待生昇格(銅)」と表示される。

ただし、場合によっては査定員がそれ以外の評価をつける場合もあり、その場合はランキングから除外される。

どのジャンルでも、査定の公正を期すため、査定員は挑戦者の氏名を伏せられた状態で査定。

査定の終了後に氏名が伝えられる。

「才能アリ」「凡人」「才能ナシ」の人数に枠はなく、最下位でも「才能アリ」であったり、第1位でも「凡人」「才能ナシ」の判定が下される場合がある。

スタジオでは順位と査定を発表した後に、査定対象の作品について、査定員が査定・評価のポイントを解説する。

順位の発表順については、放送上浜田へ一任。

査定員については、俳句査定の夏井がスタジオ横に設けられた別室からの中継、その他の査定員はVTRで登場するが、いけばな査定の假屋崎をはじめ、直接スタジオにて解説・手直しをする場合もある。

俳句を除く作品の手直し・お手本ではBGMとして葉加瀬太郎の「ひまわり」が使用される。

「才能ナシ最下位」となった挑戦者には、罰として、コーナー最後に「○○のセンスが無く、番組を壊してしまう恐れがある」という趣旨のプロフィール文を読ませる(最下位が才能アリや凡人の場合は免除)。

当初は毎回放送されていたが、現在は2択査定・TBS系人気番組対抗戦の最下位や、レギュラーゲストである梅沢富美男が「才能ナシ最下位」と査定された時、ゲストがボケたり特技を披露しながら読み上げた時などに限って放送されている。

30点満点で採点される査定では、25点以上で「才能アリ」、24〜16点で「凡人」、15点以下で「才能ナシ」となる。

俳句

参加者に対し事前に「お題」と1枚の「兼題写真」を提示。

その写真を元に一句詠んだうえで、番組に提出する。

なお、あくまで兼題写真及び写真に関連する物・光景を詠む必要はなく、そこから連想される光景を詠んでも構わない(番組では「発想を飛ばす」と呼ばれる)。

提出した句については事前に夏井いつきが査定。

70点以上で「才能アリ」、69〜40点で「凡人」、39点以下で「才能ナシ」と判定する。

また、査定された句の紹介映像には、作者が直筆でしたためた字を映している(ただし「書道」査定がある場合はネタバレを防ぐため通常のフォントで表示される)。

お題や兼題写真は、放送される季節にちなむことが多い。

2018年の途中からは、次回放送分の「お題」と「兼題写真」を最後に紹介。

挑戦者を同じ境遇の人(独身女性、東北・九州出身者など)に統一させたうえで、その境遇に関連する兼題写真(結婚式・羽田空港など)から作句を求める回もある。

査定結果の発表では、銀河万丈によるナレーションで、対象の俳句を紹介。

その句に込めた意味などについて、作者の説明や特待生・名人による講評をはさんで、夏井が別室からの中継で登場する。

夏井は、評価のポイントを解説するほか、必要に応じて作品を添削。

作者の説明の中で言葉の意味を間違えていたり、作者が伝えたいことと実際にできた句に乖離が生じていたりすることが判明すれば、夏井の判断により減点、それに伴うランクダウン・順位入れ替えの対象になる。

なお、出来の良い句や作者の工夫・世界観が強い句に対しては添削されないことが多いが、あまりにも酷すぎる句や凡人査定でも手の加えようがない場合には「添削不可」という判断がなされる。

生け花

収録前にテーマとなる草花が発表され、その花を必ず使用したうえで1人30分の制限時間内に自由に生けてもらう。

作者はテーマの草花に加えて、番組側で用意した他の草花や道具を自由に利用できる。

また特待生に対しては、後ろに掛け軸が飾ってあるといった特殊なシチュエーションで生けてもらう場合もある。

出来上がった作品を假屋崎省吾(コーナー開始当初は前野博紀)が査定。

スタジオに作品を持ち込み、査定員が作品に手を加えながら査定や手直しのポイントを解説する。

査定では、生け花における基本的な作法・演出ができているかなどを重視する。

2018年1月11日放送分からは新たな課題として、番組側で用意した数種類の花器から挑戦者に1種類を選ばせて生ける形となった。

そのため、作品に見合った花器の選び方や合わせ方が査定のポイントに加わった。

2019年10月31日放送分からは、査定を假屋崎の自宅でも行うようになった。その場合はVTRで視聴する形となる。

こちらも俳句同様に必要に応じ査定員が手直しを実施し、酷すぎる作品だと「手直し不可」と宣告される。

盛り付け

挑戦者にはそれぞれ別々の課題料理が提示。

その料理を自分のセンスで盛り付けてもらう。

具材の配分や、器、サイドメニュー、あしらい、薬味、ソース、ドレッシング等は用意されているものであれば自由に利用可能。

また、お題と乖離しないレベルであれば、用意された料理や食材を自分流にアレンジすることも可能。

さらに特待生に対しては、盛り付ける題材は自由だが器が指定されるケース、名人初段以上からは同じ器を2枚選んだうえで同じ料理を別々の形で盛り付ける課題が提示される。

なお、作品発表前に「どうぞお召し上がり下さい」と言うのがお決まりとなっている。

盛り付けた料理を見て土井善晴が査定。

査定の解説後に同じ料理で手本となる盛り付けを行った後、映像を通じて作者を明かす。

判定基準は見た目の美しさや独創性だけでなく、「一般的な料理の作法・マナーに則っているか」「料理の味を損ねる盛り付けではないか」「食べる人のことを考えた盛り付けになっているか」などが審査される。

消しゴムはんこ

挑戦者は、挑戦時の季節にあったハガキサイズの作品を製作し、出来上がった作品を田口奈津子が査定。

査定の解説後に、田口が作品を手直しした後、同じテーマで手本となる作品を作り、最後に映像を通じて作者を明かす。

判定基準は「彫り方」「押し方」「デザイン」(各10点)で、合計30点満点で採点。

※「プレバト」は一部MBS動画イズムにて見逃し配信が行われていますが、TBSで放送されていることから、今後動画配信サービスParaviで配信されるかもしれません。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ
 

「プレバト!!」のこれまでの放送について

「プレバト!!」3時間★俳句タイトル戦★スプレーアート

夏井が厳選!優秀者14人の王者は梅沢?キスマイ?…まさかの出場者が下克上★スプレーアートで町おこし!光宗vs櫻坂46★古着リメイクで内閣府公認コスプレ美女が傑作

【俳句★冬麗戦】
四季ごとに芸能界の俳句王を決定するタイトル戦。 今夜の「冬麗戦」は、昨年詠まれた全364句の中から夏井先生が選んだ年間優秀句14人によるグランドチャンピオン大会。 名人・特待生からは永世名人の梅沢富美男、東国原英夫、キスマイ横尾、千賀、北山ら10人が選出され、残り4人は意外な顔ぶれが…! 「人生ゲーム」をお題に、歓喜と絶望が交錯する大混戦を制して王座に輝いたのは一体誰なのか…!?

【スプレーアート】
スプレーアート5回目の頂上決戦は、遠藤光莉(櫻坂46)、しずちゃん、千原ジュニア、辻元舞、松本妃代、光宗薫が参戦。 KAZZROCK先生が「言うことないね!」と大絶賛する衝撃アートで頂点に立ったのは誰か…!?

【古着リメイク】
自宅の古着を子ども服にリメイクする人気査定の第4弾。 今回はアンミカ、えなこ、近藤千尋、千賀健永、松井愛莉が激突。 鈴木ゆうみ先生をうならせ、絶対に負けられない戦いを制したのは誰だ…!?

「プレバト!!」の出演者

【MC】
浜田雅功

【アシスタント】
玉巻映美(MBSアナウンサー)

【俳句】
梅沢富美男 北山宏光(Kis-My-Ft2) 千賀健永(Kis-My-Ft2) 東国原英夫 横尾渉(Kis-My-Ft2)ほか

【スプレーアート】
遠藤光莉(櫻坂46) しずちゃん(南海キャンディーズ) 千原ジュニア 辻元舞 松本妃代 光宗薫

【古着リメイク】
アンミカ えなこ 近藤千尋 千賀健永(Kis-My-Ft2) 松井愛莉

【専門家ゲスト】
夏井いつき(俳人) KAZZROCK(グラフィックデザイナー) 鈴木ゆうみ(デザイナー)

【ナレーター】
銀河万丈

「プレバト!!」櫻坂46 遠藤光莉、努力家のダンスメンバー

櫻坂46の遠藤光莉が1月13日19時放送の『プレバト!!冬の3時間スペシャル』(MBS・TBS系)に出演する。著名人が様々な分野で才能を競い合う同番組。今回遠藤は埼玉県・越谷市場のシャッターをキャンバスにスプレーアートに挑戦する。地上波の番組に単独で出演するのが初めてとなる彼女は、自身のブログにて「ずっと拝見させていただいていた番組に自分が出演できることが本当に光栄で緊張をしたけれど、それ以上にレジェンドの方々と同じ空間にいられる幸せを噛み締めて収録に参加させていただきました」と心境を綴っている。放送を機に注目が集まることが予想されるため、改めてここで遠藤がどのようなメンバーなのかを紹介したい。

遠藤光莉は1999年生まれ神奈川県出身の2期生。名前の光莉の“光”には、「柔らかく、優しく、明るく和ます、時には眩しく照らす」という想いと、“莉”は花のジャスミンを意味し、「静かに薫る清楚な女の子になりますように」との願いが込められているという。アイドルを志したのは高校の頃に聴いた乃木坂46「太陽ノック」の歌詞に救われたのがきっかけ。特技はダンスで、小学校1年生から続けており、中学生の頃には全国大会で準優勝しチームで世界大会にも出場した経験を持つ。

彼女のそのダンススキルが注目されたのが、一昨年の大晦日の『NHK紅白歌合戦』でのことだ。最後列で踊っていながらも、彼女のパフォーマンスの切れの良さが多くのファンの目に止まったのである。シングル表題曲の選抜に選ばれていない遠藤は、普段音楽番組には出演できない。しかしその日は特別に途中から全員歌唱での出場となったため、(表題曲を)彼女が踊る姿を初めて目にするファンも多くいたのだ。こうしたパフォーマンス面での評価もあってか、最新シングルではユニット曲の歌唱メンバーに抜擢され、グループ期待の存在として目下成長中だ。

非常に努力家で真面目なことでも知られている。「自分としては、感性で踊れる人がすごく羨ましいです」「私は何回も何回も繰り返さないと身体に染み込んでいかない」(『blt graph. vol.65』より)と話しており、天才肌というよりは、常にひたむきに努力するタイプのメンバーである。

そんな遠藤だが、弱点がある。緊張しいなのだ。冠番組『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京)では制限時間内に問題に答えなければいけないコーナーでパニックになってしまい、結局答えられずに終わってしまう場面が何度かあった。また引っ込み思案で、そこからくる不安がステージ上で表情に出てしまうことも散見された。

しかし最近の遠藤には、むしろそれをバネに成長し、克服した印象を受ける。2ndシングルのカップリング曲「思ったよりも寂しくない」に参加した彼女からは、ナチュラルな柔らかい笑顔が印象深い。

「私自身、この楽曲に共感できる部分が多かったんです。特に、私の歌割りでもある『そんな不器用な私のこと見ていてくれる誰かがいる』という歌詞が響きました。私もすごく不器用な人間なので、『ファンの方が見てくださっている』ということを思い浮かべながら歌っていたんです」とインタビューでも語っている通り、自分のウィークポイントを理解しているからこそ、それを改善し成長できるのだろう。最近は番組でもトークに安定感が出てきている。

ダンスのほかにも漫画やアニメが好きで、特に好きな漫画は『ワンダンス』。ヒロインをイメージした姿で撮り下ろし企画に参加したこともあった。昨年の抱負には「漫画を仕事に」を掲げていたため、そういう意味でも今回のスプレーアートへの挑戦は、第一歩と言えるだろう。

趣味や特技を活かし、成長する。そんな遠藤の物語が今年、大きく展開していくはずだ。

※「プレバト」は一部MBS動画イズムにて見逃し配信が行われていますが、TBSで放送されていることから、今後動画配信サービスParaviで配信されるかもしれません。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ
 

「プレバト」を楽しもう!

SNSで話題になるバラエティは何度観ても面白いですよね?

面白いバラエティ番組は何度も何度も観たくなります。

「プレバト」を見返したい場合は、配信されるかわかりませんが、動画配信「Paraviパラビ」をチェックしてみてくださいね。

※「プレバト」は一部MBS動画イズムにて見逃し配信が行われていますが、TBSで放送されていることから、今後動画配信サービスParaviで配信されるかもしれません。

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

-エンタメ動画情報
-