エンタメ動画情報 教養・ドキュメンタリー動画

バース・デイの見逃し配信無料動画と再放送情報!

バース・デイの見逃し配信無料動画と再放送情報!

TBSで放送されているドキュメンタリー番組「バースデイ」中学生が集まる相撲クラブの見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する情報や過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「バース・デイ」は、『ZONE』とほぼ同じ構成であるが、アスリートにスポットをあてたスポーツドキュメンタリー番組だった『ZONE』とは違い、『バース・デイ』はアスリートに限らず、様々な人物にスポットをあてたドキュメンタリー番組となっていて、注目度が高い番組です!

だからこそ、「バース・デイ」を楽しむための方法をご紹介したいのですが、「バース・デイ」は現在動画配信されておりません。

今後、「バース・デイ」が動画配信されるとすれば、それは動画配信サービスParaviパラビです。

ParaviパラビはTBSが出資を行っている動画配信サービスなので、「バース・デイ」が今後配信されるとしたら、Paraviパラビになると思います。

・バース・デイを何回も観たい
・TBSのドラマの動画をたくさん観たい!
・テレビ東京のドラマを動画でたくさん観たい!
・Paraviオリジナルストーリーのを観たい!

そんな人にParaviはおすすめです。

更にParaviパラビでならこれらのメリットがあります!

・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

見逃し配信ももちろんParaviなら見放題!

TBSのバラエティ番組やドラマは、TVerやTBS FREEなどでも見逃し配信は見れますが、これらの配信サービスにはデメリットがあります。

それは、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、Paraviパラビなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にTBSの最新ドラマはParavi以外では配信されないので、その他動画配信サービスでは見ることが出来ません!

Paraviなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviなら日曜劇場などのTBSの話題の動画がたくさん!

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ

などなど、Paraviなら楽しめる動画が満載です!

これは見逃せないですね!

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」東大野球部24年連続最下位からの逆襲…打倒名門大の秘策

かつては六大学野球で94連敗という不名誉な記録も残した東京大学野球部。しかし今年のドラフト候補にも挙がる選手をはじめ、近年変貌しつつある。その舞台裏とは…

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」中学生が集まる相撲クラブ

小結の豊昇龍をはじめ大相撲の世界に14人の力士を輩出。およそ40人の生徒を監督1人で教える千葉の人気相撲クラブ「柏相撲少年団」。強さの秘密…その「育成法」に迫る

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」田中希実女子陸上界のエース出演

多くの日本記録を樹立し、東京五輪では1500m日本女子陸上界初の8位入賞…「世界で勝つことを目指す」今、注目のランナーに密着&東山紀之が直撃取材!

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」田中将大投手の母校・駒大苫小牧女子野球部…人気の秘密とは

全国各地から“野球に青春を捧げる”女子高生が集まる北海道・駒大苫小牧高校女子野球部。その人気の秘密と、雪国から日本一を目指す舞台裏に迫る!

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」坂本花織の快進撃の舞台裏

「大技だけじゃない戦い方…自分だけにしかできない演技」五輪銅、そして初の世界女王となった坂本花織22歳。8年に及ぶ取材で見せた苦悩と挫折…その裏にあった決断とは

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」若きゴルファー中島啓太

「アメリカで待ってる」マスターズ王者・松山英樹が4年前に贈ったメッセージ。受け取ったのは今、世界が注目する若きゴルファー中島啓太(21)。マスターズ出場の舞台裏

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」女性ワイン醸造家の挑戦

色とりどりの斬新なラベルが施された大人気のワイン。東京の都心で作られるその秘密…パート主婦から転身を遂げた女性醸造家の熱意と新作誕生の舞台裏に密着。

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」新庄剛志BIGBOSS5ヶ月の密着取材

新庄剛志BIGBOSS5ヶ月の密着取材…笑顔と苦悩1時間SP

「一人になった時は常に苦しいですよ」日本ハム新庄剛志(50)現役復帰を目指した2年前のトライアウトから続く知られざるストーリー。バース・デイだけに語った本音とは

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

【出演】
新庄剛志

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」小澤楓BMXの天才少年

2男4女大家族の長男・小澤楓(14)くんはパリ五輪を目指すBMXの天才少年。今回、小澤家の新しい命が誕生する瞬間に密着&楓くんが全国大会で挑んだ超大技の成功は…

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」8歳の天才卓球少女・松島美空

福原愛…石川佳純…伊藤美誠の記録を塗り替え続け、女子卓球界“最高の逸材”とも言われる松島美空(8)。2男2女6人家族全員が卓球選手、驚きの生活とは?

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」平野歩夢&弟・海祝との絆!

人類史上最難関の技「トリプルコーク」スノーボード北京五輪金メダリスト平野歩夢23歳。大舞台で世界を驚かせた兄弟の絆と秘話。

番組のタイトルは、毎年巡ってくる誕生日のことではありません。過酷な現実に立ち向かう主人公の“人生に刻まれた、忘れられない大切な一日”を番組では『バース・デイ』と呼びます。

「バース・デイ」の出演者

【語り】
東山紀之

「平野歩夢」について

「平野歩夢」は、日本のスノーボーダー(専門はハーフパイプ)、スケートボーダー。2022年北京オリンピック金メダリスト。2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック2大会連続銀メダリスト。2020年東京オリンピックスケートボード日本代表。2022年現在、冬季オリンピックにおける日本代表選手としての最年少メダル獲得記録保持者である。

新潟県村上市出身。村上市立村上南小学校、村上第一中学校卒業、開志国際高等学校アスリートコースを経て2017年4月、日本大学スポーツ科学部に入学。

兄の英樹(えいじゅ)、弟の海祝(かいしゅう)も同じくスノーボード選手。

スケートパークを運営する父・平野英功のもとに生まれた。4歳の時に3歳上の兄の影響でスケートボードとスノーボードを始めた。山形県小国町の横根スキー場でドロップインからラインどりの練習を行った。また小学生時代は福島県南会津町の会津高原南郷スキー場で練習を重ねた。その後小学4年時にスノーボードメーカー、バートンと契約し、2011、2012年の全米オープンのジュニアジャムで連覇を果たした。

2011年3月、アメリカ・バーモント州ストラットンで行われた全米オープンの決勝で13位に入った。

14歳で出場した2013年1月に開催されたX Gamesでは難易度の高い技を他のトップライダーが繰り出す中、圧倒的なエアの高さと、パイプ内でのパーフェクトな動きで史上最年少で銀メダルを獲得した。2月にスイスのラークスで行われた欧州オープンでは優勝した。同年8月にニュージーランドで行われたW杯開幕戦で優勝した。なお、平野は最年少でTTRワールドスノーボードツアーのハーフパイプ部門において年間王者になっている。

2014年のソチオリンピックで、平野は2月11日に行われた決勝で1回目で90.75点、2回目で93.50点をマークし2位につけ銀メダルを獲得した。なお、15歳74日でのメダル獲得は冬季オリンピックにおける日本人史上最年少記録であり、平野と同種目で銅メダルを獲得した平岡卓と共に、日本人史上初のスノーボード競技でのメダル獲得となった。また、平野はスノーボードにおける最年少のオリンピックメダリストとしてギネス世界記録に認定された。

同年4月に開志国際高等学校に入学した。

2015年、欧州オープンで2位、全米オープンで3位等の成績を残し2014-2015シーズンから新設されたワールドスノーボードツアープロシリーズで男子ハーフパイプ部門でシーズン王者となった。

2015-2016年シーズン、平野にとっては開幕戦となった12月、ブレッケンリッジのウインターデューツアーに出場し予選を4位で通過、13日の決勝は2本目のランをうまくまとめ2位になった。

2016年1月、平野はスイスのラークスで行われたLAAXオープンに予選免除の招待選手として出場し、21日の準決勝を1位で通過して翌日の22日の決勝を3本目のランで完璧な滑りを見せ1位になり優勝、またオスロで行われた初開催されたX Gamesには決勝を1本目のランから高得点を出し初優勝した。

2016-2017年シーズンは未成年者選手の飲酒騒動を受けて、飲酒を否定している平野も第三者委員会の調査のため活動休止を余儀なくされた。最終戦の3月の全米オープンでは左膝の内側側副じん帯を損傷と腹部を強打して肝臓も痛める大怪我をした。

2017年2月、平野は住宅メーカーの木下工務店などを傘下に持つ木下グループと所属契約を結んだ。それまで所属していたバートンからは引き続き用具の提供を受ける。同年4月、日本大学スポーツ科学部に入学。

2018年1月28日に開催されたX Games ASPENでは、史上初連続縦2回転+横2回転を決め金メダルを獲得した。

2018年平昌オリンピック、2月14日に行われた決勝2回目、平野は連続縦2回転+2回転を決め95.25点をマークしてトップに躍り出るも、3回目最終滑走のアメリカのショーン・ホワイトが97.75点をマークして逆転された。結果としてホワイトに次ぐ2位に入り、平野自身冬季五輪で2大会連続となる銀メダルを獲得した。

2018年11月、2020年東京オリンピックで新種目として採用されるスケートボードに挑戦することを表明。東京オリンピックが1年延期されたことで2022年北京オリンピックとの間隔が狭くなり、スノーボードの練習との並立が難しくなる中で、2021年5月のスケートボードの国際大会で日本人トップとなり開催国枠で東京オリンピック出場権を獲得。

2021年8月5日に開催された東京オリンピックスケートボード男子パークに出場し、予選は通過できなかったが、日本で5人目となる夏冬五輪出場選手となった。

2022年2月11日に行われた北京オリンピック、スノーボード男子ハーフパイプ決勝にて「トリプルコーク1440」を1回目から成功させたものの転倒もあり9位、2回目は91.75で2位となり、「2本目の点数に納得いかず、そういう怒りが自分の気持ちの中でうまく表現できた」3回目の滑走では96.00点をマークし、金メダル獲得と冬季オリンピック3大会連続メダル獲得という、いずれもスノーボード種目で日本人選手初となる偉業を成し遂げた。

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」について

「バース・デイ」は、TBS系列で放送されているドキュメンタリー番組である。

2005年4月より放送開始。ナレーター・司会は、前身番組の『ZONE』より引き続き東山紀之であるが、本番組では「セレブレーター」と紹介される。

『ZONE』とほぼ同じ構成であるが、アスリートにスポットをあてたスポーツドキュメンタリー番組だった『ZONE』とは違い、『バース・デイ』はアスリートに限らず、様々な人物にスポットをあてたドキュメンタリー番組となっている。

コンセプトは『過去の自分を突き破り、未知なる自分が産声をあげた時、人生という名のカレンダーに新しい誕生日が刻まれる。』であり、番組名の由来でもある。

「バース・デイ」とは、番組内では「誕生日」ではなく、「人生に刻まれた、忘れられない大切な一日」と番組では呼んでいる。

放送開始前、最初に発表された番組名は『バースデー〜人生の新たなる"誕生"の瞬間』だったが、放送開始直前に現在の『バース・デイ』に変更されている。

新聞のテレビ欄には、「バースD」と表記されている。

2021年1月9日放送回から、番組名のロゴやオープニングテーマ曲、表記テロップ等がリニューアルされた。また東山の肩書も同回より「セレブレーター」から「ナビゲーター」に変更されている。

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「バース・デイ」のこれまでの放送について

「バース・デイ」プロフィギュアスケーター・浅田真央

新たなアイスショーへの挑戦。舞台裏を独占取材。

「過去の自分を越えるというテーマで新たなアイスショーに臨む」

「これが最後になると思って全ての力を出し尽くしたい」

「自分が今できることは滑ってみなさんに何かを届けること。
 アイスショーを全て無事に終えた時に(過去の自分を)乗り越えたと思える」

「やっぱり自分はスケートが好きなんだなって思った」

「常に進化していきたいと思っています」

「浅田真央」について

「浅田真央」は、2000年代から2010年代にかけて活躍した日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。中京大学体育学部卒業。マネジメントはヒーローズマネジメント株式会社。

主な戦績は、2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。2014年ソチオリンピック6位入賞。2008年、2010年、2014年世界選手権優勝。グランプリファイナル優勝4回。四大陸選手権優勝3回。全日本選手権優勝6回。

シングルの選手で男女を通じ史上初めてファイナルを含むグランプリシリーズ全7大会を制覇。2010年バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて、1つの競技会中に3度の3回転アクセルを成功させた。

姉は元フィギュアスケート選手・タレントの浅田舞。

愛知県名古屋市生まれ。名古屋市立高針台中学校、中京大学附属中京高等学校(84回生)、中京大学体育学部体育学科卒業。血液型はB型。名前の真央は、父親が女優の大地真央のファンであったことに由来する。浅田の2005年のGPファイナル優勝と荒川静香のトリノオリンピック優勝の相乗効果で、日本はフィギュアスケートブームになった。

尊敬しているフィギュアスケート選手は伊藤みどり、エフゲニー・プルシェンコ。伊藤の衣装を着用して競技に臨んだこともあり、「みどりさんの衣装を着るといつも調子がいい」と語っていた。長野オリンピック金メダリストのタラ・リピンスキーにも憧れの言葉を寄せており、彼女の演技を見て自分もオリンピックに出たいと思うようになったという。趣味はジグソーパズルとレゴ制作。現役時代、練習中や試合前によく聴いていた曲はDREAMS COME TRUEの「何度でも」。2005年の世界ジュニア選手権で優勝した時からトイ・プードルを飼いだした。愛犬の「エアロ」は、ネスレのチョコレート菓子「エアロ」に由来しており、同製品のイメージキャラにも選ばれた。

オリコンによる「好きなスポーツ選手ランキング」の女性部門において、2007年、2009年、2010年、2011年、2013年、2014年で1位となった。バンダイが行ったアンケート「バンダイこどもアンケートレポート」によると、子供が好きなスポーツ選手として、2009年7月(集計は5月に実施)では総合2位女の子部門1位、2011年9月(集計は7月に実施)では総合1位に挙げられている。

2020年7月22日に放送された『水曜日のダウンタウン』の「古今東西 日本人知名度ランキング」では、第27位(86.3%)にランクインした。これは女性スポーツ関係者ではトップで、スポーツ関係者全体でも3位である。

ジャンプ
アクセルやループを得意とし、当時の女子としては希少な3回転アクセルを含む6種類全ての3回転ジャンプを跳ぶことができる選手であった。小学生のうちから3回転アクセルの練習を始め、2003年の中部ブロック大会(ノービスA)で3回転アクセル-2回転トウループのコンビネーションに成功。

2006年世界ジュニア選手権でショートプログラム (SP) に3回転アクセルを取り入れ、2008年GPファイナルのフリースケーティング(フリー)で女子シングル史上初の2度の3回転アクセルに成功。2010年バンクーバーオリンピックでは、オリンピックの女子シングル史上初めてSPで3回転アクセルを成功させた。同一競技会でSP、フリーと合わせて3度の3回転アクセルを成功させたのも女子シングル史上初であり、ギネス世界記録に認定されている。オリンピックの女子シングルで3回転アクセルを成功させたのは、2020年現在も伊藤みどり、浅田、長洲未来の3人だけである。

一方でルッツやサルコウを苦手としており、プログラムに取り入れていなかった時期があった。特にルッツではインサイドエッジから踏み切る癖があり、2007-2008シーズンのルール改定でエッジ判定が厳格になってからは踏切違反を取られることが多かった。

コンビネーションジャンプはセカンド、サードジャンプに得意なループを用いることが多い。中でも3回転フリップ(または3回転ループ)-2回転ループや3回転フリップ(または3回転ループ)-2回転ループ-2回転ループの3連続ジャンプを多く取り入れていた。トウループを用いたコンビネーションでは2回転アクセル-3回転トウループ、3回転アクセル-2回転トウループを取り入れていた。3回転フリップ-3回転トウループも2008年世界選手権フリーで成功させているが以降はプログラムに入れていない。

かつては3回転フリップ-3回転ループを積極的に取り入れており、数々の試合で成功させていたが2008-2009シーズンからセカンドジャンプで回転不足を取られることが多くなり、2009年世界選手権SPでの成功を最後にプログラムから外すようになった。2013年四大陸選手権から再び取り入れるようになり、中々完璧な成功とはならなかったが、2015年NHK杯SPで久々に成功と認定された。

ジャンプ以外
しなやかさと力強さを兼ね備え、現行採点では評価のウエイトが大きい柔軟性を生かしたスピンやステップ、スパイラル(現在のルールでは技術要素から外されている)を行うことができ、高いGOEを獲得することができる。片手ビールマンスピンを行うこともできるがレベル認定の規定の二回転を行う前に体勢が崩れてしまい、レベルを取りこぼすことも多く2007年世界選手権以来しばらくプログラムに取り入れていなかったが、2009年エリック・ボンパール杯からフリーで用いている。ストレートラインステップシークエンスのレベル4を2007年の日米対抗戦のSPで、またサーキュラーステップシークエンスのレベル4を2009年世界フィギュアスケート国別対抗戦のSPで獲得(2011-2012シーズンからステップのレベル取得の要件が緩和されたが、それ以前にレベル4を獲得していたのはカロリーナ・コストナー、レイチェル・フラット、鈴木明子、浅田の4人のみ)している。

ジュニア時代
5歳の時、姉の舞と共にスケートリンクに遊びに行き、スケートに出会う。舞と共に門奈裕子コーチが教える名東フィギュアスケートクラブに入会。当時、同クラブには安藤美姫も所属していた。3歳から12歳までは越智久美子によるバレエのレッスンを受けていた。スケートを始めたのは、バレエでも使う足首を鍛えるためであった。競技歴のない母は浅田を強くするために一人で学んだ。トレーニングの本を購入し、1998年長野五輪を制したタラ・リピンスキーの演技を映像で見て、夜中まで研究した。母は「素人が何をやっているんだ」という声にも屈しなかった。

2000-2001シーズンからグランプリ東海クラブに所属し、山田満知子・樋口美穂子両コーチに師事。小学6年生の時に特例で出場した全日本選手権で不完全ながら3回転-3回転-3回転のコンビネーションジャンプ(3回転フリップ-3回転ループ-3回転トウループ)を跳び、「天才少女」と呼ばれた。全日本ノービス選手権では、2000-2001シーズンから2001-2002シーズンまでBクラスで、2002-2003シーズンから2003-2004シーズンまでAクラスで、それぞれ2連覇を達成した。

2004-2005シーズン、ジュニアグランプリ (JGP)で出場した3戦全てで優勝し、ジュニアデビューを飾る。JGPファイナルでは女子ジュニア史上初の3回転アクセルに成功。国内では全日本ジュニア選手権で初優勝し、シニアクラスの全日本選手権でも3回転アクセルを跳んで2位となった。世界ジュニア選手権でも初出場初優勝を果たした。

2005-2006シーズン、初のシニア国際大会となるGPシリーズ中国杯で2位、エリック・ボンパール杯では優勝した。GPファイナルでは世界女王のイリーナ・スルツカヤを破り、日本代表選手として村主章枝以来2人目の優勝を果たした。全日本選手権では女子シングル史上初となる2度の3回転アクセルに成功(ISU非公認)したが、他のジャンプにミスがあり2位となった。GPシリーズの実績からトリノオリンピック出場を期待する声もあったが、ISUの定めた「五輪前年の6月30日までに15歳」という年齢制限に87日足りず、代表資格を得られなかった。連覇が期待された世界ジュニア選手権でもジャンプのミスが響き2位に終わった。

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

 

Paraviで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「バース・デイ」以外にもParaviパラビでは

・半沢直樹
・MIU404
・おカネの切れ目が恋のはじまり
・テセウスの船
・恋はつづくよどこまでも
・危険なビーナス
・逃げるは恥だが役に立つ
・この恋あたためますか

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

TBSドラマとテレ東ドラマなら、是非Paraviで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、Paraviでチェック!

※現在「バース・デイ」は配信されておりません。

Paravi(パラビ)公式ページへ

-エンタメ動画情報, 教養・ドキュメンタリー動画
-