アニメ動画情報 エンタメ動画情報

うたわれるもの10話の見逃し配信!動画配信期間は?二人の白皇

【無料動画】うたわれるものの見逃し配信とネタバレ!配信期間は?

TOKYO MXで放送されているアニメ「うたわれるもの 二人の白皇」3期10話、最新話の見逃し配信、無料フル動画を無料視聴する配信期間の情報や、あらすじ、ネタバレ、漫画を無料で読む方法、過去放送回のことや再放送、TVer(ティーバー)やGYAO!(ギャオ)、Netflix(ネットフリックス)などで観れるかなどを紹介したいと思います!

ペンペン
この「うたわれるもの 二人の白皇」は、「頼んだぜ、アンちゃん。」帝の崩御から始まったヤマトの動乱。ヤマトの皇女・アンジュの毒殺未遂の嫌疑から追われる身となった右近衛大将・オシュトル。彼は戦いの末、仮面<アクルカ>の力を使い果たし、肉体と魂は世界の一部と化した・・・という物語で、話題です!

だからこそ、「うたわれるもの」をよりいっそう楽しむためにも何回でも観れるように「うたわれるもの」のテレビ放送だけでなく、CMもなしの動画を楽しみたいですよね?

そのためにダイジェストではなくフル動画で「うたわれるもの」を楽しむために動画配信サービスU-NEXTについて紹介したいと思います。

・うたわれるものを何回も観たい
・うたわれるものの漫画を読みたい
・NHKのドラマの動画をたくさん観たい!
・「このミス」大賞ドラマシリーズのドラマを動画でたくさん観たい!
・U-NEXTオリジナルストーリーもあるなら観たい!

そんな人にU-NEXTはおすすめです。

更にU-NEXTでならこれらのメリットがあります!

・無料期間だけの利用・期間中の解約もOK
・CM広告なしフル動画で快適
・スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
・ダウンロードしてオフライン視聴可能
・限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「うたわれるもの」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「うたわれるもの」の見逃し配信ももちろんU-NEXTなら見放題!

NHKのドラマは、TVerやNHKオンデマンドなどでも見逃し配信を見ることはほぼほぼできません。

それに見れたとしても、

・広告が配信されて動画に集中できない
・一週間したら動画が消えてしまう
・アンケートが度々出てきてウザイ

これらのデメリットがあるのですが、U-NEXTなら広告もなくアンケートもなく、また一週間しても動画が消えることなくしっかりと楽しむことが出来ます!

更にNHKの最新ドラマなどは、NHKオンデマンドで別料金がかかる時でも、U-NEXTでなら通常登録だけで見ることが出来たりします!

しかも、NHKのドラマは他の動画配信サービスでは配信されないので、NHK以外のドラマや映画、アニメなども同時に楽しめるU-NEXTが圧倒的におすすめです!

U-NEXTなら独占的に楽しむことが出来るのでメリットが大きいです!!

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「うたわれるもの」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTなら朝ドラなどの話題の動画がたくさん!

・一億円のさようなら
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、U-NEXTなら楽しめる動画が満載です!

無料期間を利用すれば無料でどの動画も楽しめるので、これは見逃せないですね!

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「うたわれるもの」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」10話のあらすじ・ネタバレ

「策動の森」

束の間の休息を取るオシュトル(ハク)の元に届いた一通の文――それは、イズルハを治める八柱将トキフサより同盟の申し入れであった。
その真意を探るべくイズルハへと赴いたオシュトル(ハク)達は、國の情勢に詳しいノスリの父ゲンホウの元を訪ねることになる。
久しぶりに帰郷することになったノスリは複雑な表情を浮かべていて……。

出演者
【オシュトル(ハク)】利根健太朗
【クオン】種田梨沙
【アンジュ】赤崎千夏
【ネコネ】水瀬いのり
【ルルティエ】加隈亜衣
【アトゥイ】原由実
【ノスリ】山本希望
【オウギ】櫻井孝宏
【ウルゥル/サラァナ】佐倉綾音
【キウル】村瀬歩
【ヤクトワルト】江口拓也
【シノノン】久野美咲
【ムネチカ】早見沙織
【フミルィル】儀武ゆう子

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「うたわれるもの」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」全話のあらすじ・ネタバレ

「頼んだぜ、アンちゃん。」帝の崩御から始まったヤマトの動乱。ヤマトの皇女・アンジュの毒殺未遂の嫌疑から追われる身となった右近衛大将・オシュトル。彼は戦いの末、仮面<アクルカ>の力を使い果たし、肉体と魂は世界の一部と化した。その別れ際、友であるハクにアンジュとネコネの未来を託す。オシュトルから仮面と意思を託されたハクは、ハクとしての人生を捨て、正体を偽り、仮面とともにオシュトルとして生きることを選んだ。そしてエンナカムイに逃れ、回復の兆しを見せたアンジュは、父である帝が残した皇女の地位を取り戻したいと立ち上がる。一方、ヤマトでは混乱に乗じて、八柱将であるライコウが偽の皇女を擁立し、国を掌握しようとしていた。やがてヤマト軍の侵攻は、本物の皇女を排除すべくエンナカムイへも及び……。ヤマト全土を巻き込む戦乱が、幕を開ける。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」1話のあらすじ・ネタバレ

「鉄扇と共に」

決死の救出劇の末、故國エンナカムイまで逃げおおせたオシュトル(ハク)達。
しかし、敵の動向は未だ掴めず、予断を許さぬ状況が続いていた。
もはや戦火は避けられない――オシュトル(ハク)は近く来たる戦に備え、動き出す。
本物の皇女を守る為、そして……己に全てを託した友との誓いを果たす為に。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」2話のあらすじ・ネタバレ

「覚悟の在処」

オシュトル(ハク)との合流を急ぐべく、キウルは帝都からオシュトルの近衛衆を率いてエンナカムイを目指していた。
しかし、國境を目前に控え、その動きを読んでいたヤマト軍が急襲をかける。
果敢に応戦するキウル達だが、長旅による消耗も重なり窮地に立たされてしまう。
絶体絶命の危機――そこへ馳せ参じたのは、援軍を率いたオシュトル(ハク)であった。
一方で混乱の渦中にある帝都では、八柱将の一人・ライコウが不穏な動きを見せていた。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」3話のあらすじ・ネタバレ

「その道を紅く染めて」

オシュトル(ハク)の首を狙い、八柱将デコポンポは自ら兵を率いてエンナカムイへと侵攻する。
圧倒的な戦力を以て蹂躙せんとするデコポンポの軍勢を前に、エンナカムイはすぐに陥落するかのように思われた。
しかし、オシュトル(ハク)による地の利を生かした策が功を奏し、戦局は一変。
次第に追い詰められていく自らの軍勢をよそに、デコポンポは不敵な笑みを浮かべていた。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」4話のあらすじ・ネタバレ

「戻れぬ想い」

ヤマトから海を隔てた遥か西方、神の眠りし國トゥスクル。
そこで長いまどろみから目覚めたクオンは小さな違和感を覚える。
何か大切なことを忘れている――失われた記憶の糸を辿ろうとするクオン。
それは、ヤマト遠征から帰還したクロウの話を聞くうちに鮮明になっていく。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」5話のあらすじ・ネタバレ

「対なるもの」

数に勝るデコポンポ軍に圧勝し、勝利に沸くエンナカムイ軍。
その最中、チキナロと名乗る行商人が訪れる。
彼はクオンから依頼され、アンジュの為に妙薬を届けに来たと言う。
妙薬のおかげで順調に快方へ向かっていくアンジュ。
ようやく元気を取り戻した彼女は、自らが置かれた厳しい現実を知ることになる。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」6話のあらすじ・ネタバレ

「覇道皇女」

説得の為、帝都より来訪した左近衛大将ミカヅチ。
しかし、アンジュはこれを受け入れず交渉は決裂した。
決着をつけるべく始まったオシュトル(ハク)とミカヅチの一騎打ち。
怒りと使命に燃えるミカヅチの猛攻を前に、オシュトル(ハク)は次第に追い詰められてゆく。
諦めかけたその時、脳裏に浮かんだのは亡き友の姿。
決死の覚悟と共に、オシュトル(ハク)は仮面に秘められし力を解き放つ。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」7話のあらすじ・ネタバレ

「奏上の時」

突如、エンナカムイへと来訪したトゥスクルの皇女。
彼女はトゥスクル全軍によるヤマト全土の制圧を掲げ、オシュトル(ハク)達へ隠遁するよう告げた。
トゥスクル皇女の身勝手な言い分に憤激し、果敢にも挑みかかるアンジュであったが、一方的に打ちのめされてしまう。
己の無力さに涙するアンジュを奮い立たせたのは、ある男の言葉だった。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」8話のあらすじ・ネタバレ

「帰還」

トゥスクルを離れ、エンナカムイの仲間達の元へ帰ってきたクオン。
再会を祝し、アンジュは盛大に宴を催すことに。
宴が始まり、仲間達が笑顔を見せる一方で、主賓のクオンはどこか落ち着かない様子を見せる。
心当たりのあるアトゥイは、半ば無理矢理に彼女を連れ出し……。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」9話のあらすじ・ネタバレ

「笛の音」

来る戦に備え、オシュトル(ハク)達はクジュウリと同盟を結ぶべく出立する。
一行を出迎えたクジュウリ皇オーゼンは、愛娘ルルティエの帰郷とアンジュの来訪を大いに歓迎。
同盟の提案に好意的な意向を示すクジュウリ側であったが、これに異を唱えたのは長女シスであった。
困惑するオシュトル(ハク)達をよそに、同盟締結の条件としてシスはある提案を申し入れる。

アニメ「うたわれるもの 二人の白皇」10話のあらすじ・ネタバレ

「策動の森」

束の間の休息を取るオシュトル(ハク)の元に届いた一通の文――それは、イズルハを治める八柱将トキフサより同盟の申し入れであった。
その真意を探るべくイズルハへと赴いたオシュトル(ハク)達は、國の情勢に詳しいノスリの父ゲンホウの元を訪ねることになる。
久しぶりに帰郷することになったノスリは複雑な表情を浮かべていて……。

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「うたわれるもの」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「うたわれるもの 二人の白皇」について

「うたわれるもの 二人の白皇」は、アクアプラスより2016年9月21日に発売されたゲームソフト。対応機種はPlayStation 3、PlayStation 4、PlayStation Vita、Windows 10。

『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』を第一部、『うたわれるもの 偽りの仮面』を第二部とした、三部作構想の中の最終作に位置するストーリーが展開される。

『偽りの仮面』と製作が同時進行していたため、さほど間を置かずに発売できると言われていた通り、前作から1年後の発売となる。『偽りの仮面』に出たキャストによると、『偽りの仮面』発売時点で既に音声収録は始まっている。

2015年11月28~29日に開催されたイベント「大アクアプラス祭」で、続編にあたる本作が2016年9月21日に発売されると発表された。

2018年1月29日に、セガゲームスがPlayStation 4版を、繁体中文版とハングル版に翻訳した上でアジア地域で発売することを発表した。

2019年10月には、アニメ化が発表された。

2019年10月18日には『うたわれるもの ロストフラグ』公開記念として、シミュレーションパートはカットされているが、アドベンチャーパート全編を体験することができる『スマホで読むうたわれるもの』がシリーズ3作品同時にAndroid版、iOS版でそれぞれ無料公開された。

2020年1月23日には英語と繁体中文字幕に対応したWindows 10移植版がSteamにて、前作の『偽りの仮面』と同時に販売開始された。

ゲームシステム
基本的なシステムは前作を踏襲しており、キャラクター同士の会話でシナリオが進むアドベンチャーパートと、シミュレーションRPGの要素があるシミュレーションパートが存在する。前作に比べ、シミュレーションパートが多くなっている。 選択肢はあるが、シナリオ(ストーリー)が一本道なのも変わらない。

前作からのシミュレーションパートの変更点
シミュレーションパートはほぼ前作のシステムままだが、細かなマイナーチェンジによる操作性向上が行われているほか、大きな変更点として以下のようなものがある。

気力全開状態になると、自分の攻撃にあわせて射程が届く味方も同時に攻撃してくれる「協撃」の実装。
気力全開状態になり、さらにそのキャラにあわせた特定のキャラが射程内にいると同時に必殺技を繰り出し、専用の動画が表示される「挟撃必殺技」の実装。
シナリオが進むと、味方同士を戦わせて経験値などを上げることができる「紅白試合」を実行可能。
シナリオが進むと、詰将棋のような感覚で、ゲーム操作や各キャラクターの特性についての練習ができる「ムネチカの試練」を実行可能。
本編クリア後、装備やキャラクターのレベルを引き継いで最初からプレイできる周回プレイが実行可能。
前作にはなかった、回復行動時にも経験値が取得可能。従ってキウルやネコネなど、回復・攻撃が1ターンで両方可能なキャラはその都度経験値が増える。

あらすじ
帝の崩御と皇女アンジュ暗殺未遂から始まった混乱、そしてオシュトルが世界に溶けて消え去ってからの数日後。オシュトルの遺志を継ぎ、ネコネの助けを借りてオシュトルに扮したハクは、無事アンジュを、オシュトルやネコネの故国であるエンナカムイへと避難させることに成功する。だがヤマト八柱将のライコウは、偽の皇女を擁立してヤマトを掌握しようとしていた。

やがて、毒によって衰弱していたアンジュが回復すると、例え戦になっても、父である帝が残してくれたアンジュの名と皇女の地位を取り戻したいと語る。オシュトル(ハク)はその意を汲み、仲間と共に帝都奪還に向けての戦いの道を進んでいく。ライコウの策に悩まされながらもオシュトルは、正当な皇女アンジュの名の下に、ヤマト各国の反朝廷勢力を糾合、やがてライコウ率いる朝廷軍との決戦に挑む。

またトゥスクルは、ヤマトが再び侵攻してくる可能性があるとして、内乱状態にあるヤマトを今のうちに攻撃することを決定。ハクの“死”を聞かされて帰国していたトゥスクルの皇女クオンは、それが結果的にアンジュらを助けることに繫がると考え、ヤマト攻略の指揮を引き受ける。

さらに、ハクの実兄だったヤマトの帝が語っていた、大いなる父(オンヴィタイカヤン)こと旧人類の遺産を巡っての策謀が繰り広げられる。

「うたわれるもの 二人の白皇」の主な登場キャラクター

オシュトル(ハク)
声:藤原啓治(ゲーム) / 利根健太朗(ゲーム『斬2』・アニメ)
本作の主人公。亡き親友オシュトルの意志と仮面を継ぎ、ヤマト右近衛大将の後を継いだ。アンジュの帝位奪還のために、オシュトルとしての名声とハクとしての知略を生かした指揮でエンナカムイ勢を率いて奔走することとなる。オシュトルに扮してからは、オシュトルが使っていた刀も使うようになるが、以前クオンがハクに貸した鉄扇を「友の形見」として使い続ける(鉄扇はハクの死を告げたときクオンに返したが、クオンはその場に落としてそのまま去って行った)。
序盤こそ頼りない一面を見せるものの、オシュトルとしてのカリスマとハクの知性を徐々にだが発揮させていき、物語中盤に差し掛かる頃にミカヅチと決闘の末に仮面の者(アクルトゥルカ)の力を完全に覚醒させる事に成功した。これ以降は白兵戦時の戦闘力も劇的にアップし、ヴライやミカヅチといった八柱将とも互角以上に戦えるほどにまで成長する。そして仲間たちと共に朝廷軍に対抗するため、味方となってくれる国々を求めてヤマト国内を奔走する。
ネコネとの関係は最初はかつてのオシュトルの代わりという気持ちで接していたものの、次第に互いに心を通わせるようになった。そして彼女がヴライの手の者にさらわれた際には身を徹して彼女を助け出し、何よりも大切な存在として認めた。
ハクであった頃の動物達が惹かれる不思議な魅力は健在でココポやクラリンは正体に気づいていた様子が示唆される。
過去のホノカ(帝の妻)に対しては恋愛に似た感情を抱いていたと思われる。また、遺跡内のシーンから、クオンには異性としての好意があったと思われる。
熾烈な戦いを通して心身共に鍛え抜かれた名将として成長を遂げ、国士無双の英雄として世界の危機を救った物語の終盤、仮面の力を極限まで行使することで勝利を収めながらも魂を消耗しきってオシュトルと同様に塩と化して消滅する。
しかし、常世でハクオロにクオンの危機を知らされ、半ば奪い取る形でウィツァルネミテアの権能を受け継ぎ現世へ帰還。クオンを救い再び姿を消した。
その後、次元の境界に身を置いて時間と空間を超えながらウルゥル・サラァナと共に人助けをしつつタタリを不死の契約から解放する旅を続けている。

オシュトル(ウコン)
声:利根健太朗
本来のヤマト右近衛大将。前作でヴライとの死闘において仮面(アクルカ)の力を限界以上に引き出した結果、魂を消耗しきって力尽き死亡した。身体が塩となって消滅する寸前にハクに自分の仮面を渡し、アンジュとネコネを託した。
本作では回想シーンなどで何度か登場。

ネコネ
声:水瀬いのり
オシュトルの妹。今作ではヒロイン的な立位置にある。「ハクを頼む」という兄の遺言からオシュトル(ハク)の手助けを行っているが、兄の死に大きく関わった罪の意識と、ハクの人生を奪ってしまったという思いから塞ぎがちになる。そして精神的にも肉体的にも追い込まれていき、ハクがオシュトルとして偽り続けていつしかハクという存在、また本当のオシュトルという存在が消えていく事への恐れが、更に彼女を追い詰めていく。
その過程もあり序盤は目の色や声に精気は無く朧とした雰囲気を漂わせていたが、ハク自身の優しさに触れて互いに心を通わせることで徐々にだが元気を取り戻し、以前のような振る舞いを見せるようになる。そしてハクをもう一人の大切な兄として認め、彼を最後まで心の底から支え続けた。
エピローグでは帝都でなくとも学問が学べる事、そして今回の戦でエンナカムイへの移住者が増えた事もあり、エンナカムイの発展に助力し、成長した國をハクに見せたいとエンナカムイへ帰國し、城の書庫の管理を担当する殿学士となり、「家族」であるハクが帰って来る事を信じて母のトリコリと共に待つ事にした。

アンジュ
声:赤﨑千夏
ヤマト皇女。帝崩御の混乱の最中、何者かの策略で毒を盛られて喉が焼けただれ、声を出せない状態でいる。だが、元々桁外れな生命力の持ち主であったことが幸いし、毒から回復した後は、自らも帝位奪還のためにカルラから譲られた(突如放り込まれた)鉄塊の如き大剣を担ぎ、戦場に出陣する。本作よりプレイヤー操作の一人として加わる。
基本的な性格に変化は無いもののヤマトを統べる次期帝としての自覚と覚悟を持つようになり、戦場や交渉の場にも自ら赴くようになる。そして多くの國々を味方に付けて、ついに帝都にまで攻め上がり、ライコウ率いる朝廷軍を打破してヤマトの奪還に成功、無事に帝に即位した。
シミュレーションパートでは、攻撃力は仲間内で随一だが、技に反動ダメージがあり、防御力がウルゥル・サラァナ同様最低値なので、慎重な行動が求められる。
エピローグでは時折シノノンなどの縁者を影武者に立てて政務を任せ、かつて帝がお忍びで行っていた「世直し道中」を、ミカヅチやムネチカ、そしてキウルと共に行い、悪徳領主を成敗しながらハクを探している。そしてミカヅチの影響か、夜中にこっそり賭場に出向く事もあり、その度にムネチカに説教されている。
アプリ版「ロストフラグ」では成長した姿で登場しており、カルラから譲り受けた大剣を携えて単身で世直し道中をしており、かつて帝が偽名として使っていた「ミト」の名を自身も使っている。さらに法術も使え、大剣に火神の法術を付加する事により灼熱化させて文字通り「焼き潰す」などの荒技を使う。また、耽美本への追究は相変わらずで、各所を旅しては「友」への土産として購入する。
後に子供時代の彼女も個別扱いで実装され、ムネチカと共に作中の世界へ迷い込む事になる。ミトはムネチカに対しては子供時代の折檻がトラウマになっており、「赤の他人」として接していても苦手意識を持つ。

ルルティエ
声:加隈亜衣
クジュウリの皇オーゼンの末娘。15人兄妹の末っ子で穏やかで内気な性格。好意を感じていたハクの死を受けて人一倍衝撃を受けて塞ぎがちな日々を送っていたが、「もう誰も失いたくない」と精神的に成長し、改めて戦いに出ることを決意。戦を控えたエンナカムイの厨房を預かるようになる。
オシュトルに対し何度かハクを重ねて感じることはあったが確信はなかった。ある事をきっかけにハクがオシュトルの身代わりとして生きていることを知り、そのままオシュトル(ハク)を見守る事となる。
エピローグではクジュウリに帰國し、ハクが生きている事を信じ、いつの日かクジュウリを訪れる事を待ち続ける事にした。

ココポ
声:米澤円
ルルティエが飼っているホロロン鳥。前作に引き続き、その背に乗ってルルティエは戦う。
ハクにすぐ懐いたのと同様にハクが扮したオシュトルにも懐いており、その正体に気がついている模様。

アトゥイ
声:原由実
シャッホロの皇ソヤンクケルの娘。物怖じしない明るい性格で独特な雅言葉で話す。ハクの死を受けても独特な生死観により動揺しなかったが、心の片隅に小さな違和感を覚えた。
ナコクの皇子であったイタクと許嫁であることを知り、またイタクに対して良い感情も抱いていたためナコクへ嫁ぐことを思い悩むが、自分の気持ちが誰に向いていたのかに気づき、オシュトルの正体を知る。
物語が終盤に差し掛かる頃、帝として即位したアンジュの命により八柱将に抜擢された。
エピローグではシャッホロに帰國したものの、ハクが生きている事を信じハクを探す旅に出る事を決意、腕づくで阻止しようとするソヤンケクルや四天王を叩きのめし、ノスリと共に旅に出た。ちなみにハクに対して彼となら良い子が生まれるだろうと子作りも計画に入れている。

クラリン
声:三宅麻理恵
アトゥイのペットで、空中を漂うクラゲのような生き物。一応ヒトの言葉を理解できるらしい。
前作と同様、シミュレーションパートでは電撃で敵を攻撃することがある。

フミルィル
声:儀武ゆう子
前々作『うたわれるもの』(本編ではなく、OVAシリーズ「望楼の子守唄」に登場)で赤ん坊だった人物。かつてトゥスクル内で対立していた部族の間に生まれた子のため、一時ウルトリィが身柄を預かっていた。
現在はクオンの御側付きで、クオンにとって年の近い幼馴染のような関係。トゥスクルの人物だが、クオンがオシュトルらの元に戻ったため、彼女の御側付きとしてエンナカムイ勢に加わることになる。
すぐに服がはだけたり、無意識のうちに色っぽい仕草をしたりして男性の目を非常に引くため、「傾国のフミルィル」と言われるほどである。
シミュレーションパートでは、術による遠近距離攻撃と回復ができ、レベルが上がるとネコネと同様に攻撃と回復が1ターンで行動可能。また、彼女に他のキャラからの回復をすると「返礼」のカウンターをし相手と周囲に回復ができ「シュマリ」という式神を召喚する。シュマリ自体も微力ながら射程が長い回復術が使える。
エピローグではトゥスクル特使としてクジュウリでルルティエと再会、「傾国」の名は健在で、ルルティエの兄達の心を射止めている。

キウル
声:村瀬歩
エンナカムイの皇子で、オシュトルとは兄弟の誓いを結んでいる。ハクたちの帝都脱出の際に仲間と一時別れ、オシュトル直属の手兵やその家族を逃がす役目を引き受け、彼らを率いてエンナカムイへと向かう。エンナカムイに到着した後は、オシュトル(ハク)の正体に気付かないまま、変わらず義兄として接している。
後にハクがこの世を去る直前に正体を現すと、義兄のオシュトルがすでにこの世のものではなくなっていたことを悟るも、ハクから後事を託され、その人間的成長を評価されていることを知らされると、キウルもハクをもう一人の義兄として認めて見送る。
エピローグではヤマト大老となった祖父・イラワジの推しでエンナカムイの皇になったが、本人のかつての願いでアンジュの世直し道中に同伴、間者として活躍している。アンジュより「先帝から世直しの旅に必要なのは右と左の家臣、そしてうっかり間者」として「うっかり」と名付けられた。

ノスリ
声:山本希望
没落した実家の再興を目指しかつてノスリ旅団という義賊の長だった少女。エヴェンクルガの出身であり、義を重んじる正義感の強い性格。オウギの姉。
今作では一族の再建という使命と目的を果たすために、エンナカムイ陣営に大きく貢献していく。ハクへの想いを押し殺すようにハクを見送る。そして、それは物語終盤に彼女が八柱将に抜擢されたことにより、ついに果たされる事となる。
エピローグではアンジュからハク捜索の任を与えられ、アトゥイと共にハクを探す旅に出る。その際にアトゥイからハクの事をどう思っているのか聞かれ動揺していた。

オウギ
声:櫻井孝宏
ノスリの弟。諜報や腹芸が得意な切れ者。ハクたちの帝都脱出の際に撹乱工作をした後は、キウルと共に帝都に潜伏していた。その後、エンナカムイの仲間の元へと向かう。エンナカムイに到着した後は、オシュトル(ハク)を得意の諜報の任で補佐していくが、最初からオシュトルの正体に感づいていた節がある。
エピローグでは帝の御側付きの地位を与えられ、時々帝の影武者になっているシノノンやカルラなどのサポートも行なっている。

ウルゥル・サラァナ
声:佐倉綾音
ハクが帝から褒美として賜った鎖の巫(カムナギ)と呼ばれる双子。実際にはハクの護衛と帝との連絡役を任されているだけでなく、ハクに隷属的な忠誠を誓っている。エンナカムイ到着時は疲労困憊で眠っていたが目覚めた後、ハクがオシュトルに扮しているのに直ちに気付き、彼の正体を隠すため呪法により助力する。
以後、「ハクの遺言により、オシュトルを新たな主とする」という設定の元、従来通り“主”に献身的に尽くそうとする。
主であるハクとホノカや帝以外にはあまり感心が無かったが、物語を通じて仲間たちに対し友情のようなものが芽生え始めた。
最後は次元の境界へ姿をくらましたハクを追いかけ、その傍らに仕えている。

ヤクトワルト
声:江口拓也
剣豪として様々な勇名を馳せる、義に篤い好漢。「陽炎のヤクトワルト」の異名を持つ。ウズールッシャの近くにあるレタルモシリの出身で、シノノンの義父。戦闘の際には経験に裏打ちされた剣技と洞察で大いに貢献する。
一作目に登場したゲンジマルがレタルモシリを訪れていた頃に彼の剣術を見て学び、それがヤクトワルトの武人としての基礎となっている。
エピローグではアンジュとの公約通りに帝都に屋敷と禄を与えられ、帝の御側付きとして、時折帝の影武者を演じるシノノンの成長を見守る事となる。

シノノン
声:久野美咲
ヤクトワルトの養女。ヤクトワルトとはまた違った独特な、さらにませた喋り方をする。実父はレタルモシリ元族長のムカルで、ムカルの死後ヤクトワルトの養女として連れられている。キウルによく懐いている。
エピローグではヤクトワルトと共に帝都に住み、時折世直し道中の旅に出ているアンジュの影武者になり、「夫の帰りを待ついい女」として世直し道中に同伴しているキウルの帰りも待っている。

ムネチカ
声:早見沙織
ヤマト八柱将の一人であり、アンジュの東宮傅を担っている女傑。トゥスクル撤退時の殿としてトゥスクルに残り、捕虜として軟禁され仮面(アクルカ)を没収される。後にエンナカムイ勢と合流することとなる。本作より、プレイヤー操作のキャラの一人として加わる。
シミュレーションパートでは「鎮守のムネチカ」の異名通り防御力が高く、周囲の防御力を上げたり、ZOCの発生やカウンター攻撃をしたりする能力を持ってる。
武人然とした立ち振る舞いとは打って変わり可愛いものが好き。
エピローグではアンジュの世直し道中に御供兼保護者として同伴、「ムネさん」と呼ばれており、時々こっそり賭場で出歩くアンジュとミカヅチに説教をしている。

イラワジ
声:白熊寛嗣
エンナカムイの皇で、キウルの祖父。オシュトルとネコネからは「御前」と呼ばれている。オシュトルらのことも高く評価しており、危険であることを承知しつつも、彼らと彼らが連れてきたアンジュを快く迎え入れた。
エンナカムイに善政を敷いて平和に統治していたが、自分が戦いには向いていないことも承知しており、戦乱を前にしてエンナカムイの全権をオシュトルに委ねた。終盤で、帝に即位したアンジュによって大老(タゥロ)に抜擢され、後任のエンナカムイ皇にキウルを推挙した。

トリコリ
声:藤田昌代
オシュトルとネコネの母。エンナカムイの町外れに住んでおり、夫亡き後は女手一つで二人を育ててきた。躰が弱く、目を患っており現在は視力が殆ど無い。
途方もないほどの包容力と慈愛の持ち主。洞察力も高く、目の病にもかかわらず、ハクがオシュトルに扮していることに気づいた。さらにオシュトルの遺志を継いで戦い抜こうとするハクの志と深い友情を認め、ハクにとっても“母”として接する。
エピローグで帝都ではなく、エンナカムイで働くことにしたネコネに対し服が似合っていると言う場面がある。また物語中数回オシュトル(ハク)が目を医者に診せようとする描写があり、トリコリが医者にもう治せないと言われたにも関わらずハクが診せようとした事から古代の知識や技術で視力が回復したともとれる。

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「うたわれるもの」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

U-NEXTで見れる動画をたっぷり楽しもう!

今回ご紹介した「うたわれるもの」以外にもU-NEXTでは

・一億円のさようなら
・スカーレット
・麒麟がくる
・エール
・いだてん~東京オリムピック噺~
・なつぞら
・おんな城主 直虎
・プロフェッショナル仕事の流儀

などなど、他にも魅力的なドラマや映画がたくさんあります!

NHKのドラマやカンテレドラマなどなら、是非U-NEXTで楽しみましょう!

最新ドラマや懐かしのあのドラマもバラエティー番組も、U-NEXTでチェック!

※U-NEXTならアニメだけでなく漫画の「うたわれるもの」も全巻読めるので、かなりおすすめです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

-アニメ動画情報, エンタメ動画情報
-